2012年12月10日

ヴェスレイ・スナイデルがパリ・サンジェルマンと合意か?

L'Equipe(フランス)09/12/2012

"Sneijder d'accord avec Paris ?"
「ヴェスレイ・スナイデルがパリ・サンジェルマンと合意か?」

イタリアの新聞が伝えるところでは、現在インテルと衝突しているヴェスレイ・スナイデル(28歳)が、今冬PSGに移籍することで合意に至ったという。

日曜『Sport Mediaset』が伝えるところでは、このオランダ代表選手はパリ・サンジェルマンと年俸600万ユーロで2016年までの契約を結ぶという。

しかし今のところ、1月にパリ・サンジェルマンに加入することが決まっているのは、ブラジル人のルーカス・モウラだけである。

これまでPSG幹部たちは、さらなる補強はないと断言していた。よって信頼してはならない。

Selon la presse italienne, Wesley Sneijder (28 ans), actuellement en conflit avec l'Inter Milan, serait tombé d'accord pour un transfert au PSG cet hiver. Sport Mediaset, qui révèle l'information dimanche, croit savoir que l'international néerlandais devrait s'engager avec le club de la capitale jusqu'en 2016, pour un salaire estimé à six millions d'euros par an. Mais pour l'heure, seul le Brésilien Lucas Moura est assuré de devenir Parisien en janvier. Jusque-là, les dirigeants ont même assuré qu'il n'y aurait pas de renfort supplémentaire. Alors méfiance...

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Sneijder-d-accord-avec-paris/332569
posted by フランスフット at 13:11 | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーバラ・ベルルスコーニの手で生まれ変わるACミラン

L'Equipe(フランス)10/12/2012

"Le nouveau Milan de Barbara Berlusconi"
「バーバラ・ベルルスコーニの手で生まれ変わるACミラン」

今年の夏、ズラタン・イブラヒモヴィッチとチアゴ・シウヴァがパリ・サンジェルマンに加入したのは、この女性のおかげでもあった。

ACミランオーナ兼会長の娘である28歳のバーバラ・ベルルスコーニは、ACミランの経営戦略にますます関わってきている。一家の資産を気にかけているバーバラ・ベルルスコーニは、ACミランがとった方向大転換の舵をほぼ一手に引き受けていた。

イタリアメディアにほとんど姿を現さないバーバラ・ベルルスコーニだが、彼女は『レキップ』に対し、自身について、新生ACミランについて語り、サッカーのクラブは普通の企業と同様に管理する必要があると説いている。

「ミランは娯楽企業です」と彼女は声高に言う。

「わたしたちのビジネスとは、見世物を提供することです。」

バーバラ・ベルルスコーニは、ためらいもなく経営とサッカーについて語っており、退屈させない内容である。彼女がモデルとしているのは、バイエルン・ミュンヘンとディズニーである。彼女の主義とは、ACミランというブランドは一人の選手よりもはるかに重要だということである。たとえそれがイブラヒモヴィッチだとしても。

そして彼女にとっては、選手の給料高騰の問題はすでに終わった話である。

「サッカーの選手たちは豊かになっているが、クラブは違います。物事のバランスをとるべき時が来ているのです。」

Si Zlatan Ibrahimovic et Thiago Silva sont venus au Paris-SG, l'été dernier, c'est aussi un peu grâce à elle. A l'AC Milan, Barbara Berlusconi, 28 ans et fille du propriétaire et président, s'implique de plus en plus dans la stratégie économique. Soucieuse du patrimoine familial, elle a, en grande partie, initié le virage de rigueur pris par le club.

Très discrète dans les médias italiens, elle a choisi L'Equipe pour se dévoiler, parler de ce nouveau Milan et de la nécessité de gérer un club de foot comme une entreprise normale. ≪ Milan est une entreprise de divertissement, clame-t-elle. Notre business, c'est de fournir un spectacle ≫

Elle parle d'économie et de foot sans complexe, et on ne s'ennuie pas. Parmi ses modèles, le Bayern Munich et Disney. Parmi ses principes : la marque Milan est bien plus importante qu'un joueur, même lorsqu'il s'appelle Ibrahimovic. Et avec elle, fini l'escalade des salaires : ≪ Les acteurs du foot s'enrichissent, pas les clubs. Il est temps de rééquilibrer les choses ≫.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Le-nouveau-milan-de-barbara-berlusconi/332597
posted by フランスフット at 13:04 | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

Schalke04.deよりチャンピオンズリーグ・グループリーグ最終節後ベネディクト・ヘーヴェデスのインタビュー「ゲームに食らいついていった」

Schalke04.de(ドイツ)04/12/2012

"Benedikt Höwedes: Haben uns ins Spiel hineingebissen"
ベネディクト・ヘーヴェデス「ゲームに食らいついていった」

schalke04.de「ベネディクト・ヘーヴェデスさん、グループB最終節の感想は?」

ベネディクト・ヘーヴェデス「最後の15分はモンペリエが押していましたが、前半モンペリエにはほとんどチャンスがありませんでした。自分たちはよかったですし、カウンター攻撃をしかけていました。全体としてはグループ首位になったわけですから、引き分けで十分です。自分は満足していますし、いい気分で家に帰れますよ。」

schalke04.de「それはまたしてもゴールを決めたからですね?」

ヘーヴェデス「そうですね。オリンピアコス戦でも決めました。ブンデスリーガでもまたシュートを決められれば、言うことありませんね。」

schalke04.de「フーズ・ステフェンス監督はボルシア・メンヒェングラートバッハ戦からスタメンを5人変えてきました。あまりなじみのないフォーメーションでのプレーはいかがでしたか?」

ヘーヴェデス「チームはみなでいいプレーをしていましたが、スペース関係は惨憺たるものでした。トランクイロ・バルネッタには、さらに5メートル先を狙ってパスを出すように言った場面がありました。ピッチが悪かったので、パスが届かなかったのです。この状況の中、自分たちはいいプレーを見せました。自分たちは試合に集中し、よく走り、ゲームに食らいついていきました。」

schalke04.de「12月20日にはベスト16の対戦相手が決まります。対戦希望相手はないですか?」

ヘーヴェデス「ありませんよ。いずれにせよ自分が選ぶことができるわけではないですから、決まったら相手と戦うだけです。」

Benedikt Höwedes, wie haben Sie den Abschluss-Spieltag der Gruppe B erlebt?

In der letzten Viertelstunde war Montpellier zwar stärker, aber in der ersten Halbzeit hatten sie kaum eine Möglichkeit. Da haben wir gut gestanden und auf Konter gespielt. Insgesamt können wir mit dem Unentschieden gut leben, vor allem, weil wir Gruppensieger geworden sind. Ich bin zufrieden und fahre mit einem guten Gefühl nach Hause.

Auch, weil Sie sich erneut in die Torschützenliste eingetragen haben?

Ja. Ich hatte ja bereits gegen Piräus getroffen. Ich hätte aber nichts dagegen, nun auch mal wieder in der Bundesliga ein Tor zu erzielen.

Chef-Trainer Huub Stevens hatte vor dem Spiel fünf Änderungen im Gegensatz zur Bundesliga-Partie gegen Borussia Mönchengladbach vorgenommen. Wie spielte es sich in der ungewohnten Formation?

Die Mannschaft hat gut zusammengespielt, aber die Platzverhältnisse waren katastrophal. Ich erinnere mich an eine Situation, in der ich Tranquillo Barnetta fünf Meter weiter geradeaus anspielen wollte, und der Pass aufgrund des schlechten Rasens nicht ankam. Für diese Umstände haben wir ein gutes Spiel gezeigt. Wir waren engagiert, lauffreudig und haben uns richtig in das Spiel hineingebissen.

Am 20. Dezember wird ihr Achtelfinal-Gegner ausgelost. Haben Sie ein Wunschlos?

Nein, ich kann es mir ja ohnehin nicht aussuchen, deshalb nehme ich, was kommt.

http://www.schalke04.de/aktuell/news/einzelansicht/artikel/benedikt-hoewedes-haben-uns-ins-spiel-hineingebissen.html
posted by フランスフット at 17:55 | TrackBack(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。