2011年02月25日

グアテマラでサッカークラブの副会長が射殺される

SO FOOT(フランス)22/02/2011

"Meurtre au Guatemala"
「グアテマラでサッカークラブの副会長が射殺される」

グアテマラという国でサッカーの世界に入ることは、以下の格言を受け入れることを意味する。

「自分で全責任を負いなさい」

グアテマラでは三ヶ月前、あるサッカー選手が他人の妻を寝取ったために頭部を切断され、身体をバラバラにされるという事件が起こった。

今回は、あるサッカークラブの副会長に悲劇が降りかかった。完全に精神を病んでいるサポーターたちから制裁を受けたのである。

ウェウェテナンゴ市のクラブ、デポルティーボ・シナバフルの幹部であるカルロス・ノエ・ゴメスは、クラブ建物の出口で射殺された。それから数日後、今度はクラブ会長のマウロ・ロドリゲスが死の脅迫を受けた。

警察は「イエローフィーバー」と名乗るサポーター集団による犯行とみている。このサポーター集団はデポルティーボ・シナバフルがリーグ戦で下から二番目の位置にいるという事実に対し、明らかに我慢ならぬ様子だったらしい。

犯人たちは脅迫を実行に移すことがすでに証明されているため、ロドリゲス会長は警察の護衛を受けている。罪の意識など毛頭ない。

22 février 2011 Commentaires
Entrer dans le monde du football au Guatemala, c’est accepter l’adage ≪ à vos risques et périls ≫.
Trois mois après une sordide affaire de joueur décapité et démembré pour avoir trompé sa femme, c’est au tour du Vice-président d’un club de subir les foudres de supporters complètement malades.
Carlos Noe Gomez, dirigeant de Xinabajul, équipe de la ville de Huehuetenango, a en effet été assassiné par balles à la sortie du siège. Quelques jours plus tard, le Président lui-même, Mauro Rodriguez, a à son tour reçu des menaces de mort. La police suspecte une frange de supporters baptisée ’La Fièvre Jaune’, qui aurait visiblement beaucoup de mal à supporter l’avant-dernière position occupée par leur club.
Rodriguez a été placée sous escorte, les criminels ayant déjà prouvé qu’ils étaient capables de mettre leurs menaces à exécution. Sans repentance aucune.
EM

http://www.sofoot.com/meurtre-au-guatemala-137934-news.html
posted by フランスフット at 00:20 | TrackBack(0) | グアテマラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。