2011年11月08日

ミャンマー代表がワールドカップ2018ロシア大会予選に参加へ

L'Equipe(フランス)07/11/2011

"La Birmanie réintégrée"
「ミャンマー代表がワールドカップ2018ロシア大会予選に参加へ」

FIFAは月曜、ミャンマー代表のワールドカップ2018ロシア大会予選追放処分を撤回した。しかしミャンマー代表に科されている金銭的な処分については、これを維持している。

7月28日に行われたオマーン代表とのワールドカップ2014予選の試合は、暴動が起こったため、試合途中で終了していた。

ミャンマーサッカー連盟の上訴が一部受け入れられたことになる。

その一方、ミャンマー代表のホームゲームは中立地で行われる。そしてFIFAによって科されている25000スイスフランの罰金は支払わなければならない。

La FIFA a annulé lundi l'exclusion de la Birmanie du Mondial 2018 mais maintient la sanction financière infligée en raison de violences ayant provoquél'interruption de son match éliminatoire au Mondial 2014 face à Oman, le 28 juillet dernier. L'appel déposé par la fédération birmane a été partiellement accepté. Les matches à domicile de la Birmanie devront néanmoins se disputer sur terrain neutre et l'amende de 25 000 francs suisses (environ 20 000 euros) infligée par la FIFA a été maintenue.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111107_160140_la-birmanie-reintegree.html
posted by フランスフット at 03:01 | TrackBack(0) | ミャンマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

ミャンマーがワールドカップ2018ロシア大会予選から追放される

L'Equipe(フランス)30/09/2011

"La Birmanie exclue"
「ミャンマーがワールドカップ2018ロシア大会予選から追放される」

Paul le Guen receives jets from Myanmar supporters.jpg

(観客席から物を投げつけられるオマーン代表監督ポール・ル・グエン:20minutes.fr

金曜、FIFAはミャンマーをワールドカップ2018予選から追放するとの決定を下した。またミャンマーには2万8000ドルの罰金が科されている。

7月に行われたミャンマー代表対オマーン代表の試合中、観客席で暴力行為が勃発したことを受けての処分である(注:「ワールドカップ2014アジア地区2次予選ミャンマー対オマーンの試合が途中で打ち切られる」を参照)。

ファーストレグで敗れていた(2−0)ミャンマー代表は、セカンドレグでも0−2でリードされていた。そして前半終了間際に暴動が勃発した。

この試合の主審とオマーン代表監督のポール・ル・グエンには観客席から物がぶつけられた。

ミャンマーには敗戦が宣告され、ワールドカップ2014予選での敗退が決定した。

FIFAは金曜、文書の中で、サポーターたちの行為に関し、ミャンマーサッカー連盟が規律違反を犯したと説明している。そしてミャンマーをワールドカップ2018ロシア大会予選から追放した。

La FIFA a décidé vendredi d'exclure la Birmanie des qualifications à la Coupe du monde 2018 ainsi que de lui infliger une amende de 28 000 dollars après que plusieurs scènes de violence aient éclaté dans le public lors de la rencontre opposant la sélection birmane à celle d'Oman en juillet dernier. Battus à l'aller (2-0), les Birmans étaient menés (2-0) quand les heurts ont éclaté, peu avant la fin de la première période. L'arbitre du match et le sélectionneur d'Oman, Paul le Guen, ont alors reçu plusieurs projectiles en provenance des tribunes. Déclarés perdants sur tapis vert, les Birmans ont été éliminés des qualifications au Mondial 2014. Dans un communiqué la FIFA a expliqué ce vendredi que la Fédération birmane avait enfreint le code disciplinaire en ce qui concerne le comportement de ses supporters et était donc d'ores et déjà exclu des qualifications au Mondial 2018 en Russie.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110930_145439_la-birmanie-exclue.html
posted by フランスフット at 22:36 | TrackBack(0) | ミャンマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

ワールドカップ2014アジア地区2次予選ミャンマー対オマーンの試合が途中で打ち切られる

L'Equipe(フランス)29/07/2011

"Le Guen et Oman agressés"
「ワールドカップ2014アジア地区2次予選ミャンマー対オマーンの試合中オマーンとポール・ル・グエンが襲撃される」



ワールドカップ2014アジア地区2次予選のミャンマー対オマーンの試合が行われたが、ミャンマーサポーターの暴力行為により試合は途中で打ち切られた。

試合はオマーンが2−0でリードしていたが、オマーンにPKが与えられたことを受け、地元のミャンマーの観客は靴、石、ペットボトルを審判員ならびにオマーンベンチに投げ込んだ。

オマーン代表監督のポール・ル・グエンは無傷だったが、オマーンのコーチ陣と選手たちは負傷した。

FIFAはこの試合について、再試合あるいはオマーン勝利の決定を下すことになる。ファーストレグではオマーンが勝利している(2−0)。

Le match du deuxième tour de qualification pour le Mondial 2014 entre la Birmanie et Oman a été interrompu à la suite de violences de la part des supporters birmans. Alors qu'Oman menait 2-0, le public local a lancé des chaussures, des pierres et des bouteilles sur l'arbitre et sur le banc d'Oman après un penalty sifflé contre son équipe. Paul Le Guen, le sélectionneur, n'aurait pas été blessé mais des membres de l'encadrement et des joueurs ont été touchés. La FIFA devra décider si le match sera à rejouer ou s'il sera donné gagnant sur tapis vert à Oman, déjà vainqueur à l'aller (2-0).

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110729_082643_le-guen-et-oman-agresses.html
posted by フランスフット at 16:27 | TrackBack(0) | ミャンマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

ブラッターFIFA会長がミャンマーを訪問

L'Equipe(フランス)19/02/2011

"Blatter ira en Birmanie"
「ブラッターFIFA会長がミャンマーを訪問」

FIFA会長のゼップ・ブラッターが3月に初めてミャンマーを訪問すると土曜、ミャンマーサッカー連盟会長のザウザウが発表した。

ブラッター会長はマンダレーに設立されたサッカーアカデミーの開校式に参加する予定である。ブラッター会長は3月15日と16日の二日間ミャンマーに滞在する。

「サッカー界のこれだけの大人物がわれわれの国に来てくれてうれしいと同時に誇りに思う」とザウザウ会長はコメントしている。

Le président de la Fédération internationale, Sepp Blatter, se rendra pour la première fois en Birmanie au mois de mars, a indiqué samedi Zaw Zaw, le président de la Fédération birmane. Blatter doit assister à l'inauguration d'une académie du football à Mandalay, ville du centre du pays, lors de cette visite les 15 et 16 mars. ≪Je suis très content et fier qu'un homme d'une telle envergure dans le monde du football vienne dans notre pays≫, a-t-il commenté. (avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110219_153940_blatter-ira-en-birmanie.html
posted by フランスフット at 01:50 | TrackBack(0) | ミャンマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。