2011年04月12日

フクロウを蹴ったルイス・モレノが今度は相手選手の腹を蹴る

L'Equipe(フランス)12/04/2011

"Le shooteur de chouette récidive..."
「フクロウを蹴ったルイス・モレノが同じ過ちを繰り返す・・・」

パナマ人ディフェンダーのルイス・モレノは3月、フクロウを蹴ってスキャンダルを巻き起こした。その後、怪我をしたフクロウは死んだ。

そして今週末、ルイス・モレノはコロンビアのリーグ戦で同じことを繰り返した・・・今回は相手選手を蹴ったのである。

被害者はデポルティーボ・カリのアンドレス・エスコバール。モレノはエスコバールの腹を思いっきり蹴った。

この見苦しい行為により、ルイス・モレノは一発レッドカードを受けた。『Colombiareports.com』が伝えている。



Le défenseur panaméen Luis Moreno, qui avait fait scandale en mars dernier pour avoir shooté dans une chouette, morte peu après de ses blessures, a remis ça ce week-end en Championnat de Colombie... cette fois sur un adversaire ! Sa victime est un joueur de Cali, Andres Escobar, que Moreno a violemment frappé du pied à l'estomac. Ce nouveau vilain geste du joueur de Pereira lui a valu un carton rouge direct, selon le site Colombiareports.com.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110412_140240_le-shooter-de-chouette-recidive.html
posted by フランスフット at 21:35 | TrackBack(0) | コロンビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

フクロウを蹴ったパナマ人ルイス・モレノのお母さんがコロンビアの国営テレビ放送局に涙ながらに出演

Telegraph(イギリス)03/03/2011

"Football player who kicked owl to death receives death threats"
「フクロウを蹴って死なせたサッカー選手が死の脅迫を受ける」

Veterinarian cares for the Owl.jpg

taringa.net

デポルティーボ・ペレイラのディフェンダー、ルイス・モレノは対戦相手だったアトレティコ・ジュニオールのマスコットであるフクロウを蹴った。その前にフクロウはボールに当たってすでに怪我をしていた。

このパナマ人の選手は日曜の試合以来、何度か電話で死の脅迫を受けたとテレビリポーターたちに話している。

「自分とパナマにいる家族にとってとてもつらいことになっている。パナマの家族はこの件(電話での死の脅迫)があって以来心配している」とモレノは話している。

モレノのお母さんは、コロンビアの国営テレビ放送局に涙ながらに出演。息子を許してくれるようお願いしている。

「すごく心配しています」とアリシア・モレノさんは言う。

「わたしの息子がしたことは分かっています。だけど動物を殺すつもりはなかったんですよ。」

29歳のモレノはこの事件の後、バランキーヤの選手たちと衝突。さらにはバランキーヤのファンたちからブーイングを受け、「人殺し」となじられた。モレノがスタジアムを離れるときには警察のガードがついていた。

その後モレノは謝罪し、フクロウを蹴ったのは「フクロウが飛べるかどうか確かめるためだった」と主張している。

しかしフクロウはその後死亡。司法当局はこの選手を告発することも考慮に入れていると発表している。

コロンビアの動物保護法では、モレノは罰金刑ならびに3ヶ月以下の刑務所暮らしが課される可能性がある。

The Atletico Juniors' owl undergoes operation.jpg

(治療を受けるフクロウ:taringa.net

Luis Moreno, a defender for Deportivo Pereira, kicked the bird – which was the mascot of the opposition team Junior Barranquilla – after it had already been hit and injured by the ball.
Speaking to television reporters, the Panamanian player said he had received several death threats over the telephone since Sunday's game.
"This is very hard for me and for my family in Panama who are afraid because of this," Moreno added.
His mother has also made a tearful appearance on national television in Colombia to ask for forgiveness of her son.
"I am very worried," said Alicia Moreno. "I know my son did that, but not with the intention to kill the animal."

Moreno, 29, was confronted by Barranquilla players after the incident and booed by their fans who also taunted him with chants of 'murderer'. He was given a police guard as he left the ground.
Moreno later apologised and claimed that he had kicked the owl "to see if it could fly".
But the owl later died and judicial authorities announced that they are considering pressing charges against the player.
Under Colombia's animal protection laws he could be fined and jailed for up to three months.

http://www.telegraph.co.uk/sport/football/8359808/Football-player-who-kicked-owl-to-death-receives-death-threats.html
posted by フランスフット at 11:12 | TrackBack(0) | コロンビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

フクロウを蹴ったルイス・モレノに二試合の出場停止処分と400ユーロの罰金

L'Equipe(フランス)03/03/2011

"Le shooteur de chouette suspendu"
「フクロウを蹴ったルイス・モレノに出場停止処分」

コロンビアのリーグ戦の試合中、フクロウを蹴ってその後死なせてしまったデポルティーボ・パレイラのパナマ人ディフェンダー、ルイス・モレノは、コロンビアサッカー協会連盟から二試合の出場停止処分と400ユーロの罰金の処分を受けた。

規律委員会は、ルイス・モレノが「動物に対し残酷な行為をとった」罪を犯し、そのフクロウをマスコットとしていたアトレティコ・ジュニオールのサポーターたちを「挑発した」と判断した。

モレノは自分の行為を謝罪している。そしてモレノは動物保護の人たちから電話で脅迫を受けていることを明らかにしている。

モレノは警察に守られながらスタジアムを離れていた。

Coupable d'avoir shooté dans une chouette qui est morte par la suite lors d'un match du Championnat colombien, le défenseur panaméen du Deportivo Parreira Luis Moreno a été sanctionné de deux matches de suspension par la Fédération colombienne et s'est vu infligé une amende de 400 euros. La commission de discipline a estimé que le joueur s'était rendu coupable d'un ≪acte de cruauté envers un animal≫ et avait aussi ≪provoqué≫ les supporters de l'Atletico Junior dont la chouette est la mascotte. Moreno s'était excusé de son geste et avait confié avoir reçu des menaces par téléphone de défenseurs des animaux. Il avait quitté le stade sous la protection de la police.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110303_084526_le-shooteur-de-chouette-suspendu.html
posted by フランスフット at 22:02 | TrackBack(0) | コロンビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロンビア全土を敵に回してしまったパナマ人ルイス・モレノのことを心配するパナマの家族

Telegraph(イギリス)02/03/2011

"Footballer apologises for owl mascot death"
「フクロウが死亡したことに対しルイス・モレノが謝る」

デポルティーボ・ペレイラのディフェンダー、ルイス・モレノが、ペレイラのペナルティエリア付近でボールにぶつかり気絶して倒れていたフクロウを蹴ったことで、アトレティコ・ジュニオールのファンたちは「人殺し」と声を上げていた。

地元の獣医師カミーロ・タピアはフクロウの命を救おうとしたが、ショック状態に陥っていたフクロウは火曜午前2時57分、死亡が確認された。

それ以来、このパナマ人選手はコロンビア国内で憎悪の的になっている。

「(パナマにいる)自分の家族は今回の事件を心配しています。自分はコロンビア全土を敵に回していますから。起こってしまったことは遺憾なことだと思います。ですから自分はコロンビアの人たち全員に謝ったのです」とモレノは言う。

月曜、コロンビアサッカーリーグ協会のラモン・イェズルムは「痛ましく残酷で許されない行為を行ったこの選手は厳罰を受けるべきだ」と発言している。そしてこの問題はコロンビアサッカーリーグ協会の規律委員会にかけられることになると話している。

一方、状況調査を行ったコロンビアサッカーリーグ協会幹部のフンベルト・メンドーサは、モレノに対しどのような処分が妥当か検討すると話している。

Moreno, a defender for Deportivo Pereira, was seen to kick the Atletico Junior owl as it lay stunned after it was struck by the ball near the Pereira penalty area, prompting chants of "murderer" from Atletico Junior fans.
Local vet Camilo Tapia tried in vain to save the bird but it was pronounced dead at 2.57am (7.57am GMT) on Tuesday after going into shock.
The Panamanian player has since become a hate figure in Colombia.
"My family is very worried about what happened because an entire country is against me. I believe what happened is regrettable and I apologised to the entire country," he said.
Ramon Jesurum, president of Dimayor, said on Monday that "the player should be severely punished for this painful, horrible act of intolerance," before adding that the case would go before their disciplinary committee.
Meanwhile, Humberto Mendoza, the director of the agency that oversees environmental issues in Barranquilla, has said he will investigate possible sanctions against Moreno.

http://www.telegraph.co.uk/news/newsvideo/weirdnewsvideo/8356413/Footballer-apologises-for-owl-mascot-death.html
posted by フランスフット at 00:05 | TrackBack(0) | コロンビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

フクロウを蹴ったルイス・モレノに懲役3ヶ月と26ドルの罰金の可能性

Herald Sun(オーストラリア)02/03/2011

"Colombian soccer mascot owl dies after player kicks it off field"
「コロンビアのサッカーチームのマスコットフクロウが選手に蹴られて死亡」

Atletico Junior's mascot owl died.jpg

(アトレティコ・ジュニオールのマスコットフクロウ:nbcsports.com

コロンビアのサッカーチームのマスコットフクロウが相手選手に蹴られて死亡したと今日『ラジオ・サンタ・フェ』が伝えた。

日曜、バランキーヤに本拠地を置くアトレティコ・ジュニオールとデポルティーボ・ペレイラとの試合中、このフクロウはピッチ上に落っこちてきたが、(ボールが当たって)明らかに骨折していた様子だった。

アウェーチームのパナマ人選手、ルイス・モレノはそのフクロウをピッチから蹴り飛ばし、バランキーヤの観客たちは怒り狂った。彼らにとってこのフクロウは幸運のお守りだったからである。

モレノは警察に守られながらピッチから去った。モレノには懲役1ヶ月から3ヶ月ならびに最高50000ペソ(26ドル)の罰金が課せられる可能性があると『ラジオ・サンタ・フェ』は伝えている。

「コロンビアの人々全員にお詫び申し上げます。とくにバランキーヤのファンのみなさんにはお詫び申し上げます。非常に深刻な行動をとってしまいました。罰の通達を受けたら、わたしはそれに従います」とモレノは月曜のニュース記者会見で報道陣に語っている。

このフクロウの治療に当たっていた獣医師によれば、火曜早朝、フクロウの呼吸が停止したという。この事件のあと手当てを受けたことによるストレスが原因と見られている。


A COLOMBIAN soccer team's mascot owl died after being kicked by a rival player, Radio Santa Fe reported today.
The bird landed on the field with an apparent broken wing during Sunday's game between Barranquilla's Atletico Junior and Deportivo Pereira. The visitors' Panamanian striker Luis Moreno kicked the owl off the field, provoking a furious reaction from the Baranquilla crowd, who considered the bird to be a good luck charm.
Moreno had to be protected by police when walking off the field. He is facing a possible one to three months in jail and a maximum fine of 50,000 pesos ($26), according to Radio Santa Fe. He also faces possible sanctions from soccer league officials.
"I apologize to the whole country and more to the fans of Barranquilla because it was a very serious action, and if I get a penalty, then I'll take it," Moreno told reporters at a news conference Monday.
Veterinarians treating the bird said it died of respiratory arrest early Tuesday, most likely brought on by the stress of being handled excessively following the incident.

http://www.heraldsun.com.au/sport/soccer/colombian-soccer-mascot-owl-dies-after-player-kicks-it-off-field/story-e6frfg8x-1226014479084
posted by フランスフット at 09:08 | TrackBack(0) | コロンビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロンビアでの試合中、選手に蹴り飛ばされたチームマスコットのフクロウが死亡

Le Monde(フランス)01/03/2011

"Un footballeur sanctionné pour avoir shooté dans une chouette"
「フクロウを蹴ったサッカー選手が処分へ」

コロンビアのリーグ戦、デポルティーボ・パレイラ対アトレティコ・ジュニールの試合中、パナマ人ディフェンダーのルイス・モレノが動物保護団体からの怒りを買う行動をとった。

試合後半28分のこと。このデポルティーボ・パレイラのディフェンダーは、ボールにぶつかってしまった一羽のフクロウに対し、情け容赦なかった。

プレー再開させようとあせっていたモレノは、フクロウをピッチからどかせようとして乱暴に蹴り飛ばした。

これを受けて相手選手たちはモレノに詰め寄り、主審は試合を一時中断した。そしてサポーターたちは「人殺し!人殺し!」と叫び出した。

このフクロウはアトレティコ・ジュニオールのチームマスコットだった。

「サポーターたちに謝りたい。動物を傷つけるつもりはなかった。ただもう一度飛び立たせてあげたかっただけだ。」

デポルティーボ・パレイラの会長はモレノに対し処分を下す可能性があると発表している。そしてコロンビアサッカーリーグも処分を下す可能性がある。

火曜朝、フクロウはバランキーヤの動物病院で死亡した。

Lors de la rencontre du championnat colombien entre le Deportivo Pereira et l'Atletico Junior, le défenseur panaméen, Luis Moreno, a provoqué l'ire des associations de défense des animaux. A la 73e minute du match, le joueur de Pereira s'est montré sans pitié envers une chouette qui passait par-là et s'est retrouvée assommée par le ballon. Pressé de reprendre le jeu, Moreno a choisi de la dégager du terrain d'un violent coup de pied. Les joueurs adverses sont alors venus l'interpeller, forçant l'arbitre à interrompre momentanément le match, et les supporteurs se sont mis à chanter "Assassin ! Assassin !". L'animal est la mascotte de l'équipe junior de l'Atletico. "Je voulais m'excuser auprès des supporteurs. Je n'avais pas l'intention de blesser l'animal, juste la refaire voler." Le président du Deportivo Pereira a annoncé que des sanctions seraient prises contre le joueur et la Ligue colombienne de football pourrait décider de même. La chouette est morte mardi matin à la clinique vétérinaire de Barranquilla.

http://www.lemonde.fr/sport/video/2011/03/01/un-footballeur-sanctionne-pour-avoir-shoote-dans-une-chouette_1486566_3242.html
posted by フランスフット at 08:40 | TrackBack(0) | コロンビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

コロンビアでクラブチームのユニフォームを着用していた17歳のサポーターが路上で殺される

SO FOOT(フランス)21/02/2011

"Colombie, terre de drames"
「悲劇の地、コロンビア」

昨日、17歳の若きサポーターがボゴタ(注:コロンビアの首都)の路上で死亡した。

友人二人と出歩いていた彼は、ミジョナリオスのユニフォームを着用していた。その彼に、アトレチコ・ナシオナルのサポーターである三人が襲いかかり、そのうちの一人がナイフを取り出した。この少年はもう起き上がることはなかった。

この悲劇のあと、45人が取り調べを受けている。ペルドモ大佐は「この中に犯人たちがいると思う」と話している。

事件は未解決のままということである。

Un jeune supporter de 17 ans est décédé hier dans les rues de Bogota. Accompagné de deux amis, il portait sur le dos le maillot des Millenarios.
Trois personnes, supporters de l’Athletico National, lui sont alors tombés dessus. L’un d’entre eux a sorti un couteau. L’adolescent ne se relèvera pas. Quarante cinq personnes ont été interpellées suite à ce drame et le colonel Perdomo ≪ espère bien que les coupables figurent parmi elles ≫…
Affaire à suivre.
VV

http://www.sofoot.com/colombie-terre-de-drames-137876-news.html
posted by フランスフット at 06:56 | TrackBack(0) | コロンビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

コパ・アメリカで日本が対戦するコロンビア代表司令塔ジョヴァンニ・モレノが6ヶ月間戦線離脱。コパ・アメリカ出場は絶望的

L'Equipe(フランス)16/02/2011

"Moreno absent six mois"
「ジョヴァンニ・モレノが6ヶ月間戦線離脱」

コロンビアは今年7月アルゼンチンでおこなわれるコパ・アメリカに、司令塔を欠いた状態で臨まないといけない。

ジョヴァンニ・モレノ(14キャップ3得点)の負傷は左ひざ十字靭帯断裂で、少なくとも6ヶ月の間戦列を離れることになる。

La Colombie sera privée de son meneur de jeu pour la prochaine Copa America, qui aura lieu en Argentine au mois de juillet. Giovanni Moreno (14 sélections, 3 buts) souffre d'une rupture des ligaments croisés du genou gauche et sera absent au moins six mois.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110216_102847_moreno-absent-six-mois.html
posted by フランスフット at 19:54 | TrackBack(0) | コロンビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。