2011年08月01日

マレーシアサッカー連盟がチェルシーに謝罪

L'Equipe(フランス)31/07/2011

"La Malaisie s'est excusée"
「マレーシアサッカー連盟がチェルシーに謝罪」

Benayoun racially insulted by Malaysian fans.jpg

(写真:dailymail.co.uk

7月21日にマレーシアで行われた(チェルシー対マレーシアオールスターの)親善試合で、イスラエル人のヨッシ・ベナユンが反ユダヤ主義的侮辱を浴びていた件に関し、チェルシーはマレーシアサッカー連盟から謝罪を受け取った。チェルシーはマレーシアサッカー連盟に対し苦情を申し立てていた。

「チェルシーとヨッシは謝罪を受け入れた。本件はすでに解決した」とチェルシーは公式サイト上で発表している。

ベナユンはマレーシアでプレーした最初のイスラエル人選手だった。しかしマレーシアは人口の60パーセントがムスリムで、イスラエルを国家として認めていない。

Choqué par les insultes antisémites proférées à l'encontre de son joueur israélien Yossi Benayoun lors d'un match disputé en Malaisie le 21 juillet (1-0), Chelsea a reçu des excuses de la fédération de football du pays, en réponse à la plainte que les Blues lui avaient transmise. ≪Le club et Yossi acceptent les excuses et l'affaire est maintenant close≫ écrit le club anglais sur son site Internet. Benayoun était le premier joueur israélien à évoluer en Malaisie, un pays où environ 60% de la population est de confession musulmane et qui ne reconnaît pas l'Etat hébreu.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110731_153020_la-malaisie-s-est-excusee.html
posted by フランスフット at 02:02 | TrackBack(0) | マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

マレーシアのルーニーファン

Metro(イギリス)18/07/2011

"Manchester United fan gets bullied out of Liverpool match in Malaysia"
「マレーシアでマンチェスター・ユナイテッド ファンの男がリヴァプールファンたちに脅される」

Malaysia Rooney Liverpool.jpg

(写真:metro.co.uk

彼が来ていたシャツは本当に最悪のチョイスだった。ルーニーはレッズが最も敵意を燃やしているライバルチームの選手であり、ルーニー自身が少年時代、リヴァプールのお隣さんであるエヴァートンのファンだったことで知られているからである。

それでも彼はずうずうしくそのシャツを見せびらかしながら観客席に向かった。マレーシアを訪問中のリヴァプールの練習を見るためである。

当然のことだが、この若い男は1000人ほどのマレーシア人からこの不快なシャツを脱ぐよう執拗に攻撃された。

結局彼は「ブカ・ブカ」(脱げ)のチャントに屈したが、彼にとってはライバルチームであるリヴァプールのグッズが彼に巻きつけられたのはやりすぎである。

年頃を見るともう少し分別ある行動を取れたはずのこの若者は着席し拗ねていたが、もう十分だと判断したのだろう、コップのように忠実なファンたちの間を通り抜け、最も近い出口へと消えていった。



しかし彼はこの侮辱には意味があったと思ったかもしれない。なぜならミスター・ルーニーがツイッターで彼についてつぶやいたからである。

「おれの名前が入ったマンチェスター・ユナイテッドのユニフォームを着てリヴァプールの練習を見に行ったヤツは伝説だ」とルーニーは100万人近いフォロワーに向けて書いている。

The shirt couldn't really have been a worse choice, given that Rooney plays for the Reds' bitterest rivals and is famously a boyhood fan of their city neighbours Everton.
But that didn't stop him wading into a stand, brazenly showing off his colours, to watch the Anfield side in training on their Far East tour.
Unsurprisingly the young man was baited into removing the offending shirt by about 1,000 Malaysians.
And although he eventually succumbed to chants of ‘buka, buka!’ (take it off) - when his rivals' gear was forced on him, it proved too much.
The youngster - who definitely looked old enough to know better - sat and sulked for a few painful seconds before deciding enough was enough, and bolted through the Kop faithful to the nearest exit door.
But, in the end, he may have thought the humiliation was worth it when Mr Rooney himself cited him on his Twitter account.
'The lad who went to watch Liverpool train in mufc top with my name on the back is a legend,' the man himself wrote to his 1million or so followers.
Aww…

http://www.metro.co.uk/sport/oddballs/869650-manchester-united-fan-gets-bullied-out-of-liverpool-match-in-malaysia#ixzz1SXqCDd3w
posted by フランスフット at 19:42 | TrackBack(0) | マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

マレーシアのロベルト・カルロス

SO FOOT(フランス)06/07/2011

"Un Roberto Carlos malaisien"
「マレーシアのロベルト・カルロス」



モハメド・アイディル・ザフアン・アブドゥル・ラザクはマレーシア代表でプレーする隠れた有名選手である。

ワールドカップ2014ブラジル大会アジア地区1次予選の台湾との試合で、ザフアンはロベルト・カルロスばりの素晴らしいフリーキックを決め、自国に先制点をもたらした。

マレーシアは2−3で敗れたが、ホームで行われたファーストレグで2−1で勝利していたため、アウェーゴールの差でアジア地区2次予選に駒を進めた。

Mohd Aidil Zafuan Abdul Razak est un illustre inconnu qui joue en équipe de Malaisie.
Lors du match face à Taïwan, comptant pour les qualifications pour la Coupe du monde 2014, Zafuan a ouvert le score pour son bled grâce à un superbe coup franc que ne renierait pas Robert Charles.
La Malaisie s’inclinera 3-2, mais comme elle avait gagné 2-1 chez elle et qu’elle a mis plus de buts à l’extérieur, c’est Zafuan et sa clique qui passent. Rendez-vous au prochain tour.
AF

http://www.sofoot.com/un-roberto-carlos-malaisien-70-144466-videos.html?p=2
posted by フランスフット at 06:39 | TrackBack(0) | マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

マレーシアの英字紙『ニュー・ストレイツ・タイムズ』より「マレーシアがAFFスズキカップ優勝」

The New Straits Times(マレーシア)29/12/2010

"Malaysia wins AFF Suzuki Cup"
「マレーシアがAFFカップ優勝」

malaysia-fans-to-watch-AFF-suzuki-cup-final.jpg

(マレーシア代表チームを応援するファンたち:nst.com

2010AFFスズキカップ決勝セカンドレグがおこなわれ、マレーシアはインドネシアに1−2で敗れたが、トータルスコア4−2で優勝した。ファーストレグでマレーシアは3−0で勝利していた。

インドネシアは試合序盤から猛攻を仕掛けた。試合前半、マレーシアディフェンダーがペナルティボックスでハンドを犯しインドネシアはPKを獲得した。しかしキーパーのカイルル・ファフミが素晴らしいセーブをみせインドネシアのリードを阻止した。

前半は両チームとも無得点だったが後半7分、マレーシアのモフド・サフィー・サリが先制点を決めた。しかしインドネシアのモハンマド・サスファが同点ゴールを決め試合は振り出しに戻った。

後半42分、リドワンのゴールでインドネシアは2−1でリードした。しかしインドネシアは、試合終了のホイッスルまでに0−3のディスアドバンテージを埋めるには至らなかった。

マレーシアのナジブ・ラザク首相はツイッターアカウント経由で同国代表チームを祝福している。

「よくやった、マレーシアの虎たちよ!チームとしていいプレーをしていた。マレーシアはマレーシア代表選手たちを誇りに思う。おめでとう!」とラザク首相は述べている。

マレーシア副首相のムヒディン・ヤシンもチームを称えている。本当に勝ちたければ不可能なことなどないことをこの勝利が証明したと言う。

「努力、汗、そして選手、監督、代表チーム役員がそれぞれ犠牲になったことがこの勝利に寄与したのだ」とムヒディン副首相は声明を発表している。

「マレーシアが国際舞台で堂々と振舞えるよう、選手たちは最高のパフォーマンスを維持するように」とムヒディンは述べている。

そして、スルタン・パハング・スルタン・アフマド・シャーフの弛まぬリーダシップと尽力があったからこそマレーシアサッカーの発展があると称えられるべきであると副首相は述べている。

ムヒディンはまた、マレーシア代表サッカーチームを人々が大きくサポートしたことも褒め称えている。

「あれくらいの熱意が必要である。今後の試合でもっと勝つよう、選手たちを激励しなければならない」とムヒディンは述べた。



(2010年12月29日AFFスズキカップ決勝セカンドレグ、インドネシア2−1マレーシア)



(AFFスズキカップ2010・グループステージベストゴール集)

JAKARTA: Malaysia has won the 2010 AFF Suzuki Cup on a 4-2 aggregate after losing to Indonesia 2-1 in the second leg of the final here tonight. Malaysia won the first leg 3-0.
Indonesia piled on the pressure from the start and earned a penalty in the first half when a Malaysian defender hand-balled in the penalty box, but a brilliant save from keeper Khairul Fahmi denied the Indonesians the lead.

Mohd Safee Sali put Malaysia ahead in the 52nd minute after a score-less first half, while Indonesia's Mohammad Sasufa equalised to bring the game level.

Ridwan scored in the 87th minute to put Indonesia in the lead 2-1, but as the final whistle blew, it was not enough to offset Malaysia's 3-0 advantage going into the second leg of the final.
Prime Minister Datuk Seri Najib Razak via his Twitter account congratulated the national team.

“Well done, Malaysian Tigers! You played well as a team and have made your country very proud. Congratulations!” he said.

Deputy Prime Minister Tan Sri Muhyiddin Yassin also hailed the team, saying the victory showed that nothing was impossible if one truly wanted to win.

“Every effort, sweat and sacrifice of each player, their coach and officers contribute to the triumph,” he said in a statement.

“I urge the players to continue maintaining the highest performance so that Malaysia can hold its head high in the international arena,” he said.

The relentless leadership and efforts of Sultan Pahang Sultan Ahmad Shah in the development of Malaysian football should be admired, said the deputy prime minister.

Muhyiddin even praised the strong support of the people towards the Malaysian football team.

“Such an aspiration is needed to spur the player in winning more future matches,” he said.

http://www.nst.com.my/nst/articles/MalaysiawinsAFFSuzukiCup/Article/
posted by フランスフット at 01:11 | TrackBack(0) | マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

マレーシア、AFFカップ優勝に向って大きく前進

FIFA.com 26/12/2010

"Malaysia stride towards cup win"
「マレーシア、AFFカップ優勝に向って大きく前進」

今日マレーシアはAFFカップトロフィーに一歩近づいた。AFFカップ決勝ファーストレグがクアラルンプールでおこなわれ、マレーシアがインドネシアに3−0で勝利した。

マレーシアのスターになったのは、モフド・サフィー・サリだった。前半は緊迫した戦いのまま点が入らず終了。しかし後半に入り、サフィーが先制ゴールを決めた。そして後半から途中出場のモフド・アシャリ・シャムスディンがマレーシアの2点目を決め、サフィーが3点目を決めた。

12月1日にジャカルタでおこなわれたグループステージのインドネシア戦で1−5で敗れていたマレーシアにとっては、この上ないファーストレグになった。

インドネシア代表選手たちは、マレーシアのファンたちがレーザーポインターで目を狙ってくると主審のトマ・マサーキに抗議したため、後半の8分間試合が中断した。セカンドレグは水曜夜(12月29日)ジャカルタでおこなわれる。



(2010年12月26日AFFカップ決勝ファーストレグ・マレーシア3−0インドネシア)



(インドネシア選手たちが主審に抗議する様子)

Malaysia today placed one hand on the AFF Cup trophy after winning the first leg of their final clash with Indonesia 3-0 in Kuala Lumpur.
Mohd Safee Sali was the star for the home side, opening the scoring after a tight first half and adding a third after substitute Mohd Ashari Shamsuddin had doubled Malaysia's lead.
It was a wonderful turnaround from Malaysia, who lost 5-1 to the same opponents in the group stages in Jakarta on 1 December.
The match was stopped for eight minutes in the second half when the visiting players complained to referee Toma Masaaki that the home fans were shining laser lights into their eyes. The second leg takes place in Jakarta on Wednesday night.

http://www.fifa.com/worldfootball/news/newsid=1356351.html
posted by フランスフット at 12:31 | TrackBack(0) | マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。