2011年06月06日

ファルコ・ゲッツがベトナム代表監督に就任

L'Equipe(フランス)06/06/2011

"Goetz nouveau sélectionneur"
「ファルコ・ゲッツがベトナム代表監督に就任」

ベトナムサッカー連盟は月曜、ドイツ人のファルコ・ゲッツが代表監督に就任したと発表した。

49歳のゲッツは二年契約にサインした。当面の目標はオリンピック2012ロンドン大会の出場権を獲得することである。

バイエル・レバークーゼンやガラタサライでプレーしたゲッツはヘルタ・ベルリンで3年間に渡って指揮を執ったが、2007年に解雇された。

ゲッツはポルトガル人のエンリケ・カリストの後を引き継ぐことになる。カリストはメディアからのプレッシャーが過剰であることを理由に、3月にベトナム代表監督を辞任している。

La Fédération vietnamienne de football a annoncé lundi la nomination de l'Allemand Falko Goetz au poste de sélectionneur national. L'entraîneur de 49 ans s'est engagé pour deux ans et aura comme premier objectif de qualifier les ≪sangs et or≫ aux Jeux Olympiques de Londres en 2012. Ancien joueur du Bayer Leverkusen et de Galatasaray, il a entraîné le Herta Berlin pendant trois ans, jusqu'en 2007, avant d'être remercié. Il succède à la tête de la sélection du Vietnam au Portugais Henrique Calisto, qui avait démissionné en mars, jugeant la pression médiatique excessive.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110606_123552_goetz-nouveau-selectionneur.html
posted by フランスフット at 20:27 | TrackBack(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

フリスト・ストイチコフがベトナム代表監督へ?

L'Equipe(フランス)29/04/2011

"Stoïchkov vers le Vietnam ?"
「フリスト・ストイチコフがベトナム代表監督へ?」

バルサの名選手だったブルガリア人、フリスト・ストイチコフがベトナム代表監督に就任する可能性がある。

「彼はオファーを受け、今ベトナムにいる。二年もしくは四年契約を結ぶ可能性がある」とストイチコフと近いエミル・ディミトロフが語った。

ストイチコフは2004年から2007年にかけてブルガリア代表を率いた。しかしワールドカップ2006ドイツ大会出場権を獲得できなかった。

Ancienne gloire du Barça, le Bulgare Hristo Stoïchkov pourrait reprendre la sélection du Vietnam. ≪Il a reçu une offre et est actuellement là-bas. Il pourrait s'engager pour deux ou quatre ans.≫, a indiqué Emil Dimitrov, un proche de Stoïchkov. Il avait entraîné l'équipe de Bulgarie entre 2004 et 2007 mais ne s'était pas qualifié pour la Coupe du monde en Allemagne.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110429_125544_stoichkov-vers-le-vietnam.html
posted by フランスフット at 21:07 | TrackBack(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

ベトナム代表監督がAFFカップでの成績をメディアに批判され怒って辞任

L'Equipe(フランス)02/03/2011

"Henrique Calisto claque la porte"
「エンリケ・カリストがベトナム代表監督を怒って辞任」

ポルトガル人ベトナム代表監督のカリストは、ベトナム代表が東南アジアの大会(注:AFFカップのこと)で敗れたことを受けて辞任した。

カリストはメディア側の過剰なプレッシャーを遺憾に感じていた。

カリストはムアントン・ユナイテッドFC(タイ・プレミアリーグ)監督としてやり直すことが決まっている。

Le portugais Calisto, sélectionneur de l'équipe nationale du Vietnam, a démissionné de son poste suite à une défaite dans une compétition régionale. L'homme a regretté une pression médiatique excessive. Il se relance à la tête du club de Muang Thong United (1re div. thaïlandaise).

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110302_123736_henrique-calisto-claque-la-porte.html
posted by フランスフット at 21:36 | TrackBack(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

ベトナムでヨーロッパサッカーリーグの試合がケーブルテレビに加入しないと見られなくなり論争が起こる

SO FOOT(フランス)02/12/2010

"Polémique au Vietnam"
「ベトナムでの論争」

ベトナムではサッカーは人民たちにとって一番の気晴らしで、素晴らしいものだと考えられている。ところが。

フランスとベトナム共同出資の有料TVチャンネルはヨーロッパのリーグ戦の放映権を得たため、それを見るのにお金を払わなければいけなくなった。これに反対する動きは広がりをみせ、ベトナムのメディアでそして政治の場で俎上にのぼるようになった。

フランスのテレビ局『キャナルプリュス』によって設立されたその子会社の『Kプリュス』は共産主義国家ベトナムのオーディオビジュアル界に進出した最初の企業である。『Kプリュス』には一ヶ月9ユーロで加入できる。

しかしベトナムの平均給与が年額で約1000ユーロということを知る人なら、『Kプリュス』に加入するということは本当にぜいたくなことというのはピンとくる。

そこでベトナムの政府上層部がさっそく介入してきた。そして『Kプリュス』の幹部に放映権を公共テレビチャンネルに分けてくれとお願いしている。だがこの嘆願はいまのところ無駄に終わっている。

『Kプリュス』理事補佐のアルノー・ド・ヴィルヌーヴとかいう人は矢面に立ってでた。そして彼自身が競争による「陰謀」の被害者であるという。

「勝手に振舞われて困る。ベトナム人たちのための米の供給を断ったわけではないのに」と言う。そしてこうも言っている。「ベトナム人がイタリア人よりもサッカーに興味があるにしても、イングランドのサッカーを見ることなんて生活で必要とされる基本的情報には関係ないだろ。」

ビジネスはビジネスなのね。


Au Vietnam, le football, passe-temps favori du peuple, est considéré comme sacré. Alors, quand un bouquet de télé franco-vietnamien obtient les droits pour faire payer les matches de championnats européens, la fronde s’installe et se propage jusqu’aux hautes sphères médiatiques et politiques du pays.
K +, filiale étrangère créée par le groupe Canal +, est la première entreprise à s’insérer dans le paysage audiovisuel du Vietnam communiste, et propose un abonnement à 9 euros par mois, un vrai luxe quand on sait que le salaire moyen tourne autour des 1000 euros annuels. Les instances gouvernementales sont dès lors intervenues pour demander aux décideurs de K+ de partager les droits de diffusion avec des chaînes publiques, une requête pour le moment restée lettre morte.
Le directeur adjoint de K+, un certain Arnaud de Villeneuve, est monté au créneau, s’estimant victime d’une ≪ cabale ≫ de la concurrence : ≪ Il ne faudrait pas exagérer, on n’a pas coupé le riz aux Vietnamiens ≫, précisant que ≪ s’ils s’intéressent plus au football que les Italiens ≫, regarder le football anglais ≪ ne fait pas partie des besoins des informations de base ≫.
Business is business.
AP

http://www.sofoot.com/polemique-au-vietnam-134832-news.html
タグ:ベトナム
posted by フランスフット at 12:27 | TrackBack(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。