2012年06月08日

ユーロ2012開幕に間に合ったミラン・バロシュ

L'Equipe(フランス)07/06/2012

"≪Feu vert≫ pour Baros"
「ユーロ2012開幕に間に合ったミラン・バロシュ」

火曜の練習中に内転筋を傷めたものの損傷はしていなかったミラン・バロシュだが、金曜に行われるグループAのチェコ代表の初戦に出場する。

「彼には青信号を出した」と木曜、バロシュの状態を検査していたチェコ代表のドクター、ペトル・クレイチーが発表している。

ふくらはぎを傷めているチェコ代表キャプテンのトマーシュ・ロシツキーも最終的には間に合っている。

Touché aux adducteurs mais sans déchirure, mardi à l'entraînement, Milan Baros pourra bien tenir sa place, vendredi contre la Russie pour la premier match de la République tchèque dans le groupe A. ≪Il a reçu le feu vert≫, a déclaré jeudi le médécin de la sélection, Petr Krejci, après avoir fait passer une série de tests à l'attaquant. Blessé au mollet, le capitaine de la Reprezentace, Tomas Rosicky, est lui aussi finalement rétabli à temps.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/-feu-vert-pour-baros/289692
posted by フランスフット at 17:44 | TrackBack(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

ヴィクトリア・プルゼニのチェコ代表ダヴィド・ビストロニが二年間の出場停止処分

L'Equipe(フランス)09/02/2012

"Bystron (Plzen) suspendu 2 ans"
「ヴィクトリア・プルゼニのチェコ代表ダヴィド・ビストロニが二年間の出場停止処分」

ヴィクトリア・プルゼニのチェコ代表ディフェンダー、ダヴィド・ビストロニがUEFAから二年間の出場停止処分を受けた。今シーズンのチャンピオンズリーグ・グループリーグ、ベラルーシのBATEボリソフ対ヴィクトリア・プルゼニ(0−1)の試合後、ビストロニは禁止薬物検査で陽性反応がでていた。

出場停止処分を受けたこの29歳の選手は、ユーロ2012に出場できないことになる。ユーロ2012のグループステージでチェコ代表はポーランド代表、ギリシャ代表、ロシア代表と対戦する。

チェコの新聞が伝えるところによると、ビストロニは「アイス(注:日本語ではシャブ)」と呼ばれている覚醒剤、メタンフェタミンをナイトクラブで使用したとされている。チャンピオンズリーグの試合数日前のことだった。

Le défenseur international tchèque du Viktoria Plzen (D1 tchèque) David Bystron a été suspendu deux ans par l'UEFA, après avoir été contrôlé positif à une substance interdite en novembre lors d'un match de Ligue des Champions face au club biélorusse de BATE Borisov (1-0). Sa suspension privera le joueur de 30 ans de l'Euro 2012 où la République tchèque affrontera en poules la Pologne, la Grèce et la Russie. Selon la presse tchèque, Bystron aurait consommé de la méthamphétamine, une drogue synthétique connue également sous le nom de "ice", lors d'une sortie dans une boîte de nuit, quelque jours avant le match à l'issue duquel il a été contrôlé.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Bystron-plzen-suspendu-2-ans/262385
posted by フランスフット at 10:27 | TrackBack(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

インテルをモデルとしたサッカークラブ創設の夢を語るAV女優クラリッサ・レオネ

SO FOOT(フランス)16/12/2011

"Une actrice X veut fonder un club"
「インテルをモデルとしたサッカークラブ創設の夢を語るAV女優クラリッサ・レオネ」

クラリッサ・レオネはチェコ人AV女優である。ここまでは変ったことは何もない。ところが彼女は大のサッカー好き、特にインテルの大ファンで、インテルをモデルとしたサッカークラブを創設したいと思っていることが明らかになった。

彼女はインテルのユニフォーム、ショーツ、ソックスを真似したがっている。というか彼女はすべてを真似したがっている。クラブ名も、ずばり「インテル・プラハ」である。彼女はプラハ出身である。

「ポルノ業界での自分のキャリアが大好きです。気持ちよくやっています。だけどサッカークラブを所有することがわたしの昔からの夢でした。いまの時代、サッカーの世界には多くの女性がいます。それにこのプロジェクトのおかげでわたしはもっと有名になれるし、わたしのファンたちはわたしのことを支えてくれると自信があります。」

人を情にほだすというやつである。

Klarisa Leone est une actrice porno tchèque. Jusque là, rien de bien anormal. Sauf qu'elle s'avère être également une grande amatrice de football, notamment de l'Inter Milan, et aimerait fonder un club de foot sur le modèle des Nerazzuri. Elle veut copier le maillot, le short, les chaussettes. Tout, même le nom : l'Inter de Prague, sa ville natale.

"J'adore ma carrière dans le porno, je prends du plaisir, mais j'ai toujours rêvé de posséder un club de football. Il y a beaucoup de femmes dans le football de nos jours. En plus, je serai encore plus célèbre grâce à ce projet, et je suis sûre que mes fans vont me soutenir."

C'est ce qu'on appelle prendre les gens par les sentiments...

WP

http://www.sofoot.com/une-actrice-x-veut-fonder-un-club-150988.html
posted by フランスフット at 02:04 | TrackBack(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

元ACミランのマレク・ヤンクロフスキがチェコのFCバニーク・オストラヴァの選手として現役復帰

L'Equipe(フランス)10/10/2011

"Jankulovski à Ostrava"
「元ACミランのマレク・ヤンクロフスキがチェコのFCバニーク・オストラヴァの選手として現役復帰」

Marek Jankulovski signs with Banik Ostrava.jpg

(写真:fcb.cz

マレク・ヤンクロフスキは引退を宣言していた。しかし綺麗に刈り込まれたピッチの誘惑には敵わなかった。

元チェコ代表サイドバックであるマレク・ヤンクロフスキはFCバニーク・オストラヴァ(チェコリーグ1部)と今シーズン終了時までの契約を結んだ。

(バニーク・オストラヴァでプロデビューを飾った)ヤンクロフスキは、イタリアのクラブ、そして最後にはACミランでプレーした後、オストラヴァに戻ることになった。

34歳のクロフスキは、1994年から2000年にかけてオストラヴァでプレーしている。

Il avait annoncé qu'il raccrochait les crampons mais finalement, l'attrait des pelouses bien taillées était plus fort. L'ancien arrière international tchèque Marek Jankulovski s'est engagé jusqu'à la fin de la saison au Banik Ostrava (1re div. tchèque), après onze années passées dans plusieurs clubs italiens et dernièrement à l'AC Milan. Agé de 34 ans, Jankulovski avait déjà évolué à Ostrava en 1994-2000.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111010_152949_jankulovski-a-ostrava.html
posted by フランスフット at 04:17 | TrackBack(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

高級盗難車の不正取引ネットワークに関与していたとの容疑を受けている元チェコ代表フォワードでジェノア時代のカズの同僚トマーシュ・スクラビー

L'Equipe(フランス)10/09/2011

"Skuhravy dans de sales draps"
「高級盗難車の不正取引ネットワークに関与していたとの容疑を受けている元チェコ代表フォワードでジェノア時代のカズの同僚トマーシュ・スクラビー」

Tomas Skuhravy.jpg

(トマーシュ・スクラビー:fotbal.idenes.cz

元チェコ代表フォワードで、ワールドカップ1990では得点ランキング2位だったトマーシュ・スクラビーが、高級盗難車の不正取引ネットワークに関与していたとの容疑を受けている。

警察からの取り調べを受けている6人は最高8年の禁固刑を受ける可能性がある。しかしスクラビーならびに密売人と見られているある人物は、ほかの人たちとはちがい投獄されていない。

起訴状によると、この高級盗難車不正取引ネットワークは、30台ものBMW、メルセデスベンツ、ポルシェ、アウディの登録ナンバーを巧みに偽造。そして偽造書類を付けてこれらの車両を新規に登録していた。

この巨人フォワード(1m94)は、スパルタ・プラハ、ジェノア、スポルティング・リスボンなどでプレーし、ワールドカップ1990イタリア大会では5得点を記録した。チェコ代表としては49試合に出場し17得点である(1985−1995)。現在46歳。

L'ancien attaquant international tchèque Tomas Skuhravy, deuxième meilleur buteur du Mondial 1990, est soupçonné d'être impliqué dans un réseau de trafic de voitures de luxe volées. La police a inculpé six personnes qui risquent jusqu'à huit ans de prison, mais Skuhravy et un autre trafiquant présumé n'ont pas été incarcérés, à la différence des autres. Selon l'accusation, le réseau a adroitement falsifié les numéros d'identification d'une trentaine de BMW, Mercedes, Porsche et Audi pour les immatriculer à nouveau avec de faux documents. L'attaquant géant (1m94), passé notamment par le Sparta Prague, le Genoa et le Sporting Lisbonne, avait inscrit 5 buts lors de la Coupe du monde italienne et dix-sept au total en 49 sélections (1985-1995). Il est âgé de 46 ans.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110910_001439_skuhravy-dans-de-sales-draps.html
posted by フランスフット at 23:01 | TrackBack(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

38歳のヤン・コレルが来シーズンもASカンヌでプレー

L'Equipe(フランス)11/06/2011

"Koller poursuit l'aventure"
「38歳のヤン・コレルがASカンヌでのプレーを続行」

2010年1月ASカンヌに加入したヤン・コレル(38歳)は、南フランスでのプレーを続行することを決断した。

今シーズン、ナシオナル(フランスリーグ3部)で16得点のチェコ人フォワードは来シーズンもASカンヌに残ると発表した。

「まだモチベーションがある。カンヌがリーグ・ドゥに昇格できるよう力になりたい。このクラブならできる」とコレルはチェコの新聞『Sport』に語っている。

Arrivé en janvier 2010 à Cannes, Jan Koller (38 ans) a décidé de poursuivre son expérience dans le Sud de la France. Auteur de 16 buts cette saison en National, l'attaquant tchèque a annoncé qu'il serait encore présent l'an prochain. ≪Je ressens encore une motivation. Je voudrais aider Cannes à remonter en Ligue 2. Le club le mériterait≫, a expliqué Koller au quotidien tchèque Sport.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110611_100230_koller-poursuit-l-aventure.html
posted by フランスフット at 21:24 | TrackBack(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

深刻な経営危機に陥っているスラヴィア・プラハのサポーターたちが爆発

L'Equipe(フランス)06/05/2011

"Le Slavia Prague sous haute tension"
「スラヴィア・プラハが緊張に包まれる」

Slavia Praha supporters raid on VIP tribune.jpg

(写真:L'Equipe

木曜、チェコカップ準決勝ファーストレグでスラヴィア・プラハとシグマ・オモロウツがプラハで対戦した。しかしスタジアム内で起こった暴力行為を受け、審判の判断により試合は中止になった。

ハーフタイム時に数百人のサポーターがピッチに乱入。ウルトラスはVIP席を襲撃しようとし、設備を破壊した。その結果警察が介入し、暴動鎮圧にあたった。

暴力行為が勃発した背景には、スラヴィア・プラハが置かれている非常に厳しい状況がある。負債に圧迫されているスラヴィアは3部降格の危機にある。

実際、チェコサッカー連盟のライセンス管轄委員会は試合中断後の木曜夜、1882年創設のスラヴィア・プラハから来シーズンのライセンスを剥奪することを決定している。スラヴィア・プラハは5月31日までに事態を正常化しなければならない。

委員会のメンバーの話では、現在チェコリーグ10位のスラヴィアは、年初以来選手の給与支払いが滞っているだけでなく、元クラブオーナーに対しても借金を抱えている。また、資本構成も不明瞭な状態である。

「スラヴィアの状況は普通ではない。自分が知っている限りでは、もうクラブには全くお金がない」とスラヴィアの元スター選手であるヴラディミール・シュミツェルは証言している。

La demi-finale aller de la Coupe de République tchèque qui opposait jeudi soir à Prague le Slavia Prague au Sigma Olomouc a été arrêtée par l'arbitre à la suite de violences dans le stade. Plusieurs centaines de supporters ont envahi la pelouse à la pause. Des ultras ont tenté de prendre d'assaut une tribune VIP et ont saccagé des installations, provoquant une intervention de la police anti-émeute.

Cette flambée de violence est liée à la situation très délicate du Slavia, lourdement endetté et menacé de relégation en 3e division. De fait, la commission d'attribution des licences de la Fédération tchèque a décidé plus tard dans la soirée de retirer au club créé en 1882 sa licence pour la prochaine saison. Le club a jusqu'au 31 mai pour régulariser sa situation.

Selon les membres de la commission, le club, actuel 10e du Championnat tchèque, ne paie plus ses joueurs depuis le début de l'année et doit notamment de l'argent à l'ancien propriétaire. Un flou entoure également la structure de son capital. ≪La situation au Slavia n'est pas normale. A ce que je sais, il n'y a plus d'argent du tout≫, témoigne Vladimir Smicer, ancienne gloire du club. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110506_001336_le-slavia-prague-sous-haute-tension.html
posted by フランスフット at 19:01 | TrackBack(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

ペトル・チェフが2010年チェコ最優秀選手に選ばれる

L'Equipe(フランス)07/02/2011

"Le triplé pour Cech"
「ペトル・チェフが2010年チェコ最優秀選手に選ばれる」

月曜夜プラハで、ペトル・チェフは三年連続四度目のチェコ最優秀選手に選ばれた。

選手、監督、クラブ幹部、スポーツジャーナリストの投票によりこのチェルシーのゴールキーパー(28歳)はチェコ最優秀選手に選出された。

チェコ代表ゴールキーパーのチェフ(2002年以来代表78キャップ)は2005年、2008年、2009年にもチェコ最優秀選手に選ばれている。

トマーシュ・ロシツキー(アーセナル)、トマーシュ・ウイファルシ(アトレティコ・マドリード)の二人も最終候補者だった。

Pour la quatrième fois et la troisième année consécutive, Petr Cech a été sacré meilleur footballeur de la République tchèque, lundi soir à Prague. Le gardien de Chelsea (28 ans) a été distingué par un vote des joueurs, entraîneurs, responsables et journalistes de sport. Le portier des Blues et de l'équipe de République tchèque (78 sélections depuis 2002) avait déjà été sacré en 2005, 2008 et 2009. Il a devancé sur le podium Tomas Rosicky (Arsenal) et Tomas Ujfalusi (Atletico Madrid).

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110207_233531_le-triple-pour-cech.html
posted by フランスフット at 12:16 | TrackBack(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

トマシュ・ザポトツニーがベシクタシュからスパルタ・プラハへ移籍

FIFA.com 05/01/2011

"Zapotocny, du Besiktas, au Sparta Prague"
「トマシュ・ザポトツニーがベシクタシュからスパルタ・プラハへ移籍」

Tomas Zapotocny from Besiktas to Sparta Praha.jpg

(トマシュ・ザポトツニー:superlignews.com

チェコ人ディフェンダーのトマシュ・ザポトツニーがベシクタシュを退団しスパルタ・プラハに加入する。

トマシュ・ザポトツニーは3年半の契約に合意したと水曜、チェコチャンピオンのスパルタ・プラハは発表した。

30歳のザポトツニーはチェコ代表として4試合に出場。2008年にベシクタシュに加入する前はイタリアのウディネーゼでプレーしていた。

ザポトツニーは2月17日と24日におこなわれるヨーロッパリーグ対リヴァプール戦には出場できない。なぜならザポトツニーは今シーズン、ベシクタシュの選手としてすでにヨーロッパリーグでプレーしたからである。

Le défenseur tchèque Tomas Zapotocny quitte le club turc de Besiktas Istanbul pour le Sparta Prague avec lequel il s'est mis d'accord pour un contrat de 3 ans et demi, a annoncé mercredi le club champion de République tchèque de football.
Zapotocny, 30 ans, totalise 4 sélections pour la sélection de République tchèque. Avant de rejoindre le Besiktas en 2008, il avait évolué à l'Udinese (1re div. italienne).
Il ne pourra toutefois pas disputer les matches du Sparta Prague contre Liverpool (1re div. anglaise), les 17 et 24 février en 16e de finale de l'Europa League, car il avait déjà joué pour le club turc lors de l'édition en cours de cette compétition.

http://fr.fifa.com/worldfootball/clubfootball/news/newsid=1359595.html
posted by フランスフット at 07:59 | TrackBack(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

スラヴィア・プラハが破産の危機

SO FOOT(フランス)02/12/2010

"Le Slavia en crise"
「スラヴィア・プラハが破産の危機」

Logo_Slavia.GIF
(写真:klubovakresla.cz

スラヴィア・プラハにとってもうなにもかもがうまく回っていない。

チェコの伝統的クラブの一つであり、そのうえ2007−08、2008−09シーズンのガンブリヌスリーガ優勝チームであるスラヴィア・プラハは現在危機にあり、財政状態は破滅的である。

ガンブリヌスリーガのクラブの多くが財政状況を心配されているが、スラヴィア・プラハ経営陣は金庫に穴をぽっかり大きく空けている。経営陣は元クラブ経営者であるイギリスの会社ENIC(注:スポーツとメディアに強い投資会社)に450万ユーロの債務を抱えかつ、およそ120万ユーロ分の選手給与が未払いである。

ミッドフィルダーのペトル・トラップは今週チームを飛び出した。その親友であるチュニジア人選手ウシネ・ラグエドも冬の移籍市場が開いたらすぐに市場調査して、クラブを出て行ってもいいことになっている。

そしてきわめつけだが、チームは週を追うごとに順位を下げ、降格圏直前の17位中14位に沈没している。

クリスマスが近づき、スラヴィアには棺おけも近づいてきている・・・



(2007年8月29日チャンピオンズリーグ予選3回戦セカンドレグ・スラヴィア・プラハ2−1アヤックス。スアレス、フンテラール擁するアヤックス相手に大金星を挙げ、スラヴィア・プラハはチャンピオンズリーググループステージ出場権を獲得した)

Rien ne va plus du côté du Slavia Prague. L’un des clubs mythiques de République Tchèque, vainqueur des deux derniers championnats en sus, est actuellement frappé par la crise et présente un bilan financier catastrophique.
A l’instar de nombreux clubs de Premier Leaguetchèque dont la situation inquiète, la direction des Rouge et Blanc affiche un trou béant dans ses caisses. Elle serait redevable de 4,5 millions d’euros à l’ancien propriétaire, la compagnie britannique ENIC, et devrait quelques 1,2 millions d’euros de salaire à ses joueurs.
Le milieu de terrain Petr Trapp a d’ailleurs claqué la porte cette semaine, alors que la paire tunisienne Tijani Belaid-Hocine Ragued a été autorisée à prospecter pour trouver une porte de sortie dès le mercato hivernal. Pour couronner le tout, l’équipe sombre semaine après semaine au classement, occupant une peu reluisante place de premier non-relégable au terme des 17 premières journées.
A l’approche de Noël, ça commence vraiment à sentir le sapin pour le Slavia...
AP

http://www.sofoot.com/le-slavia-en-crise-134794-news.html
posted by フランスフット at 10:28 | TrackBack(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。