2012年01月07日

ウェールズがガリー・スピードの追悼試合を開催へ

SO FOOT(フランス)05/01/2012

"Le Pays de Galles jouera pour Speed"
「ウェールズがガリー・スピードの追悼試合を開催へ」

昨年11月にガリー・スピードが自殺したことは、イギリスそしてとくに彼が生まれたウェールズに大きなショックを与えた。スピードはウェールズ代表監督を務めていた。

予定されていたように、2月29日にスピードを偲んで「メモリアル・マッチ」が開催される。ウェールズ代表はコスタリカ代表とカーディフシティ・スタジアムで対戦する。ウェールズサッカー連盟は公式文書の中で以下のように発表している。

「選手そして監督として、ウェールズサッカーの偉大な奉仕者だった彼の人生そしてキャリアを称える機会である。」

収益の10パーセントが、ガリー・スピードの家族が選んだ複数の慈善団体に寄付されることになっている。これもスタジアムに足を運ぶための素晴らしい理由である。

Le suicide de Gary Speed, en novembre dernier, avait suscité une émotion intense en Grande-Bretagne et notamment au Pays de Galles, son pays d'origine, dont il était également sélectionneur.

Comme prévu, un "Memorial Match" sera organisé en l'honneur de Speed, le 29 février prochain. La rencontre opposera les locaux au Costa Rica, au Cardiff City Stadium. Dans un communiqué officiel la fédération galloise a déclaré : ≪Cela sera l'occasion de célébrer la vie et le parcours d'un grand serviteur du football gallois, tant comme joueur que comme entraîneur ≫.

10% des recettes iront à plusieurs associations caricatives choisies par la famille de Gary Speed. Une bonne raison d'aller au stade.
AJ

http://www.sofoot.com/le-pays-de-galles-jouera-pour-speed-151720.html
posted by フランスフット at 03:38 | TrackBack(0) | ウェールズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

ウェールズ代表監督ギャリー・スピードが42歳の若さで死去

L'Equipe(フランス)27/11/2011

"Décès de Gary Speed"
「ウェールズ代表監督ギャリー・スピードが42歳の若さで死去」

Gary Speed.jpg

(写真:guardian.co.uk

ウェールズ代表監督のギャリー・スピードが日曜、42歳で亡くなった。

彼はイングランド北西部のチェシャーにある自宅で首を吊っているところを発見された。妻と二人の子どもが後に残された。

この元ウェールズ代表ミッドフィルダー(1990−2004にかけて85キャップ)はリーズ(1992年にはプレミアリーグ優勝)、シェフィールド、ニューカッスル、ボルトンでプレーした。その後監督としては4ヶ月間の経験しかなかったにもかかわらず、2010年12月、ウェールズ代表監督に就任した。

ギャリー・スピード監督指揮の下、ウェールズ代表はユーロ2012予選で敗退はしたものの、3連勝を飾っていたところだった。

ギャリー・スピードの代表キャップ数は、ゴールキーパーのネヴィル・サウスオールに続いて同国代表史上2位の記録である。

「あれほど若く才能溢れる人物を奪い去っていった今回の悲劇は彼の家族、友人たちにとってだけでなく、国全体にとっても大きな損失である」とウェールズフットボール連盟は文書で発表している。

ウェールズのクラブであるウォンジー・シティAFCの試合が日曜、アストン・ヴィラの本拠地で予定されていたものの、今回の悲劇的事件を理由に中止が検討されていた。

このアストン・ヴィラ対スォンジー・シティの試合前には1分間の黙祷が捧げられた。そして観衆は、ギャリー・スピードの功績を称えるチャントとともに、オベーションを捧げた。

Le sélectionneur du Pays de Galles, Gary Speed, est décédé ce dimanche à l'âge de 42 ans. Il a été retrouvé pendu à son domicile du Cheshire, dans le Nord-Est de l'Angleterre, et laisse derrière lui une compagne et deux enfants. Cet ancien milieu de terrain international (85 sélections entre 1990 et 2004) passé par Leeds (champion d'Angleterre en 1992), Sheffield, Newcastle puis Bolton, avait pris les rênes de la sélection nationale en décembre 2010 malgré seulement quatre petits mois d'expérience en tant qu'entraîneur. Sous sa baguette, le Pays de Galles, bien qu'éliminé de la course à l'Euro 2012, venait d'enchaîner trois succès de rang. Gary Speed est le deuxième joueur gallois le plus capé de l'histoire de la sélection derrière le gardien de but Neville Southall.
≪Cette tragédie, qui emporte quelqu'un de si jeune et talentueux, représente une perte immense pour sa famille et ses amis, amis également pour la nation toute entière≫, a déclaré la fédération galloise dans un communiqué. Le match opposant Swansea, club gallois, à Aston Villa ce dimanche a failli être reporté en raison de cet événement dramatique. Une minute de silence a été observée avant le coup d'envoi, avant que le public ne lui offre une ovation respectueuse nourrie de chants à sa gloire. (Rédaction)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111127_133940_deces-de-gary-speed.html
posted by フランスフット at 04:14 | TrackBack(0) | ウェールズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

ギャレス・ベイルがユーロ2012予選のイングランド戦を欠場

L'Equipe(フランス)24/03/2011

"Gareth Bale forfait pour l'Angleterre"
「ギャレス・ベイルがイングランド戦を欠場」

ハムストリングスに故障を抱えているウェールズ代表フォワードのギャレス・ベイルは土曜、カーディフのミレニアム・スタジアムで行われるユーロ2012予選のイングランド戦のメンバーから外れることになった。木曜、BBCが発表した。

21歳のベイルは背中の故障のため6週間離脱していたが、所属クラブのトッテナムでは最近試合に出られるようになっていた。

グループGでウェールズは勝ち点0の最下位。一方イングランドは勝ち点7の二位。一試合消化数が多いモンテネグロが勝ち点10で首位に立っている。

L'attaquant gallois Gareth Bale, blessé aux ischio-jambiers, a déclaré forfait pour le match de qualification à l'Euro 2012 contre l'Angleterre, samedi, au Millennium Stadium de Cardiff. La BBC l'a annoncé jeudi. Le joueur de 21 ans a repris récemment la compétition avec son club de Tottenham après six semaines d'indisponibilité en raison d'une blessure au dos. Le pays de Galles est dernier du groupe G, avec 0 point au compteur, alors que l'Angleterre occupe la deuxième place (7 pts) à trois unités du Monténégro, qui compte un match de plus.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110324_111857_gareth-bale-forfait.html
posted by フランスフット at 02:22 | TrackBack(0) | ウェールズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

ベラミー、ウェールズ代表キャプテンから退くことを決断

FIFA.com 26/12/2010

"Bellamy gives up Wales captaincy"
「ベラミー、ウェールズ代表キャプテンから退くことを決断」

クレイグ・ベラミーはウェールズ代表キャプテンから退くことを決断した。すべての試合に出場できるか保証できないからというのが理由である。

このカーディフのストライカーは、今日午後おこなわれたコヴェントリー・シティとの試合で得点し、チームも2−0で勝利した。その試合後、ベラミーはこの決断を明らかにした。

ひざの故障を抱えているベラミーは、出場試合数を制限しなければならない。そして、ウェールズ代表監督のガリー・スピードにはすでにその話をしてあるという。

「ガリーにはこの決断を伝えてある」とベラミーは試合後報道陣に話している。

「ウェールズのためにすべての試合でプレーできるわけではないので、キャプテンの腕章をすべての試合に出れる選手に渡したいと思っている。」

「チームは若いし、これがベストだと思う。ウェールズ代表のキャプテンでいられたことは素晴らしかった。ものすごい名誉なことだった。次にキャプテンになる選手には全力で協力する。」

「自分は絶対引退しないといつも言ってきたが、出る試合と出ることができない試合の区別はちゃんとしないといけない」とベラミーは言う。

「ガリーがキャプテンだったときを見ていた自分は運がよかった。ガリーがすべての試合に出て、前に立ってチームを引っ張っていたところを自分は見ていた」ともベラミーは話している。ベラミーはマンチェスターシティからカーディフにレンタル移籍中である。

「自分はすべての試合でプレーすることはできない。これからは無理な話だ。このことはジョン・トシャック前監督にも伝えてあったから、秘密でもなんでもない。キャプテンでいるということは素晴らしく光栄なことだけど、それがウェールズ代表としてプレーする理由ではない。ウェールズ代表のジャージを着ることはいつでも自分にとってかけがえのないことなんだ」とベラミーは話した。


Craig Bellamy has decided to give up the captaincy of Wales as he cannot guarantee playing in every game. The Cardiff striker revealed his decision after scoring in his side's 2-0 win over Coventry this afternoon.
Bellamy has to restrict the number of games he plays due to ongoing knee problems and has already informed new Wales boss Gary Speed.
"I've made Gary aware of my decision," Bellamy told reporters after today's game. "I'm not going to be able to play every game for Wales so I feel it would be best to give the armband to someone who will be there for every game."


"I feel, with the young squad we have, it would be best. Being captain for Wales was great. It's a huge honour. I will get right behind the next person who does it."
"I've always said I'll never retire but I have to be clever about which games I play and which games I can't," said Bellamy.
"I was very fortunate because I watched Gary as a captain, I watched him turn up for every game and lead from the front," added Bellamy, who is on loan from Manchester City at Cardiff.
"I'm not going to be able to play every game, it's not going to be possible. I said this to John Toshack, it's no secret. Being captain is a great honour but it isn't the reason I turn up forWales or not. Putting on that Welsh jersey has always meant as much to me," he said.

http://www.fifa.com/worldfootball/news/newsid=1356457.html
posted by フランスフット at 11:44 | TrackBack(0) | ウェールズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

三年前、ギャレス・ベイルの獲得に乗り出さなかったバルセロナ

SO FOOT(フランス)08/11/2010

"Barcelone a raté Bale"
「ギャレス・ベイルの獲得に乗り出さなかったバルセロナ」

いい選手は青田刈りされるものだが。

今年9月までウェールズの監督だったジョン・トシャックは三年前、バルセロナにギャレス・ベイルのことを薦めていたとのこと。しかしバルセロナは動かず、トッテナムがそれに乗じる形になった。

ジョン・トシャックはスペインのラジオ局『カデナ・コペ』で以下のように説明している。

「当時、バルサのテクニカルディレクターだったアイトール・ベギリスタインと話しをしたときに、彼にはおもしろい選手が一人いることを伝えていた。だが彼は動かなかった。

バルセロナは世界一のチームだが、ベイルはそのポジションでは世界一の選手だ。リオネル・メッシはスペースがないところで素晴らしいプレーをするが、ベイルは長い距離を走るときに輝きを放つ。かなりスピードがある選手なんだよ。」

ギャレス・ベイルはサウサンプトンで名を轟かせ、2007年に600万ユーロでトッテナムに移籍していた。

Un bon joueur se pioche au berceau. L’ancien sélectionneur du Pays de Galles John Toshack, démissionnaire en septembre, avait recommandé Gareth Bale à Barcelone il y a trois ans. LesBlaugranas n’ont pas bougé, Tottenham en a profité.
Il s’est exprimé à la radio Cadena COPE : ≪ A l’époque, j’avais parlé avec Begiristain Txiki, alors directeur sportif, et lui avait dit que nous avions un joueur très intéressant. Mais il n’a pas bougé. Barcelone est la meilleure équipe du monde et Bale est le meilleur à son poste. Si Lionel Messi est génial dans les espaces serrés, Gareth est brillant sur les longues distances. C’est un joueur très rapide ≫.
Bale s’est fait connaître à Southampton avant de s’installer à White Hart Lane en 2007 pour un montant de 6 millions d’euros.
Une très bonne affaire.
ViR

http://www.sofoot.com/barcelone-a-rate-bale-133710-news.html
posted by フランスフット at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェールズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。