2012年10月15日

フェイスブックで次戦でのシステムについて相談するクロアチア代表監督イゴール・シュティマッツ

SO FOOT(フランス)14/10/2012

"Štimac cherche sa compo sur Facebook"
「フェイスブックで次戦でのシステムについて相談するクロアチア代表監督イゴール・シュティマッツ」

ワールドカップ2014ヨーロッパ予選で上々の出だしを飾っている(3試合で勝ち点7)クロアチア代表だが、代表監督は火曜のウェールズ戦を前に確信を得たがっていた。

昨夜、イゴール・シュティマッツは寝付けなかったようである。彼はフェイスブックの自分のページを閲覧し、独特な発表をしてみせた。

「ウェールズ戦に関して議論の場を持ちたいと思います。この試合での理想的なチームは、あなたにとってどういったものですか?あなたならどのシステムを採用しますか?4−3−3かな?提案してください!」と彼はこのソーシャルネットワーク上に書いている。

これからシュティマッツには仕事が待っている。すでに1300人以上がコメントしているのだから。

Malgré de bons débuts dans sa campagne de qualifications pour la Coupe du Monde 2014 (7 points en 3 matches), l'entraîneur de la Croatieest à la recherche de certitudes avant la réception du Pays de Galles mardi.

La nuit dernière, Igor Štimac avait semble-t-il du mal à trouver le sommeil. Si bien qu'il est allé faire un petit tour sur sa page Facebook où il s'est laissé aller à une annonce originale.

≪ J'ouvre une discussion sur le match contre le Pays de Galles. Quelle est votre équipe idéale pour le match? Quel système de jeu choisiriez-vous? Un 4-3-3? Proposez! ≫, a-t-il posté sur le réseau social.

Štimac va avoir du boulot. Plus de 1300 internautes se sont déjà manifestés.

ADS

http://www.sofoot.com/stimac-cherche-sa-compo-sur-facebook-162733.html
posted by フランスフット at 13:10 | TrackBack(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

元ミス・スポーツ・クロアチアがクラブチームの監督に就任

SO FOOT(フランス)24/09/2012

"UNE EX-MISS CROATE DEVIENT COACH"
「元ミス・クロアチアがクラブチームの監督に就任」

Tihana Nemcic.jpg

(写真:avaz.ba

クロアチア5部リーグのNKヴィクトリヤ・ヴォヤコヴァッチは、非常に小さなクラブである。

その選手たちは先週末、彼らの新監督、というか新女性監督と対面した。

ティハナ・ネムチッチは弱冠24歳にしてトップチームの監督に就任したのである。

気懸りな点としては、大半の選手たちが彼女よりも年配であり、20人もの男の集団を管理する能力が彼女にあるかどうかということである。

さらにこの金髪美人は、これまでU−17の女子チームでしか監督を務めたことがない。体育の免状を持ち、本職はディフェンダーであるティハナは元クロアチア女子代表選手である。もう一つ重要なことは、この若い女性はミス・スポーツ・クロアチア2008に選ばれたことである。

クロアチアのサイト『24Sara.Hr』でのインタビューで、ティハナは、チャンピオンズリーグの試合で来月パリ・サンジェルマンがザグレブに来た時にズラタン・イブラヒモヴィッチと会ってみたいわと告白し、選手たちは彼女の話をよく聞き入れていると断言している。冗談だろう。

Les joueurs du très modeste club croate du NK Viktorija Vojakovac, en cinquième division, ont découvert ce week-end leur nouvel entraîneur. Ou plutôt leur nouvelle entraineuse. Tihana Nemcic vient d'être nommée à la tête de l'équipe première à seulement 24 ans. De quoi émettre des doutes sur sa capacité à gérer un groupe d'une vingtaine de mâles plus âgés qu'elle pour la plupart.

D'autant que jusqu'à présent la belle blonde n'avait entraîné que des équipes féminines de moins de 17 ans. Titulaire d'un diplôme d'éducation physique et défenseur de métier, Tihana est une ancienne internationale croate. Autre détail qui peut avoir son importance, la jeune femme a été élue Miss SportsCroatie en 2008.

Dans une interview accordée au site croate 24Sara.Hr, Tihana avoue qu'elle aimerait rencontrer Zlatan Ibrahimovic lors du déplacement du PSG à Zagreb en Ligue des Champions le mois prochain et assure que ses joueurs sont très réceptifs à son discours. Sans blague.

http://www.sofoot.com/photo-une-ex-miss-croate-devient-coach-162040.html
posted by フランスフット at 12:45 | TrackBack(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

チャンピオンズリーグ史上最低のチーム、ディナモ・ザグレブ

SO FOOT(フランス)08/12/2011

"Zagreb pire équipe de l'histoire de la C1"
「チャンピオンズリーグ史上最低のチーム、ディナモ・ザグレブ」

6試合で22失点。チャンピオンズリーグ2011−2012グループリーグでディナモ・ザグレブが達成した、唖然とさせるような記録である。

昨日リヨン相手に1−7で敗れたことが疑惑を呼んでいる一方、ディナモ・ザグレブはすでにチャンピオンズリーグのギネスブックに名を残している。6連敗で得失点差が−19。このクロアチアチャンピオンのクラブはチャンピオンズリーグ史上最低のチームになった。

これはセンセーショナルな偉業である。なぜならディナモ・ザグレブはグループリーグで通算20失点以上許しているからである。昨シーズン出場したスロバキアのクラブであるジリナ、そして2009−2010シーズンに出場したハンガリーのクラブであるデブレツェニは19失点「しか」許していない。

ディナモ・ザグレブでは誰もがこの記録を快く思っていない。監督のクルノスラフ・ユルチッチは試合直後に解雇されている。

スポーツディレクターのズドラヴコ・マミッチはファンに対し謝罪し、この敗戦に恥じ入っていると発言している。それはそうだろう。

22 buts encaissés en 6 matchs, c'est la statistique ahurissante réalisée par le Dinamo Zagreb en phase de poules de la Ligue des Champions 2011/12.

Alors que la défaite 7-1 face à Lyon hier commence à susciter des interrogations, le Dynamo est déjà entré dans le Guiness Book de la C1. Avec 6 défaites consécutives et une différence de buts de -19, les champions de Croatie sont devenus la pire équipe de l'histoire de la Champions League.

Un exploit retentissant puisque le Dinamo est la première équipe à encaisser plus de 20 buts en phase de poule, une performance qui leur permet de devancer les Slovaques de Zilina l'an dernier et les Hongrois de Debrecen en 2009-2010 qui n'en avaient pris "que" 19.

Au club tout le monde n'a pas apprécié ce record, puisque l’entraîneur Krunoslav Jurcic a été immédiatement licencié. Le directeur sportif Zdravko Mamic, s'est lui excusé auprès des fans et a déclaré se sentir honteux après cette défaite. Il peut.
AJ

http://www.sofoot.com/zagreb-pire-equipe-de-l-histoire-de-la-c1-150655.html
posted by フランスフット at 06:02 | TrackBack(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7失点を許したディナモ・ザグレブのゴールキーパーに同情するステファヌ・ルフィエ

L'Equipe(フランス)08/12/2011

"Ruffier: ≪Le gardien de Zagreb a lâché≫"
「ステファヌ・ルフィエ『ザグレブのゴールキーパーは投げ出してしまっていた』」

Dinamo Zagreb's Goalkieeper Ivan Kelava shocked after 1-7 loss against OL in Champions Leauge.jpg

(ディナモ・ザグレブのゴールキーパー、イヴァン・ケラヴァ:fr.sports.yahoo.com

「マルセイユ、そして自分たちの敵ではあるがリヨンを祝福したい。彼らは素晴らしい試合をした。」(注:オリンピック・リヨンとASサンテティエンヌは同じローヌ地方のライバル同士)

ステファヌ・ルフィエは今週のチャンピオンズリーグでのオリンピック・マルセイユとオリンピック・リヨンの快挙に注目していた。

このASサンテティエンヌのゴールキーパーは特にディナモ・キエフのゴールキーパー、イヴァン・ケラヴァのプレーに注目していた。ケラヴァはリヨン相手に、30分強で7失点を許している。あのような時間を過ごしていれば、仕事を放棄してしまう気持ちも分かるとルフィエは話している。

「もし彼は投げ出してしまったのなら、正直自分はその気持ちが分かる」と木曜、この件に関して意見を求められたルフィエは反応している。

「ゴールを次々と簡単に許しているのを目にしていれば、1−4になった時点でかなりいらだっているはずだ。彼の立場に自分がいたとしたらいやな気分だっただろう。すでに4失点しているのに、試合が終わってみると最低な状態になっているなんて。チャンピオンズリーグで7失点・・・彼がゴールを許しているのを目にしていた時、彼のことが哀れだった・・・しかし彼は最後まで自分の気持ちをかき立てていた。ゴミス一人で4得点。繰り返すが、彼が投げ出してしまうのも自分は理解できる。」

≪Je félicite Marseille et même nos ennemis lyonnais, qui ont réalisé un grand match.≫ Stéphane Ruffier a été attentif aux exploits de l'OM et de l'OL cette semaine en Ligue des champions. Le gardien de l'AS Saint-Etienne a notamment suivi la prestation de son homologue du Dinamo Zagreb, Ivan Kelava, qui a encaissé sept buts en un peu plus d'une mi-temps contre Lyon. Avec le sentiment qu'il a pu lâcher l'affaire au bout d'un moment... ≪S'il a lâché, je le comprends sincèrement, a répondu Ruffier ce jeudi, invité à s'exprimer sur ce sujet. Quand tu vois les buts s'enfiler comme des perles, au bout de 4-1 tu dois être bien énervé. Je n'aurais pas aimé être à sa place. Déjà, quand tu prends 4 buts, tu es au fond du seau à la fin du match. Alors, quand tu en encaisse 7 en Ligue des champions... Le pauvre, quand on voit les buts qu'il prend... Il s'est fait allumer à bout portant. Gomis s'est retrouvé quatre fois seul. Donc je le répète, je peux comprendre qu'il ait lâché.≫ - S.L, à Saint-Etienne

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111208_145909_ruffier-le-gardien-de-zagreb-a-lache.html
posted by フランスフット at 05:49 | TrackBack(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

ディナモ・ザグレブがリーグ優勝

L'Equipe(フランス)23/04/2011

"Le Dinamo Zagreb encore sacré"
「ディナモ・ザグレブがリーグ優勝」

Dinamo Zagreb Champion 2010-2011.jpg

(写真:index.hr

ディナモ・ザグレブはNKオシエクに1−0で勝利し、4節を残して6年連続でプルヴァHNL(クロアチアリーグ)のチャンピオンに輝いた。

ヴァヒド・ハリホジッチ監督率いるこのザグレブのクラブは、最大のライバルであるハイディク・スプリトに13ポイント差をつけているため、優勝が確定した。

1991年のクロアチア独立以降、ディナモ・ザグレブは国内リーグを13回制している。一方、ハイデュク・スプリトの優勝回数は6回である。

Pour la sixième fois d'affilée, le Dinamo a été sacré champion de Croatie, après sa victoire contre Osijek (1-0), à quatre journées de la fin de la saison. Le club de Zagreb, coaché par Vahid Halilodzic, possède treize points d'avance sur son principal rival, Hajduk Split et ne peut plus être rejoint. Depuis l'indépendance de la Croatie, en 1991, le Dinamo Zagreb a remporté 13 titres nationaux, contre six pour Hajduk Split.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110423_231600_le-dinamo-zagreb-encore-sacre.html
posted by フランスフット at 22:51 | TrackBack(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

ハイデュク・スプリトがクラブ創設100周年

FIFA.com 13/02/2011

"Hajduk Split marks 100th anniversary"
「ハイデュク・スプリトがクラブ創設100周年」

クロアチア1部リーグに所属するハイデュク・スプリトが今日クラブ創設100周年の節目を迎えた。ハイデュク・スプリトはこのアドリア海の町出身の学生グループにより創設された。地元メディアが伝えている。

1911年2月13日にクラブとして公式登録されたことを記念する祝典行事がスプリト市で催された。2月13日深夜0時には(ハイデュク・スプリトのホームスタジアムである)ポリュド・スタジアムで見事な花火が打ち上げられ、祝典行事がスタートした。

ハイデュク・スプリトはチェコの首都プラハで学んでいたスプリト出身の四人の学生によって設立された。当時すでにスプリトではサッカー人気がかなり高く、自分たちの故郷でサッカーを制度化しようというのが目的だった。

今日の午後にはハイデュク・スプリト対スラヴィア・プラハの試合がポリュド・スタジアムでおこなわれる。この二チームは1913年にスプリトで二回対戦している。その二試合ともにスラヴィア・プラハはハイデュク・スプリトに圧勝している。

ハイデュク・スプリトはリーグタイトルを18回獲得。1991年にクロアチアがユーゴスラヴィアから独立を宣言してからは6回優勝している。

ハイデュク・スプリトはUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝に3回進出している。また、ハイデュク・スプリトは今シーズン前半戦を2位で折り返している。1位は長年のライバル、ディナモ・ザグレブである。

(AFP) Sunday 13 February 2011
Croatia's First Division side Hajduk Split today marked its 100th anniversary since it was founded upon an initiative of a group of students from the central Adriatic town, local media reported. The festivities to mark official registration of the club on 13 February, 1911 started with a spectacular firework dispaly at the Poljud stadium at midnight yesterday.
The club was founded by four Split students studying in the Czech capital Prague inspired to institutionalise football in their hometown where the game was already rather popular. Later today a match between Hajduk Split and Slavia Prague is to be played at Poljud.
The two clubs played two matches against each other in Split in 1913, in both of which the Czech club inflicted crushing defeats on their hosts. Hajduk Split have won 18 league titles, six coming since Croatia proclaimed independence from the former Yugoslavia in 1991.
The club has qualified three times for UEFA Champions League quarter-finals. Hajduk Split ended the first half of this season in second place, behind arch rivals Dinamo Zagreb.

http://www.fifa.com/worldfootball/clubfootball/news/newsid=1382074.html
posted by フランスフット at 08:53 | TrackBack(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

ディナモ・ザグレブでクロアチア語が外国人選手に対し義務化される

L'Equipe(フランス)27/10/2010

"Croate obligatoire au Dinamo Zagreb"
「ディナモ・ザグレブでクロアチア語が義務化される」

ディナモ・ザグレブは現在12人いる外国人選手たち(ブラジル、ポルトガル、アルゼンチン、カメルーン、チリ、スロバキア、チェコ、モンテネグロ)にクロアチア語を習得することを義務化することになった。

クロアチアチャンピオンであるディナモ・ザグレブの広報担当は水曜、以下のことを発表した。

「われわれのクラブには多くの外国人がいるが、ヨーロッパ各国のクラブに倣って、われわれも外国人選手との契約の際にはクロアチア語コースを義務として導入することを決定した。」

しかしディナモ・ザグレブは義務レッスンのコマ数や成績のよくない生徒に対する罰などについてはまだ決定していない。

〔ファトス・ベチライ〕1988年5月22日コソボ生まれのモンテネグロ代表ストライカー。

2005年、コソボの地元クラブKFシュチポニャでキャリアをスタート。2007年、コソボスーパーリーガで三連覇していた強豪KFベサに移籍。2008年1月にモンテネグロのFKブドゥチノスト・ポドゴリツァに移籍(このクラブのウルトラスサポーターグループはバルバリと呼ばれ、統率のとれた応援をすることで有名)。



(バルバリ応援の様子。FKブドゥチノスト・ボドゴリツァの本拠地ポドゴリツァ・シティースタジアムの収容人数はモンテネグロ最大の17000人。モンテネグロ国内で唯一UEFAの基準を満たすスタジアムという理由から、モンテネグロの他チームがUEFAの大会に出場する際、つねにこのスタジアムで試合が行われる)

2010年8月30日、ファトス・ベチライはディナモ・ザグレブに移籍した。



(ファトス・ベチライの得点シーン集)

Le Dinamo Zagreb va obliger ses joueurs étrangers - ils sont au nombre de 12 actuellement, originaires du Brésil, Portugal, Argentine, Cameroun, Chili, Slovaquie, République tchèque et Monténégro -, à apprendre le croate. Morana Durcevic, la porte-parole du club champion de Croatie, l'a annoncé ce mercredi : ≪Notre club est constitué de beaucoup d'étrangers et, à l'exemple des clubs européens, nous avons décidé d'introduire des cours de croate obligatoire dans leurs futurs contrats≫. Le Dinamo n'a pas encore décidé le nombre de leçons obligatoires ni les sanctions à l'encontre des mauvais élèves.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20101027_133411_croate-obligatoire-au-dinamo-zagreb.html
posted by フランスフット at 08:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。