2011年11月21日

アイルランドでは食事代がかからないトラパットーニ監督

SO FOOT(フランス)18/11/2011

"Trapattoni, bouffe à volonté"
「アイルランドでは食事代がかからないトラパットーニ監督」

アイルランドの代表監督になるといいことがある。とくにこのクローバーの代表チームが結果を出していれば。

ジョヴァンニ・トラパットーニはアイルランド代表をユーロ出場に導いた。アイルランド代表がユーロに出場するのは1988年ぶりのことである。

そのトラパットーニはヒーローになっているが、彼がもらっているご褒美に不満はないはずである。これは珍しいことに、お金によるご褒美ではない。食べ物によるご褒美なのである。「チケレスト」(注:会社から福利厚生の一環として従業員に支給される食事券のこと。レストランなどでの支払い時に使用可)など目ではない。トラパットーニは今後アイルランド代表監督を務めているあいだ、アイルランド中のレストランならどこでも無料で飲み食いできるのである。

レストランでの食事代ということで金額的にはさほどのものではないが、ちょっとした節約にはなりそうである。このアイディアは画期的なものではあるが、アイルランド人にとっては前代未聞のことではない。2010年のワールドカップ開催中のこと。フランスがゴールを決められる毎に、お客さんたちにピザを無料で提供していたレストランがあったからである。

pizza-hut-anti-france-world-cup-2010 campaign.jpg

(ピザハットのアンチフランスキャンペーン:antoniofarinha.com

Etre sélectionneur de l'Irlande ça a du bon, surtout quand on obtient des résultats avec la sélection du trèfle.

Giovanni Trapattoni, premier entraîneur à mener les Irlandais à l'Euro depuis 1988, ne se plaindra surement pas des récompenses associées à son nouveau statut de héros. Non, pour une fois il n'est pas question d'argent, mais de nourriture. Mieux que des tickets-restau, Trapattoni pourra jouir de repas gratuits dans toute l'Irlande pour le restant de ses jours.

Déjà qu'il ne devait pas en payer des masses, il pourra faire encore plus d'économies sur ce plan-là. Insolite, donc, mais pas inédit chez les Irlandais puisqu'en 2010, lors de la coupe du monde, un restaurant proposait des pizzas gratuites aux clients présents à chaque fois que la France prenait un but.
WP

http://www.sofoot.com/trapattoni-bouffe-a-volonte-149977.html
posted by フランスフット at 06:32 | TrackBack(0) | アイルランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

アイルランド代表監督トラパットーニが自分の給料を減額

L'Equipe(フランス)01/12/2010

"Trapattoni baisse son salaire"
「トラパットーニ自分の給料を下げる」

アイルランド経済は状況が厳しいということで、アイルランド代表監督のジョヴァンニ・トラパットーニは自分の給料を10万ユーロ減額することにした。トラッパットーニの給料はもともと推定180万ユーロだった。

アイルランドサッカー協会会長のジョン・デラニーも同様に給料を減額する。デラニーは年間40万ユーロの給料をもらっている。代表スタッフも同様に給与を減額することで承諾している。

En ces périodes économiques difficiles pour l'Irlande, le sélectionneur national Giovanni Trapattoni a décidé de réduire de 100 000 euros annuels son salaire, par solidarité, selon The Irish Sun. Le salaire du Trap était estimé à 1,8 millions d'euros par an. Une baisse des revenus qui concerne également le président de la Fédération irlandaise, John Delaney qui, lui, émarge à 400 000 euros par an. Le staff de l'entraîneur italien a également accepté de réduire ses émoluments.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20101201_153127_trapattoni-baisse-son-salaire.html
posted by フランスフット at 05:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイルランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

ダミアン・ダフがユーロ2012予選のロシア戦欠場へ

L'Equipe(フランス)05/10/2010

"Damien Duff forfait"
「ダミアン・ダフ、ユーロ予選のロシア戦欠場へ」

アイルランド代表監督のジョヴァンニ・トラパットーニは金曜夜ダブリンで行われるユーロ2012予選グループBのロシア戦でミッドフィルダーのダミアン・ダフを欠くことになった。ダフはふくらはぎを故障している。

トラパットーニの話では、このフラムのミッドフィルダーの選手であるダフは、「90パーセント」の確率でロシア戦の4日後に行われるスロバキアでのアウェーゲームにも帯同しないとのことである。

Giovanni Trapattoni, sélectionneur de l'Irlande, sera privé de son milieu de terrain Damien Duff pour la réception de la Russie vendredi soir à Dublin dans le cadre des éliminatoires de l'Euro 2012 (groupe B). Le joueur souffre d'une blessure à un mollet. Selon l'entraîneur italien, le milieu de Fulham a ≪90 pour cent≫ de risque de ne pas participer au déplacement de sa sélection en Slovaquie quatre jours plus tard.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20101005_115933_damien-duff-forfait.html
posted by フランスフット at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイルランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。