2011年07月13日

ラフィーニャはホモ嫌い?

SO FOOT(フランス)05/07/2011

"Rafinha l’homophobe ?"
「ラフィーニャはホモ嫌い?」



これは今バイエルンにいる攻撃的な性格をしている小柄なディフェンダーのことではなく、フィンランドにいる同じ名前の選手のお話。

HJKヘルシンキがアウェーのクオピオン・パロセウラ戦で勝利を収めたこの試合、ブラジル人ミッドフィルダーはペトリ・オラヴァイネンに罵声を浴びせた。

唇にご注目。

Non, il ne s’agit pas du petit défenseur teigneux aujourd’hui au Bayern, mais d’un homonyme qui sévit en Finlande, du côté d’Helsinki. Lors de la victoire de son club du HJK sur la pelouse de KuPS, le milieu brésilien a eu quelques mots malheureux pour Pexi Oravainen. Merci, la lecture sur les lèvres.
AF

http://www.sofoot.com/rafinha-l-homophobe-71-144428-videos.html?p=1
posted by フランスフット at 14:04 | TrackBack(0) | フィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

リヴァプール、バイエル・レバークーゼンなどでプレーしたサミ・ヒーピアが引退へ

L'Equipe(フランス)02/05/2011

"Hyypia va raccrocher"
「サミ・ヒーピアが引退へ」

Sami Hyypia with Liverpool.jpg

(写真:mirror.co.uk

バイエル・レバークーゼンのフィンランド人ディフェンダー、サミ・ヒーピアが今シーズン終了時に引退する。

ヒーピアはフィンランドに戻り監督資格を取得し、フィンランド代表幹部メンバーに入ることになっているが、2012年にはバイエル・レバークーゼンに戻ることになっている。バイエル・レバークーゼンはヒーピアにコーチとして二年契約を提示している。

「レバークーゼンでプレーできたことは素晴らしかった。チャンピオンズリーグ本選出場権を獲得して終了できればと思う。素晴らしいチーム、そして監督としてのキャリアへの道を拓いていくれた素晴らしいクラブで、自分は二年間プレーさせてもらった」とヒーピアは語っている。

37歳のヒーピアだが、リヴァプールで10年プレー。その後2009年にバイエル・レバークーゼンに加入した。

Sami Hyypia, le défenseur finlandais du Bayer Leverkusen, mettra un terme à sa carrière en fin de saison. Il va rentrer en Finlande pour passer le diplôme d'entraîneur et rejoindre l'encadrement de la sélection finlandaise, avant de revenir en 2012 au Bayer Leverkusen qui lui a proposé un contrat de deux ans comme entraîneur adjoint. ≪Mon passage à Leverkusen a été fantastique et se terminera sur une qualification directe pour la Ligue des champions. J'ai évolué pendant deux ans dans une superbe équipe et dans un club génial qui me donne la possibilité de me lancer dans la carrière d'entraîneur≫, a-t-il expliqué. Hyypia, 37 ans, avait rejoint le Bayer en 2009 en provenance de Liverpool où il avait passé dix ans. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110502_140810_hyypia-va-raccrocher.html
posted by フランスフット at 23:29 | TrackBack(0) | フィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

元ヴィッセル神戸監督スチュワート・バクスターがフィンランド代表監督を解任される

L'Equipe(フランス)09/11/2010

"Le sélectionneur limogé"
「フィンランド代表監督のスチュワート・バクスターが更迭される」

Stuart-Baxter-001.jpg

(フィンランド代表監督時代の様子。写真:guardian.co.uk

ユーロ2012予選で結果がでていないという理由で(三戦三敗)、フィンランド代表監督のスチュワート・バクスターが火曜、解任された。

代表監督はバクスターのアシスタントだったオッリ・フットゥネンが引き継ぐ。バクスターも声明文のなかでこの選択を支持している。

「これからのユーロ2012予選の試合に備えることを考えれば、オッリは監督としていいチョイスだ。」

フットゥネンのフィンランド代表監督デビュー戦は11月17日ヘルシンキでおこなわれるサンマリノ戦である。



(2010年9月3日ユーロ2012予選グループE第1節モルドバ2−0フィンランド。後半24分クラコヴィア所属のアレクサンドル・スヴォーロフ。後半29分FCチョルノモレツ・オデッサ所属のアナトリー・ドーロスのゴール)



(2010年9月7日ユーロ2012予選グループE第2節オランダ2−1フィンランド。前半7分シャルケ04所属のクラース・ヤン・フンテラール。前半16分フンテラール。前半18分ハノーファー96所属のミカエル・フォルセルのゴール)



(2010年10月12日ユーロ2012予選グループE第3節フィンランド1−2ハンガリー。後半5分マインツ05シャ所属のサライ・アーダーム。後半41分ハノーファー96所属のミカエル・フォルセル。後半ロスタイム4分PSV所属のジュジャーク・バラージュのゴール)

En raison des mauvais résultats de son équipe lors des éliminatoires de l'Euro 2012 (trois défaites en trois matches), le sélectionneur de l'équipe de Finlande, Stuart Baxter, a été limogé ce mardi. Il est remplacé par son assistant, Olli Huttunen. Un choix validé par Baxter dans un communiqué de presse : ≪Olli est un bon choix de sélectionneur en vue des prochains matches de qualification à la Coupe d'Europe≫. Huttunen débutera comme sélectionneur de la Finlande le 17 novembre contre Saint-Marin à Helsinki.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20101109_180951_le-selectionneur-limoge.html
posted by フランスフット at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

ヨーロッパリーグ・プレーオフセカンドレグが行われる。ルーカス・ニールとハリー・キューウェルが所属するガラタサライが敗退。

Sydney Morning Herald(オーストラリア)27/08/2010

"Neill, Kewell's Galatasaray knocked out"
「ルーカス・ニールとハリー・キューウェルが所属するガラタサライがヨーロッパリーグ・予選プレーオフで敗退」(ガラタサライに関する部分のみ抜粋)

サッカルーのルーカス・ニールとハリー・キューウェルが所属するトルコのガラタサライはヨーロッパリーグで敗退した。

キューウェルは鼠蹊部の怪我のため、重要な一戦であるカルパティ・リヴィウの試合にベンチ入りしなかった。試合は1−1のドローで、二試合合計3−3になったが、ガラタサライはアウェーゴールの差で敗退した。




(2010年8月26日ヨーロッパリーグ・プレーオフ・セカンドレグ、カルパティ・リヴィウ1−1ガラタサライ。後半ロスタイム、アイドゥン・ユルマズが見事なトラップのあと先制ゴール。しかしその直後カルパティ・リヴィウのウクライナ代表ディフェンダー、アルテム・フェデツキーに同点ゴールを決められる)





(2010年8月26日フィンエアー・スタジアムで行われたHJKヘルシンキ0−4ベシクタシュ。グティがベシクタシュでの公式戦初得点)





(2010年8月26日バクーのトフィク・バフラモフ・スタジアムで行われた、カラバフ・アグダム0−1ボルシア・ドルトムント)



〔HJKヘルシンキ〕1907年6月19日設立。本拠地はヘルシンキ市が所有するソネラ・スタジアム。2010年8月末まではフィンエアーが命名権を取得しているため、フィンエアー・スタジアムと呼ばれる。

スタジアムは2000年にオープン。収容人数は10770人。2006年、FIFAの二つ星基準を満たす人工芝をピッチに導入。

HJKヘルシンキはフィンランドの最上位リーグ、ヴェイッカウスリーガで過去22回優勝。ちなみに、ヴェイッカウスリーガでプレーする選手たちの平均年収は2万ユーロとかなり低い。またフィンランドは寒冷な気候にあるため、ロシアやスウェーデンと同様冬を避けてリーグ戦が行われ、例年4月に開幕し10月に終了する。

またフィンランドのクラブとしては1998−1999シーズンに、唯一UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージに出場している。グループステージではカイザースラウテルン、ベンフィカ、PSVと同組に入ったが、ベンフィカにホームで勝ち、アウェーで引き分け。カイザースラウテルンともホームで引き分け、勝ち点5を獲得し健闘した。





(1998年12月9日チャンピオンズリーグ・グループステージ、カイザースラウテルン5−2HJKヘルシンキ)



Socceroos Lucas Neill and Harry Kewell's Turkish club Galatasaray has been knocked out of the Europa League.
Kewell was sidelined with a groin injury for the vital match against Karpaty Lviv which they drew 1-1, forcing the Turkish side's elimination on away goals after they also drew 3-3 on aggregate over the two legs.

http://news.smh.com.au/breaking-news-sport/neill-kewells-galatasaray-knocked-out-20100827-13vg2.html
posted by フランスフット at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。