2012年02月14日

フェアプレーの精神に則ってわざと外されたPK

SO FOOT(フランス)13/02/2012

"PENALTY RATÉ PAR FAIR-PLAY"
「フェアプレーの精神に則ってわざと外されたPK」



年少の者から模範が与えられるときがある。

メキシコのU−20リーグ・第6節で、パチューカはホームにエストゥディアンテス・テコスを迎えていた。

この試合後半42分のこと。アウェーチームの選手が負傷した。その時点で3−0でリードしていたホームチームはプレーを中断し、治療の時間を与えてあげた。

そしてプレーが再開。しかしエストゥディアンテスは、儀礼に則ってパチューカにボールを返すことをうっかり忘れてしまった。そしてすぐにペナルティを獲得してしまったのである。

エストゥディアンテス・テコスU−20監督のマウリシオ・ガジェゴは、PKのキカーであるグスタボ・メンデスに、PKを外すよう指示を出した。この若いフォワードはそれを実行し、彼の蹴ったボールは枠を外れたというよりはむしろコーナーポスト付近に飛んでいった。

13/02/2012.
L'exemple peut venir d'en bas. Sixième journée du championnat des moins de 20 ans au Mexique : Pachuca reçoit les Estudiantes Tecos.

A la 87e minute, un joueur des visiteurs se blesse. Les locaux, qui mènent 3-0, ne poursuivent pas leur action pour lui permettre d'être soigné.

A la reprise du jeu, les Estudiantes oublient de rendre le ballon aux joueurs de Pachuca, comme la courtoisie l'exige, et obtiennent un pénalty dans la foulée.

Mauricio Gallago, l'entraîneur de l'équipe de Guadalajara, ordonne alors à Gustavo Mendez, le tireur, de manquer ce pénalty. Le jeune attaquant s'exécute et envoie sa frappe plus près du poteau de corner que du cadre.

TG

http://www.sofoot.com/penalty-rate-par-fair-play-149592-videos.html
posted by フランスフット at 15:39 | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

足元のテクニックを披露するチーバス・グアダラハラのゴールキーパー

SO FOOT(フランス)12/02/2012

"LE GARDIEN SE FAIT PLAISIR"
「足元のテクニックを披露するチーバス・グアダラハラのゴールキーパー」



コパ・リベルタドーレス・グループリーグ第1節・チーバス・グアダラハラ対デポルティーボ・キトの試合が行われた。

チーバス・グアダラハラは0−1でリードされていたときのこと。チーバスのメキシコ人ゴールキーパー、ルイス・ミチェルは遊び心を見せ、エクアドル人フォワードにドリブルで挑んだのである。

意気地を見せることで、それが伝わることがたびたびある。チーバスは試合終了間際にオマール・アレジャーノが同点ゴールを決めている。

13/02/2012.
Chivas Guadalajara – Deportivo Quito, première journée de Libertadores.

Alors que son équipe est menée 1-0, Luis Michel, portier mexicain de son état, fait joujou et tente un dribble sur un attaquant équatorien.

Quand on a des couilles, il est possible parfois de les transmettre, apparemment: le Chivas égalisera dans les toutes dernières minutes par Omar Arellano.

AF

http://www.sofoot.com/le-gardien-se-fait-plaisir-149574-videos.html
posted by フランスフット at 22:53 | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

今週の屈辱的プレー

SO FOOT(フランス)28/11/2011

"L’HUMILIATION DU WEEKEND"
「今週の屈辱的プレー」



とはいっても、オリンピック・マルセイユがパリ・サンジェルマンを降した話ではない。

同じ3−0の試合でも、メキシコ・プリメーラ・ディビシオンのティグレス対パチューカの話である。

ダミアン・アルバレスは試合開始35分後に、この試合最後のゴールを叩き込んだ。アルバレスは相手ペナルティエリア内でぐずぐずしていたが、相手選手を抜き去り、パチューカのディフェンダーとゴールキーパーを辱めたのである。

(オリンピック・マルセイユに弄ばれたPSGディフェンダーの)ディエゴ・ルガーノは、このパチューカディフェンダーにサポートのメッセージを送ったことだろう。

28/11/2011.
Non, on ne parle pas de la victoire de l’OM face au PSG.

Pourtant, on parle aussi d’un 3-0 entre Tigres et Pachuca en première division mexicaine. C’est Damian Alvarez qui a planté l’ultime but de la rencontre à la 35ème minute de jeu. Il tergiverse dans la surface adverse avant d’éliminer, pardon d’humilier, le défenseur puis le gardien de Pachuca.

Diego Lugano a adressé un message de soutien au défenseur de Pachuca.

CG

http://www.sofoot.com/l-humiliation-du-weekend-148937-videos.html
posted by フランスフット at 19:42 | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

セラピーを受けるようにとコロンビアに送り込まれたニュー・チチャリート、エリック・トーレス

SO FOOT(フランス)28/09/2011

"Le nouveau Chicharito en thérapie"
「セラピーを受けるようにとコロンビアに送り込まれたニュー・チチャリート」

Erick Torres.jpg

(写真:telegraph.co.uk

チーバス・グアダラハラでは普通に行われていることである。

不調に陥っている選手がいると、その選手はコロンビアに送られ、ゲシュタルト心理療法つまり「ポテンシャルを開花させる」ためのメソッドを受けることになる。

昨シーズンゴールをいくつか決め、せっかちにもニュー・チチャリートとして名を馳せたエリック・「エル・クボ」・トーレス(18歳)だが、2011FIFA・U−20ワールドカップでは期待外れに終わり、その後チーバスサポーターたちからは反感を買い始めていた。

エリック・トーレスは一週間のセラピーを受け、10月6日にクラブに戻ってくることになっている。

治療の結果がはかばかしいようなら、他のチームスタッフも興味を示すかもしれない。

例えばオリンピック・マルセイユのスタッフとか・・・

28 septembre 2011
C’est une habitude chez les Chivas Guadalajara.
Quand un joueur se trouve dans une mauvaise passe, on l’envoie en Colombie, suivre un stade de thérapie Gestalt, une méthode de "développement du potentiel humain".
Présenté hâtivement comme le nouveau Chicharito la saison dernière après avoir enfilé quelques buts, Erick "El Cubo" Torres, 18 ans, au sortir d’un Mondial des moins de 20 ans décevant, a commencé à être pris en grippe par les supporters des Chivas.
Son retour au club est prévu pour le 6 octobre, après une grosse semaine de thérapie.
Si les résultats du traitement s’avèrent concluants, voilà qui pourrait donner des idées à quelques staffs.
A celui de Marseille, par exemple ...
TG

http://www.sofoot.com/le-nouveau-chicharito-en-therapie-148192-news.html
posted by フランスフット at 20:48 | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

学校をずる休みしていたという理由でチーバス・グアダラハラから解雇された若手選手

SO FOOT(フランス)24/09/2011

"Viré pour absentéisme scolaire"
「学校をずる休みしていたという理由でチーバス・グアダラハラから解雇された若手選手」

Pablo Tostado.jpg

(写真:vanguardia.com.mx

チーバス・グアダラハラでは勉学について容赦しない。

学校の授業を繰り返しサボっていたという理由で、最近メキシコU−17代表としてFIFA・U−17ワールドカップで優勝していたホセ・パブロ・トスタードがクラブから解雇された。

クラブ施設内で規律を無視していたことも解雇の理由になったと見られている。

メキシコの有力スポーツ紙である『レコルド』の一面には、ろばの帽子(注:学校で劣等生にかぶせた長い耳のついた紙の帽子)をかぶったこの若き無法者の姿が掲載されている。

その『レコルド』のつけた一面のタイトルは「愚か者で遊び人だったため解雇」である。

一方、チーバスから解雇されたこのメキシコユース代表選手だが、ほどなくしてUANLティグレスがこの選手を獲得した。ティグレスとはモンテレーにある州立大学(ヌエボ・レオン州自治大学)のチームである。

退学者を受け入れてくれた学校ということになる。

24 septembre 2011
Chez les Chivas Guadalajara, on ne rigole pas avec les études.
Pour ses absences répétées en classe, Pablo Tostado, récent champion du monde moins de 17 avec le Mexique, vient d’être viré du club.
Des indisciplines à l’intérieur des installations du club seraient également en cause.
Ce qui vaut au jeune perturbateur la couverture de Record, le grand quotidien sportif aztèque, la tête ceint d’un bonnet d’âne.
≪ Viré pour être un âne et un fêtard ≫ titre Record.
Exclu des Chivas, l’espoir mexicain a toutefois été récupéré sans attendre par les Tigres, l’équipe de l’université publique de Monterrey.
Son école de la deuxième chance
TG

http://www.sofoot.com/vire-pour-absenteisme-scolaire-147918-news.html
posted by フランスフット at 03:05 | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

メキシコ代表8選手が登録を抹消される

L'Equipe(フランス)28/06/2011

"Huit joueurs exclus"
「メキシコ代表8選手が登録を抹消される」

Mexican players suspended by its Federation.jpg

(写真:centraldeportiva.com

メキシコ代表8選手が「規則を破った」ことを理由に代表登録を抹消されたと火曜、メキシコサッカー連盟は発表した。

4170ドルの罰金の処分も受けているこの8選手は、6ヶ月間にわたってメキシコ代表試合に出場できない。つまり7月1日から24日までアルゼンチンで開催されるコパ・アメリカに出場できないことになる。

これら選手たちの名前は明かされていないが、彼らは「女性」たちを部屋に連れ込んだ際に盗難の被害に遭ったとホテルの支配人は語っている。ホテルの支配人はこの事件に関して一切の責任を負わないとしている。

6月にゴールドカップで優勝したメキシコ代表だが、コパ・アメリカにはU−22代表(オーバーエイジ枠は5選手)を派遣するという決定を下していた。

Huit joueurs mexicains ont été exclus de leur sélection pour avoir ≪violé le règlement≫, a annoncé mardi la Fédération mexicaine. Sanctionnés d'une amende de 4.170 dollars, ils ont été suspendus six mois et manqueront, par conséquent, la Copa America qui se tiendra en Argentine du 1er au 24 juillet. Les joueurs, dont les noms n'ont pas été révélés, auraient permis à des "femmes" de monter dans leurs chambres où des vols ont ensuite été commis, selon la direction de l'hôtel, qui a de ce fait décliné toute responsabilité dans cette affaire. Le Mexique, qui a joué et remporté la Gold Cup en juin (tournoi nord-américain), avait décidé d'envoyer à la Copa America une sélection de jeunes de moins de 22 ans (renforcée par cinq éléments plus âgés). (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110628_195252_huit-joueurx-exclus.html
タグ:メキシコ
posted by フランスフット at 16:00 | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

売春婦たちによる盗難被害にあったメキシコ代表選手たち

SO FOOT28/06/2011

"Le Mexique volé par des prostituées"
「売春婦たちによる盗難被害にあったメキシコ代表選手たち」

mexico-ecuador-2011-5-28jpg.jpg.crdownload

(写真:newshopper.sulekha.com

身から出た錆である。

ゴールドカップで優勝したメキシコ代表。そして今度は先月末にホテルに売春婦たちを連れ込んだことでメキシコ代表は世間を賑わせている。

(エクアドルの首都)キトにあるホテルのセキュリティ担当者が新聞に暴露した内容は以下の通り:エクアドル対メキシコの親善試合がゴールドカップ開幕前に行われたが、その試合中、上述の売春婦たちは選手たちの部屋にあった金品を奪って立ち去ったとのこと。

この盗難事件は親善試合の前夜に発生した。複数の選手が自分の部屋に女性たちを連れ込んだ。そして女性たちは部屋の鍵を手に入れることに成功。選手たちが親善試合でプレーしているあいだに、彼女たちは全ての物を持ち去っていった。

しかしエクアドル代表のフォワード、オリベ・ペラルタはこの説に反論している。この件で叩かれているのはメキシコ代表チームであるにもかかわらず、なぜか不思議なことにペラルタは自分自身を正当化しようとがんばっているのだ。

「売春婦たちだって?どこの売春婦たちだよ?自分は何も知らない。知っているのは、試合中に盗難の被害に遭ったということだけだ」とペラルタはきっぱりと話している。

次からはMSNのセクシーチャットサービスを利用した方がいいかも。リスクが減りますよ。

28 juin 2011
Prise à son propre jeu.
La sélection nationale du Mexique, après sa victoire dans la Gold Cup, est désormais accusée d’avoir fait rentrer des prostituées dans son hôtel le mois dernier. De fait, le chargé de sécurité de l’hôtel de Quito a révélé à la presse que lesdites prostituées ont profité d’un match de préparation, juste avant le début de la Gold Cup, pour aller dévaliser les chambres des joueurs.
Les vols auraient eu lieu la veille du match amical contre l’Équateur (1-1). Plusieurs joueurs auraient ramené des filles de joie dans leur chambre. Ces dernières se sont débrouillées pour récupérer les clefs, et, pendant la rencontre, ont tout emporté avec elles.
Une version réfutée par l’attaquant équatorien Oribe Peralta, qui, bizarrement, a besoin de se justifier alors que c’est l’équipe nationale mexicaine qui est accusée. ≪ Des prostituées ? Mais quelles prostituées ? Moi je n’en sais rien, je sais juste qu’on a été cambriolé pendant le match ≫ a-t-il assuré.
La prochaine fois, essayez donc le tchat sexy sur MSN, c’est moins risqué.
EM

http://www.sofoot.com/le-mexique-vole-par-des-prostituees-144070-news.html
posted by フランスフット at 22:39 | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

CFモンテレーがCONCACAFチャンピオンズリーグ優勝

L'Equipe(フランス)28/04/2011

"Le titre pour Monterrey"
「CFモンテレーがCONCACAFチャンピオンズリーグ優勝」

水曜夜、メキシコのCFモンテレーがCONCACAFチャンピオンズリーグで優勝した。CFモンテレーはアウェーで行われた決勝セカンドレグで、レアル・ソルトレイクを1−0で下した。

チリ人フォワードのウンベルト・スアソがハーフタイム間際に決めたゴール(前半45分)を守りきったCFモンテレーが初のCONCACAFタイトルを獲得した。前回大会で優勝したのはパチューカだった。

一方、決勝ファーストレグはCFモンテレーのホームで引き分け(2−2)に終わっていたため、レアル・ソルトレイクが優勝に近いと見られていた。

これで北中米カリブのクラブが激突するCONCACAFチャンピオンズリーグを、メキシコのクラブが6大会連続で制したことになる。

アメリカのクラブが大会を最後に制したのは、2000年のロサンゼルス・ギャラクシーにまで遡る。

Le club mexicain de Monterrey a remporté la Ligue des champions dans la zone CONCACAF, mercredi soir. Il s'est imposé dans l'Utah en finale retour aux dépens des Américains du Real Salt Lake City (1-0). Un but de son attaquant chilien Humberto Suazo, juste avant la mi-temps (45e), lui a suffi pour s'offrir son premier trophée continental et succéder au CF Pacucha, tenant du titre. Car à l'aller en effet, les deux équipes s'étaient quittées sur un score de parité (2-2), pourtant plutôt à l'avantage de la formation de MLS. C'est la sixième fois consécutive qu'un club mexicain remporte l'épreuve réunissant des clubs d'Amérique du Nord, d'Amérique centrale et des Caraïbes. Pour trouver trace du dernier succès en date d'une autre équipe, il faut remonter en 2000, avec la victoire du Los Angeles Galaxy.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110428_081021_le-titre-pour-monterrey.html
posted by フランスフット at 20:05 | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

パチューカ監督のギジェルモ・リバロラが辞任

L'Equipe(フランス)16/08/2010

"Rivarola démissionne"
「ギジェルモ・リヴァロラが辞任」

メキシコのクラブ、パチューカのアルゼンチン人監督、ギジェルモ・リバロラは日曜、リーグ戦でクルス・アスルに1−4で敗れた後辞任した。

先週末にもパチューカは、リーグ戦でサントス・ラグナに0−3で敗れていた。

二試合で7失点したことがこの43歳の監督が辞任した理由である。ギジェルモ・リバロラは一年前からパチューカで指揮をと執っていた。運命の巡り合わせとはこのことで、4月にパチューカがCONCACAFチャンピオンズリーグで優勝するという偉業を成し遂げたときの決勝の相手もクルス・アスルだった。

パチューカは12月に行われるFIFAクラブワールドカップの出場権を獲得している。



(エスタディオ・イダルゴで行われた、2010年4月28日CONCAFチャンピオンズリーグ決勝セカンドレグ、パチューカ1−0クルス・アスル)


〔パチューカ〕1901年、イダルゴ州の州都パチューカ市にて創設。CFパチューカはメキシコ最古のサッカークラブ。

パチューカ市はメキシコシティの北東90キロメートルに位置する。19世紀、イングランド南東に多く住んでいたコーンウォールの人々がパチューカに移住し、多くは鉱山で働いた。その鉱山労働者たちが1901年に創ったチームが、CFパチューカの原型である。

本拠地はエスタディオ・イダルゴ。スタジアムはメキシコ独立の父、ミゲル・イダルゴにちなんで命名された。31000人収容。パチューカ市は標高2426メートルに位置しているため、試合中の気温はかなり下がる。パチューカは相手チームに対し、大きなホームアドバンテージを有している。

2006年にはコパ・スダメリカーナ決勝でチリのコロコロを降し優勝。CONMEBOL(南米サッカー連盟)が主催する大会でCONCACAFのチームが優勝したのは初めてのことだった。

L'entraîneur argentin du club mexicain de Pachuca, Guillermo Rivarola, a démissionné de son poste, dimanche après la défaite de son équipe contre Cruz Azul (1-4), la deuxième consécutive en Championnat après celle subie le week-end dernier contre Santos Laguna (0-3). Sept buts encaissés en deux matches ont eu raison de l'homme de 43 ans, qui avait pris les rênes du groupe professionnel il y a un an. Curieuse coïncidence : c'est face au même club de Cruz Azul que Rivarola avait réalisé en avril dernier son principal fait de gloire à la tête de Pachuca. Il avait remporté la Ligue des champions de la CONCACAF, ce qui vaudra aux Tuzos de participer au Mondial des clubs en décembre prochain.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100816_093515_rivarola-demissionne.html
posted by フランスフット at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。