2012年11月09日

セルティックの勝利に涙を流すロッド・スチュワート

SO FOOT(フランス)08/11/2012

"ROD STEWART EN LARMES POUR LE CELTIC"
「セルティックの勝利に涙を流すロッド・スチュワート」



感情とは抑えきれないときがあるものだ。

45年のにわたってライブ活動をしながら世界中をまわっているロッド・スチュワートだが、涙をこらえることができなかった。

セルティック・パークの観客席から、今シーズンのチャンピオンズリーグの大番狂わせを見守っていたこのロック界の伝説は、セルティックがバルサを破った試合を最後まで堪能していた。

見ている方も涙を誘われそうである。

08/11
Certaines émotions sont incontrôlables. Même après 45 ans de carrière et des concerts à travers le monde, Rod Stewart n’a pu retenir ses larmes.

Présent dans les tribunes du Celtic Parc pour assister à l’une des premières grosses surprises de cette C1 2012/2013, le légendaire rocker a profité de la victoire du Celtic sur le Barça jusqu’au bout.

On va chialer nous aussi.

PG

http://www.sofoot.com/rod-stewart-en-larmes-pour-le-celtic-151659-videos.html
posted by フランスフット at 11:01 | TrackBack(0) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

マザーウェルのスティーヴ・ジェニングスが八百長で逮捕

L'Equipe(フランス)

"Matches truqués : un joueur arrêté"
「マザーウェルのスティーヴ・ジェニングスが八百長で逮捕」

Steve Jennings of Motherwell intentionally gets red card for the arranged match.jpg

(写真:guardian.co.uk

マザーウェル(スコティッシュ・プレミアリーグ)でプレーするサッカー選手のスティーヴ・ジェニングスを含む9人が木曜、逮捕された。

2010年12月14日に行われた、スコティッシュ・プレミアリーグのマザーウェル対ハーツの試合が捜査の対象になっている。

この試合中、このミッドフィルダーの選手は主審を侮辱したとして退場処分を受けていた。

それぞれウェイン・ルーニーの父、叔父にあたるウェイン・ルーニー・シニア、リッチー・ルーニーも、自宅で逮捕された。二人は捜査の取調べを受けることになる。

Neuf personnes, parmi lesquelles le footballeur Steve Jennings, qui évolue à Motherwell (D1 écossaise), ont été arrêtées jeudi dans le cadre d'une enquête sur le match de Championnat entre Motherwell et Hearts, le 14 décembre 2010, match qui aurait été truqué. Au cours de la rencontre, le milieu de terrain avait été exclu pour avoir insulté l'arbitre. Wayne Rooney Senior et Richie Rooney, les père et oncle de l'avant-centre anglais Wayne Rooney, ont également été arrêtés à leurs domiciles pour être interrogés dans le cadre de l'enquête.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111006_131304_matches-truques-un-joueur-arrete.html
posted by フランスフット at 23:35 | TrackBack(0) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

セルティック監督のニール・レノンがハーツファンに襲撃される

L'Equipe(フランス)12/05/2011

"Lennon attaqué par un fan"
「ニール・レノンがファンに襲撃される」

セルティック・グラスゴー監督のニール・レノンが、水曜エディンバラで行われたハーツ戦(0−3でセルティックが勝利)の試合中、一人のサポーターに襲われた。

セルティックのギャリー・フーパーが先制点を決めた直後、ハーツサポーターが北アイルランド人のニール・レノン目がけて突進し襲撃しようとした。しかしスタジアムの警備員に取り押さえられた。

「このようなサポーターの行為は絶対に許されない」とスコットランドサッカー連盟のステュワート・レーガン会長はコメントしている。

カトリックのニール・レノンは選手時代そして監督に就任してからも、自身のサッカーキャリアを通して数々の脅迫を受けてきた。

今シーズン、レノンは銃弾が入った手紙を送り付けられていた。また、3月26日には爆発物がしかけられた小包が彼に発送されたが、仕分け場で未然に発見されていた。



Le manager du Celtic Glasgow, Neil Lennon, a été attaqué par un supporter ce mercredi alors que son équipe affrontait Hearts, à Edimbourg (3-0). Gary Hooper venait d'inscrire le deuxième but du Celtic lorsqu'un supporter, sorti d'une tribune de l'équipe locale, a couru vers l'entraîneur Nord-Irlandais et a essayé de l'attaquer. Mais il a été stoppé par des stadiers.
≪Ce genre de comportement de supporter est clairement inacceptable≫, a expliqué Stewart Regan, le président de la Fédération écossaise. Neil Lennon, catholique, a reçu de nombreuses menaces tout au long de sa carrière de footballeur puis de manager. Cette saison, il a reçu des lettres contenant des balles, et un colis piégé qui lui était adressé a été découvert dans un centre de tri le 26 mars.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110512_001417_lennon-attaque-par-un-fan.html
posted by フランスフット at 17:43 | TrackBack(0) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

オールドファームダービーで起こったトラブルの調査開始

L'Equipe(フランス)03/03/2011

"Enquête sur les incidents du derby"
「オールドファームダービーで起こったトラブルの調査開始」

木曜スコットランドサッカー連盟は、水曜におこなわれたスコティッシュ・カップ5回戦のセルティック対グラスゴー・レンジャーズの試合(1−0)で起こったトラブルを糾弾している。またスコットランドサッカー連盟は、トラブルに関する調査が始まったことを発表している。

この試合ではイエローカード13枚とレッドカード3枚が出され、試合終了時点でレンジャーズは9人だった。両チームのコーチ陣も取っ組み合いになり、34人のサポーターたちが暴力を理由に警察に尋問されている。

「スコットランドサッカーを代表する対戦であるはずだった試合で、あのような場面を目にして悲しいと同時に戸惑いを隠せない」とスコットランドサッカー連盟幹部のステュワート・レーガンは遺憾に感じている。

またレーガンはオールドファームダービーを今後数試合、無観客で行う可能性があると警告している。


La Fédération écossaise a condamné jeudi les incidents survenus lors du quart de finale de Coupe d'Ecosse entre le Celtic Glasgow et les Rangers, mercredi (1-0), et annoncé l'ouverture d'une enquête. La rencontre s'est soldée par 13 cartons jaunes et 3 rouges, les Rangers terminant le match à neuf. Les bancs des deux clubs en sont même venus aux mains et 34 supporters ont été interpellés pour violences. ≪Je suis à la fois attristé et embarrassé d'avoir vu de telles scènes lors de ce match qui aurait dû être l'affiche du football écossais≫, a regretté Stewart Regan, le directeur de la Fédération qui menace de faire disputer les prochains derbys à huis clos. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110303_150312_enquete-sur-les-incidents-du-derby.html
posted by フランスフット at 23:54 | TrackBack(0) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

オールドファーム今シーズン第二戦はセルティックに軍配

FIFA.com 02/01/2010

"Le deuxième Old Firm au Celtic"
「オールドファーム今シーズン第二戦はセルティックに軍配」

日曜、スコティッシュ・プレミアリーグ第20節がおこなわれ、首位セルティックは2位レンジャーズを0−2で降し、レンジャーズとの差を広げた。

セルティックは敵地アイブロックス・スタジアムで今シーズン二戦目の「オールドファーム」を制した。後半、ギリシャ人のゲオルギオス・サマラスが2ゴール決めている。

「フープス」(セルティックの愛称)は「ガーズ」(レンジャーズの愛称)にこれで4ポイントリード。しかしレンジャーズは寒波の影響で消化試合数が二試合少ない。

Le Celtic a creusé l'écart en tête du Championnat d'Ecosse en battant l'autre grand club de Glasgow, les Rangers, 2 à 0, dimanche lors de la 20e journée.
Les vert et blanc ont remporté le deuxième "Old Firm" de la saison sur le terrain de leur grand rival grâce à un doublé du Grec Georgios Samaras en seconde période.
Les Hoops possèdent désormais quatre points d'avance sur les Gers mais ceux-ci ont disputé deux matches de moins à cause de la vague de froid.

http://fr.fifa.com/worldfootball/clubfootball/news/newsid=1357968.html
posted by フランスフット at 05:25 | TrackBack(0) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

フレドリック・ユングベリがセルティックへ

L'Equipe(フランス)26/12/2010

"Ljungberg bientôt au Celtic"
「フレドリック・ユングベリがセルティックへ」

33歳のフレドリック・ユングベリは数日間セルティックで練習すると日曜、セルティック監督のニール・レノンが発表した。

「ユングベリは今夜(日曜)到着する。テストとかでは全くなく、われわれが彼を見るためそして彼がクラブとチームを見るためのものだ」と監督は言う。

「これはわれわれにとっていい機会になるだろう。ユングベリは才能を失っておらず経験豊富だ。ビッグネームにちがいはないが、わたしが興味があるのは彼がもたらしてくれるクオリティだ。」

Freddy Ljungberg, aujourd'hui âgé de 33 ans, va s'entraîner plusieurs jours avec le Celtic Glasgow, a annoncé dimanche son entraîneur Neil Lennon. ≪Ljungberg arrive ce soir (dimanche). Ce n'est pas vraiment une mise à l'essai mais c'est pour que nous puissions le voir et que lui voie le club et l'équipe, a précisé le coach. Cela peut être une bonne opportunité pour nous. C'est le genre de joueur qui ne perd pas son talent et qui est très expérimenté. C'est un grand nom mais ce qui m'intéresse surtout, c'est la qualité qu'il peut nous apporter≫. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20101226_213533_ljungberg-bientot-au-celtic.html
posted by フランスフット at 08:21 | TrackBack(0) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

グラスゴー・レンジャーズのスティーヴン・ネイスミスが2015年まで契約を延長

L'Equipe(フランス)22/12/2010

"Naismith jusqu'en 2015"
「ネイスミス、2015年まで契約」

Steven_Naismith_rangers.jpg

(写真:telegraph.co.uk

グラスゴー・レンジャーズと2012年6月まで契約していたスティーヴン・ネイスミスが新たに4年半の契約にサインした。

この24歳のスコット代表フォワードは2015年6月までレンジャーズに所属することになる。キルマーノックから2007年に加入したネイスミスはレンジャーズで定位置を確保。100試合以上に出場している。

Sous contrat avec les Glasgow Rangers jusqu'en juin 2012, Steven Naismith a signé un nouveau bail de quatre ans et demi. L'attaquant international écossais de 24 ans est désormais lié avec son club jusqu'en juin 2015. Arrivé de Kilmarnock en 2007, Naismith a enfin réussi à se faire une place chez les Rangers pour lesquels il a déjà joué plus de cent matches.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20101222_141334_naismith-jusqu-en-2015.html
posted by フランスフット at 04:18 | TrackBack(0) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

セルティック、なんというクラブ創立記念日!アバディーンに9−0で圧勝

L'Equipe(フランス)06/11/2010

"Quel anniversaire pour le Celtic !"
「セルティック、なんというクラブ創立記念日!」

セルティック・グラスゴーの選手たちはファンたちに借りがあった。前回ホームでの試合でグラスゴー・レンジャーズとのオールドファームダービーで負けていたからである(1−3)。

スコティッシュ・プレミアリーグ第11節がおこなわれた今週土曜、セルティックはクラブ創立123周年を迎えた。セルティックはアバディーンを完膚なきまでに叩きのめし、サポーターたちを大喜びさせた(9−0)。ギャリー・フーパーとアンソニー・ストークスがハットトリックを達成した。

この試合を終えてセルティックはリーグ首位に躍り出た。勝ち点2差で追うレンジャーズは日曜アウェーでサント・ミレンと対戦する。



(2010年11月6日スコティッシュ・プレミアリーグ第11節セルティック9−0アバディーン)



(2010年10月24日スコティッシュ・プレミアリーグ第9節セルティック1−3グラスゴー・レンジャーズ)


Les joueurs du Celtic Glasgow devaient au moins ça à leur public. Leur dernière apparition à domicile s'était soldée par une défaite lors du derby de Glasgow (1-3). Ce samedi, à l'occasion de la 11e journée du Championnat écossais, le Celtic fêtait son 123e anniversaire. Il a soufflé ses bougies en s'offrant un joli feu d'artifice et régalé ses supporters en infligeant une véritable correction à Aberdeen (9-0). Hooper et Stokes ont signé un triplé. Du coup, les Vert et Blanc reprennent la tête du classement avec deux points d'avance sur les Rangers, qui se déplacement dimanche sur le terrain de St Mirren.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20101106_182146_quel-anniversaire-pour-le-celtic.html
posted by フランスフット at 06:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

ジェームズ・ビーティー、グラスゴー・レンジャーズに加入

L'Equipe(フランス)13/08/2010

"Beattie rejoint les Rangers"
「ジェームズ・ビーティー、グラスゴー・レンジャーズに加入」

フォワードのジェームズ・ビーティーはストーク・シティを去り、グラスゴー・レンジャーズに向った。

32歳で元イングランド代表(2003年から2004年にかけて5キャップ)のビーティーは、スコットランドチャンピオンと、一年の延長オプションつきの二年契約にサインした。

昨シーズン、ビーティーはストーク・シティ監督のトニー・ピューリスと言い争いをしてからは出場機会を全く与えられていなかった。

サウサンプトンやシェフィールド・ユナイテッドでもプレーしていたビーティーは金曜、入団会見を済ませ、土曜16時からのスコティッシュ・プレミアリーグ第一節キルマーノック戦でデビューする予定である。ウォルター・スミス監督はビーティーをメンバー表に加えている。




(ビーティーの芸術的ループシュート)


L'attaquant James Beattie quitte Stoke City pour les Glasgow Rangers. L'international anglais de 32 ans (5 sélections entre 2003 et 2004) a paraphé un contrat de deux ans - plus une troisième saison en option - en faveur du champion d'Ecosse. Beattie, qui avait eu une altercation avec le manager Tony Pulis la saison passée, ne jouait plus du tout à Stoke. Présenté ce vendredi, l'ancien buteur de Southampton et de Sheffield United pourrait effectuer ses débuts sous ses nouvelles couleurs contre Kilmarnock, samedi (16 heures), lors de la 1re journée du Championnat écossais. Il fait partie du groupe retenu par Walter Smith.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100813_173837_beattie-rejoint-les-rangers.html
posted by フランスフット at 05:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

セルティックのマクギーディ、スパルタク・モスクワに近日移籍

L'Equipe(フランス)03/08/2010

"McGeady bientôt au Spartak"
「セルティックのマクギーディ、スパルタク・モスクワに近日移籍」

エスパニョールのアルゼンチン人センターバック、ニコラス・パレハを、1000万ユーロ払って獲得したスパルタク・モスクワは、中盤の選手を探していた。

数日前からセルティック・グラスゴーのエイデン・マクギーディと交渉していたスパルタク・モスクワは、その目的を達成したようである。月曜に出した1000万ユーロのオファーをセルティックは受諾した。

24歳でアイルランド代表のマクギーディは、契約交渉のためモスクワに赴き、すぐにサインすると見込まれている。

Après avoir recruté le défenseur central argentin de l'Espanyol Nicolas Pareja pour dix millions d'euros, le Spartak Moscou cherche un milieu de terrain. En négociations depuis des jours avec le Celtic Glasgow pour Aiden McGeady, le club russe touche au but. L'offre de dix millions d'euros faite lundi a été acceptée par le club écossais. L'international irlandais de 24 ans se trouve à Moscou pour y négocier son contrat et devrait bientôt signer.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100803_185629_mcgeady-bientot-au-spartak.html
posted by フランスフット at 04:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。