2012年04月07日

バカではないサッカー選手

L'Equipe(フランス)07/04/2012

"Pas cons les footballeurs"
「バカではないサッカー選手」

「プロサッカー選手は、牡蠣並みのIQしか持っていない」というのは紋切り型に過ぎない。

科学者グループは、スウェーデン1部リーグと2部リーグに所属する57選手を調査した。その研究によると、サッカー選手たちは一部の人が考えているほど馬鹿ではないということが証明された。

認識能力を測るテストの結果、サッカー選手は「同時に複数の状況を管理する能力があり、新たな状況に対し素早く対応し、それまでうまく機能していなかった行動を修正する」ことに長けていることが証明された。

「頭をあまり働かせていないということをサッカー選手たちは理解してないというわけではない」とも、この研究に携わった一人であるプレドラグ・ペトロヴィッチ博士は『レキップ』に語っている。

メッシのノーベル賞受賞はまだ?

Cliché : les footballeurs professionnels sont souvent réputés pour avoir le QI d’une huître.

Une équipe de scientifiques a réalisé une étude sur 57 joueurs des deux premières divisions suédoises qui prouve que les joueurs de foot ne sont pas aussi bêtes que certains ne veulent le faire croire.

Des tests mesurant les aptitudes cognitives prouvent qu’un footballeur arrive mieux à ≪ gérer plusieurs situations en même temps, s’adapter rapidement à une situation nouvelle ou encore à modifier un comportement qui n’aurait pas fonctionné auparavant≫.

≪Ce n'est pas parce qu'ils n'ont pas la connaissance qu'ils ne travaillent pas dur avec leur cerveau≫, a déclaré le docteur Predrag Petrovic, un des auteurs de l’étude, au journal L’Equipe.

A quand un prix Nobel pour Messi ?

AA

http://www.sofoot.com/pas-cons-les-footballeurs-155461.html
posted by フランスフット at 23:13 | TrackBack(0) | スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

ユーロ2012グループリーグでイングランド代表と同組に入ることを希望するスウェーデン代表

SO FOOT(フランス)01/12/2011

"La Suède veut tirer l’Angleterre"
「ユーロ2012グループリーグでイングランド代表と同組に入ることを希望するスウェーデン代表」

International friendly match England-Sweden at Wembley Stadium.jpg

(写真:london24.com

ユーロ2012グループリーグの組み合わせ抽選が明日の夜行われる。

スペイン代表とドイツ代表は当たりたくない強豪国である一方、イングランドはそのケースに全く当てはまらないようである。

PSVアイントホーフェンのフォワード、オラ・トイヴォネンは『ミラー』でこのことを包み隠さず語っている。

「当然のことながら、ヨーロッパの強豪国とは当たりたくないと自分たちは思っている。スペイン、ドイツ、オランダのことだ。(ユーロは)厳しい戦いになるだろうが、一つ希望を言うとすれば、イングランドと当たりたい。」

しかしながら11月15日、カペッロ率いる選手たちはウェンブリーでスウェーデン代表を1−0で降している。

ルーニーはすでにその試合でも欠場していた。その一方で、それはこのスウェーデン人選手が喜んでいることである。

「グループリーグでルーニー抜きのイングランドと対戦することになればもうけものだ。」

この発言は多少時期尚早である。なぜならカペッロはFIFAがルーニーの出場停止処分を軽減する可能性をあきらめていないからである。来週木曜、カペッロはスイスに赴き、「ワッザ」(注:ルーニーのあだ名)の弁護をすることになっている。

トイヴォネンが希望する対戦国はイングランドだけではない。

「イングランドに付け加えるとするなら、ウクライナかポーランドだ。そうなれば素晴らしい。」

スウェーデン代表にとって怖い国など何もないということである。強豪国を除けばの話だが。

Le tirage au sort de l’Euro 2012 aura lieu demain soir. Si l’Espagne et l’Allemagne font figure d’épouvantails, c’est loin d’être le cas de l’Angleterre.

Ola Toivonen, l’attaquant du PSV Eindhoven ne s’en est pas caché dans leMirror : ≪ Bien sûr, nous voulons éviter les grosses équipes européennes : Espagne, Allemagne et Pays-Bas. Ça va être dur mais si j’avais un souhait, je voudrais tomber sur l’Angleterre ≫. Pourtant le 15 novembre dernier, les joueurs de Capello s’étaient imposés 1-0 à Wembley face à la Suède.

Rooney était déjà absent, pourtant c’est ce qui réjouit l’avant centre suédois : ≪ Ça sera sympa de jouer l’Angleterre sans Rooney pendant les phases de poules ≫. Une affirmation un peu hâtive puisque Capello ne désespère pas de voir la FIFA réduire la suspension de son attaquant. Il se rendra jeudi prochain en Suisse pour plaider la cause de ≪ Wazza ≫. Tirer l’Angleterre n’est pas le seul souhait de Toivonen : ≪ Si on ajoute à ça, l’Ukraine ou la Pologne, ça serait bien ≫.

Oui donc la Suède n’a peur de rien. Sauf des grosses équipes.
CG

http://www.sofoot.com/la-suede-veut-tirer-l-angleterre-150400.html
posted by フランスフット at 22:42 | TrackBack(0) | スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

フェルナンド・トーレスを超えてしまったスウェーデン人選手

SO FOOT(フランス)24/09/2011

"Pire que Torres"
「トーレスを超えてしまったスウェーデン人選手」



新たな流行が起こっていると言えるだろう。

フェルナンド・トーレスがマンチェスター・ユナイテッドとの試合でシュートを外してからというもの、大勢の選手たちがトーレスの真似を続けている。

最新作はスウェーデン人選手の足による。名前はニクラス・フルト、所属はIFエルフスボリ。水曜のヘルシングボリIFとの試合で、彼が決めていればチームは4−2で勝利を収めることができたはずだった。しかしシュートを打つ直前に彼の頭脳はショートを起こしてしまった。

いずれにせよこのスウェーデン人選手のおかげで、エル・ニーニョはやっとゆっくり枕を高くして眠れることになったのではないだろうか。

しかし二人の間には、やはり唯一といえる違いがある。このスウェーデン人選手は5800万ユーロもしなかった。

24 September 2011
C’est ce qu’on appelle déclencher une nouvelle mode.
Depuis le raté de Torres face à Manchester United, une avalanche de joueurs n’a cessé de l’imiter cette semaine. Le dernier en date est suédois, s’appelle Nicklas Hult, joue pour l’IF Elfsborg, et aurait pu faire gagner son équipe 4-2 face à Helsingborg mercredi si son cerveau n’avait pas subi un court-jus au dernier moment.
Grâce à lui, en tout cas, El Nino devrait pouvoir définitivement dormir sur ses deux oreilles. La seule différence, bon, c’est que lui n’a pas coûté 58 millions d’euros à son club.
WP

http://www.sofoot.com/insolite-71-videos.html
posted by フランスフット at 20:19 | TrackBack(0) | スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

スウェーデンのリーグ戦で試合が途中で中止に

L'Equipe(フランス)31/07/2011

"Match arrêté en Suède"
「スウェーデンのリーグ戦で試合が途中で中止に」

Match between Malmö and Djurgarden suspended.jpg

(写真:dn.se

スウェーデン人は平和が好きで、穏やか、生活の質をさらに高めるために実用的な解決策を模索する人たちと思われている。

しかしそれはちがった。この北欧の国にもいらだっている人たちがいるのだ。今シーズン、アルスヴェンスカン(スウェーデンリーグ)で試合が途中で中止になったのはこれで3度目である。

マルメFF(昨シーズンのリーグチャンピオン)対ユールゴーデンIFの試合前半12分、サポーターたちは爆竹をピッチに投げ込んだ。その時点ではマルメFFがすでに1−0でリードしていた。

主審のマーティン・ハンソンは間髪をいれずに決断した:「われわれの周囲で激しい爆発が起こったため、試合を中断する以外に選択肢はなかった」と(の主審の言葉を)「sportbild.de」は伝えている。

今シーズン、マルメFFにとって試合中止は2度目のことである。この調子でいくとマルメFFは高い代償を支払うことになりそうである。



31 juillet 2011
On pensait les Suédois pacifiques, là, tranquilles, en train de chercher des solutions pratiques pour améliorer encore leur qualité de vie, tout ça…
Et bien non. Dans le pays nordique, il y a aussi des énervés. Pour la troisième fois cette saison, un match de l’Allsvenskan a été arrêté. A la douzième minute de la rencontre entre Malmö (tenant du titre) et le Djurgardens IF, les supporters ont balancé des feux d’artifice sur la pelouse, et ce alors que Malmö menait déjà 1-0. L’arbitre, Martin Hansson, ne s’est alors pas pris la tête : ≪ Autour de nous, il y avait de si fortes explosions que je n’avais pas d’autre choix que de suspendre la rencontre ≫, rapporte sportbild.de.
Il s’agit du deuxième match arrêté à Malmö. A ce rythme-là, ils vont finir par prendre cher…
AF

http://www.sofoot.com/match-arrete-en-suede-145684-news.html
posted by フランスフット at 03:54 | TrackBack(0) | スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

ピッチに入ってきた犬を外に出すには?

SO FOOT(フランス)25/03/2011

"Comment sortir un chien du terrain ?"
「ピッチに入ってきた犬を外に出すには?」

(トルコで開催された女子サッカー国際大会決勝)マルメ対スカイブルーの試合中、一匹の犬がピッチに入ってきた。

一人の男が力ずくで引きずり出そうとしたが、犬は抵抗。しかし女性たちがやってきたら、ワンちゃん大満足。数分間撫でられた後、無事にピッチ外に出されました。女性の優しさが決め手だったのかも・・・



Lors de la rencontre de foot féminin entre Malmo et Sky Blue, un chien envahit le terrain. Lorsqu’un homme tente de l’extirper de force du terrain, il résiste, quand les femmes s’occupent de lui, c’est le plus heureux des cabots. Et il finit par se faire sortir tranquillement du terrain après quelques minutes de caresses. La douceur des femmes peut-être...
VG

http://www.sofoot.com/comment-sortir-un-chien-du-terrain-71-139318-videos.html
posted by フランスフット at 23:26 | TrackBack(0) | スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

スウェーデン代表のデニ・アヴディッチがブレーメンに移籍か

L'Equipe(フランス)02/01/2011

"Avdic vers le Werder ?"
「デニ・アヴディッチがブレーメンに移籍か」

Denni-Avdic.jpg

(写真:svd.se

ポルトガル人のウーゴ・アルメイダがベシクタシュに移籍したが、ヴェルダー・ブレーメンは彼の後継者をもうすぐ見つけそうだ。

『キッカー』が伝えるところでは、22歳のスウェーデン代表デニ・アヴディッチがトーマス・シャーフ監督率いるヴェルダー・ブレーメンと契約間近とのこと。アヴディッチはボスニア・ヘルツェゴビナのサラエヴォ生まれ。IFエルフスボリと2011年最後まで契約を結んでいる。スウェーデン代表として1試合に出場している。

Le Portugais Hugo Almeida parti du côté de Besiktas, le Werder Brême serait sur le point de lui trouver un successeur. Selon le bi-hebdomadaire allemandKicker, l'international suédois Denni Avdic, 22 ans, serait sur le point de s'engager avec le club entraîné par Thomas Schaaf. Sous contrat avec le club d'IF Elfsborg jusqu'à la fin de l'année 2011, Avdic, natif de Sarajevo en Bosnie-Herzégovine, compte une sélection avec l'équipe nationale suédoise.


http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110102_212604_avdic-vers-le-werder.html
posted by フランスフット at 09:15 | TrackBack(0) | スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

イブラヒモヴィッチがスウェーデン代表に復帰

L'Equipe(フランス)16/07/2010

"Zlatan revient en sélection"
「ズラタン、代表に復帰」

スウェーデン人フォワードのズラタン・イブラヒモヴィッチは金曜、代表に復帰することを発表した。彼は2009年暮れ以来、代表を引退していた。

「2009年10月にあったワールドカップ予選のデンマーク戦で負けてから、モチベーションを失った気分だった。それでおれは代表を引退することを決断したのだ」とこのバルサの選手は、インターネットで流された記者会見で述べた。

「だがこれは自分がいつも言ってきたことだが、おれはナショナルチームでプレーすることに誇りを持っている。(・・・)だから代表の次の試合のときにはおれに頼ってもいいぞ」とスウェーデン代表監督のエリック・ハムレン(スウェーデンのエルグリーテIS,デンマークのオールボーBK、ノルウェーのローゼンボリSKなどで監督を務めていた)の隣で、イブラヒモヴィッチは話している。

「監督はおれのモチベーションを目覚めさせた。彼はおれと同じメンタリティを持っている。そしておれに勲章を約束してくれたからな」と彼は笑いながら続けた。

「イブラヒモヴィッチがこの決断をしてくれたのは素晴らしいことだ。モチベーションが高まっているズラタンはスウェーデン代表の金と等しい。世界で最も素晴らしい選手の一人だからね」とエリック・ハマレンは敬意を表している。ハマレンは2009年11月のときには、イブラヒモヴィッチがスウェーデン代表でプレーするか疑わしく思っていることをメディアの前で話していた。

「イブラヒモヴィッチはチームメートのアンデシュ・スヴェンソンとともにキャプテンになる」と監督は説明している。

「われわれにはキャプテンが二人いることになる」とハマレン監督は述べている。

L'attaquant suédois Zlatan Ibrahimovic (22 buts en 62 sélections) a annoncé vendredi son retour en sélection, après avoir mis en pointillés la suite de sa carrière internationale depuis fin 2009. «Après le dernier match de qualification perdu contre le Danemark en octobre 2009, j'ai eu l'impression d'avoir perdu la motivation. Et j'avais décidé qu'il fallait que j'arrête», a déclaré le joueur du Barça lors d'une conférence de presse diffusée sur Internet.

«Mais c'est ce que j'ai toujours dit, je suis fier de jouer en équipe nationale (...)Donc, on peut compter sur moi pour être là au prochain match de l'équipe nationale», a-t-il ajouté au côté du sélectionneur suédois Erik Hamrén.«L'entraîneur a su réveiller ma motivation. Il a la même mentalité que moi. Il m'a promis une médaille», a-t-il ajouté en riant.

«C'est excellent qu'il ait décidé de prendre cette décision. Un Zlatan motivé vaut de l'or pour la sélection suédoise. C'est un des meilleurs joueurs du monde», a salué Erik Hamrén qui, le premier, avait fait part aux médias des doutes d'Ibrahimovic sur son avenir avec la Suède, en novembre 2009. «Il sera capitaine avec son coéquipier Anders Svensson, a expliqué l'entraîneur. Nous en aurons deux», a-t-il dit. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100716_143241_zlatan-revient-en-selection.html
posted by フランスフット at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。