2012年09月28日

債務危機に瀕するCSKAソフィア

L'Equipe(フランス)27/09/2012

"Le CSKA Sofia menacé"
「危機に瀕するCSKAソフィア」

CSKAソフィアは9月30日までに債務を解消しなければ、UEFA主催のヨーロッパの大会から3年間除外される。

この決定はブルガリア国内リーグでも適用されると木曜、ブルガリアサッカー連盟が明らかにしている。

「UEFAの基準に適うことができなければ、CSKAソフィアは1部リーグでプレーする資格を失うことになる」とブルガリアサッカー連盟副会長のアタナス・フルナドツィエフは語っている。

「問題は絡み合っている。これまでのように問題を回避することはもはやできないだろう。」

Le CSKA Sofia a jusqu'au 30 septembre pour régler ses dettes sous peine d'être radié trois ans des compétitions européennes par l'UEFA. Une décision qui pourrait également être prise au niveau national, comme l'a fait savoir ce jeudi la Fédération bulgare de football. ≪ Ils n'obtiendront plus de licence pour jouer en première division s'ils échouent à répondre aux critères de l'UEFA, a fait savoir Atanas Furnadzhiev, le vice-président de la Fédération. Les choses sont liées et ils n'auront plus les moyens d'éviter les soucis comme ils l'ont fait jusqu'à maintenant.≫

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Le-cska-sofia-menace/315830
posted by フランスフット at 10:26 | TrackBack(0) | ブルガリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

ウソ発見器で選手と監督・コーチ陣を調べ上げるブルガリアのクラブ、ロコモティフ・プロヴディフ

SO FOOT(フランス)25/09/2012

"Un détecteur de mensonges pour le Lokomotiv Plovdiv"
「ウソ発見器で選手と監督・コーチ陣を調べ上げるブルガリアのクラブ、ロコモティフ・プロヴディフ」

ロコモティフ・プロヴジフの会長はボテフ・ヴラツァ相手に自分のチームが負けたことを憎々しく思っている。

ブルガリアリーグ第6節。ここまで全敗でその間1得点16失点だったチーム相手にプロヴディフは敗れた。よってヴェセリン・マレシュキは選手、監督・コーチ陣をウソ発見器にかけることを決めた。

「負けたことに対して何かがあるわけでは全くないが、敗戦は明らかにおかしい。フェアプレーの精神と廉直さは最も大事な価値観だとわたしは思う。だから、今回の失敗に関して不明瞭な理由などないことをわたしは確認しておきたい」と彼は説明している。

ルチアーノ・モッジが現場に復帰したのだろう。

Le président du Lokomotiv Plovdiv a peu apprécié la défaite de son équipe contre le Botev Vratsa.

Lors de la 6e journée du championnat bulgare, Plovdiv s'est incliné contre une équipe qui avait jusque-là perdu tous ses matchs, marquant un but et en encaissant 16. Veselin Mareshki a donc décidé de passer les joueurs, l'entraîneur et le staff technique au détecteur de mensonges. ≪ Il n'y a aucune garantie contre la défaite, mais celle-là est pour sûr bizarre. Pour moi, le fair-play et l'honnêteté sont des valeurs fondamentales, je dois m'assurer qu'il n'y a pas de raisons obscures à cette déconvenue ≫, a-t-il expliqué.

On dirait que Luciano Moggi a repris du service.

http://www.sofoot.com/un-detecteur-de-mensonges-pour-le-lokomotiv-plovdiv-162072.html
posted by フランスフット at 10:51 | TrackBack(0) | ブルガリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

ヨーロッパリーグ予備予選2回戦で敗退したCSKAソフィアの9選手が解雇

L'Equipe(フランス)27/07/2012

"Neuf joueurs limogés au CSKA Sofia"
「ヨーロッパリーグ予備予選2回戦で敗退したCSKAソフィアの9選手が解雇」

CSKAソフィアはスロベニアのNDムラ05に敗れ、ヨーロッパリーグ予備予選2回戦で敗退した。そして金曜、このブルガリアのクラブは、レギュラーメンバー9人を解雇したと発表した。

その中には、アルジェリア人ゴールキーパーのライス・エンボリ、キュラソー島生まれのディフェンダー、シヴァルド・スプロッケル、カーボベルデ人ディフェンダー、ニルソン、ブルガリア人ミッドフィルダー、フリスト・ヤネフなどが含まれ、契約は即座に解消されている。

CSKAソフィア元キャプテンになってしまったトドル・ヤンチェフは、今回の不運な事件を受け、プロとしてのキャリアに終止符を打ったが、CSKAソフィアのテクニカルスタッフとしてチームに残る。

Suite à l'élimination du CSKA Sofia dès le 2e tour préliminaire de la Ligue Europa, par la formation slovène de Mura Murska Sobota, le club bulgare a annoncé vendredi avoir licencié neuf joueurs de son effectif. Le gardien algérien Rais M'Bolhi, le défenseur natif de Curaçao Civard Sprockel, le défenseur capverdien Nilson et le milieu bulgare Hristo Yanev notamment font partie des joueurs dont le contrat a été résilié avec effet immédiat. Quant au désormais ex-capitaine du CSKA, Todor Yanchev, il a mis fin à sa carrière après cet épisode malheureux mais restera dans le staff technique.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Neuf-joueurs-limoges-au-cska-sofia/301398
posted by フランスフット at 11:53 | TrackBack(0) | ブルガリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

バルカンリーグ創設を望むブルガリアサッカー界

SO FOOT(フランス)17/11/2011

"Il veut créer la Ligue des Balkans"
「バルカンリーグ創設を望むブルガリアサッカー界」

Dimitar Borisov.jpg

(CSKAソフィア会長ディミタール・ボリソフ:microbisme.com)

本日の名アイディアである。

ブルガリアから最先端の新アイディアがわれわれのところに届いた。ブルガリアサッカーの代表者たちは東欧にサッカーリーグを創設するプロジェクトを発表したのである(バルカンリーグ)。このリーグは、ヨーロッパの公式のカップ戦に出場できないクラブを対象にしている。

おおざっぱに言うと、これは一部地域を対象にした大会であり、東欧諸国の小さなクラブのあいだで競われることになる。自分のチームが外国のチームと試合するところを今まで一度もに目にしたことがなかったサポーターたちに、そのチャンスを与えるのがこのバルカンリーグの目的である。要約すると、弱小クラブのための大会ということである。

このプロジェクトを発表したのはCSKAソフィアの会長、ディミタール・ボリソフである。プロジェクト発表の直後、ブルガリアの他クラブから大きな反響が巻き起こった。それだけでなく、ブルガリアの隣国のクラブからも反応が寄せられている。

「バルカンリーグの発足、そしてその今後の保証のためには1000万ユーロあれば十分だろう」とボリソフは断言している。

しかしこのプロジェクトは、UEFAをそれほど感激させているわけではなさそうである。このバルカンリーグの最初の会合がソフィアでもたれたが、UEFAは代表者を派遣あそばされなかったからである。

しかし他の地域の人たちにアイディアを与えることになったかもしれない。例えばアルプスリーグなどどうだろう。ニースがFCローザンヌと対戦できるように。

Idée du jour, bonjour.

Une fois n'est pas coutume : la nouvelle idée à la mode nous vient de Bulgarie. Les représentants du football bulgare ont en effet annoncé leur projet de créer une Ligue de football dans l'Est de l'Europe (la Ligue des Balkans), pour les clubs qui ne parviennent pas à se qualifier pour les Coupes d'Europe officielles.

En gros, il s'agirait d'une compétition régionale, entre clubs plus modestes des pays de l'Est, dans le but d'offrir du spectacle à des supporters qui seraient, sinon, contraints de ne jamais voir leur équipe jouer un match contre une équipe étrangère. Un tournoi pour les petits, en résumé.

Le projet a été lancé par le président du CSKA Sofia, Dimitar Borissov, et a immédiatement fait des émules parmi les autres clubs du pays, mais aussi chez des clubs dans les pays voisins. ≪ Il suffirait de 10 millions d'euros pour faire naître et garantir le futur de la Ligue des Balkans ≫ a assuré Borissov.

Mais visiblement, ce projet n'a pas l'air d'enthousiasmer plus que ça l'UEFA, qui n'a même pas daigné envoyer l'un de ses représentants à Sofia pour assister à la première réunion de cette éventuelle Ligue des Balkans.

Voilà qui pourrait néanmoins donner des idées à d'autres. La Ligue des Alpes, pour que Nice puisse aller jouer contre le FC Lausanne, par exemple.
EM

http://www.sofoot.com/il-veut-creer-la-ligue-des-balkans-149919.html?utm_source=blockNews
posted by フランスフット at 06:15 | TrackBack(0) | ブルガリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

人種差別行為が起こったブルガリアに対しUEFAが処分へ

L'Equipe(フランス)06/09/2011

"L'UEFA va sanctionner"
「人種差別行為が起こったブルガリアに対しUEFAが処分へ」

Racist chants by Bulgarian fans.jpg

(黒人差別のチャントを繰り返すブルガリアファン:dailymail.co.uk

ユーロ2012予選のブルガリア代表対イングランド代表の試合中、ブルガリアサポーターの一部が人種差別行為に及んでいたことを受け、UEFAは調査に乗り出すと発表した。

「状況について話は聞いている。UEFA代表による報告を含む報告書を検討していく」とUEFAは発表している。

ブルガリア代表監督のローター・マテウスは、ブルガリアサッカー連盟を代表してすでに謝罪の言葉を述べている。

「このようなことはやめるべきだ。何らかの措置が下されることをわれわれは望んでいる」とこの試合後、マテウスは語っていた。

Racist chants by English fans.jpg

(ロマ差別のチャントを繰り返すイングランドファン:dailymail.co.uk

Suite aux agissements à caractère raciste de certains supporters de la Bulgarie à l'occasion de la réception de l'Angleterre (0-3) en éliminatoires de l'Euro 2012, l'UEFA a indiqué qu'elle allait se saisir de l'affaire. ≪Nous sommes au courant de la situation et nous étudierons les rapports, dont celui de notre délégué≫, a déclaré l'instance européenne du football. Le sélectionneur bulgare, Lothar Matthaus, avait déjà présenté ses excuses, au nom de la Fédération bulgare : ≪Cela doit cesser et nous espérons que quelque chose soit fait≫, avait-il indiqué après le match.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110906_100029_l-uefa-va-sanctionner.html
posted by フランスフット at 02:19 | TrackBack(0) | ブルガリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

ブルガリア対イングランドの試合中に起こった人種差別に関してマテウスが謝罪

L'Equipe(フランス)03/09/2011

"Racisme : Matthaus s'excuse"
「ブルガリア対イングランドの試合中に起こった人種差別に関してマテウスが謝罪」

Bulgaria fans directed monkey chants at Ashley Cole, Ashley Young and Theo Walcott.jpg

(アシュリー・コール、アシュリー・ヤング、セオ・ウォルコットにモンキーチャントを浴びせるブルガリアファンたち:guardian.co.uk

金曜、ソフィアで行われたユーロ2012予選の試合でイングランドが勝利を収めたが(0−3)、ブルガリアサポーターたちはイングランドの複数の選手を人種差別の標的にした。

この件に関し、ブルガリア代表監督のドイツ人ローター・マテウスが試合後に謝罪した。

「情けないことだ」と観客席からモンキーチャントが起こったことに関しマテウスは語っている。

「ブルガリアサッカー連盟の名において、わたしの口から謝罪申し上げたい。」

Bulgarian fans hate UEFA.jpg

(写真:guardian.co.uk

この試合で2得点のウェイン・ルーニーもこの行為に関し遺憾の意を表明している。

「こんなことはやめるべきだし、何らかの処置が下されることを望む」とこのフォワードの選手は語っている。

一方、ルーニーはこの件が「何年も前から続いている」ことを強調している。



Plusieurs joueurs anglais ont fait l'objet de manifestations racistes de la part des supporters bulgares, vendredi lors de la victoire de l'Angleterre à Sofia (3-0), en éliminatoires de l'Euro 2012. Des faits pour lesquels le sélectionneur de la Bulgarie, l'Allemand Lothar Matthaus a tenu à s'excuser après la partie.≪C'est pitoyable, a-t-il déclaré en référence aux cris de signes lancés depuis les tribunes. Je présente mes excuses au nom de la Fédération bulgare≫. Buteur à deux reprises lors de la rencontre, Wayne Rooney a lui regretté de tels agissements. ≪Cela doit cesser et espérons que quelque chose soit fait≫, a regretté l'attaquant, qui a toutefois souligné que cela ≪dure depuis des années≫. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110903_094031_racisme-matthaus-s-excuse.html
posted by フランスフット at 19:06 | TrackBack(0) | ブルガリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

ブルガリアカップの決勝はソフィアダービー

L'Equipe(フランス)21/04/2011

"Le derby de Sofia en finale"
「ブルガリアカップの決勝はソフィアダービー」

5月25日に行われるブルガリアカップ決勝が熱くなりそうだ。ソフィアの二クラブ(スラヴィア・ソフィアとCSKAソフィア)が決勝で対戦するからである。

1996年以来決勝から遠ざかっていたスラヴィア・ソフィアだが、木曜、準決勝でピリン・ブラゴエヴグラトを苦しみながらも降した(1−1、PK7−6)。

元ストラスブール選手のエミル・ガルゴロフそしてブラジル人のミシェル・プラティニ擁するCSKAソフィアは水曜にリテックス・ロヴェチを2−1で降している。

La finale de la Coupe de Bulgarie sera très chaude le 25 mai prochain. En effet, deux clubs de Sofia (le Slavia et le CSKA) s'y rencontreront. Absent de la finale depuis 1996, le Slavia a difficilement battu Pirin (1-1, 7-6 tab) ce jeudi. Le CSKA de l'ancien Strasbourgeois Gargorov et du Brésilien Michel Platini avait battu Lovech mercredi (2-1).

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110421_185704_le-derby-de-sofia-en-finale.html
posted by フランスフット at 22:47 | TrackBack(0) | ブルガリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

レフスキ・ソフィアのマリ代表フォワード、ギャラ・デンベレが執行猶予付き禁固刑を受ける

L'Equipe(フランス)02/02/2011

"Prison avec sursis pour Dembélé"
「レフスキ・ソフィアのマリ代表フォワード、ギャラ・デンベレが執行猶予付き禁固刑を受ける」

レフスキ・ソフィアのフォワード、ギャラ・デンベレが執行猶予付きで8ヶ月の禁固刑の判決を受けた。水曜ソフィアの裁判所が発表した。

以前オセールでプレーしていたデンベレは昨年12月に飲酒運転で警察に逮捕されたが、その際偽造された運転免許証を提示していた。

これまでもワイドショー的な話題には事欠かなかったデンベレだが、今シーズンはキャリア最高の活躍をみせていた。デンベレはリーグ戦以外の試合も含めて26試合に出場し26得点決めている。

L'attaquant du Levski Sofia Garra Dembélé, 24 ans, a été condamné à huit mois de prison avec sursis pour conduite en état d'ivresse, a annoncé mercredi le tribunal de Sofia. L'ancien Auxerrois avait été surpris en décembre par la police ivre au volant et avait présenté un faux permis de conduire. Habitué aux faits divers, Dembélé effectue la meilleure saison de sa carrière, puisqu'il a déjà inscrit 26 buts en 26 matches, toutes compétitions confondues.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110202_130900_prison-avec-sursis-pour-dembele.html
posted by フランスフット at 02:53 | TrackBack(0) | ブルガリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

ベルバトフのユース時代のクラブが危機に

L'Equipe(フランス)24/01/2011

"L'ex-club de Berbatov va mal"
「ベルバトフのユース時代のクラブが危機に」

ディミタール・ベルバトフがブルガリアでのユース時代を過ごしたピリン・ブラゴエヴグラトは、3月31日までに借金を返せなければ降格に陥るという危機に瀕している。

ブルガリアの首都ソフィアから南に100キロのところに本拠地をおくこのクラブはおよそ20万ユーロの負債を抱えているが、とりわけ選手たちに対して給料の未払い状態が続いている。

現在ブルガリア1部リーグ14位のクラブを救うために資金を調達しようと、一部のサポーターたちは自分たちの血を売る覚悟があると言う。

元プロサッカー選手でピリンでもプレーしていたベルバトフの父、イヴァン・ベルバトフは「恥ずかしいことだ」と述べている。

「あれだけの数の若いタレントを輩出しているクラブなのに、一体どうやったらこんな状態に陥ってしまえるんだ?」

ディミタール・ベルバトフはピリン・ブラゴエヴグラトの現状について、まだ公式にはコメントしていない。

Le club de jeunesse de Dimitar Berbatov en Bulgarie, le Pirin Blagoevgrad, est menacé de relégation administrative s'il ne paie pas ses dettes d'ici au 31 mars. Situé à une centaine de kilomètres au sud de Sofia, il doit quelque 200 000 euros, notamment à ses joueurs dont les salaires ne sont plus payés. Pour trouver des fonds pour sauver le club, actuel 14e de la D1 bulgare, certains supporters se disent prêt à vendre leur... sang. Le père de Berbatov, Ivan, ex-footballeur professionnel et ex-joueur du Pirin, parle de ≪honte≫. ≪Comment un club qui forme autant de jeunes talents peut-il en arriver là ?≫ Le joueur de Manchester United n'a pas encore commenté publiquement la situation de son ancien club.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110124_193625_l-ex-club-de-berbatov-va-mal.html
posted by フランスフット at 21:36 | TrackBack(0) | ブルガリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

ブルガリア年間最優秀選手賞を受賞したベルバトフ「お願いですからぼくに投票するのはもうやめてください」

SO FOOT(フランス)21/12/2010

"Ne votez pas Berbatov"
「ベルバトフに投票しないでください」

フリスト・ストイチコフ、エミル・コスタディノフ、クラシミール・バラコフの黄金世代が幕を閉じて以来、ブルガリアは世界の舞台から少しばかり消え気味である。

多少なりともブルガリアのレベルを引き上げている唯一の選手がディミタル・ベルバトフである。彼はブルガリアの正真正銘のスターであり、ブルガリア年間最優秀選手賞という名誉あるタイトルを7回受賞した。

このマンチェスターユナイテッドのフォワードは29歳にして、さらにこの賞のトロフィーをもらっても置く場所などないという。そこでベルバトフは投票する人たちに、今後彼への投票は控えるようはっきりとお願いした。

「若い選手たちが受賞するのを見たいのです」とのベルバトフの言葉をロイターが伝えている。

「お願いですからぼくに投票するのはもうやめてください。」

ヴァレリ・ボジノフにあげるわけにはいかないの?

Depuis le crépuscule de la génération dorée incarnée par les Hristo Stoichkov, Emil Kostadinov ou autre Krasimir Balakov, la Bulgarie a quelque peu disparu de la surface du football Mondial.
Seul joueur à relever un tant soit peu le niveau de la nation, Dimitar Berbatov est une véritable star au pays, et vient de recevoir pour la septième fois le titre honorifique de meilleur joueur bulgare de l’année.
A 29 ans, l’attaquant de Manchester United, n’ayant visiblement plus de place sur sa cheminée pour accumuler d’autres trophées de ce type, a clairement demandé aux électeurs de s’abstenir de voter pour lui à l’avenir : ≪ Je préfère voir de jeunes joueurs le recevoir, a-t-il déclaré selon Reuters. S’il vous plait, ne votez plus pour moi ≫.
On ne va pas le refiler à Valeri Bojinov non plus ?
AP

http://www.sofoot.com/ne-votez-pas-berbatov-135757-news.html
posted by フランスフット at 12:20 | TrackBack(0) | ブルガリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。