2012年05月05日

ポーランドのユーロ2012オフィシャルソング

SO FOOT(フランス)04/05/2012

"LA CHANSON POLONAISE DE L'EURO"
「ポーランドのユーロ2012オフィシャルソング」



ユーロ2012に向けて、ポーランド人たちはオフィシャルソングを選定した。

この歌の名は「ココ・エウロ・スポコ」。歌い手はグループの「ジャルツェビナ」である。修道女のような格好をしたおばあちゃんたちが、悲惨な振り付けをしている。

もうすぐユーロビジョンが開催される・・・

04/05
Les Polonais ont élu l'hymne officiel de leur pays pour le prochain Euro. La chanson retenue se nomme "Koko Euro Spoko'", et est interprétée par le groupe Jarzebina. Des grands-mères habillées comme des nonnes, à la chorégraphie bordélique.

Bientôt à l'Eurovision...

AP

http://www.sofoot.com/la-chanson-polonaise-de-l-euro-150125-videos.html
posted by フランスフット at 07:11 | TrackBack(0) | ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

アウェーチームのゴールキーパーに雪玉を投げつけるレギア・ワルシャワのサポーターたち

SO FOOT(フランス)21/02/2012

"LE LEGIA VARSOVIE TIRE À VUE"
「アウェーチームのゴールキーパーに雪玉を投げつけるレギア・ワルシャワのサポーターたち」



レギア・ワルシャワのサポーターたちは、歓待とは何かを分かっている。

先週の木曜夜、このポーランドのクラブはスポルティング・リスボンをホームに迎えていた。ヨーロッパリーグ・ベスト32の試合である。

そして試合前のウォーミングアップ中、スポルティングのゴール裏に陣取っていたレギア・ワルシャワのサポーター集団は、スポルティングのゴールキーパーたちに向かって雪球をいくつか投げつけていた。しかし当のキーパーたちは気にも留めず、泰然としていた。

よってポーランド人サポーターたちはカウントダウンを始めた。5、4、3、2、1、0、発射!

雪球の雨が、あわれなポルトガル人選手たちに降り注がれた。この一斉機銃掃射を前に、彼らは退却を余儀なくされた。

21/02/2012
Les supporters du Legia Varsovie ont le sens de l'hospitalité. Jeudi soir dernier, le club polonais a accueilli le Sporting Portugal, pour le compte des seizièmes de finale de l'Europa League.

Au moment de l'échauffement, un groupe de supporters placé derrière le but du Sporting balance quelques boules de neige aux gardiens portugais. Ces derniers n'ont pas l'air impressionné et ne bougent pas d'un fil.

Les supporters polonais commencent alors un compte à rebours : 5...4...3...2...1...0. Lancez ! Un déluge de neige s'abat alors sur les pauvres joueurs portugais, obligés de s'écarter devant ce mitraillage en règle.

RL

http://www.sofoot.com/le-legia-varsovie-tire-a-vue-149652-videos.html
posted by フランスフット at 10:21 | TrackBack(0) | ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

ヴィスワ・クラクフ対スタンダール・リエージュの試合は氷点下27℃か

SO FOOT(フランス)04/02/2012

"- 27 degrés pour Cracovie-Standard ?"
「ヴィスワ・クラクフ対スタンダール・リエージュの試合は氷点下27℃か」

2月27日、スタンダール・リエージュはヴィスワ・クラクフとのヨーロッパリーグ・ベスト32の試合のためにポーランドに行くことになっている。

しかし問題が。東ヨーロッパを襲っている寒波のため、温度計の数字が氷点下27℃にまで下がる可能性があるのである!このような条件下で試合をするべきか、疑問が生じてくるのも当然である。

UEFAの規定では、氷点下20℃以下では試合は開催されない。昨年、ルビン・カザン対トゥウェンテの試合は時間を早めて午後に行われた(注:しかし試合時の気温は−30℃で有料観客数はわずか17人だった)。

スタンダール・リエージュのフォワード、モハメド・チテはサウジアラビア移籍が失敗したことを残念がっている。

Le 27 février, les Belges du Standard de Liège s’envoleront pour la Pologne, pour disputer contre le Wisla Cracovie une rencontre de 16ème de finale d’Europa League.

Problème, avec la vague de froid qui s’est abattue sur l’Europe, en particulier à l’est, le thermomètre descendra vraisemblablement jusque -27 degrés ! Dans ces conditions, on peut se demander si le match aura lieu.

Selon le règlement UEFA, une rencontre ne peut se dérouler sous une température de -20 degrés. L’année dernière, une rencontre opposant le Rubin Kazan à Twente avait été avancée dans l’après-midi.

De quoi faire regretter à Mémé Tchité, l'attaquant du Standard, son transfert avorté en Arabie Saoudite?
ADM

http://www.sofoot.com/27-degres-pour-cracovie-standard-152949.html
posted by フランスフット at 23:07 | TrackBack(0) | ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

スカウトの注目を集めるレギア・ワルシャワの選手たち

L'Equipe(フランス)30/11/2011

"Brest lorgne en Pologne"
「ブレストがポーランドで選手を物色」

Legia Warsaw gamemaker Miroslav Radovic.jpg

(ミロスラフ・ラドヴィッチ:sport.onet.pl

ブレストのスポーツディレクター、コレンタン・マルティンスは水曜夜、ワルシャワに赴き、ヨーロッパリーグ・グループCの大一番、レギア・ワルシャワ対PSVアイントホーフェンの試合を観戦する。

ブレストの幹部たちは、ダニエル・リュボヤ(今シーズン、リーグ戦で7ゴール)がプレーしているレギア・ワルシャワの複数の若手選手たちに注目している。

マルティンスは、とくにレギアの司令塔であるセルビア代表ミロスラフ・ラドヴィッチ(27歳)を観察する予定である。

エクストラクラサの注目選手の一人であるミロスラフ・ラドヴィッチは、今シーズン、ヨーロッパリーグ4試合に出場し4得点である。

Corentin Martins, le directeur sportif de Brest, sera ce mercredi soir à Varsovie pour assister au choc du groupe C de la Ligue Europa : Legia - PSV Eindhoven. Plusieurs jeunes talents du Legia Varsovie, où évolue Danijel Ljuboja (7 buts cette saison en Championnat), sont dans l'oeil du dirigeant brestois. Martins supervisera tout particulièrement le meneur de jeu du Legia, l'international serbe Miroslav Radovic (27 ans), l'une des pépites du Championnat Polonais, auteur de 4 buts en autant de matches en Ligue Europa cette saison. - O.S.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111130_114238_brest-lorgne-en-pologne.html
posted by フランスフット at 22:56 | TrackBack(0) | ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

レギア・ワルシャワのサポーターたちがハポエル・テルアビブとの試合で反ユダヤ的横断幕を掲げる

SO FOOT(フランス)30/09/2011

"PHOTO : LE "JIHAD LEGIA""
『ジハード・レギア』

Jihad Legia.png

(写真:SO FOOT

レギア・ワルシャワのウルトラスは、ヨーロッパのなかでも最も安心してつきあえる人々というわけではない。

昨夜、レギア・ワルシャワはイスラエルのクラブであるハポエル・テルアビブをホームに迎えた。

観客席での混乱は一切なかったものの、その一方、掲げられた横断幕がUEFAの注意を引いてしまった。数10メートルの長さのこの横断幕には、シンプルながら露骨な言葉が書かれていた。「ジハード・レギア」。



サブリミナル効果的では必ずしもないこのメッセージを、ユダヤ人団体が許さなかったのは当然のことである。よってユダヤ人団体は即座に「極右傾向があることでよく知られているサポーターたちによるこの反ユダヤ的行為」を非難している。

UEFAはレギアに罰金を要求すると見られている。そしてその額は最高100万ユーロに上る可能性がある。

言うまでもないことだが、レギアサポーターたちは、12月15日にイスラエルで予定されているハポエル・テルアビブ対レギア・ワルシャワの試合への立ち入りを禁止されることになる。

Les ultras du Legia Varsovie ne sont pas forcément les plus fréquentables d’Europe.
Hier soir, leur club recevait les Israéliens de l’Hapoel Tel Aviv. Si aucun incident n’a été recensé dans les tribunes, une banderole a en revanche attiré l’attention des grandes instances du football. Sur celle-ci, longue de plusieurs mètres, on pouvait lire un simple mais tout aussi direct ≪ Jihad Legia ≫.
Evidemment, ce message pas vraiment subliminal n’a pas échappé aux organisations juives, qui ont immédiatement dénoncé le ≪ geste antisémite de supporters bien connus pour leur sympathie envers l’extrême droite ≫.
Le Legia risque désormais une amende de l’UEFA pouvant s’élever jusqu’à 1 million d’euro. Nul besoin de préciser, évidemment, que les supporters seront interdits de déplacement pour le match retour, en Israël, le 15 décembre prochain.
EM

http://www.sofoot.com/photo-de-la-semaine-148314.html
posted by フランスフット at 21:26 | TrackBack(0) | ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

ポーランド対ベラルーシの国際親善試合をドイツで開催

L'Equipe(フランス)22/09/2011

"Pologne - Belarus en Allemagne"
「ポーランド対ベラルーシの国際親善試合をドイツで開催」

ユーロ2012でウクライナとともに共同開催国を務めるポーランドだが、10月11日にドイツのヴィースバーデンでベラルーシと国際親善試合を行うことになった。

ユーロ開催国のポーランドはすでにユーロ出場権を手にしている。その一方、ベラルーシはユーロ出場の可能性をすでに失っている。ベラルーシは現在、ユーロ予選グループDの中ではフランス、ボスニア・ヘルツェゴビナに続いて3位である。

ポーランドはその4日前の10月7日にはソウルで韓国と対戦する。

Co-organisatrice de l'Euro 2012 avec l'Ukraine, la Pologne rencontrera le Belarus à Wiesbaden (Allemagne) le 11 octobre en amical. La Pologne, en tant que pays-hôte, a déjà son billet pour l'Euro tandis que le Belarus est assuré de ne pas y participer, étant actuellement classé 3e de son groupe de qualification, derrière la Bosnie et la France. Les Polonais doivent également affronter la Corée du Sud quatre jours auparavant, le 7 octobre à Séoul.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110922_192112_pologne-belarus-en-allemagne.html
posted by フランスフット at 22:56 | TrackBack(0) | ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

ユーロ2012に向けてポーランド警察が特訓

SO FOOT(フランス)20/09/2011

"Euro 2012 : la police s’entraîne"
「ユーロ2012に向けてポーランド警察が特訓」

Polish police prepare for Euro 2012.jpeg

(写真:news-poland.com

ユーロ2012ポーランド・ウクライナ大会開幕まで9ヶ月を切った。

大会をつつがなく運営しようと、ポーランドはセキュリティに全力をつぎ込んでいる。つまり酔っ払ったドイツ人そしてイギリス人を試合前そして試合後に誘導するため、あるいはテロリストの脅威に対応するためである。

よってポーランドのシュチトノに警察の特訓施設が設けられることになった。そこで警察は、ユーロ期間中に深刻な事態が起こった際しっかり対応できるよう、シミュレーションによるトレーニングを積むことができる。

ポーランド版ポリスアカデミーは、2012年2月に開校し同年6月まで運営されると公式文書で発表されている。

その間ポーランド警察盗聴係は何をしているのだろうか?

20 septembre 2011
Plus que neuf mois avant le début de l’Euro 2012 qui se déroulera en Pologne et en Ukraine. Pour que l’accouchement se déroule sans problème, la Pologne a tout misé sur la sécurité, histoire de pouvoir canaliser les Allemands et autres Anglais bourrés avant et après les matchs, ou se préparer à une menace terroriste.
Un centre d’entraînement pour policiers sera donc mis en place dans la ville polonaise de Szczytno, où la force publique pourra effectuer des exercices de simulation pour apprendre à bien réagir en cas de grave crise pendant l’Euro. La Police Academy polonaise ouvrira ses portes au mois de février et restera ouverte jusqu’en juin d’après le communiqué de presse officiel.
Et le plombier polonais dans tout ça, il fait quoi ?
WP

http://www.sofoot.com/euro-2012-la-police-s-entraine-147754-news.html
posted by フランスフット at 19:56 | TrackBack(0) | ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

アウェーで大声援を送るレギア・ワルシャワサポーター

SO FOOT(フランス)16/09/2011

"Les bruyants supporteurs du Legia"
「大声援を送るレギア・ワルシャワサポーター」

Legia Warsaw emblem.png

(画像:uefaclubs.com

メリハリのない試合ではあったが、PSVアイントホーフェンはレギア・ワルシャワを手こずりながらも降した(1−0)。しかし観客席となると、それは全く別の話である。

この試合のために、レギアサポーターたちは大挙してオランダに集結。アウェーサポーター席に陣取り、文字通りホームサポーターたちを打ち負かした。

PSVのオランダ代表フォワード、ケヴィン・ストロートマンは『デ・テレグラフ』で以下のように語っている。

「自分たちのスタジアムなのにこんな試合になるとは思ってもいなかった。ポーランドサポーターたちのチャントしか聞こえなかった。」

ラッキーなことに、レギアはPSGのグループには入っていない。



Au terme d’un match peu brillant, le PSV Eindhoven s’est difficilement imposé face au Legia Varsovie en Europa League (1-0), mais en tribune c’était une toute autre histoire.
Les supporters du Legia, très nombreux en Hollande pour ce match aussi bien dans le parcage que dans les tribunes latérales, ont littéralement violé les locaux. Et c’est Kevin Strootman, l’attaquant international néerlandais du PSV, qui le dit dans De Telegraaf : "Je ne m’attendais pas à un match pareil dans notre stade, je n’ai entendu que les chants des Polonais".
Heureusement que le Legia n’est pas dans la poule du PSG.
AC

http://www.sofoot.com/les-bruyants-supporteurs-du-legia-71-147563-videos.html
posted by フランスフット at 21:53 | TrackBack(0) | ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

バルサがワルシャワにオフィシャルスクールを開設

L'Equipe(フランス)05/09/2011

"Le Barça ouvre une école à Varsovie"
「バルサがワルシャワにオフィシャルスクールを開設」

Barca Egypt.jpg

(エジプトのバルササッカースクール:socceregypt.com

FCバルセロナによる選手育成は世界的な評価を得ているが、ワルシャワの若き才能溢れる選手たちを対象に、サッカースクールを開設することになった。

「このプロジェクトに関してわれわれは1年前から話を進めている。インフラが整備されていること、そしてユーロ2012を見据えて、ポーランドはこのようなスクールを開設するにはいい場所だとバルサは評価してくれた」とワルシャワ市スポーツ担当責任者のヴィエスワフ・ウィルツィンスキは語っている。

「FCバルセロナならびにそのノウハウのおかげで、われわれは最高の選手育成メソッドを手にすることができる。これはポーランドの監督にとっても、フットボールを愛する若い選手たちにとっても素晴らしいことだ」と彼は喜んでいる。

FCバルセロナはペルー、日本、エジプトなど、すでに世界6カ国で若手選手たちの育成にあたっている。ワルシャワのバルサスクールは、スペイン外ではヨーロッパ初となる。

Reconnu dans le monde entier pour sa formation, le FC Barcelone va ouvrir une école de football pour jeunes talents à Varsovie. ≪Nous travaillons sur ce projet depuis un an. Le Barça estime que la Pologne est un bon endroit pour ouvrir une telle école, avec ses infrastructures et la perspective de l'Euro 2012≫, a indiqué Wieslaw Wilczynski, responsable des sports à la mairie de Varsovie. ≪Grâce au FC Barcelone et à son savoir-faire, nous aurons les meilleures méthodes de formation, aussi bien pour nos entraîneurs que pour nos jeunes adeptes du football≫, s'est-il réjoui. Le FC Barcelone forme déjà des jeunes footballeurs dans six pays, dont le Pérou, le Japon et l'Egypte. Son école de Varsovie sera la première du genre en Europe, en dehors de l'Espagne.
(avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110905_142602_le-barca-ouvre-une-ecole-a-varsovie.html
タグ:バルセロナ
posted by フランスフット at 01:07 | TrackBack(0) | ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

ヨーロッパリーグ予選3回戦でのスーパーゴール

SO FOOT(フランス)22/07/2011

"Dudek sans pitié"
「容赦なきドゥデック」



シロンスク・ヴォロツワフはセバスティアン・ドゥデックに感謝するべきである。

ドゥデックのおかげでこのポーランドのクラブはヨーロッパリーグ予選3回戦に進むことができた。ファーストレグではスロンスク・ヴォロツワフがダンディー・ユナイテッド相手にホームで1−0で勝利していた。

そしてセカンドレグが行われたが、このスコットランドのチームはあきらめていなかった。そして3−1でリードしていた。この20メートルの距離からの崇高なシュートが決まるまでは・・・アウェーゴールの力というやつである。

Le Slask peut remercier Sebastian Dudek.

Grâce à lui, le club polonais va au troisième tour de qualifications pour l’Europa League. Au match aller, les gars de Wroclaw s’étaient imposés 1-0 à domicile face à Dundee United.

Mais les Ecossais n’avaient pas dit leur dernier mot, et ont mené 3-1 au retour. Jusqu’à cette sublime frappe des vingt mètres… La puissance du but à l’extérieur.

AF

http://www.sofoot.com/dudek-sans-pitie-70-145327-videos.html
posted by フランスフット at 22:02 | TrackBack(0) | ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。