2011年07月30日

親善試合の先発メンバーをSMSによる投票で決定

L'Equipe(フランス)29/07/2011

"Les titulaires choisis...par SMS"
「先発メンバーはSMSによって決定!」

ワールドカップ南アフリカ大会から1年が経った。

ヨハネスブルクのサッカー・シティ・スタジアムは親善試合の舞台になることが決まっているが、それが少し変わっている。ソウェトに本拠地を置くカイザー・チーフスFCとオーランド・パイレーツFCの2チームが対戦するが、チームの先発メンバーと交替選手が一般の人たちによるSMSを使っての投票によって決まるのである。

投票に参加したければ、ビールを購入する必要がある。なぜならばこの親善試合のスポンサーはビール会社で、投票用のコードを自社商品に貼り付けているからである。

A peine plus d'un an après la finale du Mondial sud-africain, le Soccer City Stadium de Johannesburg va être le théâtre d'un match amical un peu particulier : la composition des équipes (les Kaizer Chiefs et les Orlando Pirates, deux clubs de Soweto) et les changements sont décidés par le public, via un vote par SMS. Pour pouvoir y prendre part, il fallait se procurer...de la bière, puisque ce match amical est sponsorisé par un brasseur qui a placé des codes sur ces produits.
Avec AFP

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110729_195534_les-titulaires-choisis-par-sms.html
posted by フランスフット at 06:19 | TrackBack(0) | 南アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

モシマネがパレイラの後任南アフリカ代表監督に

L'Equipe(フランス)15/07/2010

"Mosimane remplace Parreira"
「モシマネがパレイラの代わりに監督に」

ワールドカップが終了して一週間もたたないうちに南アフリカの幹部たちは、ブラジル人監督のカルロス・アルベルト・パレイラの後継者を見つけ出した。

ピツォ・モシマネ(モシマネが南アフリカのクラブであるスーパースポート・ユナイテッドの監督だった2007年に、同国リーグのプレミアサッカーリーグでクラブ史上初優勝を飾っている。なお2006−2007年は代表アシスタントコーチとクラブ監督を掛け持ちしていた)はバファナバファナとの4年契約にサインした。

アシスタントコーチとして4年間代表チーム内で過ごしたモシマネにとって、ガボンそして赤道ギニア共催のアフリカネイションズカップ2012の出場権を得ることならびにワールドカップ2014ブラジル大会の出場権を得ることが最大の任務となる。

Moins d'une semaine après la fin de la Coupe du monde, les dirigeants sud-africains n'ont pas traîné pour trouver un successeur au sélectionneur brésilien, Carlos Alberto Parreira. Pitso Mosimane a en effet paraphé un contrat de quatre ans avec les Bafana Bafana. Après quatre ans passés au sein de la sélection en tant qu'assistant, Mosimane aura pour principale mission de qualifier l'Afrique du Sud pour la CAN 2012, organisée au Gabon et en Guinée Équatoriale, ainsi que pour le prochain Mondial au Brésil en 2014.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100715_173544_mosimane-remplace-parreira.html
posted by フランスフット at 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

南アフリカ代表監督パレイラ、ブラジルに帰国することを望む

L'Equipe(フランス)08/07/2010

"Parreira veut rentrer au Brésil"
「パレイラ、ブラジルでゆっくりしたいとのこと」

7月末で契約が切れる南アフリカ代表監督のカルロス・アルベルト・パレイラは、ブラジルに戻って「ゆっくりしたい。その後のことはそのときわかるさ」という心持ちであると述べた。

バファナ・バファナをベスト16に進出させることはできなかったこのブラジル人監督は、未来の話になるとまったくわからないという。

「年末まで家族や友だちたちと休暇をとりたい。その後のことはそのとき考える」とパレイラは語っている。

「われわれは希望した結果を手にできなかったが、いいイメージを残すことができた。アフリカ大陸でもサッカーは発展していくだろう。またアフリカでワールドカップが行われることを私は期待する。」

Alors que son contrat expire fin juillet, le sélectionneur de l'Afrique du Sud Carlos Alberto Parreira a émis le souhait de retourner au Brésil pour «se reposer et après on verra.» Le technicien brésilien, qui n'a pas su qualifier les Bafana Bafana pour les huitièmes de finale, reste très incertain quand on lui parle de son avenir. «J'aimerais me reposer jusqu'à fin de l'année, profiter de la famille et des amis, et après on verra, a affirmé Parreira. Nous n'avons pas obtenu le résultat souhaité, mais avons laissé une bonne image. Le football va se développer sur le continent et j'espère qu'il y aura une autre Coupe du monde en Afrique.» (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100708_143611_parreira-veut-rentrer-au-bresil.html
posted by フランスフット at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。