2012年11月28日

チャンピオンズリーグ1試合の出場停止処分を受けたルイス・アドリアーノ

L'Equipe(フランス)27/11/2012

"Luiz Adriano suspendu"
「チャンピオンズリーグ1試合の出場停止処分を受けたルイス・アドリアーノ」

ルイス・アドリアーノは来週に予定されているチャンピオンズリーグ・グループリーグ最終節のユヴェントス戦を欠場する。

火曜UEFAの規律委員会は、11月20日に行われたノアシェランとの試合中にフェアプレーの精神を欠いていたこのシャフタル・ドネツクのフォワードに対し、1試合の出場停止処分を下した。

このブラジル人は、自分のチームがフェアプレー精神に則って相手チームに返したボールを得点していた。相手チームの選手は傷んでいた。

このフォワードの選手は、ノアシェランのゴールキーパーに返されようとしていたボールをインターセプトし、1−1の同点ゴールを決めた。

またルイス・アドリアーノは、サッカー共同体のために一日奉仕活動をすることを命じられた。

Luiz Adriano ne jouera pas le dernier match de poule contre la Juventus la semaine prochaine en Ligue des champions. L'attaquant du Chakhtior Donetsk a été suspendu mardi un match par l'instance de discipline de l'UEFA pour son manque de fair-play contre Nordsjælland le 20 novembre en C1. Le Brésilien avait inscrit un but à l'issue d'une remise en jeu effectuée par son équipe et qui, selon les us du fair-play, était destinée à l'équipe adverse dont un joueur avait été blessé. L'attaquant avait intercepté le ballon à destination du gardien danois et ainsi égalisé à 1-1. Il a également été demandé à Luiz Adriano de consacrer une journée au service de la communauté footballistique.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Luiz-adriano-suspendu/329931
posted by フランスフット at 11:42 | TrackBack(0) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

フェアプレーの精神を侮辱したルイス・アドリアーノ

SO FOOT(フランス)21/11/2012

"ADRIANO EMMERDE LE FAIR-PLAY"
「フェアプレーの精神を侮辱したルイス・アドリアーノ」



シャフタール・ドネツクはチャンピオンズリーグのFCノアシェラン戦で2−5の勝利を収めた。しかしこのウクライナのチームはフェアプレーの精神を著しく欠いており、このスコアは汚されてしまった。

前半23分にホームのノアシェランは先制点を決めた。その2分後、センターライン付近でノアシェランの選手が相手選手からひじ打ちを受けたため、審判はプレーを止めた。このような場合の慣例に従って、シャフタルは相手ゴールキーパーの方にボールを返した。しかしルイス・アドリアーノにはそのつもりはなく、びっくりした様子のゴールキーパーを前にゴールを決めてしまった。

フランス人主審のアントニー・ゴーチエは得点を認めるしかなかった。

この得点の直後、ノアシェランの選手たちは、シャフタルの選手たちは得点を許すことでこの「不正義」の埋め合わせをしてくれるだろうと思っていた。しかしそんなことはなかった。

しかしその後の攻撃でノアシェランは勝ち越し点を奪うことに成功した。その後4失点した。

Alors que le Chakhtior Donetsk s'est imposé 5-2 sur la pelouse des Danois de Nordsjälland en Ligue des Champions. Un score entaché d'un très vilain manque de fair-play de la part des Ukrainiens.

Deux minutes après l'ouverture du score de Nordstrand à la 23ème pour les locaux, l'arbitre arrêtait le jeu suite à un coup reçu par ce même Nordstrand au centre du terrain. Comme il est de coutume dans ce genre de cas, le Chakhtior remet le ballon en jeu en le balançant en direction du gardien adverse pour lui rendre le ballon. Mais Luiz Adriano ne l'a pas entendu de cette oreille et s'est emparé du cuir pour égaliser face à un portier incrédule.

L'arbitre français, Anthony Gautier, ne peut que valider le but.

A la suite du but inscrit de manière assez scandaleuse par Luiz Adriano qui s'emparait du ballon destiné à être rendu aux Danois, les joueurs scandinaves pensaient que leurs adversaires les laisseraient égaliser pour réparer "l'injustice". Que nenni.

Mais sur l'attaque suivante, Nordsjälland et Lorentzen parvenaient finalement à reprendre à l'avantage. Avant d'encaisser quatre buts.
Me

http://www.sofoot.com/adriano-emmerde-le-fair-play-151837-videos.html
posted by フランスフット at 10:52 | TrackBack(0) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

ディナモ・キエフがユーリー・ショミン監督を解任

L'Equipe(フランス)24/09/2012

"Le coach du Dynamo Kiev remercié"
「ディナモ・キエフがユーリー・ショミン監督を解任」

ユーリー・ショミンはもはやディナモ・キエフの監督ではない。

このロシア人監督は月曜、解任された。ウクライナカップのベスト32でライバルのシャフタル・ドネツク相手に敗れた(4−1)翌日のことだった。

三つの大きな敗戦を喫し、惨憺たる出来だった9月のツケを彼は支払わされたことになる。最初の敗戦はリーグ戦でのシャフタルとの試合(3−1)、パリ・サンジェルマン相手に大敗(4−1)、そして今回またしてもシャフタルに負けてしまった。

ショミンは2010年12月からディナモ・キエフを率いていた。後任監督は近日発表される。

Youri Semine n'est plus l'entraîneur du Dynamo Kiev. Le technicien russe a été limogé ce lundi, au lendemain de la défaite de son équipe en 16e de finale de la Coupe d'Ukraine face au rival, le Shakhtar Donetsk (1-4). Il paye un mois de septembre calamiteux, ponctué de trois lourdes défaites : une première déconvenue déjà face au Shakhtar en Championnat (1-3), le revers en Ligue des champions sur le terrain du PSG (1-4), et donc cette nouvelle défaite face au Shakhtar. Semine était en poste depuis décembre 2010. Son successeur sera prochainement nommé.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Le-coach-du-dynamo-kiev-remercie/315286
posted by フランスフット at 10:53 | TrackBack(0) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

アンドリー・シェフチェンコ「10歳若返った!」

L'Equipe(フランス)12/06/2012

"Chevtchenko : ≪10 ans plus jeune !≫"
「アンドリー・シェフチェンコ『10歳若返った!』」

アンドリー・シェフチェンコ(2得点のウクライナ代表キャプテン・フォワード)

「夢を選べるとしたら、この日のような夢を見たいものだ。素晴らしい日だった。今日は自分が10歳若返ったように感じられる。一年半前から自分と一緒にがんばってくれた全ての人に感謝したい。ひざと背中に本当に多くの問題を抱えていた。今日自分の調子がいいのは彼らのおかげだ。

ウクライナ代表にとっては大きな一日になった。しかしまだ二試合に向けて準備しなければならない。もちろんうれしいが、非常に厳しい二試合が待っていることは分かっている。

自分はフォワードだから、スペースを探している。最初のゴールのときにはヤルモレンコから素晴らしいパスがきた。二得点目は練習してきたコンビネーションだ。」

Andrei Chevtchenko (attaquant et capitaine de l'Ukraine, auteur d'un doublé) :≪Si je peux choisir mes rêves, je veux rêver d'une journée comme celle-là. C'est une journée fantastique. Je me sens dix ans plus jeune aujourd'hui. Je veux remercier tous ceux qui ont travaillé avec moi depuis un an et demi. J'ai eu tellement de problèmes au genou et au dos. Aujourd'hui, je suis en forme, merci à eux. C'est un grand jour pour l'Ukraine, mais on a encore deux matches à préparer. On est heureux bien sûr mais on sait qu'on a encore deux matches très durs. Je suis un attaquant, je cherche l'espace. Sur le premier, j'ai une super passe de Yarmolenko. Le deuxième, c'est une combinaison travaillée (sur corner, ndlr).≫ (AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Chevtchenko-10-ans-plus-jeune/290681
posted by フランスフット at 13:16 | TrackBack(0) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

アンドリー・シェフチェンコ「プレーする準備はできている」

L'Equipe(フランス)07/06/2012

"Chevtchenko ≪apte à jouer≫"
「シェフチェンコ『プレーする準備はできている』」

背中など度重なる故障のため、今シーズン、ディナモ・キエフで多くの試合を欠場し、ユーロ2012出場が長い間危ぶまれていたアンドレイ・シェフチェンコだが木曜の練習後、ユーロ開幕に向けて準備が整っていると語った。

「問題は自分が先発出場したいかということではなく、プレーする準備ができているかということだ」とこのウクライナ人フォワード(35歳)は語っている。

「そして自分は準備ができている。」

ポーランドとユーロを共同開催しているグループD・ウクライナの初戦は、月曜のスウェーデン戦である。

Longtemps incertain pour la compétition en raison de blessures récurrentes, notamment au dos, qui l'ont privé cette saison de nombreux matches avec le Dynamo Kiev, Andreï Chevtchenko s'est dit prêt à commencer l'Euro, jeudi à l'issue de l'entraînement. ≪La question n'est pas de savoir si je souhaite débuter le match mais de savoir si je suis apte à jouer, a déclaré l'attaquant ukrainien (35 ans). Et je le suis≫. Pays co-organisateur de la compétition avec la Pologne, l'Ukraine entamera son tournoi lundi face à Suède, dans le groupe D. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Chevtchenko-apte-a-jouer/289684
posted by フランスフット at 17:14 | TrackBack(1) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

UEFAに感謝するウクライナ

L'Equipe(フランス)02/12/2011

"L'Ukraine remercie l'UEFA"
「UEFAに感謝するウクライナ」

EURO 2012 at Kiev.jpg

(写真:rtl.fr

ポーランドとともにユーロ2012の共同開催国を務めるウクライナだが、開催国としての資格を剥奪される寸前だったと金曜、ウクライナサッカー連盟会長のグリゴリー・スルキスがユーロ2012グループリーグ組み合わせ抽選会の前に明らかにした。

「UEFAが我慢してくれていなかったら、今日この場所でわれわれが顔をあわせて座っていることはなかったと率直に言おう」とスルキスは強調している。

「UEFAはその経験とプロフェッショナリズムをわれわれに分け与えてくれた。前に進めるようにと、UEFAは条件を設定してくれた。」

ウクライナは経済的問題そして政治的問題の渦中で身動きが取れなくなっていた。そして今から一年半前、ウクライナは「(ユーロ開催の)危機に瀕していた」とスルキスは振り返っている。

ウクライナが大会運営続行の条件を全て満たしたのは、ミシェル・プラティニ訪問後の今年9月のことだった。

Pays hôte de l'Euro 2012 avec la Pologne, l'Ukraine a bien failli se faire retirer le droit d'organiser l'épreuve, a révélé vendredi le président de la Fédération ukrainienne Hrigory Surkis en marge du tirage au sort de la phase de poulesqui se tiendra dans la soirée. ≪Sans la patience de l'UEFA, je peux vous dire franchement que nous ne serions pas assis ensemble dans la même pièce aujourd'hui, a-t-il souligné. Ils ont partagé avec nous leur expérience et leur professionnalisme. Ils ont créé les conditions pour que l'on puisse aller de l'avant≫. Empêtrée dans des problèmes économiques et politiques, l'Ukraine était encore ≪au bord du précipice≫ il y a tout juste un an et demi, a-t-il rappelé. Ce n'est qu'en septembre dernier, après une visite de Michel Platini, qu'elle a pu fournir toutes les assurances à la bonne tenue du tournoi.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111202_170640_l-ukraine-remercie-l-uefa.html
posted by フランスフット at 00:44 | TrackBack(0) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

ユーロ2012グループリーグ組み合わせ抽選会を前に『フィーメン』が売春なきユーロを訴える

L'Equipe(フランス)02/12/2011

"Manifestation du FEMEN à Kiev"
「フィーメンがキエフで抗議活動」

Femen calls for Euro without prostitution.jpg

(写真:sofoot.com

ユーロ2012・グループリーグ組み合わせ抽選会の数時間前のこと。乳房を露出させながら抗議行動をすることを特徴としているウクライナの活動団体「フィーメン」が金曜、キエフ・オリンピスキ・スタジアムの前で、「売春なき」ユーロを訴えた。

カメラマンの群れの前で抗議活動を始めてから数分後、フィーメンメンバーたちは治安部隊に逮捕された。

FEMEN says fucking euro 2012.jpg

(写真:nouvelobs.com

A quelques heures du tirage au sort de l'Euro 2012, des militantes ukrainiennes de l'association FEMEN, qui se caractérisent en protestant les seins nus, ont manifesté vendredi pour un Euro ≪sans prostitution≫ devant le stade Olympique de Kiev. Après quelques minutes de protestation devant une meute de photographes, elles ont été appréhendées par les forces de l'ordre.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111202_164355_manifestation-du-femen-a-kiev.html
posted by フランスフット at 03:35 | TrackBack(0) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

世界一頭の悪い退場劇

SO FOOT(フランス)02/11/2011

"L’EXPULSION LA PLUS STUPIDE DU MONDE"
「世界一頭の悪い退場劇」



ウクライナリーグ1部のFCドニプロ・ドニプロペトロウシクに所属するサミュエル・インコームが、今日にいたるまで、最も異様な退場処分を受けた。

FCドニプロ・ドニプロペトロウシクはアウェーでFCカルパティ・リヴィウと対戦。しかし試合が始まってから60分後に選手を一人失うことになる。

交代を告げられたインコームは、ピッチを離れなければならなかった。しかしウクライナはうだるような暑さだったことから、このガーナ人選手はユニフォームを脱いでしまった。

すでにインコームはイエローカードを1枚受けていた。主審はインコームがピッチを出る前に呼び止め、新たにイエローカードを提示。このドニプロの選手は退場処分を受け、ロッカールームに直行することになったのである。

見事なほどのアホである。

02/11/2011
Samuel Inkoom, joueur du Dnipro en première division ukrainienne, a été victime de l’une des expulsions les plus insolites à ce jour. Son équipe reçoit la Karpaty Lviv et perd à l’heure de jeu. Inkoom doit sortir, remplacé par un de ses coéquipiers. Mais comme en Ukraine la chaleur est étouffante, le Ghanéen enlève son maillot. Déjà sanctionné d’un carton jaune auparavant, l’arbitre l’arrête avant qu’il ne sorte du terrain, brandit à nouveau la biscotte, et le renvoie du Dnipro au vestiaire.

Un joli coup de pute.

WP

http://www.sofoot.com/l-expulsion-la-plus-stupide-du-monde-148783-videos.html
posted by フランスフット at 07:22 | TrackBack(0) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

ユーロ2012に向けてキエフに新スタジアムが完成

L'Equipe(フランス)08/10/2011

"Le nouveau stade de Kiev est prêt"
「キエフに新スタジアムが完成」

Kyiv Olympic Stadium.jpg

(写真:uefa.com

土曜、6万人の観客を前に、キエフ・オリンピスキ・スタジアム完成セレモニーが行われた。式典に際し、ウクライナ大統領のヴィクトル・ヤヌコーヴィチがスピーチをしている。

またコロンビア人歌手のシャキーラが・・・40分間にわたって歌声を披露している。

Shakira at Kiev Olympic Stadium.jpg

(写真:lexpress.fr

要するにこのスペクタクルは、新スタジアムに寄せられていた期待に見合ったものだったということである。新スタジアム建設には5億8500万ユーロがつぎ込まれた。ユーロ2012開催に向けて、まず古いスタジアムが取り壊され、それから現代風のスタジアムに再び作り変えられた。

もともと新スタジアムは2011年6月完成予定だった。しかし工事はなかなか始まらず、完成が遅れる原因になった。そしてUEFA会長のミシェル・プラティニが心配する場面もあった。

「キエフにスタジアムがないのなら、ウクライナでユーロが開催されることはない」と2010年4月にプラティニは警告を下していた。

ユーロ2012は予定どおりウクライナでも開催されることがこれで決定した。

Le stade olympique de Kiev a été inauguré samedi en présence de 60 000 spectacteurs, et du président Viktor Ianoukovitch, qui a prononcé un discours pour l'événement. La chanteuse colombienne Shakira a aussi donné la voix pendant... quarante minutes. Bref, le spectacle a été à la hauteur de l'attente suscitée par cette nouvelle enceinte, qui a coûté la somme de 585 millions d'euros, démolie dans un premier temps, puis reconstruite et modernisée dans la foulée pour accueillir l'Euro 2012.

Celle-ci devait initialement être prête pour juin 2011 mais les travaux ont peiné à commencer, ce qui a occasionné beaucoup de retard. Le président de l'UEFA, Michel Platini, s'en était même inquiété à un moment donné. ≪S'il n'y a pas de stade à Kiev, il n'y a pas d'Euro en Ukraine≫, avait-il averti en avril 2010. Il être désormais rassuré, la compétition pourra avoir lieu comme prévu. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111008_210833_le-nouveau-stade-de-kiev-est-pret.html
posted by フランスフット at 03:45 | TrackBack(0) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

ユーロ2012開催中の売春行為増加に反対する『フィーメン』メンバー

SO FOOT(フランス)19/09/2011

"PHOTO : PAS DE PROSTITUTION À L’EURO"
「ユーロ2012開催中の売春行為増加に反対する『フィーメン』メンバー」

Femen members protest against the augmentation of prostitutions during Euro 2012.png

(写真:SO FOOT

矛盾だらけの広告とはこのことである。

女性抗議団体『フィーメン』のメンバーである二人の魅力的なお嬢さん、ブリャデクさんとビヤドコさんが先週末、ポーランドとウクライナで開催されるユーロ2012にあわせて売春行為が増加することに反対の姿勢を示した。少なくとも言えることは、このお友だち二人はそれを体で示したということである。

しかし最高の反対の仕方ではないのは言うまでもない。

C’est ce qu’on appelle une publicité contradictoire.
Blyadek et Biyadko, deux charmantes demoiselles membres du mouvement féminin ≪ Femen ≫ ont profité de leur week-end pour protester contre la probable augmentation de la prostitution lors de l’Euro 2012 en Pologne et en Ukraine. Et le moins que l’on puisse dire, c’est que les deux copines y ont mis les formes.
Définitivement pas le meilleur moyen de protester…
SB

http://www.sofoot.com/photo-de-la-semaine-147696.html
posted by フランスフット at 01:06 | TrackBack(0) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。