2011年09月26日

ヒールキックPKで有名になったUAE代表テヤブ・アワナが交通事故で死亡

L'Equipe(フランス)26/09/2011

"Décès du tireur de penalty du talon"
「ヒールキックPKで有名になったUAE代表テヤブ・アワナが交通事故で死亡」

Awana-Diab UAE national player killed in car accident.jpg

(写真:pariezfootball.fr

7月に行われたレバノンとの国際親善試合で、ヒールでPKを蹴ったことで有名になったUAEアラブ首長国連邦代表フォワードのテヤブ・アワナが日曜、交通事故により死亡した。享年21歳。

アブダビ近郊でアワナの自動車はトラックと衝突し、彼は死亡しているところを発見された。

アワナはヒールキックPKにより当時イエローカードを受けたが、ゴールとしては認められた。このPKはインターネット上で数百万回視聴されている。



Devenu célèbre pour avoir tiré un penalty du talon contre le Liban en juillet dernier, Dhiab Awana, l'attaquant de l'équipe des Emirats Arabes Unis, est décédé dimanche dans un accident de la route. Agé de 21 ans, il a trouvé la mort dans la collision de sa voiture avec un camion près d'Abou Dhabi. Son penalty, qui lui avait à l'époque valu un carton jaune mais avait été validé, a été vu par plusieurs millions d'internautres sur Internet.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110926_144949_deces-du-tireur-de-penalty-du-talon.html
posted by フランスフット at 22:04 | TrackBack(0) | UAEアラブ首長国連邦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

UAEアラブ首長国連邦代表監督が解任

L'Equipe(フランス)06/09/2011

"Le sélectionneur limogé"
「UAEアラブ首長国連邦代表監督が解任」

Katanec sacked after Lebanon defeat.jpg

(写真:sport360.com

UAEアラブ首長国連邦代表のスロバキア人監督、スレチコ・カタネツが火曜、UAEサッカー連盟により解任された。ワールドカップアジア地区予選での成績不振が理由である。

火曜、UAEが(アウェーで)レバノンに敗れたことを受け(3−1)解任が発表された。先週金曜、UAEは(ホームで)クウェートにも敗れていた(2−3)。

Le sélectionneur national des Emirats arabes unis, le Slovaque Srecko Katanec, a été limogé mardi par sa fédération pour mauvais résultats lors des éliminatoires asiatiques de la Coupe du monde. Une décision qui fait suite à la défaite mardi de l'équipe nationale des Emirats (1-3) face au Liban, la deuxième après celle concédée vendredi au Koweït (2-3).

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110906_203654_le-selectionneur-limoge.html
posted by フランスフット at 23:42 | TrackBack(0) | UAEアラブ首長国連邦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

ダヴィド・トレゼゲがアラブ首長国連邦のクラブに移籍(公式情報)

L'Equipe(フランス)30/08/2011

"Trezeguet à Abu Dhabi (Off.)"
「ダヴィド・トレゼゲがアラブ首長国連邦のクラブに移籍」(公式情報)

David Trezeguet signs with Bani Yas.jpg

(写真:baniyasclub.ae

エルクレス・アリカンテとの契約が切れて以来無所属だったダヴィド・トレゼゲだが、昨シーズンUAEリーグ2位のバンニ・ヤスに加入した。

この33歳の元フランス代表選手は月曜メディカルチェックをパスした。

以前モナコ、ユヴェントスでプレーしていたトレゼゲは1年契約にサインした。UAEの新聞が伝えるところによると、年俸170万ユーロに加えボーナスや好待遇がついてくるという。

「UAEでプレーできてうれしい。バンニ・ヤスからのものも含む、自分のところに来たオファーすべてを検討した。そしてUAEリーグやバンニ・ヤスのことについて調べた。その結果、見通しは明るかった」とトレゼゲは言う。

「このクラブには複数の代表選手が所属している。そしてチームが進歩し、タイトル獲得を目指すという意思がクラブ幹部にある。」

Sans club depuis la fin de son bail avec Alicante, David Trezeguet rejoint le deuxième du dernier Championnat des Emirats, Bani Yas. L'ancien attaquant international français, 33 ans, a passé une visite médicale ce lundi. L'ancien joueur de Monaco ou de la Juventus a signé pour un an et touchera 1,7 million d'euros, plus des primes et des avantages selon la presse locale. ≪Je suis heureux de jouer aux Emirats. J'ai étudié toutes les offres qui m'avaient été faites, y compris celle de Bani Yas. J'ai essayé d'en savoir plus sur le championnat émirati et Bani Yas. Le résultat était encourageant, a déclaré Trezeguet. Ce club compte plusieurs joueurs internationaux et ses dirigeants ont la volonté de progresser et de jouer pour les titres.≫ (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110830_155150_trezeguet-a-abu-dhabi-off.html
posted by フランスフット at 12:44 | TrackBack(0) | UAEアラブ首長国連邦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

一触即発の状態にあるUAEアラブ首長国連邦代表チーム

SO FOOT(フランス)23/08/2011

"Les Émirats Arabes Unis sur les nerfs"
「一触即発の状態にあるUAEアラブ首長国連邦代表チーム」

Srecko Katanec.jpg

(スレチコ・カタネツUAE代表監督:gulfnews.com

UAEアラブ首長国連邦のリーグでは、最近二人のオーストラリア代表選手がプレーすることが決まった。マーク・ブレッシアーノ(アル・ナスルSC)とルーカス・ニール(アル・ジャジーラ・クラブ)の二人である。

Lucas Neill joins Al Jazira Club in UAE.jpg

(写真:gulfnews.com

しかしUAE代表チーム内では不安が高まっている。同国代表チームは、ワールドカップ2014ブラジル大会アジア地区3次予選でのクウェートとの対戦を、9月2日に控えている(UAEが入っているグループBにはレバノン、韓国がいる)。

AFCのサイトを見ても、UAEの代表選手たちとスロベニア人のスレチコ・カタネッツの間に亀裂が入っていることは明らかである。AFCのサイトは、UAE代表チームのロッカールームは完全になげやり状態になっているという噂を否定している。しかしUAEのテクニカルディレクター、オバイド・ムバラクは事態を非常に憂慮し、新聞で発言するに至った。

『ガルフニュース』は一部選手の完全に不満に満ちた態度を伝えている。つまり監督のメソッドは度が過ぎていると選手たちは非難しているのだ。それに対し、ムバラクは以下のように応じている。

「カタネッツ監督はすでにUAE代表チームのコントロールを失っているという噂が流れているが、それは間違っている。仮に(選手と監督のあいだが)緊張状態にあったとしたら、確実にインド相手に負けていただろう。」

一方、カタネッツ監督は「フットボールのことしか気にかけていない。それ以外のことはどうでもいい」と宣言している。

それでも地元新聞は、一部選手たちはオーストリアキャンプ中、人工芝でプレーすることを嫌がったと伝えている。それに対するムバラクの回答は以下の通り。

「この人工芝のピッチがオリンピック・リヨンのスター選手たちにとって非常にいいものだったなら、UAE代表選手たちにとっても非常にいいものであると感じるべきだ。ヨーロッパ人はバカではない。」

23 août 2011
Le championnat des Émirats Arabes Unis vient de signer deux internationaux australiens - Mark Bresciano (Al Nasr) et Lucas Neill (Al Jazira) - mais l’inquiétude est vive autour de la sélection nationale, avant le match contre le Koweït, le 2 septembre prochain pour le compte des éliminatoires de la Coupe du Monde 2014 (les EAU sont dans le groupe B avec le Liban et la Corée du Sud, ndlr).
Sur le site de l’Asian Football Confederation, il n’y a pas doutes, le divorce entre les joueurs et le coach slovène, Srecko Katanec, est consommé. Les officiels ont démenti les rumeurs concernant un abandon total du vestiaire mais le directeur technique national, Obaid Moubarak, est assez inquiet pour avoir à intervenir dans la presse.

Quand Gulf News décrit le comportement carrément plaintif de certains joueurs qui accusent leur sélectionneur d’avoir des méthodes abusives, lui répond : "Les rumeurs qui disent que Katanec a perdu la maîtrise de l’équipe sont fausses. S’il y a avait des tensions, on aurait très certainement perdu contre l’Inde(3-0 le 23 juillet dernier au stade Tahnoun bin Mohammed Stadium d’Al Ain puis 2-2 à New Delhi la semaine suivante, ndlr)".
Le sélectionneur jure quant à lui qu’il ne se soucie "que du football, le reste, je m’en fous." Mais les journaux locaux persistent et signent : certains joueurs n’auraient par exemple pas apprécié de jouer sur un terrain synthétique pendant la préparation en Autriche. Réponse de Moubarak : "Si la surface solide était assez bonne pour les stars de l’Olympique Lyonnais, elle devrait l’être aussi pour les joueurs des EAU. Les Européens ne sont pas stupides."
AlF

http://www.sofoot.com/les-mirats-arabes-unis-sur-les-nerfs-146678-news.html
posted by フランスフット at 19:26 | TrackBack(0) | UAEアラブ首長国連邦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

ファビオ・カンナヴァーロが引退

L'Equipe(フランス)09/07/2011

"Cannavaro, clap de fin"
「ファビオ・カンナヴァーロが引退」

Fabio Cannavaro France Football Ballon d'Or 2006.jpg

(写真:gazzetta.it

土曜、ファビオ・カンナヴァーロが引退を発表した。イタリア代表キャプテンとして出場し優勝を飾ったワールドカップ2006からちょうど5年目のことだった。

37歳のセンターバックはアル・アハリ・ドバイ(UAE)でプレーしていた。しかし身体的な限界から、この決断を下さずにはいられなかった。

Fabio Cannavaro celebrates World Cup win 2006.jpg

(写真:gazzetta.it

「20年に渡ってフットボールが自分の人生の一部だった自分にとって、悲しい日になりました。しかしもうフットボールをすることはできません」とカンナヴァーロは明らかにしている。

「先週末イタリアで検査を受け、プレーから身を引くという決断を下しました。医者たちの考えは明らかでした。もう自分はプレーできないと。」

フランスフットボール・バロンドール2006のファビオ・カンナヴァーロはナポリ、パルマ、インテル、ユヴェントス、レアル・マドリードのユニフォームを着た。1年前からはアル・アハリ・ドバイでプレーし16試合に出場。2得点を決めている。

Fabio Cannavaro in Parma.jpg

(写真:gazzetta.it

カンナヴァーロはアル・アハリ・ドバイと技術顧問ならびに親善大使としての3年契約を結んだため、ドバイに残ることになる。

Fabio Cannavaro a annoncé samedi qu'il mettait un terme à sa carrière, cinq ans jour pour jour après la victoire de l'Italie au Mondial 2006 dont il était capitaine. A 37 ans, le défenseur central, qui jouait à Al-Ahli Dubaï (Emirat Arabe Uni), a été contraint de prendre cette décision car son corps lui a dit stop. ≪C'est un triste jour pour moi, étant donné que le football fait partie de ma vie depuis 20 ans, mais je ne peux plus le pratiquer, a-t-il déclaré. J'ai décidé d'arrêter de jouer, après avoir passé des examens en Italie le week-end dernier. Les docteurs ont été clairs : je ne peux plus jouer.≫

Au cours de sa carrière, le Ballon d'Or France Football 2006 a porté les couleurs de Naples, Parme, l'Inter, la Juventus et le Real Madrid. Il évoluait depuis un an à Al Ahli, équipe pour laquelle il a joué à 16 reprises, pour deux buts marqués. Il va rester au club, puisqu'il a signé un contrat de trois ans pour occuper un poste de conseiller technique et d'ambassadeur.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110709_133254_cannavaro-clap-de-fin.html
posted by フランスフット at 23:24 | TrackBack(0) | UAEアラブ首長国連邦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

ヴォルフスブルクのグラフィッチがアル・アハリ・ドバイと2年契約を結ぶ

L'Equipe(フランス)18/06/2011

"Grafite, deux ans à Dubaï"
「グラフィッチがアル・アハリ・ドバイと2年契約を結ぶ」

グラフィッチがヴォルフスブルクを退団した。

以前ルマンでもプレーしていたこのフォワードの選手はアル・アハリ・ドバイと2年契約を結んだ。

ワールドカップ2010にブラジル代表として参加したこの元サンパウロの選手は、これからはファビオ・カンナヴァーロとともにプレーすることになる。

32歳のグラフィッチは年俸300万ユーロを受け取る。

Grafite quitte bel et bien Wolfsburg. L'ancien attaquant du Mans rejoint Al Ahly Dubaï pour deux ans. Présent au Mondial 2010 avec le Brésil, l'ex-joueur de Sao Paulo évoluera donc désormais avec Fabio Cannavaro. Âgé de 32 ans, il touchera 3 millions d'euros annuels.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110618_230713_grafite-deux-ans-a-dubai.html
posted by フランスフット at 22:27 | TrackBack(0) | UAEアラブ首長国連邦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

マラドーナがディエゴ・フォルランをアル・ワスルFCに欲しがる

L'Equipe(フランス)24/05/2011

"Maradona veut Forlan à Al-Wasl"
「マラドーナがフォルランをアル・ワスルFCに欲しがる」

セルヒオ・アグエロはアトレティコ・マドリードに、自分を手放すよう迫っている。

その一方、アトレティコ・マドリードのもう一人のフォワード、ディエゴ・フォルランもクラブを退団する可能性がある。

このウルグアイ代表選手(32歳。アトレティコ・マドリードとは2013年まで契約)はアル・ワスルFC(UAEアラブ首長国連邦)の次期監督であるディエゴ・マラドーナから狙われている。

今シーズン、リーガエスパニョーラで32試合に出場し8得点のフォルランは火曜、ドバイで交渉の席に着く予定である。

Alors que Sergio Agüero presse l'Atletico Madrid de le laisser partir, son complice attaquant chez les Matelassiers Diego Forlan pourrait lui aussi quitter le club. L'international uruguayen (32 ans, sous contrat jusqu'en 2013) est ciblé par Diego Maradona, le futur entraîneur d'Al-Wasl (Emirats Arabes Unis). Le joueur, qui a inscrit 8 buts en 32 apparitions en Liga cette saison, est attendu ce mardi à Dubaï pour entamer des négociations.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110524_111026_maradona-veut-forlan-a-al-wasl.html
posted by フランスフット at 21:12 | TrackBack(0) | UAEアラブ首長国連邦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

マラドーナがUAEアラブ首長国連邦のアル・ワスルFC監督に就任

L'Equipe(フランス)16/05/2011

"Maradona entraîneur d'Al-Wasl"
「マラドーナがアル・ワスルFC監督に就任」

ドバイに本拠地を置くアル・ワスルFCが、来シーズンの監督としてアルゼンチン人のディエゴ・マラドーナを迎えることになった。

「われわれはマラドーナと合意に至った。後ほど文書により発表する」とクラブ副会長のベン・バヤットが発表した。

土曜、マラドーナはドバイに数時間滞在し、アル・ワスルの選手たちならびにクラブ幹部たちと面会していた。その際マラドーナは、アル・ワスルを率いる意向を表明していた。

Le club Al-Wasl de Dubaï est parvenu à un accord avec l'Argentin Diego Maradona pour l'engager comme entraîneur pour la prochaine saison. ≪Nous sommes parvenus à un accord avec Maradona et un communiqué sera publié ultérieurement≫, a déclaré M. Ben Bayatt le vice-président du club. Maradona avait effectué samedi une visite de quelques heures à Dubaï où il a rencontré les joueurs et les dirigeants d'Al-Wasl. Il a alors fait part de sa disposition à entraîner ce club. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110516_121406_maradona-entraineur-d-al-wasl.html
posted by フランスフット at 20:14 | TrackBack(0) | UAEアラブ首長国連邦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

マンチェスターシティのオーナー、シェイク・マンスールのプロフィールの紹介

Menchester Evening News(イングランド)22/09/2008

〔2008年9月22日付Menchester Evening Newsよりシェイク・マンスールのプロフィールの紹介〕

Sheikh-Mansur-bin-Zayed-001.jpg
(シェイク・マンスールの写真:guardian.co.uk

マンチェスターシティには、新オーナーとして(注:この記事は2008年9月22日に書かれています)地球上で最もリッチな人物の一人がいる。またチェアマンとして世界で最も聡明な若きビジネスマンの一人がいる。

マンチェスターシティは王室認可の璽も有している。というのもマンチェスターシティに2億ポンド以上つぎ込んでいるシェイク・マンスール・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーンはアブダビを統治している君主家の一員であり、彼の19人の兄弟のなかにはアラブ首長国連邦の大統領そして皇太子も含まれているからである。

シェイク・マンスールはドバイの支配者であるムハンマド・ビン=ラーシド・アール=マクトゥームの娘であるシェイカ・マナル・ビン・ムハンマド・ビン=ラーシド・アール=マクトゥームと結婚したことで完璧なコネをえた。ナヒヤーン家の資産額は5600億ポンドと莫大である。

64829-mona.jpg

(シェイカ・マナル・ビン・ムハンマド・ビン=ラーシド・アール=マクトゥームの写真:AMEinfo

シェイク・マンスールはアラブ首長国連邦の閣僚で、国務補佐省大臣である。だが国家ビジネス以外にも彼はスポーツに深い愛情を注いでいる。

シェイク・マンスールはアル・ジャジーラ・クラブの会長でありかつ首長国競馬局の会長でもある。ナヒヤーン家の資産は石油のたまものである。アブダビで1958年に石油が発見されてからというもの、漁師たちの国家は強力な国家へと変貌を遂げた。

「フェラーリ」

アブダビはフェラーリにも金銭投資している(注:2010年10月現在、アブダビ政府の投資ファンド、ムバダラがフェラーリの株式の5パーセントを保有)。

シェイク・マンスールはサッカーファンである。だがそれよりなにより、自国を愛する人物であり、自分の名を知らしめたい人物である。

アブダビのご機嫌取りの人間たちはシェイク・マンスールのことをインテリで思慮深い人物だと評価している。つまり売名行為でイングランドのサッカークラブに金をばら撒くようなタイプの男ではないといっているのだ。

これは衆目の一致するところだが、アブダビ首長家はマンチェスターシティの実用的で勤勉であり献身的、そして責任感のあるオーナーになるだろう。彼らはサッカーの世界で協力者をつくりたいのだ。

「シャイフたち」はイングランドサッカーのヒエラルキーと大衆を尊重し、クラブを手に入れたことが遊びごとだと思われないようにと熱心である。それがシェイク・マンスールが最も信頼をおく友人の一人であり同僚であるカルドゥーン・アル・ムバラクが(マンチェスターシティの)新チェアマンになるように要請された理由である。

アメリカ合衆国で教育を受けたアル・ムバラクはアブダビ政府が出資している投資会社であるムバダラ・ディベロップメント・カンパニーを二年前から経営している。

ムバダラは世界の50をこえる国に投資し、運用資産はおよそ60億ポンドである。そして半導体製造会社であるアドバンスト・マイクロ・デバイセズの株式を8.1%、フェラーリの株式を5%保有している。アル・ムバラクはアブダビ・モータースポーツ・マネジメントの会長であり、2009年から開かれるアブダビグランプリの責任者である。


CITY have one of the richest men on the planet as their new owner and one of the world's brightest young businessmen as their chairman.

They also have a royal stamp of approval, for Sheikh Mansour Bin Zayed Al Nahyan who paid more than £200m for the Blues, is a member of the ruling family of Abu Dhabi, and his 19 brothers include the president and crown prince of the Emirate.

He is also impeccably well connected by marriage having wed Sheikha Manal bin Mohammed bin Rashid Al-Maktoum, who is the daughter of Dubai's ruler Sheikh Mohammed bin Rashid Al-Maktoum. The estimated wealth of the Al Nahyan family is a huge £560billion.

Sheikh Mansour is a member of the federal cabinet in the United Arab Emirates and Minister of Presidential Affairs, but away from state business he has a deep love for sport.

He is chairman of Al Jazeera Football Club Abu Dhabi and holds the same position in the Emirates Horse Racing Authority. The family's wealth is derived from oil which, when it was discovered in Abu Dhabi in 1958, started the transformation of a nation of fishermen into a powerful state.

Ferrari

Abu Dhabi also owns a stake in Ferrari.

Sheikh Mansour is a football fan, but above all, someone who loves his country and wants to spread its name.

Courtiers in Abu Dhabi describe Sheikh Mansour as an intellectual and thoughtful, and not the sort of man who would just throw money at an English football club for publicity.

The Abu Dhabi royal family will, by all accounts, be pragmatic, diligent, committed and responsible owners of Manchester City. They want to make allies in the world of football.

The Sheikhs are keen that they have the respect of the English football heirarchy and public, and are not seen as merely acquiring the club as a plaything. That is why one of Sheikh Mansour's most trusted friends and colleague HE Khaldoon Al Mubarak has been asked to be the new chairman.

United States-educated Al Mubarak has been running the Abu Dhabi government-owned investment and development firm Mubadala Development Company for two years.

Mubadala has investments in more than 50 different companies worldwide and have assets of around £6billion under management, including an 8.1 percent stake in microchip manufacturer AMD and a five percent stake in Ferrari. Al Mubarak is chairman of Abu Dhabi Motorsports Management and the man responsible for the Emirate's inaugural Formula One Grand Prix in 2009 and beyond.

http://menmedia.co.uk/manchestereveningnews/sport/football/manchester_city/s/1068102_sheikh_mansour_profile
posted by フランスフット at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | UAEアラブ首長国連邦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

カンナヴァーロ、アル・アハリ入団会見でのコメント

L'Equipe(フランス)04/07/2010

"Cannavaro veut «partager»"
「カンナヴァーロは『分かちあう』ことを欲している」

元世界王者でイタリア代表元キャプテンのファビオ・カンナヴァーロはお金だけのためにアル・アハリ・ドバイ(1970年設立。UAEリーグ2009−2010シーズン8位)とサインしたのではないと告白している。

「自分がプレーしてきたリーグほどのプレッシャーはここにはない。自分が来たのは若い選手たちに自分の経験を伝え、分かち合うためだ」と、ユヴェントスとの契約が延長されなかった、この2006年ワールドカップチャンピオンは語っている。

今後2シーズンの間このアラブ首長国のクラブと契約下にあるカンナヴァーロは、デヴィッド・オレアリーの指導下に入ることになる。オレアリーはリーズとアストン・ヴィラの元監督で、彼もアル・アハリ・ドバイと二年契約を結んだところだった。

ナポリでキャリアをスタートし、「新たなベルリンの壁」と呼ばれていたカンナヴァーロは、キャリアをスタートさせたクラブで自分のキャリアを完結させたかったかもしれない。

「自分の街のクラブでキャリアを終えることができなかったのは残念だ。自分はナポリ生まれだからそこでキャリアを終わらせたかった。それができたらよかったんだが。しかし自分の人生のこの新たな転機を自分と家族のために決断したことについては満足している」とカンナヴァーロは締めくくっている。

L'ancien champion du monde et capitaine de la Nazionale, Fabio Cannavaro, a avoué qu'il n'avait pas signé avec le club d'Al-Ahli uniquement pour l'argent. «Ici, il n'y a pas autant de pression que dans les championnats où j'ai évolué. Je suis venu pour apporter et faire partager mon expérience auprès des jeunes», a déclaré le champion du monde 2006, dont le contrat à la Juventus Turin n'a pas été prolongé. Désormais sous contrat pour deux saisons avec le club émirati, Cannavaro sera sous la houlette de David O'Leary, ancien manager de Leeds et d'Aston Villa, qui vient de s'engager lui aussi pour une durée de deux ans.
Après avoir débuté sa carrière au Napoli, celui qui était surnommé "le nouveau mur de Berlin" aurait aimé boucler la boucle et revenir au club de ses débuts. «Je regrette de na pas avoir terminé ma carrière dans le club de ma ville, je suis né à Naples alors j'aurais aimé y terminer ma carrière, ça aurait été une bonne chose. Je suis quand même heureux d'avoir pris ce nouveau tournant dans ma vie, pour moi et ma famille», a conclu Cannavaro.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100704_151023_cannavaro-veut-partager.html
posted by フランスフット at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | UAEアラブ首長国連邦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。