2011年12月03日

『U』ことウニベルシダ・デ・チリがコパ・スダメリカーナ決勝に進出

SO FOOT(フランス)01/12/2011

"La "U" en finale"
「『U』がコパ・スダメリカーナ決勝に進出」

Vasco Da Gama's Juninho plays against Universidad de Chile.jpg

(写真:fifa.com

昨晩サンチアゴは狂喜に湧いていた。

ホームのウニベルシダ・デ・チリはヴァスコ・ダ・ガマを2−0で降し、コパ・スダメリカーナ決勝へのチケットを手にした。リオデジャネイロで行われたファーストレグは1−1のドローだった。

アルゼンチン人のカナレスが前半28分に、バルガスが後半27分にそれぞれ得点を決めている。

このチリのチームの決勝の相手は、昨日ベレス・サルスフィエルドを敗退に追いやったLDUキトである(二試合合計3−0)。

「U」は今シーズン快進撃を続けている。リーグ戦以外の試合も含めて、31試合負けがない。南アメリカの新聞はウニベルシダ・デ・チリをバルサと比較しているが、このチームが拠り所としているのはチリ代表の若手選手たちである。中盤にはチャルレス・アランギス、マルセロ・ディアスそしてエウゲニオ・メナを擁し、トップ下にはエドゥアルド・バルガスがいる。バルガスはすでにアレクシス・サンチェス2世との評価を受けており、国外に移籍するのは時間の問題である。

u de chile-colo colo.jpg

(写真:mundial2010blog.com

チリのチームとしては唯一コパ・リベルタドーレス優勝経験があり、ウニベルシダが忌み嫌うライバルであるコロコロのサポーターたちは、コパ・リベルタドーレスと比べると威信に欠けると見なされているコパ・スダメリカーナのことを「本物の」カップ戦ではないと声高に主張している。

しかしこの主張は説得力に欠けると思われる。なぜならウニベルシダ・デ・チリは現在ブラジル最高のチームのうちの二チームを蹴落としてきたからである。アズレス(ウニベルシダ・デ・チリの愛称)はヴァスコの前にはフラメンゴをベスト16で叩きのめしている(二試合合計5−0)。

いずれにせよ、チュンチョス(ウニベルシダ・デ・チリの愛称)が南アメリカ大陸のカップ戦で決勝に進出するのはこれが初めてである。また決勝の対戦カードは前例がないものになった。なぜなら、ブラジルあるいはアルゼンチンのチームが決勝に進出していないからである。

決勝は12月14日に行われる。前年優勝チームのインデペンディエンテの後を引き継ぐのはチリのチームか、それともエクアドルのチームか。

C'était la folie la nuit dernière à Santiago.

L' Universidad de Chile s'est imposée 2 à 0 à domicile face à Vasco de Gama et a ainsi composté son billet pour la finale de la Copa Sudamericana,après son match nul à Rio (1-1) au match aller. L'Argentin Canales à la 28ème et Vargas à la 72ème ont marqué les deux buts du match. Les Chiliens rejoignent la LDU de Quito qui avait éliminé Velez Sarsfield hier (3-0 sur les deux matchs).

La "U" marche sur l'eau cette saison, puisque elle vient d'enchaîner un 31ème match sans défaite toutes compétitions confondues. Comparée au Barça par la presse sud-américaine, l'équipe s'appuie sur les jeunes internationaux chiliens, Aranguiz, Diaz et Mena au milieu, mais surtout sur l'avant-centre Eduardo Vargas, déja perçu comme le nouvel Alexis Sanchez, et qui ne devrait pas tarder à s'exporter.

Au Chili, les supporters de Colo-Colo, seule équipe du pays à avoir remporter la Copa Libertadores et rival honni de l'équipe universitaire, affirment que la Sudamericana, jugée moins prestigieuse, n'est pas une "vraie" coupe. L'argument semble tout de même galvaudé, puisque l'Universidad de Chile vient d'éliminer deux des meilleures équipes brésiliennes du moment. En effet, avant de sortir Vasco, les Azules avaient étrillé Flamengo en huitièmes (5-0,sur les deux matchs).

Quoiqu'il en soit c'est la première fois que les Chunchos (les chouettes en VF) atteignent une finale continentale. L'affiche sera inédite puisque aucun club brésilien ni argentin ne sera candidat à la victoire.

Rendez-vous le 14 décembre pour savoir qui des Chiliens ou des Équatoriens succèdera à l'Independiente, vainqueur l'an passé.
AJ

http://www.sofoot.com/la-u-en-finale-150397.html
posted by フランスフット at 02:46 | TrackBack(0) | チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルトゥーロ・ビダルの父がコカイン所持で逮捕される

SO FOOT(フランス)01/12/2011

"Le père de Vidal arrêté avec de la cocaïne"
「アルトゥーロ・ビダルの父がコカイン所持で逮捕される」

Arturo Vidal.jpg

(写真:marca.com

「この親にしてこの子あり」の言葉がすべての人にあてはまるわけではないと、彼のために信じたい。

ユヴェントスの選手であるアルトゥーロ・ビダルは今朝、奇妙なニュースを知らされた。彼の父であるエラスモと伯母のスザナが、コカイン150袋の所持により逮捕されたのである。

ビダル家の二人は夜明け前、路上で取り押さえられた。二人はすぐに警察署に連行され、少なくとも午後一杯は拘置されることになっている。

この選手と父とのあいだの関係は以前からどちらかというと疎遠だった。特に近年そうである。

パーティで少々騒ぎ飲みすぎたためチリ代表の2試合から除外されたビダルは、また新たに私生活に関する話題を提供したことになる。彼のパフォーマンスに影響がなければ問題はないのだが・・・

Espérons pour lui que l'expression ≪ tel père, tel fils ≫ ne soit pas valable à tous les coups.

En effet, Arturo Vidal, le joueur de la Juventus, a reçu ce matin une drôle de nouvelle. Son père, Erasmo, et sa tante, Susana, ont été arrêtés par la police en possession de 150 sachets de cocaïne.

C’est à l’aube que les deux membres de la famille Vidal ont été surpris dans la rue avec tout leur petit équipement. Ils ont immédiatement été emmenés au commissariat, où ils seront retenus au moins jusqu’à la fin d’après-midi.

Les rapports entre le joueur et son père ont toujours été plutôt distants, surtout lors des dernières années.

Néanmoins, après avoir été exclu de l’équipe nationale du Chili pour deux matches après un baptême un peu trop festif et un peu trop arrosé, Vidal connaît une nouvelle histoire qui touche à sa vie privée. Bon. Tant que cela n’a pas d’influence sur ses prestations…
EM

http://www.sofoot.com/le-pere-de-vidal-arrete-avec-de-la-cocaine-150410.html
posted by フランスフット at 02:27 | TrackBack(0) | チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

チリ代表5選手が監督から出場停止処分を受ける

L'Equipe(フランス)09/11/2011

"Cinq joueurs suspendus"
「チリ代表5選手が監督から出場停止処分を受ける」

大宴会に参加し規律を守らなかったとして水曜、チリ代表5選手が処分を受けた。この5選手は、ワールドカップ2014ブラジル大会予選の対ウルグアイ戦、パラグアイ戦に出場できないことになった。

アルトゥーロ・ビダル(ユヴェントス)、ジャン・ボセジュール(バーミンガムシティ)、カルロス・カルモナ(アタランタ)、ホルヘ・バルディビア(パルメイラス)、ゴンサロ・ハラ(ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン)が処分を受けたが、それは「明文化されている規則を遵守しなかったからというわけではなく、口で約束したことを守らなかったからだ。このほうがさらに深刻だ」とチリ代表監督のクラウディオ・ボルギは記者会見で語っている。

「チリ代表選手、あるいはプロフェッショナルの選手としてふさわしくない状態で彼らは到着した。よってわたしは彼らをチームから外すことを決断した」ともこのアルゼンチン人監督は話している。

またボルギ監督は代わりの選手として、チリのリーグでプレーする5選手を招集した。処分を受けた5選手はいずれもチリ国外のクラブでプレーしている。

Cinq internationaux chiliens ont été sanctionnés mercredi pour indiscipline après une fête arrosée et seront suspendus lors des matches contre l'Uruguay et le Paraguay pour les qualifications du Mondial 2014 au Brésil. Arturo Vidal (Juventus Turin), Jean Beausejour (Birmingham City), Carlos Carmona (Atalanta Bergame), Jorge Valdivia (Palmeiras) et Gonzalo Jara (Brighton) ont été sanctionnés ≪non parce qu'ils n'ont pas respecté un règlement écrit, mais une parole donnée, ce qui est plus grave≫, a déclaré le sélectionneur Claudio Borghi à la presse. ≪Ils sont arrivés dans un état pas convenable pour un sélectionné chilien ou un joueur professionnel. A partir de là j'ai décidé de les mettre à l'écart du groupe≫, a poursuivi l'Argentin, qui a convoqué cinq joueurs du championnat chilien pour remplacer les sanctionnés, qui évoluent tous dans des clubs étrangers.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111109_190424_cinq-joueurs-suspendus.html
posted by フランスフット at 03:27 | TrackBack(0) | チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

チリ代表がスイスのホテルで盗難被害に遭う

SO FOOT(フランス)05/09/2011

"Le Chili cambriolé"
「チリ代表がスイスのホテルで盗難被害に遭う」

先週金曜、チリ代表対スペイン代表の国際親善試合が行われた。

チリ代表は2−0でリードしていたにもかかわらず、後半ロスタイムにセスク・ファブレガスに決勝点を決められ、終わってみたら2−3で負けていた。残念なことである。

しかし悪いことは続くもの。試合に負けたのに加え、チリ代表選手たちには不愉快なサプライズが待ち受けていた。金目の私物が盗まれていたのである。

ザンクト・ガレン(スイス)にあるノーベルホテル・アインシュタインでは、部屋6室の鍵が泥棒によってこじ開けられていた。泥棒たちは、ノートパソコン、腕時計、現金を奪って立ち去っていった。泥棒たちによる戦利品の額は数万ユーロに及ぶと『sport1.de』が伝えている。

Mario Balotelli brings his Ipad to the bench.jpg

(写真:skysports.com

これで、マリオ・バロテッリがいつでもどこでも、さらにはベンチにまでも、iPadを持ち込んでいる理由がちょっと分かった。一寸先は闇ということか。

5 septembre 2011
Après avoir mené 2-0 face à l’Espagne vendredi en amical, le Chili a fini par s’incliner 3-2 sur un but de Cesc Fabregas dans les arrêts de jeu. Dommage.
Un malheur n’arrive jamais seul ; en plus de la défaite, les joueurs chiliens ont eu la désagréable surprise de découvrir que leurs effets personnels avaient été cambriolés. A Saint-Gall (Suisse), six chambres du Nobelhotel Einstein ont été forcées par les voleurs, qui se sont emparés d’ordinateurs portables, de montres et de liquide. Un butin estimé à plusieurs dizaines de milliers d’euros, rapporte sport1.de.
Du coup, on comprend mieux pourquoi Mario Balotelli garde toujours son iPad sur lui, même sur le banc de touche. On ne sait jamais.
AF

http://www.sofoot.com/le-chili-cambriole-147146-news.html
posted by フランスフット at 01:23 | TrackBack(0) | チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

アレクシス・サンチェスが月曜にバルサと契約

L'Equipe(フランス)18/06/2011

"Sanchez au Barça lundi"
「アレクシス・サンチェスが月曜にバルサと契約」

『レキップ』の情報によると、アレクシス・サンチェスは月曜にバルセロナを訪れ、契約を結ぶという。

このチリ代表フォワードはスペインを訪れるためにチリ代表を離れる許可を得たとされている。

金曜夜、チリ代表のチームメートたちはこの大きな第一歩を祝してささやかなパーティーを催している。

アレクシス・サンチェスはマンチェスター・ユナイテッドならびにマンチェスターシティからの途轍もない額のオファーを拒否し、給料的には見劣りするバルセロナを選んだとされる。

移籍金は3500万ユーロとそれに出来高が加わる。

Selon nos informations, Alexis Sanchez se trouvera lundi à Barcelone pour signer son contrat. L'attaquant international chilien aurait obtenu la permission de quitter l'équipe nationale pour se rendre en Espagne. Vendredi soir, une petite fête a été organisée par ses équipiers de la sélection en son honneur pour le féliciter de ce grand pas en avant. Le joueur aurait refusé les offres mirobolantes de Manchester United et de City pour un salaire moindre à Barcelone. Le transfert s'élèverait à 35 millions d'euros plus divers bonus. - C.O.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110618_204132_sanchez-au-barca-lundi.html
posted by フランスフット at 22:49 | TrackBack(0) | チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

クラウディオ・ボルギがチリ代表監督に就任

L'Equipe(フランス)24/02/2011

"Borghi nouveau sélectionneur"
「クラウディオ・ボルギがチリ代表監督に就任」

マルセロ・ビエルサがチリ代表監督として続投するといううわさは立ち消えになった。

チリサッカー協会はクラウディオ・ボルギをチリ代表監督に任命した。

この元フォワードのアルゼンチン人は11月下旬にボカ・ジュニアーズを離れて以来、どことも契約していなかった。

クラウディオ・ボルギ新監督は7月に開催されるコパ・アメリカでチリ代表を率いることになる。チリ代表はウルグアイ、メキシコ、ペルーと同組である。

La rumeur d'un maintien de Marcelo Bielsa à la tête du Chili n'a plus de raison d'être. La fédération chilienne a décidé de nommer Claudio Borghi à sa place. L'ancien attaquant argentin était libre depuis son départ de Boca Juniors en novembre dernier. Il mènera donc le Chili à la prochaine Copa Amercica, prévue en juillet et où l'attend un groupe composé de l'Uruguay, du Mexique et du Pérou.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110224_182841_borghi-nouveau-selectionneur.html
posted by フランスフット at 06:07 | TrackBack(1) | チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

チリ代表ビエルサ監督の辞任劇にチリ大統領が介入

L'Equipe(フランス)06/02/2011

"Bielsa : le président s'en mêle"
「チリ代表ビエルサ監督の辞任劇にチリ大統領が介入」

チリ大統領のセバスティアン・ピニェラは日曜、チリ代表監督として人気が高かったアルゼンチン人のマルセロ・ビエルサが辞任した件の責任者たちに反省を求めた。

「(この件に)責任があるものたちは反省してもらいたい。(サッカー協会の)幹部たちの間で起こったこと、そしてビエルサ政権がこのような形で終わってしまったことはチリサッカーにとっていいことではない。チリの人々が望んできたような仕方では解決できなかった。そのことは間違いない。素晴らしい結果を残してきたひとつの素晴らしい仕事が完結せずに終わってしまった。われわれのだれもがなぜこのようなことになってしまったのか疑問に思っている」とピニェラ大統領は記者たちに述べた。

Le président du Chili, Sebastian Pinera, a appelé dimanche à la réflexion les responsables de la démission du populaire sélectionneur argentin du Chili, Marcelo Bielsa. ≪J'espère que ceux qui sont responsables vont réfléchir car ce qui s'est passé au niveau de la direction (de la Fédération) et la manière dont s'est terminée l'ère Bielsa ne font pas de bien au football chilien. Les choses n'ont pas été faites comme les Chiliens le voulaient, il n'y aucun doute là-dessus. Un bon travail, qui a amené de grands résultats, reste inachevé et nous nous demandons tous pourquoi il s'est passé cela≫, a déclaré Pinera à la presse. (avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110206_232700_bielsa-le-president-s-en-mele.html
posted by フランスフット at 08:31 | TrackBack(0) | チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チリ代表監督マルセロ・ビエルサがチリサッカー協会新会長と反りが合わず辞任

L'Equipe(フランス)05/02/2011

"Bielsa renonce"
「チリ代表監督マルセロ・ビエルサが辞任」

チリはヒーローを失った。ここ数週間辞任が噂されていたマルセロ・ビエルサは、怒って代表監督の座を去っていった。

このアルゼンチン人監督はチリサッカー協会新会長のセルヒオ・ハドゥエとうまくいっていなかった。

三年間チリ代表監督を務め、ワールドカップ2010ではチリをベスト16に導いたマルセロ・ビエルサは金曜辞任した。ワールドカップでチリがベスト16に進出したのは1998年以来のことだった。

「自分の任務に終止符を打つことにした。ハドルエが会長になってからというもの彼の振る舞いには耐えられず、限界だった」とビエルサは説明している。

Le Chili est orphelin de son héros. Après des semaines d'incertitude, Marcelo Bielsa a fini par claquer la porte de la sélection. L'entraîneur argentin ne s'entendait pas avec le nouveau président de la Fédération, l'entrepreneur Sergio Jadue. Il est parti vendredi après trois ans d'exercice et une place en 8e de finale de la Coupe du monde 2010, une première pour le Chili depuis 1998. ≪J'ai décidé de mettre fin à ma mission à cause de sa manière d'agir depuis sa prise de fonction. Il (Jadue) a tout fait pour que je m'en aille≫, a expliqué Bielsa. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110205_091549_bielsa-renonce.html

posted by フランスフット at 08:20 | TrackBack(0) | チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

プリメーラ・ディビシオン・デ・チリではウニベルシダ・カトリカが優勝

L'Equipe(フランス)06/12/2010

"La Catolica remporte le titre"
「ウニベルシダ・カトリカが優勝」

プリメーラ・ディビシオン・デ・チリのタイトル争いのサスペンスは、日曜の最終節で結末を見た。ウニベルシダ・カトリカがエベルトン・デ・ビニャ・デル・マールを完璧な試合運びで降し(5−0)優勝を決めた。

最終的にウニベルシダ・カトリカとコロコロの勝ち点差は3だった。コロコロはウニベルシダ・デ・コンセプシオンに勝ったが(4−2)その勝利もむなしかった。

ウニベルシダ・カトリカはこれで10回目のタイトル獲得になる。チームをシーズン中盤から率いていたのは元スペイン代表ミッドフィルダーのフアン・アントニオ・ピッツィだった。

今年はワールドカップが開催されチリ代表が参加したことから、2001年ぶりにリーグは二期制から一期制に変更されていた。



(2010年3月9日コパ・リベルタドーレス・セカンドステージ・グループ8第2節、ウニベルシダ・カトリカ2−2ウニベルシダ・デ・チリ。ウニベルシダ・カトリカはグループ3位に終わり、セカンドステージで敗退)

Le suspense en tête du championnat chilien a trouvé son épilogue dimanche lors de la dernière journée, avec la victoire sans bavure de l'Universidad Catolica, équipe de l'ancien Caennais Juan Eduardo Eluchans, sur l'Everton de Viña del Mar (5-0).

Les "Cruzados" devancent finalement de trois points Colo-Colo, dont la victoire sur l'Universidad de Concepcion (4-2) aura donc été inutile. Il s'agit du 10e titre de la Catolica, reprise en main au milieu de la saison par l'ancien international espagnol Juan Antonio Pizzi. A noter que pour la première fois depuis 2001, le titre est attribué sur l'année civile entière, les tournois d'ouverture et de clôture ayant été regroupés en raison de la Coupe du monde, à laquelle participait la sélection chilienne. - D.A. à Santiago

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20101206_090221_universidad-remporte-le-titre.html
posted by フランスフット at 21:16 | TrackBack(0) | チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

チリ代表ホルヘ・バルディビア、パルメイラスへ移籍

L'Equipe(フランス)27/07/2010

"Le Chilien Valdivia à Palmeiras"
「ホルヘ・バルディビア、パルメイラスへ移籍」

アラブ首長国連邦のクラブ、アル・アインを退団したホルヘ・バルディビア(1983年10月19日ベネズエラのマラカイ生まれ)が南アメリカに戻ってくる。

2010年ワールドカップではベスト16に入ったチリ代表選手のバルディビアは、元所属先のパルメイラスに加入することになった。

26歳のバルディビアはコロコロでユースを過ごし、ラーヨ・バジェカーノ(スペイン)、セルヴェットFC(スイス)にも在籍していた。

パルメイラスはバルディビアと5年契約を結び、この「エル・マゴ」(バルディビアの愛称。魔術師の意)獲得に600万ユーロの移籍金を払っている。

Colo-Colo.png


(コロ・コロのクラブロゴ)


〔コロコロ〕チリ・サンティアゴを本拠地とするクラブ。ダビド・アレジャーノに引き連れられた選手たちが1925年に創設。彼の名前はコロコロのスタジアム名である、エスタディオ・モヌメンタル・ダビド・アレジャーノにも残っている。

チリのクラブで唯一、コパ・リベルタドーレスを制している(1991年)。プリメーラ・ディビシオン・デ・チリが1933年に創設されて以来、下位リーグに降格したことがないのはコロコロのみ。

国際サッカー歴史統計連盟International Federation of Football History & Statistics(IFFHS)が発表する、1991年1月1日から2009年12月31日までのデータを元にした世界クラブランキングでは、30位のクルゼイロ(ブラジル)、31位のデポルティーボ・ラ・コローニャ(スペイン)に続いてコロ・コロは32位にランク。33位はグラスゴー・セルティック。


〔エスタディオ・モヌメンタル・ダビド・アレジャーノ〕1989年完成。収容人員45000人。もともと65000人まで収容能力があったが、安全上の問題からこの数まで減らされた。スタジアムの観客数記録は1992年、ココロロ−ウニベルシダ・デ・チリ戦の69305人。



(1991年6月5日コパ・リベルタドーレス決勝セカンドレグ、コロコロ3−0オリンピア・アスンシオン。コロコロがチリのクラブとして初優勝を飾る。試合会場はエスタディオ・モヌメンタル・ダビド・アレジャーノ)


Exilé à Al Ain, aux Emirats Arabes Unis, Jorge Valdivia revient en Amérique du Sud. L'attaquant international chilien, huitième de finaliste au Mondial 2010, rejoint le Brésil et son ancien équipe de Palmeiras. Le joueur de 26 ans formé par Colo-Colo et passé par le Rayo Vallecano et le Servette Genève a paraphé un bail de cinq ans. Palmeiras a déboursé six millions d'euros pour s'attacher les services de "El Mago".

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100727_213800_le-chilien-valdivia-a-palmeiras.html
posted by フランスフット at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | チリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。