2012年02月01日

ガラタサライのコリン・カジム・リチャーズがオリンピアコスにレンタル移籍

L'Equipe(フランス)31/01/2012

"Kazim prêté à l'Olympiakos"
「ガラタサライのコリン・カジム・リチャーズがオリンピアコスにレンタル移籍」

元トゥールーズ所属のコリン・カジム・リチャーズが買い取りオプション付きでガラタサライからオリンピアコスにレンタルされた。

このトルコ代表選手は2011年1月にガラタサライに加入していた。

L'ancien Toulousain Colin Kazim-Richards a été prêté avec option d'achat par Galatasaray à l'Olympiakos. L'international turc était arrivé dans le club stambouliote en janvier dernier.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Kazim-prete-a-l-olympiakos/260274
posted by フランスフット at 10:20 | TrackBack(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

アリス・テッサロニキのウルトラス

L'Equipe(フランス)27/07/2011

"L’Aris Salonique en folie"
「狂気のアリス・テッサロニキ」



テッサロニキで親善試合が行われた。

アリスはウルグアイのCAペニャロールを迎えた。大した試合ではない。シーズンもまだ始まっていない。

しかしクレアンティス・ヴィケリディス・スタジアムは満員で破裂せんばかりだった。そしてアリスのウルトラス集団「スーパー3」は南アメリカからきた人たちに自分たちの情熱を垣間見せてあげることにした。

まず選手入場前の音の「壁」、そして使用が認められている発煙筒が盛大に焚かれた。炎による本物のスペクタクルをビジターの観客たちにプレゼントしようという話である。素晴らしい雰囲気である。

ギリシャのウルトラスは80年代イタリアのレベルにある。

Match amical à Salonique. L’Aris reçoit le club uruguyen de Penarol. Pas de quoi fouetter un chat. La saison n’est même pas commencée. Sauf que le stade Kleánthis-Vikelídis est plein à craquer et que les ultras grecs du Super 3 ont décidé de montrer aux Sud-Américains un aperçu de leur passion .
Un "mur" du son avant l’entrée des joueurs, puis un craquage de fumis en règle, histoire d’offrir un véritable spectacle pyrotechnique aux visiteurs. Ambiance.
Les Grecs, niveau ultra, c’est l’Italie des années 80.
AC

http://www.sofoot.com/l-aris-salonique-en-folie-71-145547-videos.html?p=1
posted by フランスフット at 07:45 | TrackBack(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

八百長に揺れるギリシャ・スーパーリーグ

L'Equipe(フランス)28/07/2011

"La Super League frappe fort"
「八百長に揺れるギリシャ・スーパーリーグ」

Michel Platini and Greek Prime Minister about corruptions in Greek football.jpg

(ギリシャ首相とミシェル・プラティニ:athensnews.gr

二クラブが2部に降格した。ギリシャ・スーパーリーグの規律委員会は、八百長試合事件に関し厳しい処分を下した。

昨シーズン4位のオロンピアコス・ヴォロスFCと7位のカヴァラFCは今シーズン、2部でプレーすることになる。一方、両チームはギリシャサッカー連盟に上訴することができ、その結果は来週発表される。

二クラブの会長はスタジアムから永久追放の処分を受け、重い罰金を科された(9万ユーロ)。

Volou chairman Ahcilleas Beos banned from football.jpg

(オロンピアコス・ヴォロス会長:ekathimerini.com

木曜夜、ヨーロッパリーグ予選3回戦のファーストレグを戦うオロンピアコス・ヴォロスFCはUEFA主催大会から除外される可能性がある。

UEFA会長のミシェル・プラティニは水曜夜、八百長試合の調査の進捗状況を確かめるためにギリシャを訪問していた。プラティニを迎えたギリシャのスポーツ担当大臣は、現在ギリシャリーグが「退廃している」ことを認め、シーズン開幕を遅らせる可能性を否定しなかった。

Deux clubs relégués en deuxième division : la commission de discipline du Championnat de Grèce (Super League) a frappé fort dans l'affaire des matches arrangés. Les clubs de Volos et de Kavalas, respectivement 4e et 7e de la dernière saison, joueront à l'étage inférieur, sauf appel fructueux auprès de la fédération la semaine prochaine. Les présidents des deux clubs sont bannis à vie des stades et écopent de lourdes amendes (90 000 euros).

Volos, qui doit jouer ce jeudi soir le 3e tour qualificatif aller de la Ligue Europa, risque aussi d'être exclu de la compétition par l'UEFA. Le président de l'instance européenne, Michel Platini, était justement en Grèce mercredi pour s'enquérir des progrès de l'enquête. Le ministre grec en charge du sport qui a reçu le Français, a reconnu que les championnats grecs sont à l'heure actuelle ≪corrompus≫ et n'a pas exclu de retarder l'ouverture de la saison.
(Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110728_124224_la-super-league-frappe-fort.html
posted by フランスフット at 20:25 | TrackBack(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

ナイジェリア代表でスコダ・クサンシ所属のオルバヨ・アデフェミが死去

L'Equipe(フランス)18/04/2011

"Olubayo Adefemi est décédé"
「オルバヨ・アデフェミが死去」

ナイジェリア代表でスコダ・クサンシ所属のオルバヨ・アデフェミが交通事故で死亡した。

この25歳のディフェンダーは高速道路で車のコントロールを失ってしまった。一方、アデフェミは自分の結婚式の詳細について話をまとめに向っているところだった。

「ギリシャ・スーパーリーグは自動車事故でお亡くなりになられたオルバヨ・アデフェミのご家族に心からお悔やみ申し上げます」とギリシャ・スーパーリーグは月曜、文書で表明している。

アデフェミは昨年夏にスコダ・クサンシと契約を結び、24試合に出場した。またナイジェリア代表としても3試合に出場した。

L'international nigérian du Skoda Xanthi, Olubayo Adefemi, est mort dans un accident de voiture. Le défenseur de 25 ans a perdu le contrôle de son véhicule sur l'autoroute, alors qu'il allait finaliser les détails de son mariage. ≪La Super League grecque tient à exprimer ses sincères condoléances à la famille de Olubayo Adefemi qui est décédé tragiquement dans un accident de voiture≫, ont déclaré les organisateurs de la ligue dans un communiqué publié lundi. Adefemi a fait 24 apparitions pour le club grec où il a signé l'été dernier. Il a également porté à trois reprises le maillot du Nigeria.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110418_131708_olubayo-adefemi-est-decede.html
posted by フランスフット at 05:02 | TrackBack(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

オリンピアコスが一試合の無観客試合処分を受ける

L'Equipe(フランス)25/02/2011

"Un match à huit clos pour l'Olympiakos"
「オリンピアコスが一試合の無観客試合処分を受ける」

オリンピアコスが一試合の無観客試合処分を受けた。先週土曜のパナシナイコス戦で起こったトラブルが理由である。

相手選手に頭突きしたオリンピアコスキャプテン、ヴァシリス・トロシディスは三試合の出場停止処分を受けている。

ジブリル・シセは、ピッチ内に侵入してきたオリンピアコスのサポーターたちに攻撃されていた。

L'Olympiakos a été sanctionné d'un match à huit clos suite aux incidents qui ont suivi la rencontre contre le Panathinaïkos samedi dernier. Vasilis Torosidis, le capitaine du club grec, a quant à lui écopé de cinq matches de suspension pour avoir donné un coup de tête à un adversaire. Djibril Cissé avait notamment été pris à partie sur la pelouse par des supporters de l'Olympiakos qui avaient envahi la pelouse.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110225_104154_un-match-a-huit-clos-pour-l-olympiakos.html
posted by フランスフット at 19:16 | TrackBack(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

パナシナイコスのジブリル・シセにガラタサライからオファー

L'Equipe(フランス)19/01/2011

"Offre de Galatasaray pour Cissé"
「ジブリル・シセにガラタサライからオファー」

ジブリル・シセに興味を持っているのはボルドーだけではない。ガラタサライからも移籍オファーがパナシナイコスに届いたと水曜、(フランスの地方紙)『スッド・ウェスト』が伝えている。パナシナイコスの広報担当がこの情報を認めたという。しかし移籍金については明かされていない。

2013年までパナシナイコスと契約を結んでいるシセは先週末、パナシナイコスでは気持ちよくやれているし、さしあたっては退団するつもりはないと話していた。

Bordeaux n'est pas la seule équipe à s'intéresser de près à Djibril Cissé. Car une offre de transfert, émanant d'un autre club, est arrivée récemment au siège du Panathinaïkos, relate mercredi Sud-Ouest. Cette proposition proviendrait de Galatasaray. C'est l'attaché de presse du Pana lui-même qui aurait confirmé l'information, sans préciser toutefois le montant proposé. Sous contrat jusqu'en 2013 avec le club grec, l'attaquant français a déclaré le week-end dernier qu'il se sentait bien là-bas et qu'il n'entendait pas partir, pour l'instant.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110119_105429_offre-de-galatasaray-pour-cisse.html
posted by フランスフット at 00:13 | TrackBack(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

AEラリッサ対オリンピアコスの試合中、ラリッサファンが雪のボールをオリンピアコス選手たちに投げつける

SO FOOT(フランス)21/12/2010

"Boules de neige en Grèce"
「ギリシャで雪合戦」

雪はヨーロッパサッカー全体を麻痺させているわけではない。その証拠にギリシャでは。

オリンピアコスは試合会場のラリッサまでやっとのことでたどりついていた。その寒さは22人の選手たちにとって厳しかったが、サポーターたちにとってもきつかった。

利口なラリッサファンたちは暖をとるのにいい方法を思いついた。オリンピアコスの選手たちに雪のボールを投げつけたのである。

明らかにヴァシリス・トロシディスはこの遊びが気に入らなかった様子。



(2010年12月19日ギリシャ・スーパーリーグ第15節AEラリッサ0−1オリンピアコス。動画では4分15秒あたりで観客がトロシディスに雪球を投げつけます)

La neige ne paralyse pas la totalité du football européen.
Pour preuve, en Grèce, l’Olympiakos a pu se déplacer sur la pelouse de Larissa en dépit d’un froid aussi difficile à gérer pour les 22 acteurs que pour les supporters.
Malins, les fans de Larissa ont trouvé un bon moyen de se réchauffer en lançant des boules de neige sur les joueurs de l’Olympiakos.
Un jeu visiblement pas du goût de Vasilis Tovoridis.

http://www.sofoot.com/boules-de-neige-en-grece-135739-news.html
posted by フランスフット at 10:20 | TrackBack(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

エルネスト・バルベルデ、オリンピアコスの監督に復帰

L'Equipe(フランス)10/08/2010

"Valverde de retour à la tête du Pirée"
「エルネスト・バルベルデ、オリンピアコスの監督に復帰」

噂は流れていたが、最終的に現実のものとなった。

エヴァルト・リーネンがオリンピアコス監督の職を解雇されてから一週間。オリンピアコスの幹部は後継者を見つけてきた。しかもオリンピアコスに慣れている人物が復帰したのである。

2009年、オリンピアコスがギリシャのリーグ戦とカップ戦を制したときの監督であるエルネスト・ベルベルデと火曜、二年契約を結んだとオリンピアコスは発表した。

「この新しい冒険への準備は出来ている」とスペイン人のベルベルデは説明している。

オリンピアコス会長のヴァンゲリス・マリナキスはベルベルデを「チームの真の主人で、すべての決定権は彼にある」と形容し、肩を持った。

金銭面の条件の詳細は明らかにされていないが、ギリシャの新聞が伝えるところでは年俸150万ユーロとのことである。

Le bruit courait. Il s'est finalement vérifié. Une semaine après qu'Ewald Lienen se soit fait limoger du poste d'entraîneur de l'Olympiakos le Pirée, les dirigeants grecs ont trouvé son successeur. Et c'est un habitué qui fait son retour. Ernesto Valverde, qui avait mené l'équipe du Pirée au doublé Coupe-Championnat de Grèce en 2009, s'est engagé ce mardi pour deux saisons, a annoncé le club du Pirée. ≪Je suis prêt pour cette nouvelle aventure≫, s'est exprimé le technicien espagnol. Son président, Vangelis Marinakis, l'a conforté, déclarant Valverde comme ≪le vrai patron de l'équipe et (qu'il) prendrait toutes les décisions≫. Aucun détail financier n'a été dévoilé, mais la presse grecque avance un salaire de 1,5 million d'euros par saison. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100810_170930_valverde-de-retour-a-la-tete-du-piree.html
posted by フランスフット at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

オリンピアコス監督、就任二ヶ月で更迭される

L'Equipe(フランス)06/08/2010

"Le coach du Pirée limogé"
「オリンピアコス監督、更迭される」

ヨーロッパリーグ予備予選三回戦でマッカビ・テルアビブ相手に敗退した(オリンピアコスはホーム初戦2−1で勝利したが、アウェー二戦目で0−1で敗戦)翌日、オリンピアコスのドイツ人監督、エヴァルト・リーネン(56歳)は両者合意の上、オリンピアコスから解雇された。金曜、リーネンとオリンピアコスの両者から発表があった。

「難しい状況だった。新しいチームだったし、新しい選手たちはヨーロッパリーグに戦う準備ができていなかった。私には大きなプレッシャーがあった」とエヴァルト・リーネンは述べた。彼によれば、オリンピアコスでの「短い」経験は「ポジティブ」なものだったという。

Au lendemain de l'élimination de l'Olympiakos au troisième tour préliminaire de la Ligue Europa par les Israéliens du Maccabi Tel Aviv (vainqueur 2-1 à l'aller, l'Olympiakos s'est incliné 1-0 en Israël), l'entraîneur de la formation grecque, l'Allemand Ewald Lienen (56 ans), a été limogé d'un commun accord par la direction du club du Pirée, ont annoncé ce vendredi les deux parties. «C'était une situation difficile. Une nouvelle équipe avec beaucoup de nouveaux joueurs qui n'étaient pas prêts pour disputer l'Europa League. Il y avait beaucoup de pression sur moi», a affirmé Ewald Lienen, assurant que sa «courte» expérience au club avait été «positive». (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100806_153240_le-coach-du-piree-limoge.html
posted by フランスフット at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

オリンピック・リヨンのジャン・アラン・ブームソン、パナシナイコス移籍で合意

L'Equipe(フランス)28/07/2010

"Boumsong d'accord avec le Pana"
「オリンピック・リヨンのジャン・アラン・ブームソン、パナシナイコス移籍で合意」

『レキップ』の情報によると、オリンピック・リヨンのディフェンダーであるジャン・アラン・ブームソン(30歳)はパナシナイコスに移籍することで合意に達したとのこと。ブームソンはパナシナイコスと三年契約を結び、すぐにに入団することになっている。

だがこの合意には一つ重要な保留がついている。ブームソンは2011年6月まで結んでいるオリンピック・リヨンとの契約を解除しなければならないのだ。パナシナイコスはこれまでウィリアム・ギャラスなど数人のセンターバックの選手に接触を試みていた。リヨンからのいい返事がこなければ、またほかの選手を探さなければならないことになる。ブームソンがパナシナイコスに入団することになれば、オセールでのチームメイトだったジブリル・シセ、リヨンでのチームメイトだったシドニー・ゴブーとまた一緒にプレーすることになる。

D'après nos informations, le défenseur de l'Olympique lyonnais, Jean-Alain Boumsong (30 ans), vient de trouver un accord avec le club grec du Panathinaïkos, qu'il pourrait rejoindre très rapidement pour signer un contrat de trois saisons. Cet accord reste néanmoins suspendu à une condition très importante : le joueur doit être laissé libre par l'Olympique Lyonnais alors qu'il est encore sous contrat jusqu'au mois de juin 2011. Le club grec qui creuse plusieurs pistes pour le poste de défenseur central et qui a notamment approché William Gallas, espère obtenir une réponse rapidement ou alors il se tournera vers d'autres dossiers. Si Boumsong rejoignait le Pana, il retrouverait sur place son ancien partenaire de l'AJ Auxerre, Djibril Cissé... et son ancien coéquipier à Lyon, Sidney Govou. - Ludovic VIGIER

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100728_213202_boumsong-au-pana-pour-750-000-euros.html
posted by フランスフット at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。