2011年12月06日

マルセロ・ガジャルドとアルバロ・レコバがウルグアイチャンピオンに

SO FOOT(フランス)05/12/2011

"Gallardo et Recoba champions"
「マルセロ・ガジャルドとアルバロ・レコバがウルグアイチャンピオンに」

先週末、南アメリカでは多くのリーグでチャンピオンが誕生した。アルゼンチンではボカ・ジュニアーズが、ブラジルではコリンチャンスがチャンピオンに輝いた。そして南アメリカ大陸におけるもう一つのビッグクラブが、ウルグアイの頂点に立ったのである。

リベルプールを0−1で降したナシオナル・モンテビデオは、ウルグアイリーグ43度目のタイトルを獲得した。元インテル所属のアルバロ・レコバが後半35分にタイトル獲得のゴールを決め、エスタディオ・センテナリオは歓喜で爆発した。



非常に凡庸なリーグ序盤戦を戦っていた、監督一年目のマルセロ・ガジャルド率いるナシオナル・モンテビデオだったが、坂道を駆け上がることに成功。ダヌービオそしてナシオナルの永遠のライバルであるペニャロールを追い越した。

アドリアーノとリエジソンがコリンチャンスで優勝。リケルメがボカで優勝。レコバとガジャルドがナシオナルで優勝。栄光を浴してきた選手たちが、南アメリカでもう一花咲かせた。

Ce week-end marquait le dénouement de nombreux championnats sud-américains. Outre Boca Juniors en Argentine et Corinthians au Brésil, un autre grand du continent a été sacré en Uruguay.

En s'imposant 1-0 face à Liverpool (le faux), le Nacional Montevideo a remporté son 43ème titre de champion. L'ancien joueur de l'Inter, Alvaro Recoba a fait exploser le stade Centenario en marquant le but du titre à la 80ème minute.

Après un début de championnat très moyen, l'équipe coachée par Marcelo Gallardo, pour sa première expérience sur le banc, a su remonter la pente. ils devancent au classement Danubio et leur éternel rival Peñarol.

Adriano et Liedson aux Corinthians, Riquelme à Boca, Recoba et Gallardo au Nacional, décidément les anciennes gloires aiment se refaire la cerise en Amérique du Sud.

AJ
http://www.sofoot.com/gallardo-et-recoba-champions-150538.html
posted by フランスフット at 23:51 | TrackBack(0) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

CAペニャロールがクラブ創設120周年を迎える

SO FOOT(フランス)29/09/2011

"Peñarol fête ses 120 ans"
「CAペニャロールがクラブ創設120周年を迎える」

Penarol's 120th anniversary.jpg

(写真:sports.yahoo.com)

昨日(9月28日)、モンテビデオのセンテナリオで式典が盛大に催された。CAペニャロールのファンたちは、選手そして幹部たちとともにクラブ創設120周年をお祝いしたのである。

1891年にイングランドからの移民によって創設されたこのクラブは、ウルグアイでは最多優勝回数を誇っている。リーグ戦37回の優勝に加え、コパ・リベルタドーレス5回、インターコンチネンタルカップでは3回優勝している。

ドキュメンタリーでオスカル・ワシントン・タバレスなど、往年の選手たちにオマージュを捧げ、音と光のスペクタクルを堪能した後、ペニャロールはアルゼンチンのサン・ロレンソと対戦した。この試合ではペニャロールでプレーしていた名選手たち、ユース選手たちも参加したが、さらには選抜を突破した3名のファンも彼らのアイドルたちと一緒に数分間プレーしたのである。

余談だが、このウルグアイのチームが2−0で勝利している。

完璧なフェスティバルだった。

29 septembre 2011
C’était la grosse fiesta hier au Centenario à Montevideo, où les fans de Peñarol fêtaient avec joueurs et dirigeants les 120 ans du club. Fondé en 1891 par des immigrés anglais, le club carbonero est le plus titré du pays, avec 37 titres nationaux, auxquels il faut ajouter cinq Copa Libertadores et trois Intercontinentales.
Après les hommages des anciens, dont celui d’Óscar Washington Tabárez, la projection d’un documentaire et un spectacle de son et lumière, Peñarol a affronté les Argentins de San Lorenzo, avec la participation d’anciens grands joueurs du club, de jeunes du centre de formation et même de trois fans ayant remporté un concours leur permettant d’évoluer quelques minutes avec leurs idôles. Pour l’anecdote, les Uruguayens l’ont emporté 2-0.
Et la fête était totale.
LR

http://www.sofoot.com/pe-arol-fete-ses-120-ans-148220-news.html
posted by フランスフット at 20:28 | TrackBack(0) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

ウルグアイ代表のタバレス監督が家の使用人に50万ドルくすねられる

L'Equipe(フランス)23/12/2010

"Tabarez délesté de 500 000 dollars !"
「タバレス、50万ドル盗まれる」

ウルグアイ代表監督、オスカル・タバレスの家で働いていた使用人の女性が50万ドル(約38万ユーロ)以上くすねていたことがわかった。

彼女はタバレス監督から信頼されていることを悪用。二年前から定期的に500ドルから1000ドルの金額を着服していた。

『エル・パイス』が伝えるところでは、彼女はこのお金を家屋の購入資金、そしてモンテビデオ中心地に小さな食料品店をオープンさせるための資金に充てていたとのこと。

オスカル・タバレス監督が自分の口座に不審な動きがあるのを突き止めたのはワールドカップからの帰りのことだった。ワールドカップでウルグアイは4位に入っていた。

この不正直な使用人と彼女の夫そして姉(妹?)は取調べを受け、今週始め刑務所に入れられた。

Une employée de maison travaillant pour le sélectionneur uruguayen Oscar Tabarez lui aurait dérobé plus de 500 000 de dollars (environ 380 000 euros). Depuis deux ans, elle aurait abusé de sa confiance en détournant régulièrement des sommes comprises entre 500 et 1000 dollars. Selon El Pais, cet argent lui aurait permis de financer notamment l'achat d'une maison et l'ouverture d'une petite épicerie dans le centre de Montevideo. C'est au retour de la Coupe du monde, lors de laquelle il a mené son équipe à la quatrième place, qu'Oscar Tabarez a fini par repérer des mouvements suspects sur son compte. L'employée de maison indélicate, ainsi que son mari et sa soeur, ont été mis en examen et incarcérés en début de semaine. - D. A., à Santiago

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20101223_185046_tabarez-deleste-de-500-000-dollars.html
posted by フランスフット at 09:10 | TrackBack(0) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

セバスティアン・アブレウ、ボタフォゴとの契約を2012年まで延長

L'Equipe(フランス)27/07/2010

"Abreu jusqu'en 2012"
「セバスティアン・アブレウ、ボタフォゴとの契約を2012年まで延長」

2011年6月までボタフォゴと契約を結んでいたセバスティアン・アブレウはだが、契約を延長した。

セレステ(ウルグアイ代表の愛称)の一員としてワールドカップ4位になったアブレウは、一年契約を延長したことで、2012年6月までボタフォゴでプレーすることになる。

「エル・ロコ」(アブレウの愛称。狂人の意)はトルコのトラブゾンスポルなど、いくつかのヨーロッパのクラブから興味をもたれていた。

〔セバスティアン・アブレウ〕1976年10月17日、ウルグアイの首都モンテビデオの北東121kmに位置するミナス市生まれ。

1994−1996のあいだ、モンテビデオを本拠地とするクラブであるデフェンソール・スポルティングのユースに所属。1996年デフェンソール・スポルティングのトップチームに昇格し、すぐにアルゼンチンの強豪サン・ロレンソに移籍。1998年から2004年までスペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャと契約するが、その期間の大半をレンタル選手として中南米のクラブで過ごす。

2001−2002シーズンにはメキシコのクルス・アスルでリーグ戦18試合に出場し19得点。2002−2003シーズンには同じくメキシコのクラブ・アメリカでリーグ戦21試合に出場し15得点。「エル・ロコ」の名前はアブレウが、6ヶ国、20チーム以上にわたって在籍し、ゴールを量産してきたことに由来する。

2010年からボタフォゴに在籍。4月18日のフラメンゴ戦では決勝のPKを決め、チームは2−1で勝利。ボタフォゴはカンピオナート・カリオカで優勝した。



(2010年4月18日カンピオナート・カリオカ決勝、ボタフォゴ2−1フラメンゴ)


Lié avec Botafogo jusqu'en juin 2011, Sebastian Abreu a prolongé son contrat. L'attaquant international uruguayen, quatrième du Mondial avec la Celeste cet été, a signé un an de plus et a donc un bail jusqu'en juin 2012. "El Loco" intéressait plusieurs équipes européennes dont les Turcs de Trabzonspor.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100727_214115_abreu-jusqu-en-2012.html
posted by フランスフット at 03:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

フォルラン、プールに落とされる

L'Equipe(フランス)12/07/2010

"Forlan a fini dans la piscine"
「フォルラン、プールに落とされる」
le-twit-de-forlan.jpg


「このご褒美はチームメートのおかげだよ」とディエゴ・フォルランはワールドカップ2010最優秀選手に選ばれたことについて、ツィッターで反応した。

ウルグアイ代表そしてアトレチコ・マドリード所属のこのブロンドのフォワードは、セレステ(ウルグアイ代表の愛称)の11人の選手と写っている写真もアップロードしている。

その写真は「選手たちが自分をプールに落とす前に」撮影されたとフォルランは説明している。

ワールドカップ期間中、FIFA公認の人物たちがフォルランを大会MVPに選出していた。

フォルランは、オランダのヴェスレイ・スナイデル(21.8パーセント)、スペインのダビド・ビジャ(16.9パーセント)を上回った。

«C'est une récompense obtenue grâce mes partenaires», a réagi Diego Forlan sur son compte Twitter à sa distinction comme meilleur joueur (ballon d'Or) du Mondial 2010. Le blond attaquant de l'Uruguay et de l'Atletico Madrid a également posté une photo, où il pose avec onze joueurs de la Celeste. Elle a été prise «avant qu'ils ne me jettent à la piscine», a-t-il précisé. Forlan a été élu par les personnes accréditées pendant la Coupe du monde. Il a devancé le Néerlandais Wesley Sneijder (21,8%) et l'Espagnol David Villa (16,9%). (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100712_082301_forlan-a-fini-dans-la-piscine.html
posted by フランスフット at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

ディエゴ・フォルランはキャプテン翼のようだった

SO FOOT(フランス)07/07/2010

"Forlan a joué blessé"
「フォルラン、負傷しながらもプレー」

ディエゴ・フォルランはなんてかっこいい男なんだろう。

アトレチコ・マドリードで素晴らしいシーズンを送ったこのセレステ(ウルグアイ代表の愛称)の10番は、光り輝かんばかりのワールドカップを過ごした。

大会を通じてもそうだったが、昨晩の準決勝の試合でもチームのキープレーヤーだったフォルランは、負傷しながらもプレーしていたらしい。『サン』の伝えるところでは、この31歳のフォワードは試合開始直後に腿を負傷したが、後半39分に途中交代するまで耐えぬいたという。

決定力があって、うまくて、キャプテンで、負傷していたディエゴ・フォルランは、まさにキャプテン翼の特徴を一人で表していた。

Diego Forlan a la classe.
Auteur d’une excellente saison avec l’Atletico Madrid, le numéro 10 de la Céleste a réalisé une Coupe du Monde étincelante.

Joueur clé de son équipe hier soir lors de la demi-finale, comme tout au long de la compétition, Forlan aurait pourtant joué blessé. Selon The Sun, l’attaquant de 31 ans se serait blessé à la cuisse dès la première minute de jeu et aurait résisté jusqu’à sa sortie à la 84ème minute.

Décisif, bien foutu, capitaine et blessé, Diego Forlan sort tout droit d’Olive et Tom.

http://www.sofoot.com/forlan-a-joue-blesse-128853-news.html
posted by フランスフット at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

ウルグアイのセンターバックが韓国戦で負傷。ガーナ戦には間に合う見込み

L'Equipe27/06/2010

"Lésion musculaire pour Godin"
「ゴディン、筋肉の損傷」

土曜の韓国戦(2−1)で左腿を負傷し、ハーフライムで退いたウルグアイのディフェンダー、ディエゴ・ゴディン(ビジャレアル)は、日曜RMI検査を受けた。

フランス通信社の取材によるあるウルグアイ代表選手の話では、左腿の大腿四頭筋に筋肉の損傷が見つかったとのこと。しかし怪我からの回復は順調にすすんでいるため、金曜におこなわれる準々決勝ガーナ戦の出場は必ずしも危ぶまれていない。

一方、臀部を負傷していたホルヘ・フシーレ(FCポルト所属)は完全に回復し、ガーナ戦に間に合う見込み。

Touché à la cuisse gauche et sorti à la mi-temps face à la Corée du Sud samedi (2-1), le défenseur uruguayen Diego Godin a passé une IRM ce dimanche. Celle-ci a révélé une petite lésion musculaire au quadriceps de la cuisse gauche, selon un membre de la délégation de la Celeste cité par l'AFP. Sa participation au quart de finale face au Ghana, vendredi, n'est pas forcément remise en cause, puisque sa blessure évoluerait favorablement. Touché au muscle fessier, Jorge Fucile est pour sa part totalement remis et sera disponible face aux Black Stars.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100627_225704_lesion-musculaire-pour-godin.html
posted by フランスフット at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

韓国・ウルグアイ戦後、タバレス監督のコメント

L'Equipe(フランス)26/06/2010

Tabarez : «Ç'a été un combat»
「タバレス『戦いだった』」

ウルグアイは韓国に2−1で勝ち、1970年以来となるワールドカップ準々決勝進出を決めている。

このことにご満悦のウルグアイ代表オスカル・タバレス監督は、韓国選手たちのパフォーマンスについて語っている。

彼によれば、韓国選手たちのおかげでウルグアイはより上のレベルでプレーすることができたという。

「プレーするのがかなり難しい試合だった。わたしたちの相手が実践したサッカーのおかげで、われわれの勝利はより美しいものになった」と試合後タバレス監督は述べている。

「チームは個性と優秀さを示した。最後の十分間はいいプレーをしていた、二つ目のゴールは素晴らしかった。韓国は立派なチームで、非常にいいプレーをしていた。たぶんいくつかの場面で(自分たちは)ラッキーだったけれど、それは韓国にもあったこと。戦いの末、勝利をもぎとることができた。」

Heureux d'avoir mené la Celeste à son premier quart de finale depuis 1970 après une victoire sur la Corée du Sud (2-1), le sélectionneur uruguayen Oscar Tabarez a tenu à souligner la performance des Sud-Coréens, qui ont permis selon lui à son équipe de se sublimer. «C'était un match très dur à jouer. Notre victoire a été rendue plus belle par le football pratiqué par nos adversaires, a déclaré Tabarez après la rencontre. L'équipe a montré du tempérament et de la classe. On a bien mieux joué dans les dix dernières minutes et le deuxième but est magnifique. La Corée du Sud a fait un match superbe, ils ont très bien joué. Peut-être que l'on a été très chanceux sur certains points, mais eux aussi parfois. Notre victoire a été un combat.» (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100626_191221_tabarez-c-a-ete-un-combat.html
posted by フランスフット at 03:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。