2012年02月25日

ガーナ代表内部で黒魔術が横行か?

L'Equipe(フランス)24/02/2012

"De la sorcellerie en équipe du Ghana ?"
「ガーナ代表内部で黒魔術が横行か?」

金曜、BBCはガーナ代表監督のゴラン・ステヴァノヴィッチがアフリカネイションズカップ終了後、ガーナサッカー連盟に提出した文書の内容を明らかにしている。

このセルビア人監督とガーナサッカー連盟は契約延長について検討している最中だが、ステヴァノヴィッチは、ガーナ代表内部で激しい対立があることを明らかにし、「一部の選手たちは黒魔術を用い、チームを空中分解させようとした」と断定している。

「われわれはこのメンタリティを変えるために全員で助け合わなければならない」ともステヴァノヴィッチは書いている。

La BBC révèle ce vendredi la teneur d'un document que Goran Stevanovic, le sélectionneur du Ghana, aurait remis à sa Fédération à l'issue de la CAN. Le Serbe, dont la prolongation de contrat (ou non) est à l'étude, y fait part des dissensions qui existent au sein des Black Stars et affirme que ≪certains joueurs ont usé de magie noire pour se détruire mutuellement.≫ ≪Nous devons tous aider à changer cette mentalité≫, a ajouté Stevanovic. (avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/De-la-sorcellerie-en-equipe-du-ghana/266003
posted by フランスフット at 17:21 | TrackBack(0) | ガーナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

母のためにアフリカネイションズカップ優勝を誓うアンソニー・アナン

SO FOOT(フランス)07/02/2012

"Annan pour sa mère"
「母のためにアフリカネイションズカップ優勝を誓うアンソニー・アナン」

ガーナ代表ミッドフィルダー、アンソニー・アナンは先週木曜、お母さんの死を知らされ悲しみに沈んでいた。

しかしシャルケ04からフィテッセにレンタルされているこの選手は、この悲しい知らせを受け取った後も代表に残るという選択をし、アフリカネイションズカップ準々決勝のチュニジアとの試合に出場したのである(2−1でガーナ代表の勝利)。

アナンはお母さんのためにアフリカネイションズカップで優勝したいと語っている。

「母が亡くなったことはつらい。しかしこの大会で優勝するという目標を見失わないようにしたい。母の思い出に報いるには優勝することが一番だと思う。」

そしてアナンは、ブラックスターズのメンバー、スタッフ、そしてガーナサッカー連盟会長のクウェシ・ニャンタキからの支援を受けている。

「われわれはアンソニーそしてガーナにいる彼の家族と話し、つらい時期だけれどもわれわれは支えていきたいと伝えた。彼はチームを離れないという決断を下したから、サッカー連盟、選手たちそしてスタッフはこれからも彼の支えになっていくつもりだ。」

この男には信念がある。

Le milieu de terrain ghanéen, Anthony Annan a été endeuillé par la mort de sa mère jeudi dernier. Pourtant le joueur prêté par Schalke 04 au Vitesse Arnhem a décidé de ne pas quitter sa sélection après avoir appris la triste nouvelle et a disputé le quart de finale remporté (2-1) face à la Tunisie.

Il a même déclaré vouloir remporter la compétition pour elle: "Le décès de ma mère est douloureux, mais j'essaye de rester fixer sur l'objectif de gagner le tournoi. La victoire finale serait le meilleur moyen de saluer sa mémoire".

Annan a également été soutenu par l'ensemble de la délégation des Black Stars ainsi que par le président de sa fédération, Kwesi Nyantakyi: "Nous avons parlé avec Anthony et sa famille au Ghana pour lui offrir notre soutien en cette période délicate. Comme il a décidé de ne pas quitter l'équipe, les officiels, les joueurs et le staff continueront à lui apporter un appui permanent."

Ce mec a la foi.
AJ

http://www.sofoot.com/annan-pour-sa-mere-153089.html
posted by フランスフット at 11:36 | TrackBack(0) | ガーナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

出身国ガーナでは人気がないケヴィン・プリンス・ボアテング

SO FOOT(フランス)24/11/2011

"Boateng, pas prophète en son pays"
「出身国ガーナでは人気がないケヴィン・プリンス・ボアテング」

Kevin Prince Boateng.jpg

(写真:telegraph.co.uk

ケヴィン・プリンス・ボアテングは昨夜行われたACミラン対バルサの試合で見事なゴールを決めた。その一方、彼の出身国であるガーナの人たち全員がこの活躍に喜んでいたわけではない。

サンシーロの新お気に入り選手、ボアは11月4日、24歳の若さにしてガーナ代表引退を発表した。クラブでのキャリアと代表でのキャリアを両立させることができないからというのが口実である。

その結果ガーナでは、同国代表チームをキャリアアップ用のトランポリンのように利用したとして、ケヴィン・プリンス・ボアテングは批判されている。

事の経緯は以下のとおり。2010年6月、ベルリン生まれのケヴィン・プリンス・ボアテングはドイツ代表としてプレーするのは絶対に無理だろうと考えた。よってブラックスターズからの代表召集を受け入れた。手に入るもので我慢するということである。そしてワールドカップ2010で活躍した後、このタトゥーまみれのミッドフィルダーはACミランと契約した。

今回ボアテング「事件」が起こったことで、ガーナの新聞記者たちは最近、ガーナ外で生まれた二重国籍のガーナ人選手たちはガーナに対する気持ちが足りないと批判し、ガーナ代表を選択しないことを痛烈に非難していた。

ナショナルアイデンティティの問題を抱えているのはフランスだけではないということである。

Kevin Prince Boateng a marqué un but magnifique hier lors du match Milan AC-Barça, pourtant cela n'a pas fait kiffer tout le monde au Ghana, son pays d'origine.

Le Boa, nouvelle coqueluche de San Siro, avait annoncé sa retraite internationale le 4 novembre dernier à seulement 24 ans, prétextant de ne pas pouvoir se consacrer à la fois à sa carrière en club et en sélection. Du coup, au pays, on lui reproche de s'être servi de l'équipe nationale comme d'un tremplin pour sa carrière.

Rapide rappel des faits: en juin 2010, Boateng, né à Berlin, qui pensait sans doute ne jamais pouvoir jouer pour la Mannschaft, avait accepté la convocation des Black Stars. Faute de grives, on mange du merle. Dans la foulée d'une très bonne coupe du monde, le milieu de terrain surtatoué signe au Milan AC.

Avec l' "affaire" Boateng, les gratte-papiers ghanéens ont récemment stigmatisé le manque d'implication des joueurs binationaux nés à l'étranger et leur choix par défaut de la sélection.

Comme quoi il n'y a pas qu'en France qu'on a des problèmes avec l'identité nationale.
AJ

http://www.sofoot.com/boateng-pas-prophete-en-son-pays-150185.html
posted by フランスフット at 04:05 | TrackBack(0) | ガーナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

コンサートの最中に金をばら撒くエマニュエル・アデバヨール

SO FOOT(フランス)08/07/2011

"Adebayor allonge la monnaie"
「金をばら撒くアデバヨール」

ホワイトショートパンツ、ホワイトシャツ、ネクタイ、レイ・バンの大きなサングラス。昨シーズン、ピッチ上で活躍できなかったアデバヨール。今回もいつものように、そのルックスと態度のおかげで周りから浮いてしまった。

ガーナでバカンスを過ごしているこのトーゴ人がショーの主役になった。「ガーナ・ミーツ・ナイジャ(注:ナイジェリアの略称)」という地味なタイトルのコンサートに来ていたアデバヨールは舞台上に闖入。女性ダンサーたちの中に割って入り、札束をばら撒き出した。



この作戦の目的とは?今のところその意図は明らかにされていないが、注目されていないスターの突飛な思いつきといったところか。

札束はユーロ?ポンド?それともCFAフラン?

Short blanc, chemisette blanche, cravate, grosse Ray Ban, à défaut d’avoir été performant sur le terrain cette saison, Adebayor n’oublie jamais de détonner par son look et son attitude.
En vacances au Ghana, le Togolais a fait le show. Présent à un concert sobrement intitulé ≪ Ghana Meets Naija ≫, il a fait irruption sur scène, interrompu les danseurs et distribué à la pelle des billets de banque.
Le but de l’opération ? Encore inconnu, si ce n’est une lubie de star en manque d’attention.
Et les billets, euros, livres ou francs CFA ?
TL

http://www.sofoot.com/adebayor-allonge-la-monnaie-71-144473-videos.html
posted by フランスフット at 05:58 | TrackBack(0) | ガーナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

サンダーランドのアサモア・ギャンがBBCアフリカ年間最優秀選手に選ばれる

France Football(フランス)17/12/2010

"Gyan joueur africain de l'année (BBC)"
「ギャン、BBCアフリカ年間最優秀選手に選ばれる」

ガーナ代表としてワールドカップで大活躍したアサモア・ギャンがBBCアフリカ年間最優秀選手に選ばれた。

昨シーズン、レンヌに所属し、現在はサンダーランドでプレーしているギャンはBBCのインターネットサイト上でのファン投票によって選ばれた。

ギャンはディディエ・ドログバ、そしてインテルで三冠を達成した(チャンピオンズリーグ、セリエA、イタリアカップ)サミュエル・エトオを抑えての選出だった。

サンダーランドのサイトでギャンは「とてもうれしい」とコメントしている。公式トロフィーは月曜、カイロで本人に授与される。

Auteur d'une très belle Coupe du monde avec le Ghana, Asamoah Gyan (photo Presse-Sports) a été nommé joueur africain de l'année 2010 de la BBC. L'ancien buteur de Rennes, qui défend aujourd'hui les couleurs de Sunderland, a été plébiscité par les fans sur le site internet du média anglais. Il devance Didier Drogba, mais surtout Samuel Eto'o qui avait pourtant réalisé le triplé avec l'Inter Milan (Ligue des champions, Calcio, Coupe d'Italie). Sur le site de son club, Gyan a déclaré qu'il était ≪très heureux.≫ Le trophée officiel sera quant à lui remis ce lundi au Caire.

http://www.francefootball.fr/FF/breves2010/202308_gyan-joueur-africain-de-l-annee.html
posted by フランスフット at 05:14 | TrackBack(0) | ガーナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

ガーナのサポーターたちが国に送還される

L'Equipe(フランス)29/06/2010

"Des supporters renvoyés au pays"
「サポーターたちが国に送還される」

ガーナ政府の発表によると、南アフリカにきていた千人あまりのガーナサポーターがグループリーグ終了後国に送還された。

彼らは「不適切な行為をとった」ため処罰された。

Le gouvernement ghanéen a annoncé qu'un millier de supporteurs des Black Stars présents en Afrique du Sud ont été reconduits au pays après le premier tour. Ils ont été sanctionnés «pour mauvais comportement». (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100629_191129_des-supporters-renvoyes-au-pays.html
タグ:ガーナ
posted by フランスフット at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガーナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

ガーナ代表ギャン、17.4分おきにシュートをうつ

L'Equipe(フランス)26/06/2010

"Gyan frappe le plus"
「ギャンが最も多くシュートをうつ」

ガーナ代表のフォワード、アサモア・ギャンは今大会が始まってから17.4分おきにシュートを撃つという堂々たる数字を残している。彼の(PKによる)2得点が、ベスト16に進出した唯一のアフリカチームの全ゴールにあたる。よって当然彼は、2得点でガーナ代表の得点王ということになる。

このレンヌ(フランス、リーグ・アン)の選手のシュート数は15で、それはガーナが戦った三試合の総シュート数(42)の35.7パーセントにあたる。注目すべきは、ギャンの15本のシュートのうち、8本はペナルティーエリア外のものであること。

彼の2得点がPKによるものだとしても、初戦セルビア戦(1−0)で時折見せたようなペナルティーエリア外でのギャンの動きをアメリカは警戒すべきだろう。

L'attaquant ghanéen Asamaoah Gyan a un ratio impressionnant d'un tir toutes les 17,4 minutes depuis le début de la Coupe du monde. Avec deux buts (sur penalty), il a inscrit tous les buts du dernier représentant africain en huitièmes.

Logiquement meilleur buteur de son équipe avec ses deux réalisations, le joueur de Rennes a frappé 15 fois au but, soit 35,7 % du total (42) tenté par le Ghana en trois rencontres. À noter que huit de ses quinze tirs l'ont été depuis l'extérieur de la surface. Alors même si ses deux buts ont été marqués sur penalty, les Etats-Unis devront se méfier de son activité essentielle hors de la surface adverse entrevue notamment face à la Serbie (1-0) lors du premier match.
posted by フランスフット at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガーナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。