2012年10月16日

さらに貪欲な香川真司

L'Equipe(フランス)15/10/2012

"Kagawa en veut plus"
「さらに貪欲な香川真司」

金曜スタッド・ドゥ・フランスで行われたフランスとの親善試合で日本が「歴史的」勝利(0−1)を収めた際に得点を決めた香川真司だが、火曜のブラジルとの試合でも快進撃を続けたいと望んでいる。サムライブルーはブラジル代表と8回対戦して一度も勝ったことがない。

「ブラジルはフランスよりも強い。だから真の挑戦になるだろう」とこのマンチェスター・ユナイテッドのミッドフィルダーは説明している。香川はフランス代表との試合の前半、日本代表が非常に慎重だったことについて言及し、プレーで「さらにリスクを取る」ように喚起している。

「自分たちの目標は次のワールドカップで準々決勝に進出することだと、自分たちはすでに話している。ワールドカップまで2年間の準備期間があり、自分たちのプレーに対してもっと自信を持つことが必要だ。もっとうまくプレーするだけの能力が自分たちにはある。」

11月14日に予定されている次のワールドカップ2014アジア地区予選で、グループ首位を独走する日本は、ポール・ル・グエン率いるオマーンと対戦する。

Buteur lors de la victoire ≪historique≫ du Japon contre la France, vendredi en amical au Stade de France (1-0), Shinji Kagawa espère répéter l'exploit mardi en Pologne contre le Brésil, une équipe que les Samouraïs Bleus n'ont jamais battu en huit confrontations. ≪Le Brésil est plus fort que la France donc ce sera un vrai défi, explique le milieu de terrain offensif de Manchester United, qui pousse sa sélection à ≪prendre plus de risques≫ dans le jeu, en référence à sa première période très prudente contre les Bleus. ≪Nous avons déjà dit que notre objectif était d'atteindre les quarts de finale de la prochaine Coupe du monde. Nous avons deux ans pour nous y préparer, et ça passe par davantage de confiance dans notre jeu. Nous sommes capables de jouer mieux que ça.≫ Lors de son prochain match de qualification, le 14 novembre, le Japon, largement en tête de son groupe, affrontera Oman, la sélection entraînée par Paul Le Guen.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Kagawa-en-veut-plus/319827
タグ:香川真司
posted by フランスフット at 11:28 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

アルベルト・ザッケローニ「防戦一方にならないように」

L'Equipe(フランス)11/10/2012

"Zaccheroni : ≪Pas que subir≫"
「ザッケローニ『防戦一方にならないように』」

木曜、日本代表監督のアルベルト・ザッケローニは金曜に予定されているフランス代表との対戦(21時試合開始)について「非常に興味深く」「待ち遠しい」と語った。

その一方、このイタリア人監督は自分のチームが「防戦一方にならない」ように望んでいる。

「アジアではわれわれは対戦相手にプレッシャーをかけることになれています。しかしおそらくこれとは正反対のことになるでしょう。これはわれわれにとっては新しいことです。」

ザッケローニはフランス代表に対して賛辞を送っている。

「当然フランスはわれわれよりも強いですが、全力を出すようチームには指示を出します」とザッケローニは言う。

「ほとんど時間がない中、デシャンは非常にいい仕事をしました。デシャンはチームをコンパクトかつ堅固なものに変えました。そして前線に関しては、デシャンは選手たちに大きな自由を与えています。最も大事なことは勝利ではありません。われわれの試合内容そして経験を得ることが最も大事なのです。」


「香川はプレー、本田は微妙」

「われわれの目標はワールドカップに出場し、そこで好印象を与えることです。準備期間として二年間が残されています。この試合そしてブラジルとの試合から経験を得ることでしょう。フランスとブラジルは自分たちのプレースタイルを備えていますから」とさらにザッケローニは語っている。そして「一部の選手、特にヨーロッパでプレー時間があまりない選手たちのフィジカルコンディションが十分でない」ことを彼は心配している。

金曜、ザッケローニはドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した香川真司に信を置くことになるだろう。

「彼がゴール付近にいることが重要です。なぜなら彼はペナルティエリア内での決定力があるからです。しかしチーム全体のバランスのことを考えると、このチームでは香川を左でプレーさせる方がいいとわたしは思います」とザッケローニは締めくくっている。ふくらはぎを負傷した本田をスタメン起用するかどうかザッケローニはまだ決めていない。

Le sélectionneur du Japon, Alberto Zaccheroni, s'est dit jeudi ≪très curieux≫ et ≪impatient≫ d'affronter la France, vendredi en amical (21h00). Toutefois, le technicien italien souhaite que son équipe ≪ne fasse pas que subir≫. ≪En Asie, nous sommes habitués à mettre la pression sur l'adversaire mais là ce sera probablement l'inverse et c'est nouveau pour nous.≫

Zaccheroni s'est voulu élogieux envers les Bleus : ≪La France est naturellement meilleure que nous mais je vais demander à mon équipe de faire son maximum, a-t-il dit. En peu de temps, Deschamps a fait du très bon travail. Il a rendu son équipe compacte et solide. Et devant, il laisse une bonne dose de liberté à ses joueurs. Le plus important, ce n'est pas la victoire mais le contenu de notre match et acquérir de l'expérience≫.
Kagawa jouera, Honda incertain

≪Notre objectif est de participer au Mondial et d'y faire bonne figure. Il nous reste deux ans pour nous préparer. Grâce à ce match et celui contre le Brésil, deux équipes au style de jeu, on va acquérir de l'expérience≫, a encore déclaré Zaccheroni, inquiet du ≪manque de condition physique de certains joueurs et notamment ceux qui n'ont pas beaucoup de temps de jeu en Europe≫.

Vendredi, il devrait néanmoins faire confiance à Kagawa, passé cet été de Dortmund à Manchester United. ≪C'est important qu'il soit près du but car il est efficace dans la surface. Mais dans cette équipe, je préfère le faire jouer à gauche pour l'équilibre collectif≫, a-t-il conclu. L'entraîneur italien ne sait toujours pas s'il pourra compter dès le coup d'envoi sur Honda, touché à un mollet. (avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Zaccheroni-pas-que-subir/319058
posted by フランスフット at 17:06 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

『SO FOOT』が香川真司が出演するアディダスのCMを取り上げる「香川真司がビートボックスに挑戦」

SO FOOT(フランス)10/10/2012

"KAGAWA S'ESSAYE AU BEATBOX"
「香川真司がビートボックスに挑戦」



マンチェスター・ユナイテッドのミッドフィルダー香川真司は、彼の母国日本では俄然スターである。

アディダスがその香川をCMに起用したことは故無い話ではない。このCMは日本のテレビで流されることになっている。

日本のビートボクサー、Afraと共演した香川は曲に合わせてリフティングを披露し、マイクを手にしている。まあしかし、香川はボールをさわっていた方が気が楽なことは確かである。

10/10
Shinji Kagawa, milieu de Manchester United, est une star en puissance, chez lui au Japon. Pas pour rien qu'Adidas a récemment fait appel à lui, pour les besoins d'une publicité qui sera diffusée sur la télévision nippone.

En compagnie du beat boxer local Afra, Kagawa y effectue quelques jongles en musique, avant de prendre lui-même le micro. Ouais bah, il est plus à l'aise avec un ballon, c'est sûr.

AP

http://www.sofoot.com/kagawa-s-essaye-au-beatbox-151265-videos.html
posted by フランスフット at 11:31 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

FIFA.comによるなでしこジャパン特集記事「完成度を高める日本女子代表」

FIFA.com 08/08/2012

"Le Japon améliore la perfection"
「完成度を高める日本女子代表」

2011FIFA女子ワールドカップ覇者である日本は、そのショートパスプレーの質、決定力、そして驚きの持久力から、強い印象を与えていた。

そして今年のオリンピック女子サッカーで日本は、さらにそのスタイルを洗練させたことを証明している。

「わたしたちは今、去年よりもプレーをずっとうまくコントロールできています」とキャプテンの宮間あやは『FIFA.com』のマイクに語っている。

「わたしたちは、ぐらつくことなくリズムをキープもできます。そのことも、去年と比べて良くなったことです。」

アメリカ女子とのオリンピック決勝は、13ヶ月前に行われた2011FIFAワールドカップ決勝の再現となる。

代表68キャップの宮間あやは、ディフェンディングチャンピオンとのこの対決を、楽観的に待っている。

「わたしたちを前に、彼女たちはリベンジしようとモチベーション100%状態になるでしょう。わたしたちは冷静さを保って、自分たちの感情に流されることがないようにすることが大事になります」と宮間は予想する。

8月9日にウェンブリーで行われるこの非常に期待が高まる試合を前に、佐々木則夫監督率いる日本女子選手たちにとって、「コントロール」と「ディシプリン」は、二つのスローガンである。

さらに日本女子選手たちは、以前彼女たちを成功に導いた「慎み深さ」と「謙遜」という価値観に忠実なままでいる。二週間前、ディフェンダーの近賀ゆかりは『FIFA .com』のマイクに対し、以下のように強調していた。

「世界チャンピオンというタイトルを与えられていますが、わたしたちは挑戦者の立場です。」

ミッドフィルダー宮間は、同じ方向を向いている。

「準決勝でフランスは多くの点で、わたしたちより優っていました。決勝でわたしたちは、彼女たちと同じ精神状態を見せなければなりません。」


「自分たちのプレーをする」

日本女子代表選手たちはイギリスで新たなステップを踏み出している。そしてアメリカを相手にまた勝利を収めることで、彼女たちはそのステータスを固めようとしている。しかし宮間にとって、それは決勝でスペクタクル性溢れるプレーを見せようということではない。

なでしこの精神的な強さ、そして接戦をものにする能力こそが、日本女子代表が進化していることを示している。そしてアメリカ戦では、それらが彼女たちの最大の武器になると宮間は考えている。

「チャンスがわたしたちの方に転がり込んでくれるよう、わたしたちは一生懸命練習してきました」とこの27歳の選手は説明している。

フランス戦で2アシストを記録した宮間は、数多くのボールをインターセプトし、休むことなく、1対1での強さを発揮した。FIFA女子年間最優秀選手の澤穂希とともに、宮間が日本女子サッカーの顔の一人として見られているのは偶然のことではない。


「圧倒的力を証明するために」

アビー・ワンバックとアレックス・モーガンという恐るべきフォワードデュオを抑えるために、宮間はまたしても自身のミッドフィルダーとしてのクオリティを発揮しなければならない。

「自分たちのプレーをしなければなりません」と宮間は『FIFA.com』との対談中に強調している。

決勝戦の試合開始を前に、女子世界チャンピオンたちは、表彰台の最も高い位置に上るために必要とされるあらゆるクオリティを備えている。いずれにせよ、宮間は、13ヵ月の期間を経て、世界の舞台で日本女子代表が二つ目の栄光を手にするということの意味を認識している。

「ワールドカップ2011以来、日本では女子サッカーの人気が大きく上昇しました。今わたしたちは、新たな困難を乗り越え、ロンドンで新たに優勝して、このスポーツをわたしたちの国の中で本当の意味で確立させたいと思っています。」

Le Japon, vainqueur de la Coupe du Monde Féminine de la FIFA 2011トレードマーク(TM), a d'ores et déjà marqué les esprits par la qualité de son jeu de passes courtes, son efficacité et son impressionnante endurance. Cette année, au Tournoi Olympique de Football Féminin, les Japonaises prouvent qu'elles ont encore affiné leur style.
"Nous pouvons maintenant contrôler le jeu, mieux encore que l'année dernière", confirme leur capitaineAya Miyama au micro de FIFA.com. "Nous pouvons également tenir le rythme sans faiblir. Ça aussi, c'est une amélioration par rapport à l'an dernier."
La finale olympique face aux Etats-Unis sera une réédition de la finale de la Coupe du Monde Féminine de la FIFAトレードマーク(TM), 13 mois plus tard. C'est avec optimisme que la joueuse aux 68 sélections attend ce duel contre les tenantes du titre. "Face à nous, elles seront motivées à 100 % pour prendre leur revanche. Il sera important de garder notre sang-froid et de ne pas nous laisser aller à nos émotions", prévient-elle. Contrôle et discipline sont les deux mots d'ordre pour les joueuses de Norio Sasakiavant cette rencontre très attendue, qui se jouera ce 9 août à Wembley.
Les Japonaises restent en outre fidèles à ces valeurs de discrétion et de modestie qui leur ont si bien réussi par le passé. Il y a deux semaines, la défenseuse Yukari Kinga soulignait au micro de FIFA.com : "En dépit de notre titre de championnes du monde, nous sommes dans la peau du challenger". La milieu de terrain Miyama va aujourd'hui dans le même sens : "En demi-finale, les Françaises ont été meilleures que nous sur de nombreux aspects. Nous devons faire preuve du même état d'esprit qu'elles pour la finale".
"Imposer notre jeu"
Si les Nippones ont franchi une nouvelle étape en Grande-Bretagne et espèrent maintenant confirmer leur statut avec un nouveau triomphe contre les Stars and Stripes, il ne s'agit pas pour Miyama de livrer une prestation spectaculaire en finale. A ses yeux, c'est la force psychologique des Nadeshiko et leur capacité à s'imposer dans les duels serrés qui traduisent leur évolution et constitueront leurs meilleurs atouts face aux Américaines. "Nous avons travaillé dur pour que la chance soit de notre côté", explique la joueuse de 27 ans.
Auteure de deux passes décisives contre la France, elle a intercepté de nombreux ballons, ne s'est pas ménagée et s'est montrée solide dans les un-contre-un. Ce n'est pas un hasard si elle est considérée comme l'une des figures de proue du football féminin japonais avec la Joueuse Mondiale de la FIFA Homare Sawa.
Une domination à confirmer
Miyama devra s'appuyer à nouveau sur ses qualités de milieu de terrain pour contenir le redoutable duo d'attaquantes formé par Abby Wambach et Alex Morgan. "Nous devons imposer notre jeu", souligne-t-elle au cours de son entretien avec FIFA.com.
Avant le coup d'envoi de la finale, les championnes du monde possèdent toutes les qualités requises pour monter sur la plus haute marche du podium. Miyama est en tout cas consciente de la signification qu'aurait un second triomphe de la sélection nippone sur la scène mondiale en l'espace de 13 mois : "Depuis la Coupe du Monde 2011, la popularité du football féminin a énormément augmenté au Japon. Nous voulons maintenant franchir un nouveau cap et établir ce sport dans notre pays pour de bon, grâce à un nouveau sacre à Londres".

http://fr.fifa.com/womensolympic/news/newsid=1677039/index.html?intcmp=newsreader_news_caption
posted by フランスフット at 23:58 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

『レキップ』によるオリンピック男子サッカー・スペイン代表対日本代表戦評「日本代表がスペイン代表を降す!」

L'Equipe(フランス)26/07/2012

"Le Japon s'offre l'Espagne !"
「日本代表がスペイン代表を降す!」

オリンピックサッカー男子の大会初日に、初のビッグサプライズがあった。スペインが日本に敗れたのである。日本は最初から最後まで試合を支配していた(0−1)。

世界チャンピオンでユーロ2連覇を果たしているスペイン代表が目標としているのは、オリンピック金メダルである。しかしそのためには、それなりのプレーレベルを取り戻す必要があるだろう。なぜなら今日木曜、「ラ・ロヒータ」は惨憺たる出来で、荷物をまとめて大会を去るに値していたからである。コントロールを失う場面、まずいポジショニング、そしてまずい選択だらけだった!

アスピリクエタとエレーラに代わって起用されたモントヤとイスコだったが、非常に厳しい状態だった。このバルセロナの右サイドバックの選手は大津のマークについていなかったため、このボルシア・メンヒェングラートバッハのミッドフィルダーは、コーナーからのボールを蹴り込むことができた(前半34分)。さらにモントヤは、相手選手にゴールを決めるためのボールを与えたが、その選手はシュートに角度をつけすぎてしまった。

一方日本は、ラストプレーで明晰さを欠くことがしばしばだった。なぜなら、スペイン代表のセンターバックの鈍重さと、一番後ろのディフェンダーとしてファールをしたことでイニゴ・マルティネスが退場処分を受けたことにつけ入って、日本は非常に数多くの得点機を作っていたからである。

そして永井と清武はデ・ヘアを前にミスをした(後半13分、15分)。デ・ヘアは永井の美しいシュートをコーナーに弾き出し、決定的だった永井との一対一に勝利した(後半5分、ロスタイム1分)。

エレーラとロメウが投入されても、スペイン代表は何も変わらなかった。ハーフタイム後、フアン・マタはロッカールームから戻ってきたのかと、スペイン代表は疑問に感じていたことだろう・・・

日曜夜、スペイン代表は背水の陣で、モロッコ代表を押さえた(2−2)ホンジュラス代表と対戦する。

Première journée du tournoi masculin olympique de football et première énorme surprise : l'Espagne a été battue par un Japon qui a dominé la rencontre de bout en bout (0-1). Championne du monde, double championne d'Europe, la Seleccion rêve d'accrocher l'or olympique dans sa vitrine. Pour cela, il va falloir retrouver un niveau de jeu acceptable car ce jeudi, la Rojita a été catastrophique et aurait mérité de prendre une valise. Que de contrôles manqués, que de mauvais placements et choix ! Préférés à Azpilicueta et Herrera, Montoya et Isco ont été en grande difficulté. Le latéral droit de Barcelone n'était pas au marquage d'Otsu quand le milieu de Mönchengladbach a poussé au fond un corner (34e). Il a ensuite donné une balle de but à un adversaire, qui a trop croisé sa frappe.

Le Japon, d'ailleurs, a souvent manqué de lucidité dans le dernier geste. Car il s'est créé de très nombreuses occasions, profitant de la lourdeur de la charnière centrale ibérique ainsi que de sa supériorité numérique suite à l'expulsion d'Inigo Martinez pour une faute en tant que dernier défenseur. Ainsi, Nagai et Kiyotake ont pêché juste devant De Gea (58e, 60e). Ce dernier a aussi détourné en corner une jolie frappe et a gagné un gros duel contre Nagai (50e, 91e). Les entrées d'Herrera et de Romeu n'ont rien changé pour une Espagne qui se demande encore si Juan Mata est bien sorti des vestiaires... Dimanche soir, les joueurs de Luis Milla seront dos au mur face à un Honduras qui a tenu le Maroc en échec (2-2).

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Le-japon-s-offre-l-espagne/301151
posted by フランスフット at 01:40 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

『レキップ』による日本代表対オマーン代表記事「いい出だしを切った日本」

L'Equipe(フランス)03/06/2012

"Le Japon commence bien"
「いい出だしを切った日本代表」

ワールドカップ2014アジア地区3次予選では6試合でたったの2勝だった(グループD)ポール・ル・グエン監督率いるオマーン代表だが、それにもかかわらず4次予選に進出していた。

日本との4次予選最初の試合は問題の残るものになった。オマーン代表は大敗したのである(0−3)。3次予選ではイランにつぐ得点数を記録したザッケローニ監督率いる日本代表は日曜夜、躍動し、本田(美しい左足のボレー)、前田(オフサイドの位置からの得点)、岡崎(ゴール直前)がゴールを決めた。

シュトゥットガルトに所属する岡崎は、日本代表での最近7試合で7得点を記録している。

Auteur de seulement deux victoires sur les six matches de qualifications du troisième tour (poule D), l'Oman de Paul Le Guen était tout de même passé au quatrième tour. Son entrée en matière au Japon a laissé à désirer : la sélection a été largement battue (0-3). Deuxième meilleure attaque de la troisième phase derrière l'Iran, les Japonais de Zaccheroni ont déroulé ce dimanche soir et ont marqué par Honda (belle volée du gauche), Maeda (en position de hors jeu) et Okazaki (de près). Ce dernier, pensionnaire de Stuttgart, a inscrit sept buts lors de ses sept dernières capes.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Le-japon-commence-bien/288691
posted by フランスフット at 12:44 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

日本代表が欧州組のみでアゼルバイジャンと親善試合で対戦へ

L'Equipe(フランス)10/05/2012

"Le Japon avec ses "Européens""
「日本代表が欧州組のみでアゼルバイジャンと対戦へ」

6月3日に予定されているワールドカップ2014予選・オマーン戦、そして6月8日のヨルダン戦に向けて、アルベルト・ザッケローニ監督率いる日本代表は5月23日にアゼルバイジャンと親善試合で対戦する。その際の日本代表チームは、ヨーロッパでプレーしている選手のみで構成されることになる。

ここ三試合で二敗しているサムライブルーの監督は、例えば香川真司を招集して、新たにチームにポジティブな原動力を与えようとしている。このドルトムントの司令塔は最近ドイツチャンピオンに輝いている。

またザッケローニは、ロシアのCSKAモスクワでプレーしている日本のスター、本田圭佑の招集も考えている。さらには日本代表のキャプテンであるヴォルフスブルクの長谷部誠、インテルの長友佑都がいる。

En vue des ses prochains matches qualificatifs pour la Coupe du monde 2014, qui débutent le 3 juin contre Oman et le 8 face à la Jordanie, le Japon d'Alberto Zaccheroni projette d'affronter l'Azerbaïdjan en amical le 23 mai avec une équipe uniquement composée de joueurs évoluant en Europe. Le sélectionneur des Samouraï Blue, qui restent sur deux défaites lors des trois derniers matches officiels, envisage par exemple d'appeler Shinji Kagawa, le meneur de jeu de Dortmund, fraîchement sacré champion d'Allemagne, pour impulser une nouvelle dynamique positive à son équipe. Il compte aussi s'appuyer sur Keisuke Honda, sa star qui évolue en Russie au CSKA Moscou, tout comme sur son capitaine habituel Makoto Hasebe, qui joue à Wolfsburg, ou encore sur l'Intériste Yuto Nagatomo.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Le-japon-avec-ses-europeens/282782
posted by フランスフット at 20:30 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

『SO FOOT』がドイツサッカーと日本人選手の関係を論じる「ブンデスリーガにおけるジャパニメーション」(3)

SO FOOT(フランス)05/05/2012

「よい協力関係」

これら日本人選手と交渉するのは厳しそうである。しかし(とりわけ)それだからこそドイツ人たちは日本人選手が好きなのである。昨年ドイツと日本は日独交流150周年を祝った。ドイツと日本のあいだには多くのやりとりがあった。いいこと(日本が受容したドイツ民法、メイド・イン・ジャーマニーの医学)もあればあまりよくないこと(歴史家のマンフレッド・オステンはジャップのことを「アジアのプロシア人たち」と表現している。そしてヒトラーとヒロヒトの類似点を忘れてはならない)。ドイツ人たちが日本人たちに対して本当にいい感情を抱いているのは、彼らが考えている意味での規律のためでもある。その規律によって往々にしてものごとが幾分簡単になるのである。

「日本にはディスカッションなど存在しません。相手が言いたいことを聞いてから、尋ねるのです。また、日本人選手はあまりにも真面目ですから、常軌を逸したりアルコールの問題などを抱えることなどありません」とマイトは確証している。

それゆえパフォーマンスが一定のレベルに達していなくても、中田英寿の同国人たちにはつねにいいイメージがもたれている。これでハンブルガーSVのファンたちがスシボンバー(これによりスタジアム前には寿司の屋台ができた。ドイツ人たちによる「無礼な行為」である)と名づけた高原直泰にほれ込んでいたことが理解できる。高原はあまり得点を決めなかったが(97試合で13得点)際立った存在であり、非の打ち所がない精神状態を見せていた。そのことにより彼は観客たちからの寵愛を受けただけでなく、新聞からも敬意を表されていたのである。仕事に関しては真剣でなければならない。

もっとも、新聞は以上のことに関して非常に敏感であるため、当月の営業成績優秀者を表彰することにかけては躊躇などない。最近『ディ・ヴェルト』のジャーナリストであるオスカー・ベックは論説を発表したが、その中で彼はユーロ2012に向けて酒井高徳をドイツに帰化させるよう、ヨアヒム・レーヴに勧めている。冬の移籍市場でシュトゥットガルトに加入したこの右サイドバックの選手は非常に能力が高いため、シュトゥットガルトのサポーターたちは、若いときのフィリップ・ラームと酒井高徳を比較しているほどである。酒井が帰化すれば、ラームにとっては能力を最も生かせる左サイドバックでプレーすることができる。そして具合のいいことに、酒井はドイツ人の祖母をもっているのである。オスカー・ベックの論説は日本で大々的に取り上げられ、日本人たちは才能ある選手たちの一人を盗られる可能性があることに気づきだした。しかし酒井の帰化を望むのは普通のことである。酒井であろうと他の選手であろうと、日本人サッカー選手たちはキャプテン翼である。つまり彼らは勝つためにやって来たのだ。

Un échange de bons procédés

Ils ont l’air durs en négociations, ces Japonais. Mais c’est pour ça (entre autres) que les Teutons les adorent. L’an dernier, les deux pays ont célébré le 150ème anniversaire de l’amitié germano-japonaise. Deux pays qui ont beaucoup échangé, du bon (droit civil allemand repris par les Nippons, de même que les techniques médicinales made in Germany) et du moins bon (l’historien Manfred Osten ayant décrit les Japs comme étant ≪ les Prussiens de l’Asie ≫, sans oublier les affinités Hitler/Hiro Hito). Si les Allemands ont un véritable crush pour les Japonais, c’est aussi pour leur sens de la discipline, qui rend les choses parfois un peu plus faciles. ≪ Au Japon, la discussion n’existe pas. On écoute ce que l’autre a à dire, et ensuite on demande. Sinon, un footballeur japonais est trop sérieux pour déraper et avoir des problèmes d’alcool ou je ne sais quoi d’autre ≫, confirme Meid. Du coup, même quand ses performances ne sont pas au niveau, un compatriote de Hidetoshi Nakata aura toujours une image sympa. On comprend pourquoi les fans duHambourg SV se sont amourachés de Naohiro Takahara, renommé le Sushi-Bomber (ce qui a donné la naissance d’un stand à sushis devant le stade, ≪ sacrilège ≫ outre-Rhin); même s’il n’a pas beaucoup marqué de buts (13 en 97 matchs), Takahara a fait marquer, et a surtout fait preuve d’un état d’esprit irréprochable, qui lui a valu l’amour du public, donc, mais aussi le respect de la presse. On ne rigole pas avec le travail.

D’ailleurs, la presse ne rigole tellement pas avec ça que s’il y a moyen de faire d’un joueur l’employé du mois, il n’y a pas d’hésitation. Récemment, Oskar Beck, journaliste à Die Welt, a rédigé un édito dans lequel il encourageait Joachim Löw à naturaliser Gotoku Sakai en vue de l’Euro. Le défenseur droit, arrivé àStuttgart au mercato d’hiver, est tellement fort que les supporters souabes le comparent à Philipp Lahm lors de ses jeunes années. La naturalisation de Sakai permettrait d’ailleurs à Lahm de jouer sur le côté gauche, côté où il est le plus fort. En plus, ça tombe bien, Sakai a une grand-mère originaire de Franconie. Cet édito a été relayé massivement au Japon, les Japonais commençant à se rendre compte qu’ils pourraient se faire voler l’un de leurs talents. En même temps, normal. Que ce soit Sakai ou un autre, les footballeurs japonais, c’est comme Olive et Tom: ils sont venus pour gagner.

Par Ali Farhat

http://www.sofoot.com/japanimation-en-bundesliga-156500.html
posted by フランスフット at 23:15 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『SO FOOT』がドイツサッカーと日本人選手の関係を論じる「ブンデスリーガにおけるジャパニメーション」(2)

SO FOOT(フランス)05/05/2012

「適応するのに支払わなければならない一定の代価」

ピッチ上で自らを適応させることと、日常生活で自らを適応させることは別の話である。総じて日本人選手たちには、基本的に、法外な値段はかからないが(ドルトムントが香川獲得に支払った額は35万ユーロ、シャルケは内田獲得のために150万ユーロを支払っている)、何も知らない国で居心地よく感じてもらうようにする必要がある。

「一般的に言って、日本人選手たちはドイツでも西側のクラブにいます。なぜならデュッセルドルフやジャパンタウンがあり、そこでは確実に日本人に会うことができますし、日本食を食べることができるからです。それだけでなく、西側のクラブは総じてお金を持っています。日本での生活の質は非常に高いことを頭に入れておかなければなりません。ですから選手たちはそれと同じことをドイツでも見出そうとします。よって日本人選手たちは一ヶ月分の給料を計算し、ドイツですでに所有しているものを見て、そしてその新しい環境の中で欲しいものを考えますが、クラブ側は困って髪をかきむしり、日本人選手たちの給料の保証はできないという結論に時として達するのです」とフラウ・マイトは考えている。

神戸牛を食べている選手を十分にもてなそうと思っても、その選手が200cmのプラズマテレビを前に米と魚をたらふく食べるのを目にし、さらにはソニーのガジェット一式を使って話をしているのを目にすれば、それなりの代価を支払わなければならないことに気づくのは明らかである。

Une adaptation, mais à un certain prix

S’adapter sur le terrain, c’est une chose. S’adapter la vie de tous les jours, c’en est une autre. Si le Japonais ne coûte généralement pas une somme exorbitante à la base (Dortmund a dépensé 350K pour Kagawa, Schalke 1,5 million pour Uchida), il faut faire en sorte que le joueur se sente bien dans un pays dont il ne connaît absolument rien. ≪ Généralement, les Japonais se retrouvent dans les clubs de l’ouest de l’Allemagne. Parce qu’il y a Düsseldorf et son Japantown, où il est sûr de trouver des compatriotes et manger des choses de chez lui, mais aussi parce que les clubs de l’ouest sont ceux qui ont généralement le plus d’argent. Il faut savoir qu’au Japon, les gens ont une très bonne qualité de vie. Et le joueur veut retrouver la même en Allemagne. Quand il calcule ce qu’il gagne par mois, quand il voit ce qu’il a déjà au pays et ce qu’il aimerait avoir dans son nouvel environnement, les clubs s’arrachent les cheveux et en viennent parfois à la conclusion qu’ils ne peuvent pas assurer les émoluments du joueur ≫, estime Frau Meid. C’est clair que pour ravitailler un joueur en bœuf de Kobé, le voir se gaver de riz et de poisson devant son écran plasma de 200 cm et le voir se la raconter avec toute la panoplie de gadgets Sony, il faut savoir mettre le prix.

http://www.sofoot.com/japanimation-en-bundesliga-156500.html
posted by フランスフット at 23:02 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『SO FOOT』がドイツサッカーと日本人選手の関係を論じる「ブンデスリーガにおけるジャパニメーション」(1)

SO FOOT(フランス)05/05/2012

"Japanimation en Bundesliga"
「ブンデスリーガにおけるジャパニメーション」

日本人にとってドイツサッカーは特別な称賛の的でありつづけてきた。それは『オリーヴ・エ・トム』(注:『キャプテン翼』のフランス語訳)を見れば明らかである。

1981年に高橋陽一が発表した『キャプテン翼』の第1作で、全日本ユースはフランスで開催されたジュニアユースに出場する。決勝で対戦するのはアルゼンチン(1978年、1986年のワールドカップチャンピオン)、イタリア(1982年ワールドカップ優勝)ではなく、ブラジル(ワールドカップ三回優勝)でもなく、「皇帝」ことカール・ハインツ・シュナイダー、そしてマンフレッド・カルツ(注:ヘルマン・カルツのこと)率いる西ドイツだった。トマ・プライス(注:若林源三のこと)はハンブルクでプレーしてさえいる。なぜこれほどこの西ドイツのチームに対して好感を抱いているのか?


「推進者となったデトマー・クラマー」

その答えは二語で表されるかもしれない。デットマール・クラマーである。大旅行家であるこのドイツ人監督は60年代に日本にやって来た。日本サッカーがまだプロ化されていない時代である。

「デットマール・クラマーはサッカーの理論を持ち込み、すぐに日本の観客を魅了しました。単純に言ってしまうと、クラマーはドイツではあまり知られていませんが、日本ではいまでも彼とインタビューしたがっているジャーナリストたちがたくさんいるのです」とデュッセルドルフにある日独協会会長のピア・トモコ・マイトは断言する。デュッセルドルフにはドイツ最大のジャパンタウンがある(6000人)。

クラマーの仕事のおかげで、激しく、テクニックがあり、戦闘意欲がある選手たち(ドイツではそういう選手たちが好かれている)が見出され、そしてクラマーの助言に従ってブンデスリーガに送り込まれることになった。

おそらく以上の流れから、ヨーロッパでプレーした最初の日本人選手である奥寺康彦がデュッセルドルフからほど近いケルンにたどり着いたのだろう。彼は「FC」に加入した最初の年である1978年にタイトルを獲得している。

その後オクデラサンは数年間にわたってドイツを転々とし(ベルリン、ブレーメン)、日本に戻って引退。そして日本サッカー協会に入った。このおかげでサッカー面でのドイツと日本の関係が強まることになる。マイトは以下のように語る。

「その後、ピエール・リトバルスキーやギド・ブッフバルトのようなビッグプレーヤーがやって来てプレーし、日本で監督を務めました。その結果、選手たちは自分たちの監督の出身国に行ってプレーしたいと思うようになりました。彼らは「ドイツ式」サッカーの実践を学んでいるので、(ドイツの)ピッチ上で自分たちを適応させることはそれほど難しいことではありません。」

ドイツで24人の日本人選手がプレーし、その三分の一がブンデスリーガに所属している理由は以上のことにより説明される。

Les Japonais ont toujours eu une admiration particulière pour le football allemand. Il n’y a qu’à voir Olive et Tom. Dans la première partie du manga crée en 1981 par Yoichi Takahashi, ≪ Captain Tsubasa ≫ et ses potes de l’équipe nationale du Japon disputent un tournoi de juniors en France. En finale, ils retrouvent non pas l’Argentine (championne du monde 78 et 86), non pas l’Italie (sur le toit du monde en 82), ni même le Brésil (pourtant trois fois lauréat), mais la terrible équipe d’Allemagne, menée par le ≪ Kaiser ≫ Karl-Heinz Schneider et Manfred Kaltz. Thomas Price ira même évoluer à Hambourg. Mais pourquoi tant de sympathie pour cette équipe de Panzers?


Dettmar Cramer, l’instigateur

La réponse tient peut-être en deux mots: Dettmar Cramer. Le technicien allemand, grand voyageur, s’est pointé au pays du Soleil Levant dans les années 60, à une époque où le football japonais n’était pas encore professionnel. ≪ Dettmar Cramer est venu avec ses théories du football et a tout de suite séduit le public japonais. C’est simple, Cramer n’est pas très connu en Allemagne, alors qu’au Japon, il y a des tas de journalistes qui veulent encore l’interviewer ≫, assure Pia-Tomoko Meid, directrice de la Société Germano-Japonaise (DJG) de Düsseldorf, ville qui compte le plus grand Japantown outre-Rhin (6000 habitants). Le travail de Cramer a permis de repérer des joueurs vifs, techniques et surtout combatifs (comme on aime en Allemagne) pour les envoyer ensuite sur ses conseils en Bundesliga.

C’est peut-être pour ça que Yasuhiko Okudera, le premier Japonais à évoluer en Europe, a atterri non loin de là, à Cologne, où il a remporté le titre dès sa première année avec le ≪ FC ≫ en 1978. Par la suite, Okudera-San a bourlingué quelques années en Allemagne (Berlin, Brême) avant de retourner au pays pour y finir sa carrière et intégrer la Fédé (JFA). Ce qui permettra de renforcer les liens entre les deux pays au niveau du football. Meid toujours: ≪ Par la suite, de grands noms comme Pierre Littbarski ou Guido Buchwald sont venus jouer, puis entraîner au Japon. Du coup, ça donne envie aux joueurs d’aller jouer dans le pays d’où leurs coachs sont originaires. Comme ils ont appris à pratiquer un football ≪ à l’allemande ≫, leur adaptation n’est pas si difficile que ça sur le terrain ≫. Ce qui explique pourquoi ils sont 24 à évoluer en Allemagne, dont le tiers dans l’élite.

http://www.sofoot.com/japanimation-en-bundesliga-156500.html
posted by フランスフット at 22:53 | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。