2011年12月22日

リオネル・メッシのいとこがパラグアイチャンピオンに

SO FOOT(フランス)19/12/2011

"Le cousin de Messi champion"
「リオネル・メッシのいとこがパラグアイチャンピオンに」

フットボールでは家族がらみの話がしばしば話題に上ってくる。

日曜、レオ・メッシがサントスのディフェンスを苦しめていた一方、メッシのいとこであるマクシミリアーノ・ビアンクッチがパラグアイチャンピオンに輝いた。

「ラ・プルガ」よりもさらに小さいビアンクッチ(1m64cm)のキャリアは、このバロンドールを受賞した選手のよりも一筋縄にはいかなかった。しかしフラメンゴ、クルス・アスルでもプレーしたこのアルゼンチン人ウインガーは、いまやオリンピア・アスンシオンのスター選手である。

昨日このパラグアイで最も人気のあるクラブは、マクシ・ビアンクッチのゴールのおかげで、ルビオ・ニュを降すことができた(2−1)。エスタディオ・デフェンソーレス・デル・チャコは熱狂していた。オリンピア・アスンシオンにとっては11年ぶりの優勝だった。

パラグアイチャンピオンになった一方、いとこは世界のクラブのチャンピオンに。ちょっとしたジェラシーが生まれるにちがいない。

Le football est souvent une affaire de famille. Pendant que Léo Messi martyrisait la défense de Santos ce dimanche, son cousin Maxi Biancucchi devenait champion du Paraguay.

Encore plus petit que la Pulga, Biancucchi ( 1m64) a connu une trajectoire moins linéaire que celle du Ballon d'or. Passé par Flamengo ou Cruz Azul, l'ailier argentin est désormais la star de l'Olimpia Ascuncion. Hier, son but a permis au club le plus populaire du Paraguay de battre Rubio Ñu (2-1), dans un stade Defensores del Chaco en délire, et de reconquérir le titre de champion, 11 ans après son dernier sacre.

Etre champion du Paraguay quand ton cousin est champion du monde des clubs, ça doit foutre un peu la haine.
AJ

http://www.sofoot.com/le-cousin-de-messi-champion-151109.html
posted by フランスフット at 02:33 | TrackBack(0) | パラグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

コパ・リベルタドーレスの試合後、サントスサポーターたちが強盗に変身?

L'Equipe(フランス)02/06/2011

"Supporters voleurs ?"
「サポーターたちが強盗に変身?」

水曜夜、ブラジルへの帰途に就いていたサントスのサポーター60名がパラグアイ警察から取調べを受けた。

コパ・リベルタドーレス準決勝でサントスがパラグアイのセロ・ポルテーニョを降し(3−3、1−0)決勝進出を決めたのをサントスサポーターたちが見届けた後の出来事だった。

アスンシオン郊外の商売人たちは、試合後にサントスサポーターたちが略奪を行い店を破壊したと通報していた。

警察によりフーリガンと同定されたサポーターたちだが、爆竹を商売人たちに投げつけ、彼らの当日の売り上げ収入を略奪したという。

容疑者たちは検事の取調べを受ける。サポーターたちは最終的に窃盗ならびに治安騒擾の容疑がかかる可能性がある。

Une soixantaine de supporters de Santos ont été interceptés par la police paraguayenne sur la route de leur retour au Brésil, mercredi soir. Ils venaient d'assister à la qualification de leur équipe pour la finale de la Copa Libertadores face aux Paraguayens de Cerro Porteno (3-3, 1-0). Ils sont accusés par des commerçants de la banlieue d'Asuncion d'avoir volé et vandalisé leurs magasins en marge de la rencontre. Ces supporters, identifiés par la police comme des hooligans, auraient lancé des pétards dans les échoppes avant de mettre la main sur les recettes de la journée. Les interrogatoires des suspects menés par un procureur pourraient déboucher sur des inculpations pour vol et troubles à l'ordre public. (AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110602_165759_supporters-voleurs.html
posted by フランスフット at 06:11 | TrackBack(0) | パラグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

期待の若手アルゼンチン人ゴールキーパーがパラグアイで自殺

SO FOOT(フランス)07/02/2011

"Suicide d’un gardien argentin"
「期待の若手アルゼンチン人ゴールキーパーがパラグアイで自殺」

アルゼンチンとパラグアイで動揺が起こっている。

21歳のマルティン・カブレラがリンピオ市内の自宅で死亡しているところを発見された。この選手はパラグアイのクラブ、セロ・ポルテーニョの期待のゴールキーパーだった。

このアルゼンチン人ゴールキーパーは、頭を銃弾で撃たれ地面に倒れていた。自殺との見方が大半である。

前日、マルティン・カブレラが練習に姿を見せなかったことから、監督とチームメートたちは不審に感じていたという。警察はカブレラの自宅に立ち入り、彼の死体を発見した。

全くの偶然か否か、セロ・ポルテーニョは昔からパラグアイサッカー界の腐敗と戦ってきた、唯一のパラグアイのチームと認識されている。セロ・ポルテーニョは不正取引をする幹部が率いるチームたちに対抗していた。このことと今回の事件は何も関係がないといえるのだろうか?

Émotions en Argentine et au Paraguay. Martin Cabrera, 21 ans, prometteur gardien du club paraguayen de Cerro Porteño, a été retrouvé mort dans sa résidence d’El Dorado de Limpio.
Le portier argentin, gisant au sol avec une balle dans la tête, s’est, selon toute vraisemblance, donné la mort. Son entraîneur et ses coéquipiers avaient donné l’alerte hier, ne le voyant pas prendre part à l’entraînement. Intervenue à son domicile, la police a trouvé le corps déjà sans vie.
Coïncidence ou non, le club de Cerro Porteño est, depuis toujours, considéré comme la seule équipe au Paraguay essayant de lutter contre la corruption dans le football paraguayen, s’opposant ainsi à celles dirigées par des trafiquants. Il dit qu’il voit pas le rapport ?
EM

http://www.sofoot.com/suicide-d-un-gardien-argentin-137364-news.html
posted by フランスフット at 11:36 | TrackBack(0) | パラグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

パラグアイは軽めの調整

L'Equipe(フランス)30/06/2010

"Séance légère pour les Guaranis"
「パラグアイは軽めの練習」

準々決勝進出を決めた後の練習で、パラグアイは軽めに調整した。日本戦でスタメンだった選手はコンディションを取りもどすための調整をした。一方控えだった選手たちは練習試合をこなした。

パラグアイは、ヨハネスブルクに移動する前の木曜午後と金曜午前の時間を練習に充てる予定である。

パラグアイは土曜にスペインと同国史上初の準決勝進出をかけてスペインと対戦する。

Pour son premier entraînement depuis sa qualification pour les quarts de finale, le Paraguay a effectué une séance légère. Les titulaires de la rencontre face aux Japonais ont réalisé des exercices de récupération, tandis que les remplaçants ont disputé un match amical.

Les Guaranis doivent à nouveau s'entraîner jeudi après-midi et vendredi matin avant de se rendre à Johannesburg. Ils joueront samedi, contre l'Espagne, le premier quart de finale de leur histoire. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100630_200822_seance-legere-pour-les-guaranis.html
タグ:パラグアイ
posted by フランスフット at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | パラグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

パラグアイ監督マルティーノ「神はわれわれのほうにいた」

L'Equipe(フランス)29/06/2010

"«Dieu était avec nous»"
「神はわれわれのほうにいた」

同国初のW杯準々決勝進出を果たしたパラグアイは、自分たちに運があったことをよくわかっている。

「神はわれわれのほうにいた」と試合終了後涙を流して喜んだパラグアイ監督ヘラルド・マルティーノは声を上げている。

「さあ、われわれはまださらに先に進みたいんだ!」

オスカル・カルドソも同じように天に感謝した。

「今までたどり着けなかった準々決勝にいけることを神に感謝します。みんな本当に喜んでいる。おまけに自分は勝利のPKを決めた!日本にはとてもいい選手たちがいて、かなり大変だった。」

Qualifiés pour les quarts de finale d'un Mondial pour la première fois de leur histoire, les Paraguayens sont conscients qu'ils ont eu de la chance. «Dieu était avec nous, s'est exclamé le sélectionneur Gerardo Martino, qui a éclaté en sanglots à la fin de la rencontre. Maintenant, nous voulons aller encore plus loin !».
De son côté, Oscar Cardozo a également remercié le ciel : «Je remercie Dieu d'être en quarts de finale, ce que l'on avait jamais fait. On est tous très heureux. En plus, j'ai marqué le tir au but vainqueur ! C'était très dur car le Japon aussi a de très bons joueurs.»

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100629_192625_-dieu-etait-avec-nous.html
posted by フランスフット at 03:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | パラグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

パラグアイ監督「ほっとしている」、ニュージーランド監督「こんなふうに大会を終えることができるなんて最高だ」

L'Equipe(フランス)24/06/2010

«Un sentiment mitigé»
「ほっとしている」

ニュージーランド相手にさみしく引き分けた(0−0)にもかかわらずグループF一位のパラグアイは、ベスト16でオランダと当たるのを避けることができた。

一方、パラグアイ代表のヘラルド・マルティーノ監督は口数が少なかった。

「当然決勝トーナメント進出はうれしいが、前半は本当にまずいプレーをしてしまった・・・ハーフタイム後はまだよかったが。攻撃的な形で試合を終えられるだろうと思っていたが、なにも機能しなかった!」とパラグアイ監督は悔やんでいる。

マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたロケ・サンタ・クルスは露骨に感情を表している。

「ニュージーランドは本当にディフェンシブにプレーしてきた・・・試合は本当に退屈だった。一位通過できてよかったけどね!」

イタリアを上回るグループリーグ3位になったニュージーランドは、そんなふうには捉えていない。

「夢じゃないかどうか自分をつねならいといけない。こんなふうに大会を終えることができるなんて最高だ。多くの人たちはニュージーランドはアマチュアチームで、自分たちの居場所はここにはないと思っていたけど、これからはそんなことを言う人なんていないだろう」とキウイ監督のリッキー・ハーバートは大きな声で答えている。

Premier du groupe F malgré un triste nul contre la Nouvelle-Zélande (0-0), le Paraguay devrait éviter les Pays-Bas en huitièmes de finale. Pourtant, Gerardo Martino a joué la fine bouche. «Evidemment, je suis très content de la qualification. Mais on a tellement mal joué en première mi-temps... Après la pause, c'était mieux. On pensait bien s'en sortir offensivement mais rien n'a fonctionné !», a regretté le technicien guarani. Elu homme du match, Roque Santa Cruz en a bavé en attaque : «Ils ont joué tellement défensivement... Le match est devenu très ennuyeux. Heureusement, on termine à la première place !»

Troisième du groupe devant le champion du monde italien, la Nouvelle-Zélande n'en revient pas. «Je dois me pincer pour voir que ce n'est pas un rêve. Sortir du Mondial de cette façon-là, c'est parfait. Beaucoup de gens pensaient qu'on était des amateurs, qu'on n'avait pas notre place ici. Désormais, personne ne dira ça à nouveau», s'est exclamé Ricki Herbert, le sélectionneur des Kiwis.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100624_181640_-un-sentiment-mitige.html
posted by フランスフット at 02:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | パラグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。