2011年11月17日

親善試合でアルジェリア代表が・・・アルジェリア代表を降す

SO FOOT(フランス)16/11/2011

"L'Algérie bat...l'Algérie"
「親善試合でアルジェリア代表が・・・アルジェリア代表を降す」

普段ならアマチュアサッカーで起こるような話である。

アルジェリア代表はカメルーン代表と親善試合で対戦するはずだった。ところがカメルーン代表はストライキを敢行。親善試合に参加しないという決断を下した。ボーナスの支払いが滞っていることがストライキの理由である。

アルジェリアサッカー連盟は困り果ててしまった。なぜならカメルーン辞退の発表がある前から、スタッド・デュ・サンク・ジュイエの80000枚のチケットはすでに販売されていたからである。

観客をがっかりさせないためにと、そしてアルジェリアサッカー連盟を窮地から救おうと、アルジェリア代表監督のヴァヒド・ハリホジッチは名案を思いついた。代表Aチームと代表Bチームの真剣試合を企画したのである。

試合結果。アルジェリア代表がアルジェリア代表を4−1で降した。みんなが満足だった。

C'est le genre de choses qui d'habitude arrive en football amateur.

L'Algérie devait affronter hier l'équipe nationale du Cameroun, jusqu'à ce que cette dernière décide de ne pas participer à la rencontre pour cause de grève, à la suite d'une histoire de primes non-versées. La fédération algérienne s'est trouvée bien emmerdée par ce désistement dans la mesure où 80 000 billets pour le stade du 5 juillet avaient déjà été vendus avant l'annonce du Cameroun.

Pour ne pas décevoir le public et enlever la fédé de cette merde, Vahid Halilodzic a la bonne idée d'organiser un affrontement sérieux entre ses équipes A et B, une grande première dans le football professionnel.

Score final, l'Algérie a battu l'Algérie 4-1, et tout le monde est content.

WP

http://www.sofoot.com/l-algerie-bat-l-algerie-149908.html?utm_source=blockNews
posted by フランスフット at 23:05 | TrackBack(0) | アルジェリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

アルジェリアでは暴動勃発のためリーグ戦が延期に

L'Equipe(フランス)07/01/2011

"Tous les matches reportés"
「アルジェリアで全試合が延期に」

金曜と土曜に予定されていたアルジェリアのリーグ戦全試合(1部、2部、アマチュア)が延期された。アルジェならびにその他10県で暴動(注:物価高、失業に不満を持つ人々が建物、車などを破壊、放火)が起こっているためである。



(アルジェリア暴動を伝える『フランス2』のニュース)

Tous les matches du championnat d'Algérie (1re et 2e div. ainsi que la division nationale Amateurs), qui devaient se disputer vendredi et samedi, ont été reportés à la suite des violentes manifestations qui ont secoué Alger et une dizaine de départements du pays. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110107_142331_tous-les-matches-reportes.html
posted by フランスフット at 00:18 | TrackBack(0) | アルジェリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

アフリカネイションズカップ2012予選が行われアルジェリアは中央アフリカに屈辱的敗北

Le Figaro(フランス)10/10/2010

"L'Algérie humiliée"
「アルジェリア屈辱的敗北」

アフリカネイションズカップ2012予選が行われた日曜、アルジェリアは残酷ともいえる失望を味わった。

ワールドカップ南アフリカ大会に出場したアルジェリアだが、中央アフリカでのアウェー戦で2−0で敗れた。中央アフリカはFIFAランクで言えば、プエルトリコとパレスチナのあいだの172位である!



(2010年10月10日アフリカネイションズカップ予選グループD中央アフリカ2−0アルジェリア)

Cruelle désillusion pour l'Algérie ce dimanche lors des éliminatoires de la CAN 2012. Présents lors de la dernière Coupe du Monde en Afrique du Sud, les Algériens se sont en effet inclinés (2-0) en République centrafricaine, modeste 172e nation mondiale au classement FIFA, entre Porto Rico et la Palestine !

http://www.lefigaro.fr/flash-sport/2010/10/10/97003-20101010FILSPO00133-l-algerie-humiliee.php
posted by フランスフット at 03:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルジェリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

アルジェリアのフォワードが女性ジャーナリストを平手打ちしたことで訴えられる

L'Equipe(フランス)25/06/2010

Affaire Saïfi : une plainte déposée
「サイフィ事件:告訴される」



(ラフィク・サイフィ平手打ち事件の被害者、アスマ・ハリミのインタビュー。前半はアラビア語、後半の1'48""からフランス語になります。ハリミは実際に何が起こったか説明をしています)

アルジェリア対アメリカ戦(0−1)の後、アルジェリア代表、ラフィク・サイフィが女性記者に平手打ちを食らわせたことを受けて、金曜、FIFAは公式に告訴を受諾した。

水曜夜、アルジェリア日刊紙「コンペティション」の女性記者は試合後、インタヴューエリアでアルジェリアのフォワードに平手打ちされていた。

「少し前に彼の記事を書いたことがあるけれど、それに彼が満足しなかったのかもしれない」とアスマ・ハリミは述べていた。

La Fifa a affirmé vendredi avoir reçu une plainte officielle suite à la gifle donnée par l'Algérien Rafik Saïfi à une journaliste à la fin du match Algérie - Etats-Unis (0-1). Mercredi soir, une journaliste du quotidien algérien Compétition avait été giflée par l'attaquant algérien dans la zone d'interview après le match. «J'ai écrit un article sur lui il y a quelque temps, peut-être n'a-t-il pas été satisfait», avait déclaré Mme Halimi. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100625_134015_la-fifa-a-recu-une-plainte-officielle.html
posted by フランスフット at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルジェリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

アルジェリア敗退に怒り、ファンが暴れる

L'Equipe(フランス)23/06/2010

"L'Algérie battue, incidents à Charléty"
「アルジェリア敗退後、シャルレティで混乱が起こる」

水曜、パリのシャルレティスタジアムでは、大スクリーンでのパブリックビューイングが行われた。しかしアルジェリア対アメリカの試合後、スタジアムの内外で暴動が勃発した、と19時前に到着した警察が報告した。

アルジェリアの敗戦(0−1)つまりグループリーグ敗退の後、車はひっくり返され、窓は割られた。シテ・ユニヴェルシテ付近でも暴動が報告されており、アルジェリアサポーターによるものと疑われている。

La fin du match de l'Algérie contre les Etats-Unis, retransmis mercredi sur l'écran géant du stade Charléty, à Paris, a donné lieu à des incidents, qui ont éclaté à la fois dans et autour de l'enceinte, a rapporté la police arrivée sur place peu avant 19h00. Des voitures ont été renversées et des vitrines brisées, suite à la défaite et l'élimination des Fennecs (0-1). D'autres incidents ont été signalés à proximité de la Cité universitaire, non loin de là, mettant en cause des supporters algériens. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100623_193709_l-algerie-battue-incidents-a-charlety.html
posted by フランスフット at 05:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルジェリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルジェリアのフォワードの選手が女性ジャーナリストを殴る

L'Equipe(フランス)23/06/2010

"Saïfi frappe une journaliste"
「サイフィが女性ジャーナリストを殴る」

(グループリーグ敗退の失望に引き続き)またがっかりな一報があった。

アルジェリアのフォワード、ラフィク・サイフィがCompétitionという日刊紙の女性記者に平手打ちを食らわせた。

グループリーグ敗退が決まったアメリカ戦での敗戦の後のインタヴューゾーンで事件は起こった。イストル(フランス・リーグ・ドゥ)に所属しているサイフィの怒りの犠牲者であるアスマ・ハリミは、FIFAに訴える意志があることを発表した。

「FIFAに訴えます。この状況については証言者が大勢いますから」と彼女は述べ、「彼が怒っていた理由がわからない」と説明した。

「少し前に彼の記事を書いたことがあるけれど、それに彼が満足しなかったのかもしれない」と彼女は続けて述べた。一方サイフィのほうは、アルジェリアチームの幹部にスタジアムから連れ出された。よって彼からの説明はまだない。

Encore sous le coup de la déception, l'attaquant de l'Algérie, Rafik Saïfi, a giflé une journaliste du quotidien algérien Compétition, dans la zone d'interview après le match perdu contre les Etats-Unis, synonyme d'élimination du Mondial sud-africain. La victime du coup de sang du joueur d'Istres, Asma Halimi, a annoncé son intention de déposer plainte auprès de la FIFA. «Je vais déposer plainte auprès de la FIFA. Il y a eu beaucoup de témoins de la scène», a-t-elle dit, expliquant «ne pas connaître précisément les raisons du courroux du joueur d'Istres». «J'ai écrit un article sur lui il y a quelque temps, peut-être n'a-t-il pas été satisfait» a-t-elle poursuivi, le joueur n'ayant pu s'expliquer après avoir été accompagné vers la sortie du stade par l'encadrement des Fennecs. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100623_201356_saifi-frappe-une-journaliste.html
posted by フランスフット at 05:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルジェリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。