2011年03月25日

イタリア戦に低姿勢で臨むスロベニア代表のマティアジュ・ケク監督

L'Equipe(フランス)23/03/2011

"Kek joue profil bas"
「イタリア戦に低姿勢で臨むスロベニア代表のマティアジュ・ケク監督」

金曜のユーロ2012予選、スロベニア対イタリア戦を前に、マティアジュ・ケク監督は低姿勢である。「サッカー超大国」に対してスロベニアが有利だと言われているが、ケク監督はそれを否定している。

「イタリアはそんなに強くないとスロベニアの人たち全員が言っているが、それは正しくない。わたしはそのように語ったことは一度もない」とケク監督は言う。

「明日(金曜)われわれはサッカー超大国と対戦するのだ。」

「明日はいいプレーすることが大事だ。一つのテストになる」とケク監督は締めくくっている。

Matjaz Kek a joué profil bas avant que la Slovénie ne reçoive l'Italie, vendredi en match de qualification à l'Euro 2012, refusant le rôle de favori face à ≪une super-puissance du football≫. ≪Ce ne serait pas correct de discuter comme tout le monde le fait en Slovénie, de dire que les Italiens ne sont pas si forts que ça... Je ne le fais jamais, a dit le sélectionneur. Et demain, nous allons affronter une super-puissance du football.≫ ≪C'est important pour nous de bien jouer demain, ce sera un test≫, a-t-il terminé. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110324_185846_kek-joue-profil-bas.html
posted by フランスフット at 21:29 | TrackBack(0) | スロベニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

パレルモにスロベニアコミュニティ誕生

SO FOOT(フランス)04/01/2011

"Colonie slovène à Palerme"
「パレルモにスロベニアコミュニティ誕生」

Slovenes Adelkovic and Kurtic join Palermo.jpg

(アンジェルコヴィッチとクルティッチ:zimbio.com

さあ、これでまたシチリアのスロベニアコミュニティがさらに拡大した(注:関連記事は「またパレルモにスロベニア人選手が加入へ」)。

日曜午後、シニシャ・アンジェルコヴィッチとヤスミン・クルティッチの二人の新加入選手が紹介された。

イリチッチ。バチノヴィッチ。アンジェルコヴィッチ。クルティッチ。

パレルモがかつてこれほど東欧のアクセントを帯びたことはなかった。しかもこれで終わらない危険性がある。スロベニア人がスロベニア人を(イタリアへ)呼ぶのである。

「イリチッチとバチノヴィッチはまちがいなく若手スロベニア選手たちにセリエAへの道を拓いた。ぼくはここに加入できたことをとてもうれしく思っている。ぼくの目標は、ヨシップ(・イリチッチ)とアルミン(・バチノヴィッチ)の二人の後をちゃんとついていけるようにすることだ。そしてスロベニア代表も狙っていく」と一週間後に22歳になるクルティッチは入団会見で話している。

その一方、控えめな24歳のアンジェルコヴィッチは、デリオ・ロッシ監督に、先発メンバーに入るためには「練習、練習、また練習だ」と言われたことを明かしている。シンプルだけど有効な激励の言葉だ。

この調子で行くとザンパリーニッチ(パレルモ会長ザンパリーニ)はみんなをスロベニア化していきそうだ。ミッコリッチとかバルザレッティッチとかね。

Ça y est, la communauté slovène s’est agrandie un peu plus en Sicile. Les deux nouveaux acquis, Sinisa Andelkovic et Jasmin Kurtic, ont été présentés dimanche après-midi.
Ilicic, Bacinovic, Andelkovic, Kurtic. Palerme n’a jamais eu autant l’accent de l’est. Et cela risque de ne pas s’arrêter là, le Slovène appelant le Slovène.
≪ Ilicic et Bacinovic ont certainement ouvert la voie pour les joueurs slovènes dans le championnat italien. Personnellement, je suis très content d’être arrivé ici. Mon objectif est de pouvoir suivre les traces de Josip et Armin, en visant aussi un poste en équipe nationale ≫ a déclaré Kurtic, 22 ans dans une semaine, lors de la présentation.
Plus discret, Andelkovic, 24 ans, a seulement avoué que l’entraîneur, Delio Rossi, lui avait dit que pour devenir titulaire, il fallait ≪ travailler, travailler et encore travailler ≫. Simple, mais efficace.
A ce rythme-là, Zamparinic va finir par contaminer tout le monde, même Miccolic et Balzarettic.
EM

http://www.sofoot.com/colonie-slovene-a-palerme-136075-news.html
posted by フランスフット at 06:23 | TrackBack(0) | スロベニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

イングランド戦後、スロベニア監督「がっかりなんかしていない。誇りに思っている」

L'Equipe(フランス)23/06/2010

"Kek : «Pas déçu, très fier»"
「ケク監督『がっかりなんかしていない。誇りに思っている」

マティアジュ・ケク(スロベニア監督)
「がっかりなんかしていない。誇りに思っている。スポーツでは負けというものがある。そのときは一瞬がっかりするものかもしれないが、選手たちとイングランドには(それぞれ)よくやった、おめでとう、と言いたい。

私のなかでもイングランドが有利ということはわかっていた。とても難しい試合だったが、ドローにもちこむことはできたかもしれない。しかしスポーツとはわからないものだ。この敗戦からポジティブな要素を引き出さなければならない。

終了のホイッスルが鳴って、アメリカがちょうど得点したと知ったときには・・・。言葉にならないが、それがスポーツというものだ。この二試合が同時に終わっていればどうなっただろう。しかしアメリカは最後の最後で得点したから・・・

私はスロベニアを誇りに思うし、スロベニアの人たちもわたしたちのチームに愛情を示してくれると私は思う。可能性を見込めるところのレベルに達した今、それを磨いていかなければならない。」

Matjaz Kek (sélectionneur de la Slovénie): «Je ne suis pas déçu, je suis très fier. On peut perdre en sport. C'est décevant pour le moment mais après je dit félicitions aux garçons et à l'Angleterre. Pour moi l'Angleterre est favorite. Ç'a été un match difficile, on aurait pu avoir un nul mais le sport est imprévisible. On doit tirer des choses positives de cette défaite. Au coup de sifflet final, quand j'ai appris que les Etats-Unis venaient de marquer... c'est indescriptible mais c'est le sport. J'espérais que les deux matches se terminent en même temps. Mais les Etats-Unis ont marqué à la dernière minute. Je suis très fier de la Slovénie et j'espère que les Slovènes vont montrer leur attachement à notre équipe. On a atteint un bon niveau de potentiel et on doit travailler là-dessus.» (AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100623_191249_kek-pas-decu-tres-fier.html
posted by フランスフット at 02:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | スロベニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。