2011年10月25日

ネマニャ・ヴィディッチがセルビア代表を引退

L'Equipe(フランス)24/10/2011

"Vidic arrête aussi"
「ネマニャ・ヴィディッチがセルビア代表を引退」

Nemanja Vidic.jpg

(写真:telegraph.co.uk

ミッドフィルダーのデヤン・スタンコヴィッチ(33歳)に続いて、ネマニャ・ヴィディッチ(30歳)がセルビア代表を引退した。

ユーロ2012予選敗退を喫したマンチェスター・ユナイテッドの選手は、以下のように説明している。

「(セルビア)代表は若返りの手続きを取るべきときにきている。一部のベテラン選手たちは代表チームから身を引くべきだった。」

2002年にセルビア代表デビューを果たし、通算56キャップのヴィディッチは、それゆえ引退を決意している。

「いろいろとよく考えた。悲しい気持ちでいっぱいだが、このほうがいいのだ」とヴィディッチはマンチェスター・ユナイテッドの公式サイト上で説明している。

Après le milieu Dejan Stankovic (33 ans), c'est le défenseur Nemanja Vidic (30 ans) qui arrête sa carrière internationale. Eliminé de la course à l'Euro 2012, le joueur de Manchester United avait expliqué récemment : ≪Il est temps de procéder à un rajeunissement de la sélection, certains anciens joueurs devraient se retirer de l'équipe≫. Après 56 sélections et des débuts en 2002, il a donc décidé d'arrêter. ≪J'ai beaucoup réfléchi et j'ai le coeur gros, mais c'est mieux comme ça≫, a-t-il expliqué sur le site de Manchester United.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111024_165028_vidic-arrete-aussi.html
posted by フランスフット at 23:45 | TrackBack(0) | セルビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

3−1でしか勝てなかったとしてクラブ会長から処分を受けたレッドスター・ベオグラードの選手たち

SO FOOT(フランス)23/10/2011

"Punis pour n’avoir gagné que 3-1"
「3−1でしか勝てなかったとして処分を受けたレッドスター・ベオグラードの選手たち」

Vladan_Lukic.jpg

(ヴラダン・ルキッチ会長:tvarenasport.com

セルビアでは、カップ戦も真剣勝負である。

1991年にオリンピック・マルセイユを降してチャンピオンズカップを制して以来、ヨーロッパの大会で輝きを失ってしまったレッドスター・ベオグラードだが、2007年にセルヒア・スーペルリガで優勝してからというもの、国内ではカップ戦で一度優勝を果たしたのみである。よってクラブ会長のヴラダン・ルキッチは、カップ戦もおろそかにしないつもりである。

それが理由で彼は、6部リーグのチーム相手の試合で3−1の勝利を収めた後、「献身さが欠けていた」として9人の選手たちに金銭的な処分を科すことにした(注:『SOFOOT』はこの試合をカップ戦と混同しているようですが、これは親善試合です)。

ブラジル人フォワードのブルーノ・メゼンガそしてディフェンダーのニコラ・ペトコヴィッチの二人はなかよく5000ユーロの罰金を科された。メゼンガはゴールを決めたにもかかわらずである。そしてチームキャプテンを含むその他7人の選手の罰金支払額は500ユーロである。

会長は勝利への執念に燃えている。それには金が必要だ。

En Serbie, on ne rigole pas avec la coupe. L’étoile rouge de Belgrade, qui a cessé de briller sur la scène européenne depuis sa victoire face à l’OM en 1991, n’a rien gagné d’autre qu’une coupe de Serbie depuis son dernier titre de champion en 2007. Vladan Lukic, le président du club, n’a donc pas l’intention de la négliger.

Voilà pourquoi il a décidé de sanctionner financièrement neuf de ses joueurs, pour ≪ manque d’engagement ≫, après leur victoire par seulement trois buts à un face à une équipe de sixième division serbe. Bruno Mezenga, l’attaquant brésilien, pourtant buteur, et le défenseur Nikola Petkovic ont tous deux écopé de 5 000 euros d’amendes. Pour sept autres, dont le capitaine, l’addition s’élève à 500 euros.

Un président qui a la gagne. Et besoin d’argent.
LR

http://www.sofoot.com/punis-pour-n-avoir-gagne-que-3-1-149108.html
posted by フランスフット at 22:48 | TrackBack(0) | セルビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

デヤン・スタンコヴィッチがセルビア代表を引退、ネマニャ・ヴィディッチも代表引退を示唆

L'Equipe(フランス)12/10/2011

"Stankovic arrête, Vidic réfléchit"
「デヤン・スタンコヴィッチがセルビア代表を引退、ネマニャ・ヴィディッチも代表引退を示唆」

Dejan Stankovic retires from Serbia national team.jpg

(写真:zurnal.rs

33歳のインテル所属のセルビア人ミッドフィルダー、デヤン・スタンコヴィッチがセルビア代表を引退した。

セルビア代表102キャップ(15得点)のこの選手は、火曜夜、セルビア代表がスロベニア代表に敗れ、ユーロ2012予選敗退が決定した後に引退を発表した。

「自分にとって、セルビア代表としての公式戦最後の試合になった。まだ代表引退試合があるが、それでお終いだ」とスタンコヴィッチは語ったと水曜、日刊紙『スポルツキ・ジュルナル』が伝えている。

1998年にユーゴスラビア代表として代表デビューを果たしたスタンコヴィッチは、元セルビア代表フォワードのサボ・ミロシェビッチのセルビア代表キャップ記録に並んでいる。


「代表の『若返り』にふれるネマニャ・ヴィディッチ」

Dejan Stankovic and Nemanja Vidic.jpg

(写真:sportmagazine.levif.be

マンチェスター・ユナイテッドのディフェンダーでありキャプテンを務めているネマニャ・ヴィディッチ(30歳、代表56キャップ)は、スタンコヴィッチの後にならうと話している。

「代表は若返りを図る時期にきている。一部のベテラン選手たちは代表チームから身を引くべきだ」とヴィディッチは語っているが、詳細にはふれていない。

ヴィディッチは2002年に代表デビューを果たした。

À 33 ans, le milieu serbe de l'Inter Milan Dejan Stankovic prend sa retraite internationale. Le joueur, qui compte 102 sélections (15 buts) a annoncé sa décision mardi soir après la défaite (0-1) de la Serbie face à la Slovénie, synonyme d'élimination de l'Euro 2012. ≪Pour moi, c'était mon dernier match de compétition officielle avec la sélection, j'attends encore un match d'adieu et c'est fini≫, a déclaré Stankovic selon des propos repris mercredi par le quotidien Sportski Zurnal. Stankovic, qui avait débuté en sélection en 1998, sous le maillot de l'équipe de Yougoslavie a égalisé le record de l'attaquant Savo Milosevic.

Vidic évoque le ≪rajeunissement≫ de la sélection
Le défenseur et capitaine de Manchester United, Nemanja Vidic (30 ans, 56 sélections) a laissé entendre qu'il pourrait suivre l'exemple de Stankovic. ≪Il est temps de procéder à un rajeunissement de la sélection, certains anciens joueurs devraient se retirer de l'équipe≫, a-t-il dit sans entrer davanatage dans les détails. Vidic a fait ses débuts en sélection en 2002. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111012_101044_stankovic-arrete-vidic-reflechit.html
posted by フランスフット at 20:27 | TrackBack(0) | セルビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

エストニアでセルビアサポーター73名が逮捕される

L'Equipe(フランス)30/03/2011

"73 supporters serbes arrêtés"
「セルビアサポーター73名が逮捕される」

火曜夜、エストニアの首都タリンでユーロ2012予選グループCエストニア対セルビア(1−1)が行われたが、試合会場の外では、セルビアサポーター73名が予防措置として逮捕された。

逮捕者たちは発煙筒ならびに鈍器を所持しており、挑発的かつ好戦的な態度をとっていた、とタリン警察長のアイナー・リロは発表している。

10月12日、ジェノアでのイタリア対セルビア戦で起こった暴力事件を受けて、この試合では、セルビアサポーターたちはスタジアムに入場することを公に禁じられていた。

タリン警察長アイナー・リロによると、逮捕者のなかにはセルビアサッカー連盟が出した招待状を手にしていた者もいたという。

Soixante-treize supporters de la Serbie ont été arrêtés préventivement en marge du match Estonie-Serbie (1-1), du groupe C des qualifications à l'Euro 2012, mardi soir à Tallinn. Les individus se trouvaient en possession de fumigènes et d'instruments contondants et avaient une attitude provocatrice et belliqueuse, a précisé le chef de la police de Tallinn, Einar Lillo. Les supporters serbes étaient officiellement interdits de stade pour cette rencontre, après les violents incidents dans le cadre d'Italie-Serbie le 12 octobre à Gênes. Selon Einar Lillo, certaines personnes arrêtées possédaient des invitations délivrées par la Fédération serbe.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110330_133705_73-supporters-serbes-arretes.html
posted by フランスフット at 00:48 | TrackBack(0) | セルビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

イタリア対セルビアの試合で暴れた4人のサポーターに実刑判決

L'Equipe08/03/2011

"De la prison ferme pour 4 supporters"
「イタリア対セルビアの試合で暴れた4人のサポーターに実刑判決」

4人のセルビア人サポーターが火曜、ジェノアで実刑判決を受けた。刑務所での収監期間は2年半から3年以上になる。

10月12日に行われたイタリア対セルビアの試合で彼らは混乱を引き起こした。そのため試合は開始6分で中止になった。また、セルビアサポーターと地元治安部隊との激しい衝突が勃発していた(16人が負傷し、そのうち2人が重傷)。

「過ちを犯したものはその代償を払うという文化に彼らは親しんでいる。自分たちが犯罪を犯したということを彼らは分かっている」と被告側の弁護士であるリッカルド・ディ・レッラは述べている。

Quatre supporters serbes ont été condamnés mardi à Gênes à des peines de prison ferme allant de deux ans et demi à plus de trois ans pour leur participation aux incidents qui avaient entraîné la suspension, après seulement 6 minutes de jeu, du match Italie-Serbie le 12 octobre. De violents affrontements entre des supporters serbes et les forces de l'ordre locales avaient alors éclaté (16 blessés dont 2 graves). ≪Ils viennent d'une culture où celui qui fait une erreur la paie. Ils savent qu'ils ont commis un délit≫, a expliqué l'avocat des accusés, Riccardo Di Rella. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110308_160329_de-la-prison-ferme-pour-4-supporters.html
posted by フランスフット at 00:35 | TrackBack(0) | セルビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

ロベルト・プロシネチキが監督としてレッドスター・ベオグラードに復帰

L'Equipe(フランス)09/12/2010

"Prosinecki revient"
「プロシネチキが戻ってくる」

etoilerouge-prosinecki.jpg

(写真:uk.eurosport.yahoo.com

ロベルト・プロシネチキは木曜、レッドスター・ベオグラードの新監督に任命された。元クロアチア代表でワールドカップ1998年大会では3位に入ったプロシネチキは、クラブの成績不振から今月初めに解雇されたアレクサンダー・クリスティッチ元監督の後を引き継ぐ。

ロベルト・プロシネチキにとってはレッドスターへの復帰となる。プロシネチキは1986年、ディナモ・ザグレブでプロキャリアをスタートさせ、その一年後、レッドスターに加入していた。

プロシネチキはレッドスターで1991年までプレー。その年レッドスターはUEFAチャンピオンズカップでタイトルを獲得した。

「レッドスターは多くのものをわたしに与えてくれたから、わたしからも何かをお返ししないといけない」とプロシネチキは語った。

レッドスター退団後、プロシネチキはレアル・マドリード、バルセロナ、セビージャ、スタンダール・リエージュ、ポーツマスなどのヨーロッパのクラブでプレーした。

Robert Prosinecki a été nommé jeudi nouvel entraîneur l'Etoile Rouge de Belgrade. L'ancien international croate, troisième au Mondial 1998, remplace Aleksandar Kristic, licencié en début du mois en raison de mauvais résultats du club. C'est un retour pour Robert Prosinecki, qui a commencé sa carrière professionnelle au Dinamo Zagreb en 1986 avant de rejoindre l'Etoile Rouge un an plus tard.
Il a joué dans le club serbe jusqu'en 1991, année où le club a remporté le titre de champion d'Europe. ≪Ils m'ont beaucoup donné et je dois leur donner quelque chose en revanche≫, a déclaré Prosinecki, qui a joué ensuite dans plusieurs clubs européens, notamment au Real Madrid, à Barcelone, au FC Séville, au Standard de Liège et à Portsmouth.(Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20101209_205025_prosinecki-revient.html
posted by フランスフット at 05:30 | TrackBack(0) | セルビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

ロベルト・プロシネチキがレッドスター監督に就任へ

L'Equipe(フランス)08/12/2010

"Prosinecki à l'Etoile Rouge"
「プロシネチキがレッドスター監督に」

prosinecki.jpg

(写真:dailymail.co.uk

レッドスター・ベオグラードの成績不振の責任というかたちで解雇されたアレクサンダー・クルスティッチ監督は解雇されたが、その後任にはロベルト・プロシネチキがあたることになった。これでレッドスター・ベオグラードは今シーズン四人目の監督である!

1991年にはレッドスターの選手としてUEFAチャンピオンズカップで優勝を果たしたプロシネチキだが、その後レアル・マドリードやバルセロナでもプレーしていた。

木曜、契約にサインする見込み。



(1991年3月6日UEFAチャンピオンズカップ準々決勝ファーストレグ、レッドスター・ベオグラード3−0ディナモ・ドレスデン。レッドスター・ベオグラードのプロシネチキがフリーキックから先制点)




(UEFAカップ1991−1992、1回戦ファーストレグ、スロヴァン・ブラチスラヴァ1−2レアル・マドリード。レアル・マドリードのプロシネチキがゴール)

Viré en raison des mauvais résultats de l'Etoile Rouge de Belgrade, Aleksandar Krstic a été remplacé par Robert Prosinecki. Ce dernier est le quatrième coach du club cette saison ! Vainqueur de la C1 1991 avec l'Etoile Rouge, l'ancien joueur du Real et du Barça signera son contrat jeudi.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20101208_163224_prosinecki-a-l-etoile-rouge.html
posted by フランスフット at 06:58 | TrackBack(0) | セルビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

スタンコヴィッチがセルビア人の暴動について沈黙を破る

tribalfootball.com 14/10/2010

"Inter Milan ace Stankovic breaks silence on Serb riots"
「インテルのエース、スタンコヴィッチがセルビア人の暴動について沈黙を破る」

インテル・ミラノ所属のミッドフィルダー、デヤン・スタンコヴィッチは火曜に起こったセルビアファンたちの暴動について語った。

ユーロ2012予選のイタリア対セルビア戦は、セルビアファンたちがプレキシグラスの壁を破壊し、防御ネットを切断。さらには火気を選手たちの投げつけたたため試合開始6分後に中止が宣言された。

「あなたたちは、起こったことの一部始終を見たでしょう」とイタリアのテレビ番組『ストリーシャ・ラ・ノティゼィア』のなかで、セルビアサポーターの事件後、初めてインタビューで語った。

「解釈とかコメントの余地など本当にない。チームの立場として、自分たちはスタンドに向かって状況を収拾しようとしたし、(混乱で緊張しているのではなく)くつろいでゲームをしたかったんだ。」

「あの状況がいかに深刻なものだったか、自分たちがすぐに分かっていたかだって?もちろん。起こっていたことを目撃していた人なら分かっていた。」

スタンコヴィッチとチームメートたちは、あの混乱した状況の最中、観客席に向かい、(親指、人差し指、中指の)三本指を使った国粋主義者的な敬礼(スリーフィンガー・サリュート)をしながらセルビアサポーターたちを称賛したかどで、論議を呼んでいた。

「自分たちの仕事、そして願いは、素晴らしいサッカーの試合をし、状況を鎮めることだ」

「あのジェスチャー(スリーフィンガー・サリュート)はファンを静めて、試合をしようということだったんだ。だけど十分ではなかった。」

「自分はとても、とても失望している。もうこれ以上は言葉がない。」


〔スリーフィンガー・サリュート〕ほぼセルビア民族のみに見られる敬礼。セルビア正教会においてはスリーフィンガー・サリュートは十字架を表す。三本の指は父、子、精霊の三位一体(トリニティ)をそれぞれ指し示している。

セルビア再生運動という野党の党首だったヴク・ドラシュコヴィッチが1990年、「大セルビア主義」を掲げスリーフィンガー・サリュートを使用。それ以降急速にセルビア国内に広まる。




(1999年10月9日ユーロ2000予選グループ8最終節クロアチア2−2セルビア。セルビア代表ゾラン・ミルコヴィッチは相手選手の股間をつかみレッドカード。スリーフィンガー・サリュートをしながらピッチを立ち去る。この試合で引き分けたセルビアは勝ち点17で予選首位通過。一方クロアチアは勝ち点15でアイルランドの勝ち点16に及ばず予選で敗退している。ちなみにこの試合でセルビアの2点目をスタンコヴィッチが決めている)

Inter Milan midfielder Dejan Stankovic has spoken of Tuesday's riot by Serbia fans.
The Euro 2012 qualifier between Italy and Serbia was abandoned after six minutes when travelling fans smashed Plexiglas walls, sliced through protective netting and hurled fireworks at players.
“You all saw what happened,” the Inter midfielder told Striscia La Notiziain his first interview since the incidents.
“There really isn’t much room for interpretation or comment. As a team we went towards the stands to calm the situation and hope to play a relaxed game.
“Did we immediately understand how serious the situation was? Of course, as did everyone who saw what was happening.”
Stankovic and his teammates caused controversy during the chaotic scenes when they walked over to the stands and applauded the Serb supporters, making the nationalistic three-finger salute.
“Our job and our desire was just to play a wonderful game of football and to calm the situation down.
“The gesture was just to calm the fans so that we could play this match, but it wasn’t enough.
“I am very, very disappointed and cannot say any more.”

http://www.tribalfootball.com/inter-milan-ace-stankovic-breaks-silence-serb-riots-1180891
posted by フランスフット at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | セルビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア対セルビア戦開催を妨害するよう、セルビアマフィアから金銭を支払われていたセルビアサポーター

Le Figaro(フランス)16/10/2010

"Les supporters serbes payés"
「金銭を支払われていたセルビアサポーターたち」

土曜セルビアの日刊紙『ポリティカ』は、火曜ジェノアでセルビアサポーターたちが引き起こした混乱について、センセーショナルな新事実を発表した。

『ポリティカ』の伝えるところでは、60人を超えるフーリガンが、トラブルを起こしてユーロ2012予選のイタリア対セルビア戦の開催を妨害するよう、セルビアマフィアの二人の首領から金銭の支払いを受けていたという。

フーリガンたちは20万ユーロを越える額を受け取っていたと見られている。その金銭は「(フーリガン)組織費用、移動代、諸道具、暴動を扇動し、(火曜夜の)ジェノアでの試合開催を妨害するために」支払われた。

Le quotidien serbe Politika fait des révélations fracassantes ce samedi concernant l'affaire du match arrêté mardi à Gênes suite à des incidents provoqués par des supporters serbes. Selon ce quotidien, plus de 60 hooligans ont été payés pour semer la zizanie et empêcher la bonne tenue de la rencontre Italie-Serbie, comptant pour les éliminatoires de l'Euro 2012, par deux chefs de la mafia locale. Ces hooligans auraient reçu plus de 200 000 euros pour ≪l'organisation, le voyage, les équipements et la provocation des désordres ayant eu pour conséquence la non tenue du match (mardi soir) à Gênes≫.

http://www.lefigaro.fr/flash-sport/2010/10/16/97003-20101016FILSPO00495-les-supporters-serbes-payes.php
posted by フランスフット at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | セルビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

2012ユーロ予選、イタリア対セルビア戦は中止に。試合前にはセルビア代表ゴールキーパーがセルビア人サポーターに襲撃され病院に運ばれる

L'Equipe(フランス)12/10/2010

"Italie - Serbie annulé"
「イタリア対セルビア戦は中止に」

試合開始数時間前からイタリアでは、セルビア戦開始前から緊張が高まっていた。セルビア代表ゴールキーパーのヴラディミル・ストイコヴィッチは「裏切り者」だとして、彼のサポーターであるはずのセルビア人サポーターに襲撃されていた。

ヴラディミル・ストイコヴィッチはレッドスター・ベオグラードでプレーしていたが、いまはパルチザン・ベオグラードでプレーしているからというのが襲撃の理由である。ヴラディミル・ストイコヴィッチは試合前に病院に運ばれていた。

ジェノヴァで予定されていたこの試合は、警官隊とウルトラス・セルビアンがマラッシ(スタディオ・コムナーレ・ルイジ・フェッラーリスの愛称)で衝突したため40分間遅れて始まった。

選手はピッチに入場し、国歌斉唱が行われたが、主審の判断で選手はロッカールームに戻された。発炎筒と爆竹がピッチおよびにイタリアファン目がけて投げ込まれたからである。

結局、試合は6分間だけ行われたが、トムソン主審は試合中止を宣言した。UEFAはイタリアに3−0の勝利を与えるものと見られている。

Depuis des heures, on sentait que la tension montait en Italie pour le match contre la Serbie. Le portier serbe Vladimir Stojkovic a été agressé par ses propres supporters qui l'ont traité de ≪traître≫ parce qu'il joue désormais pour le Partizan alors qu'il était auparavant à l'Etoile Rouge de Belgrade. Il a été hospitalisé avant le match.
La rencontre programmée à Gênes a ensuite été retardée de 40 minutes en raison d'affrontements entre la police et les ultras serbes présents au stade Marassi. Une fois entrés sur le terrain et les hymnes chantés, les joueurs ont été renvoyés au vestiaire par l'arbitre car des fumigènes et des pétards ont été lancés sur la pelouse et les fans italiens. Finalement, le match a été joué pendant six minutes avant d'être définitivement annulé par l'arbitre de la rencontre, M.Thomson. L'UEFA pourrait donner le match gagné à l'Italie 3-0 sur tapis vert dans les prochaines heures.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20101012_215823_italie-serbie-annule.html
posted by フランスフット at 05:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | セルビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。