2012年12月21日

ベルント・シュスターがヴォルフスブルク監督就任へ

L'Equipe(フランス)20/12/2012

"Schuster reprend Wolfsburg"
「ベルント・シュスターがヴォルフスブルク監督就任へ」

ドイツの新聞が伝えるところによると、金曜、ベルント・シュスターがヴォルフスブルクの監督に正式に就任するという。

フェリックス・マガト解任後、監督代理を務めていたロレンツ・ギュンター・ケストナーに代わって、シュスターが監督に就任する。

12月22日に53歳の誕生日を迎えるシュスターだが、2011年3月にトルコのベシクタシュを退団して以来、監督のポストに就いていなかった。

シュスターは、ヴォルフスブルクと2015年までの契約にサインするとみられている。ヴォルフスブルクは降格圏の一歩手前である。

ドイツ代表としてヨーロッパ選手権1980優勝を経験しているベルント・シュスターは、1980年代、90年代にFCバルセロナ、レアル・マドリード、アトレティコ・マドリードなどでプレーし、1997年にはフォルトゥナ・ケルン(ドイツ2部)で監督としてのキャリアをスタートさせた。

シュスターは2008年にはレアル・マドリードをリーグ優勝に導いている。

Selon la presse allemande, Bernd Schuster devrait être officiellement nommé au poste d'entraîneur de Wolfsburg vendredi. Il est appelé pour remplacer Lorenz-Günther Köstner qui entraînait provisoirement l'équipe depuis le limogeage de Felix Magath. Schuster, qui fêtera ses 53 ans le 22 décembre, est sans poste depuis qu'il a quitté le club turc de Besiktas en mars 2011. Il aurait signé un contrat jusqu'en 2015 pour reprendre Wolfsburg qui est en position de premier relégable en championnat allemand. Connu pour son titre de champion d'Europe avec l'Allemagne en 1980, Bernd Schuster a joué notamment au FC Barcelone, au Real Madrid et à l'Atletico Madrid dans les années 1980 et 1990 avant de débuter sa carrière d'entraîneur en 1997 auprès du Fortuna Cologne (D2). Il a notamment mené le Real Madrid au titre national en 2008.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Schuster-reprend-wolfsburg/337412
posted by フランスフット at 13:15 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャンピオンズリーグ抽選会後のシャルケ04監督イェンス・ケラーのコメント

L'Equipe(フランス)20/12/2012

イェンス・ケラー(シャルケ04監督・シャルケ04はガラタサライと対戦)
「ベスト16では簡単な対戦相手などいない。しかし必要なパフォーマンスを出せればベスト8にいけるチャンスはあると、わたしは見ている」

ホルスト・ヘルト(シャルケ04スポーツディレクター)
「ポット内に残っていた対戦相手を知っていただけに、抽選には満足している。ガラタサライはわれわれと同じレベルのチーム。ガラタサライはグループリーグでマンチェスター・ユナイテッドに一度勝っており、厳しい相手だ。ベスト16を越えるだけの力がわれわれにあると信じなければならない。イスタンブールでの試合は激しいものになるだろう。わたしはトルコでプレーしたことがあるから、経験からそのことを知っている。」

Jens Keller (entraîneur de Schalke, qui affrontera Galatasaray) : ≪Il n'y a pas d'adversaire facile en 8es de finale. Mais c'est clair que je nous vois des chances d'atteindre les quarts de finale, si nous faisons les prestations nécessaires.≫

Horst Held (directeur sportif de Schalke, qui affrontera Galatasaray) : ≪On est satisfait du tirage, surtout quand on sait les adversaires qu'il y avait dans le chapeau. Galatasaray est une équipe qui est de notre niveau. C'est un adversaire difficile qui a battu une fois Manchester United en phase de poules. On doit croire en nos capacités de franchir les 8es de finale. Le match à Istanbul sera intense, je le sais de mon expérience personnelle puisque j'ai joué en Turquie.≫

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Lahm-un-beau-tirage/337457
posted by フランスフット at 13:03 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

ロベルト・レヴァンドフスキがマンチェスター・ユナイテッドと合意か?

L'Equipe(フランス)03/12/2012

"Lewandowski OK avec MU ?"
「レヴァンドフスキがマンチェスター・ユナイテッドと合意か?」

ボルシア・ドルトムントと2014年6月までの契約を結んでいるポーランド代表フォワードのロベルト・レヴァンドフスキ(24歳)だが、マンチェスター・ユナイテッドと5年契約で合意に至った可能性がある。この契約は2013年7月1日から発行する。

ドイツの『スカイ・スポーツ』が伝えるところでは、ボルシア・ドルトムントとマンチェスター・ユナイテッドは1500万ユーロの移籍金で合意に至ったという。

今シーズン、リーグ戦以外の試合も含めて14得点を記録しているレヴァンドフスキは、マンチェスターシティ、ユヴェントスからも獲得を狙われている。

Sous contrat jusqu'en juin 2014 avec le Borussia Dortmund, l'attaquant international polonais Robert Lewandowski (24 ans) aurait trouvé un accord avec Manchester United sur la base d'un bail de cinq ans à compter du 1er juillet prochain. Selon la chaîne de sports allemande Sky Sports, les deux clubs seraient tombés d'accord pour une indemnité de transfert autour de 15 millions d'euros. Lewandowski , qui a inscrit 14 buts toutes compétitions confondues cette saison avec le Borussia, est également courtisé par Manchester City et la Juventus Turin.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Lewandowski-ok-avec-mu/331143
posted by フランスフット at 12:16 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

沈黙による抗議活動を行うドイツのサポーターたち

L'Equipe(フランス)28/11/2012

"Des supporters manifestent... en silence"
「沈黙による抗議活動を行うドイツのサポーターたち」

ドイツサッカーリーグ(DFL:Deutsche Fußball Liga)が新たに提案する治安強化案に対し、ドイツのサポーターたちはブンデスリーガ第14節に際し、スタジアム内で沈黙による抗議活動を行った。

DFLは、アウェークラブのサポーターに割り当てられるチケットの数を10%から5%に引き下げることなどを発表している。

火曜夜、「セーフ・スタジアム・エクスペリエンス(Sicheres Stadionerlebnis)」計画に反対し、抗議活動の第一波が始まった。ドルトムント、ハノーファー、ハンブルク、フランクフルトの試合で、試合開始最初の12分12秒はほぼ沈黙のうちに展開されたのである。

この「12:12」というシンボルは、「12月12日」を指すものであり、この日にDFLは新治安強化案をブンデスリーガとツヴァイテリーガの36クラブに提示することになっている。

この抗議活動を指揮している人たちは、この抗議活動はこれから2節にわたって続くと表明している。

La 14e journée de la Bundesliga a été marquée par une manifestation silencieuse des supporters allemands dans les stades en réaction aux nouvelles propositions de la Ligue allemande (DFL) destinées à renforcer la sécurité. La DFL prévoit notamment de réduire de 10 à 5% le contingent de billets réservés aux supporters du club visiteur.

Une première vague de protestation a été lancée mardi soir en réaction au projet "Safe Stadium Experience". Les 12 premières minutes et 12 secondes des matches de Dortmund, Hanovre, Hambourg et Francfort se sont déroulés en grande partie dans le silence. Le symbole "12:12" renvoie au 12 décembre, date à laquelle les 36 clubs de 1ère et 2e division allemandes que compte la DFL doivent se prononcer sur le projet. Les organisateurs du mouvement vont s'assurer que cette manifestion se poursuive lors des deux prochains week-ends. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Des-supporters-manifestent-en-silence/330198
posted by フランスフット at 10:50 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

スヴェン・ゴラン・エリクソンがTSV1860ミュンヘン監督に就任か?

L'Equipe(フランス)18/11/2012

"S-G. Eriksson à Munich 1860 ?"
「スヴェン・ゴラン・エリクソンがTSV1860ミュンヘン監督に就任か?」

元イングランド代表監督のスウェーデン人スヴェン・ゴラン・エリクソンが1860ミュンヘン(ツヴァイテリーガ)の監督候補に挙がっていると日曜、『ビルト』が伝えている。1860ミュンヘンは土曜のケルン戦に敗れた後、監督を解任した。

「エリクソンが1860の監督になることは否定しない」と1860ミュンヘンの株式の60%を所有するシェイク・ハサン・アブドゥラ・イスマイクの代理人であるハマダ・イラキは『ビルト』に語っている。1860ミュンヘンはツヴァイテリーガ8位に停滞している。

ミュンヘン滞在中のエリクソンは、イラキの招待にされ、1860がバイエルンと共同所有するアリアンツ・アレーナの観客席に姿を現した。64歳のエリクソンはマンチェスター・シティ、ASローマ、ラツィオ、ベンフィカ、イングランド代表、メキシコ代表そしてコートジボワール代表などを率いた。

Le Suédois Sven-Goran Eriksson, ancien manager de l'Angleterre, fait figure de sérieux candidat au poste d'entraîneur de Munich 1860 (D2), qui a limogé son coach après une nouvelle défaite samedi contre Cologne (0-2), rapporte dimanche le quotidien Bild. ≪Je n'exclus pas qu'Eriksson devienne entraîneur du 1860≫, déclare au quotidien Hamada Iraki, représentant du Cheikh Hasan Adbullah Ismaik, détenteur de 60% des parts du club qui végète au 8e rang en D2.

De passage à Munich, Eriksson était samedi dans les tribunes de l'Allianz Arena, que le 1860 partage avec le Bayern, invité par Iraki. Le Suédois a assisté à la défaite à domicile du club qui s'est séparé de l'entraîneur Rainer Maurer. A 64 ans, Eriksson a une carte de visite très riche, ayant entraîné notamment Manchester City, les deux clubs de Rome, le Benfica Lisbonne et les sélections nationales d'Angleterre et du Mexique et brièvement de Côte d'Ivoire. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/S-g-eriksson-a-munich-1860/327753
posted by フランスフット at 14:13 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

ブレーメンのスポーツディレクター、クラウス・アロフスがヴォルフスブルクのスポーツディレクターに就任

L'Equipe(フランス)14/11/2012

"Allofs de Brême à Wolfsburg"
「ブレーメンのスポーツディレクター、クラウス・アロフスがヴォルフスブルクのスポーツディレクターに就任」

クラウス・アロフスは13年間にわたって務めてきたヴェルダー・ブレーメンのスポーツディレクターの職を辞した。

この元ドイツ代表選手はヴォルフスブルクでスポーツディレクターの職に就き、フェリックス・マガトの代わりとしてスポーツ部門を引き受けることになった。マガトは監督でありマネージャーでもあった。

ローレンツ・ギュンター・コストナーはトップチームの監督に留まる。ヴォルフスブルクは現在ブンデスリーガ16位。

Klaus Allofs n'est plus le directeur sportif du Werder Brême, où il a officié pendant 13 ans. L'ancien international allemand a en effet décidé de rejoindre Wolsburg pour y occuper les mêmes fonctions et reprendre en main le secteur sportif en remplacement de Felix Magath, qui était à la fois entraîneur et manager. Lorenz-Günther Kostner reste (pour le moment) en charge de l'équipe première, actuellement 16e de Bundesliga.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Allofs-de-breme-a-wolfsburg/326749
posted by フランスフット at 17:56 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

フランス代表よりもバイエルン・ミュンヘンが大事と考えるフランク・リベリー

L'Equipe(フランス)11/11/2012

"Le Bayern ≪plus important≫ pour Ribéry"
「フランス代表よりもバイエルン・ミュンヘンが大事と考えるフランク・リベリー」

フランス代表とバイエルン・ミュンヘンの間でフランク・リベリーが迷うことなどない。リベリーはドイツの方に傾いているのだから。

「6年前からバイエルンにいる。ここは相変わらずいいところで、幸せだし、楽しんでいる。自分にとってはフランス代表よりも大事だ」とこのフランス人ミッドフィルダーは土曜のアイントラハト・フランクフルトとの試合後(2−0)、『スカイ』のインタビューで話している。そしてこの発言を『ビルト』が伝えている。

Entre l'équipe nationale et le Bayern Munich, il n'y a pas photo dans le coeur de Franck Ribéry, qui penche plutôt vers l'Allemagne : ≪Je suis depuis six ans au Bayern. Ici, c'est toujours bien, je suis heureux et je m'amuse. Pour moi, c'est plus important que l'équipe nationale≫, a déclaré le milieu de terrain français au micro deSky samedi après la victoire (2-0) face à l'Eintracht Francfort, propos rapportés parBild.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Le-bayern-plus-important-pour-ribery/326130
posted by フランスフット at 15:25 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

Schalke04.deよりクラース・ヤン・フンテラールのインタビュー「ハーフタイム前の挽回のゴールが大切だった」

Schalke04.de(ドイツ)06/11/2012

"Klaas-Jan Huntelaar: Der Anschlusstreffer vor der Pause war wichtig"
「クラース・ヤン・フンテラール『ハーフタイム前の挽回のゴールが大切だった』」

Schalke04.de「クラース・ヤン・フンテラール、前半終了間際のあなたのゴールは挽回への幕開けだったのでしょうか?」

フンテラール「ハーフタイム前に一点差に詰め寄ることは大切だったと思います。ハーフタイム直後に同点に追いつけなかったことは残念です。しかし頑張り続け、最終的には2−2に追いつきました。チームのモラルが高かったことの証明です。」

Schalke04.de「2−2に満足していますか?しかし終盤は押していましたから、勝てたのではという落胆はありませんか?」

フンテラール「アーセナルなどどいう強い相手に対して0−2という劣勢から巻き返したことに対しては当然満足しています。しかし勝つこともできましたね。」

Schalke04.de「 オリンピアコスとの次戦は命運をかけた試合になるとお考えですか?」

フンテラール「オリンピアコスはいいチームですし、二連勝しています。厳しい試合になるでしょう。しかしホームでのプレーになるので、自分たちが少し有利ですね。」

Klaas-Jan Huntelaar, war Ihr Tor kurz vor der Halbzeit der Auftakt zur Aufholjagd?

Ich denke, es war wichtig, noch vor der Halbzeitpause den Anschlusstreffer zu erzielen. Leider haben wir es nicht geschafft, direkt nach der Pause den Ausgleich zu schaffen. Aber wir sind dran geblieben und haben schließlich zum 2:2 getroffen. Das spricht für die gute Moral in unserem Team.

Sind Sie zufrieden mit dem 2:2? Oder überwiegt am Ende die Enttäuschung, dass man auch hätte gewinnen können?

Wir sind natürlich zufrieden, dass wir einen 0:2-Rückstand gegen so einen starken Gegner wie Arsenal aufgeholt haben. Trotzdem hätten wir auch als Sieger vom Platz gehen können.

Sehen Sie das nächste Spiel gegen Olympiakos Piräus als Matchball-Spiel?

Die Griechen haben eine gute Mannschaft und nun zwei Mal in Folge gewonnen. Es wird ein schweres Spiel. Aber wir spielen zu Hause und sind somit leichter Favorit.

http://www.schalke04.de/aktuell/news/einzelansicht/artikel/klaas-jan-huntelaar-der-anschlusstreffer-vor-der-pause-war-wichtig.html
posted by フランスフット at 11:49 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

Schalke04.deよりニュルンベルク戦後クラース・ヤン・フンテラールのコメント「安定してきた」

Schalke04.de(ドイツ)27/10/2012

"Klaas-Jan Huntelaar: Haben an Stabilität gewonnen"
「クラース・ヤン・フンテラール『安定してきた』」

1.FCニュルンベルク相手にホームで収めた1−0の勝利は「泥臭い勝利」と呼ばれるべきである。試合後クラース・ヤン・フンテラールもそのことに同意している。

「相手のプレーを崩壊させようとしたが、崩壊するまで長い時間がかかった」とこのフォワードの選手は話している。

後半32分、ファンたちは歓喜の声を上げたが、ホームの選手たちは長い時間走り続けた。それはなによりもまず、相手選手たちが非常に巧みに守ったからである。

「ニュルンベルクの選手たちはよかった。いつも多くの選手たちが後ろにいた。だから当然スペースがあまりなかった」とフンテラールは考えている。

フンテラールにとって、勝ち点3という結末は、興奮の一週間の最も重要で完璧な幕の閉じ方だった。

「大事なことはそれだけ。(今週)最後の試合に勝つことができて自分たちはものすごく喜んでいる」とハンターは言う。フンテラールはチームが軌道に乗っていると考えている。

「昨シーズンだったら、このような試合で同点弾を食らっていた。この点において自分たちは安定してきたと思う。」

このチームはここ4試合で4勝でも浮かれることはない。フンテラールは言う。

「順位表での勝ち点差など自分たちの目には入らない。自分たち自身のことのみに集中しなければならない。ザントハウセゼンそしてホッフェンハイムとの難しい試合が次に待っている。連勝をまだまだ延ばしていきたい。」

Der 1:0-Heimerfolg gegen den 1. FC Nürnberg dürfte als „dreckiger Sieg“ verbucht werden. Dem stimmte nach dem Spiel auch Klaas-Jan Huntelaar zu. „Wir haben versucht, den Gegner kaputt zu spielen. Das hat lange Zeit nicht geklappt“, sagte der Angreifer.

Dass die Fans nach langem Anrennen der Hausherren erst in der 77. Spielminute jubeln durften, lag vor allem am Gegner, der in der VELTINS-Arena sehr geschickt verteidigte. „Die Nürnberger haben gut gestanden. Sie hatten immer sehr viele Spieler hinten. Da bekommt man natürlich nicht so viel Platz“, meinte Huntelaar.

Am Ende seien die drei Punkte aber das Wichtigste und der perfekte Abschluss einer aufregenden Woche für die Schalker. „Nur das zählt. Wir freuen uns sehr über die Siege in den vergangenen Spielen“, so der Hunter, der die Mannschaft auf einem guten Weg sieht. „In der vergangenen Saison haben wir in solchen Spielen auch mal den Ausgleich bekommen. Ich denke, dass wir in dieser Hinsicht an Stabilität gewonnen haben.“

Abheben werde die Mannschaft nach vier Siegen aus den vergangenen vier Spielen nicht. Huntelaar dazu: „Wir schauen nicht auf irgendwelche Punkteabstände in der Tabelle. Wir müssen uns nur auf uns konzentrieren. Als nächstes stehen schwierige Aufgaben gegen Sandhausen und Hoffenheim an. Da wollen wir die Erfolgsserie weiter ausbauen.“
posted by フランスフット at 15:01 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

ヴォルフスブルクのフェリックス・マガトが解任

L'Equipe(フランス)25/10/2012

"Magath limogé"
「フェリックス・マガトが解任」

先週土曜フライブルクに敗れ(0−2)4連敗を喫したことが、フェリックス・マガトにとっては致命的だった。

VfLヴォルフスブルクはフェリックス・マガトとの協力関係に終止符を打つことで合意に至ったと文書で発表した。

マガトは今シーズン、ブンデスリーガで解任された最初の監督である。

さらにマガトはヴォルフスブルクでのスポーツディレクターの職、そしてゼネラルディレクターの職も失う。

昨夏フェリックス・マガトはヴォルフスブルクとの契約を延長し、2015年6月までの契約にサインしていた。

La défaite concédée contre Fribourg (0-2) samedi dernier, la quatrième consécutive, aura été celle de trop pour Felix Magath. Dans un communiqué, le VfL annonce avoir trouvé un accord avec le technicien pour mettre fin à leur coopération. Magath est le premier entraîneur limogé en Bundesliga cette saison. Il perd également ses fonctions de directeur sportif et de directeur général du club. Son contrat, prolongé l'été dernier, courait jusqu'en juin 2015.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Magath-limoge/322133
posted by フランスフット at 10:55 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。