2012年02月15日

ニュージーランド代表監督のリッキー・ハーバートが契約を2014年まで延長

L'Equipe(フランス)14/02/2012

"Ricki Herbert prolongé"
「ニュージーランド代表監督のリッキー・ハーバートが契約を2014年まで延長」

2005年以来ニュージーランド代表監督を務めているリッキー・ハーバートが契約を2014年まで延長した。

ハーバートはワールドカップ2014予選でオール・ホワイトを率いることになる。

ワールドカップ2014出場権を獲得するためには、ニュージーランド代表はオセアニア地区予選を1位で通過し、その後のCONCACAF(北中米カリブ海)地区予選4位のチームとのプレーオフに勝たなければならない。

A la tête de la sélection néo-zélandaise depuis 2005, Ricki Herbert a prolongé son contrat jusqu'en 2014. Il dirigera les All White pendant la campagne des éliminatoires au Mondial 2014. Pour se qualifier, la Nouvelle-Zélande devra terminer première des qualifications zone Océanie, puis remporter un barrage contre le quatrième du groupe Concacaf (Amérique Centrale, Amérique du Nord et Caraïbes).

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Ricki-herbert-prolonge/263347
posted by フランスフット at 10:01 | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

ニュージーランド代表最多キャップのアイヴァン・ヴィセリッチ「日本は人員を送ってわれわれを助けてくれた。ニュージーランドの人たちも復旧のための手助けができるのでは」

Stuff.co.nz(ニュージーランド)13/03/2011

(本記事は日本対ニュージーランドの親善試合が予定通り開催されることが決まる前に書かれたものです)

Sport 'no priority' after disaster - Vicelich
「アイヴァン・ヴィセリッチ『大災害が起こった今、スポーツは最優先事項ではない』」

金曜に日本を襲った地震と津波による被害の規模が明らかになっていく中、オールホワイツディフェンダーのアイヴァン・ヴィセリッチはスポーツを控えてもいいのではないかと主張している。

ニュージーランド代表チームは3月29日に東京で日本代表と対戦することになっている。オールホワイツ最多キャップを誇るヴィセリッチは、自然災害の残した爪痕にショックを受けていると話している。

アジアカップチャンピオンと試合をしたいと思う一方、多数の死者を出している日本のことを考えると、スポーツは最優先事項ではないとヴィセリッチは言う。

「ものごとには優先順位というものがある。日本は人々を助け、復旧を目指して全力を尽くさないといけない状態にある」とヴィセリッチは話す。

「ニュージーランドには日本代表との試合が組まれている。しかしスポーツのことを考える以前に、日本の人々は地震が引き起こしたことへの対応を迫られているのが現実だ。世の中にはスポーツよりも大事なことがある。試合をやるべきかについては微妙だ・・・試合についてはあまり考えられない。テレビを見て茫然としていた。」

巨大地震がクライストチャーチを直撃した際には日本から援助があった。それにニュージーランドは応えるべきだとヴィセリッチは言う。

「日本の人たちに心から同情しています」とヴィセリッチは言う。

「(被災地は)壊滅的な打撃を受けている。テレビで見るのも怖い。」

「いまは復旧が大事だ。ニュージーランドの人たちも復旧のための手助けができるのでは。部隊を派遣するなどして・・・日本は人員を派遣してわれわれを助けてくれた。」

ニュージーランドサッカー協会役員は日本サッカー協会の役員とこの数日間のうちに話し合うだろうとヴィセリッチは予想している。そして、たとえ試合が中止になっても、選手たちは理解を示すだろうと述べている。

All Whites defender Ivan Vicelich has called on sport to take a back seat as the level of destruction inflicted on Japan by Friday's devastating earthquake and tsunami starts to sink in.
The national soccer team is scheduled to face Japan in Tokyo on March 29.
Vicelich – the most-capped All White in the side's history – said he had been shocked by footage of the natural disaster.
While keen to take on the Asian Cup champions, he said sport was not a priority given the carnage in Japan. "First things first, they will have to try as best to recover and help people there," he said.
"There is a football game planned for New Zealand against Japan, but the reality is they have to deal first with what has happened with the earthquake before we even think about sport. There are things more important in the world than sport. I'm not sure about the match ... I haven't really even thought about that, I've just been watching the TV."
Vicelich called on New Zealand to repay the Japanese support offered after the deadly tremor that struck Christchurch."My heart goes out to the people of Japan," he said.
"It is absolute devastation at the moment. It is pretty frightening watching it on TV.
"The big thing now is the recovery and people in New Zealand can probably lend a helping hand in that respect, maybe send some troops up there... they sent some people down to help us out."
Vicelich said he expected New Zealand Football officials to be in talks with their Japanese counterparts in the coming days, but said players would understand if the match was cancelled.

http://www.stuff.co.nz/sport/football/4762583/Sport-no-priority-after-disaster-Vicelich/
posted by フランスフット at 11:19 | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

ブラックバーン・ローヴァーズキャプテンのライアン・ネルセンがニュージーランドに戻り震災からの復旧に協力

New Zealand Herald(ニュージーランド)01/03/2011

"Soccer: Nelsen heads home to help with quake recovery"
「ライアン・ネルセンがニュージーランドに戻り震災からの復旧に協力」

オールホワイツキャプテンのライアン・ネルセンがクライストチャーチに向っている。大規模地震からの復旧に、彼なりに協力するためである。

ネルセンは今日あるいは明日にもニュージーランドに到着する予定である。ブラックバーン・ローヴァーズのスティーヴ・キーン監督はニュージーランドでマグニチュード6、3の地震が起こった後、ネルセンに帰国する許可を与えていた。

ブラックバーン・ローヴァーズのキャプテンを務めているネルセンは、土曜のアストン・ヴィラ戦で退場処分を受けている。よって土曜(3月5日)におこなわれるローヴァーズの次戦には自動的に出場できない。そしてブラックバーンの試合はその後3月19日まで予定されていない。

ネルセンのエージェントであるハミシュ・ミラーがThe Press に語っているところでは、このセンターバックの選手がクライストチャーチに滞在するのは「数日間のこと」であり、復旧のために「なんらかのお手伝いをしたがっている」とのこと。

アストン・ヴィラ戦では黒の腕章を巻いてプレーしたこの33歳の選手は震災発生後、クライストチャーチの家族や友人たちからの連絡を待つ不安な時を過ごしていた。そしたら、お姉さん(妹?)のステファニー・マーティンさんの陣痛が地震の揺れの中始まり、男の子が無事に生まれたという報告を受け取った。

この大震災があったにもかかわらずネルセンはプロフェッショナルの鑑だったとキーン監督はクラブのサイト上で述べている。

「故郷で震災が起こり、ライアンにとって本当につらい一週間だったのは明らかだ。しかし彼はこれぞプロフェッショナリズムというものを示してくれた。彼は毎日練習し、プレーへの意欲を見せてくれた。」

「彼の行動そして練習中の様子は素晴らしかった」とキーン監督は言う。

ネルセンは自身のサイン入りのブラックバーンでの記念品を持ち帰ってくる。これらの品はオークションに出され、売上金は震災救援基金に寄付される。


All Whites soccer captain Ryan Nelsen is winging his way home to Christchurch to do his part to aid the recovery from the devastating earthquake.
Nelsen was expected to land today or tomorrow after being granted permission by his Blackburn Rovers manager Steve Kean to fly to his home city after the 6.3-magnitude quake.
The Blackburn club captain was sent off in Saturday's 4-1 loss to Aston Villa meaning he is automatically suspended for the Rovers' next match on Sunday. After that match, Blackburn do not play again until March 19.
Nelsen's agent, Hamish Miller, told The Press the central defender would be in Christchurch "for a few days" and "just wants to play some part" in the recovery effort.

The 33-year-old, who sported a black armband in the defeat to Aston Villa, faced an anxious wait to make contact with family and friends in Christchurch after the tremor and was greeted with the news that his sister went into labour during the quake and gave birth to a son.

Kean told the club's website that Nelsen had been the model professional despite the turmoil.
"It has been a really tough week for Ryan obviously with all the commotion back home. He has shown total professionalism, he's trained every day and really wanted to play.
"The manner in which he has conducted himself and trained has been tremendous," Kean said.
Nelsen would bring back autographed Blackburn memorabilia which will be auctioned in aid of the earthquake relief fund.
- NZPA

http://www.nzherald.co.nz/soccer-football/news/article.cfm?c_id=86&objectid=10709435
posted by フランスフット at 11:29 | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

キウイストライカー、シェーン・スメルツがゴールドコースト・ユナイテッドに復帰

FIFA.com 10/01/2011

"Kiwi striker Smeltz returns to Gold Coast"
「キウイストライカー、シェーン・スメルツがゴールドコースト・ユナイテッドに復帰」

ニュージーランド代表ストライカー、シェーン・スメルツがゴールドコースト・ユナイテッドに復帰し、Aリーグシーズン残りの試合を戦う。トルコのゲンチレルビルリイとの契約は解除されたと、今日公式に発表された(注:本記事は2011年1月10日に書かれたものです)。

昨シーズンAリーグで19得点しゴールデンブーツ賞を獲得していたスメルツは、金曜ホームでおこなわれるノースクイーンズランド・フューリーFCとの試合で復帰を飾る。

スメルツはオーストラリアに戻ることが出来て興奮していると語っている。トルコではフラストレーションが溜まる時期を過ごしていた。

「この5、6ヶ月間、自分はサッカーをやりたいだけやれなかった。いい流れの中に戻れることができることを本当に楽しみにしている」とスメルツは語っている。

「自分のさしあたっての目標は、ゴールドコースト・ユナイテッドに貢献することだ。チームのことはシーズンを通してフォローしている。チームはこれまでいい成績を残してきているけど、最近ちょっと下降気味だ。自分が貢献できればと思う。」

ワールドカップ2010のイタリアとの試合で、ニュージーランドは驚きのドロー(1−1)をもぎ取ったが、その試合でスメルツはゴールを決めている。そのスメルツがゲンチレルビルリイに加入した直後、チーム経営陣は徹底的な改革を実施。その影響を彼は受けたと言う。

「彼らは新しい監督、新しいコーチ、新しいゼネラルマネージャーを連れてきた。この三人は三者三様の意見を持ち込んできた。その結果、自分は思っていた以上に控えにまわされることになった。」


(AFP) Monday 10 January 2011
New Zealand international striker Shane Smeltz has returned to Gold Coast United for the remainder of the Australian A-League season after securing a release from his Turkish club Genclerbirligi, officials said today.
Smeltz, last season's winner of the A-League's Golden Boot with 19 goals, is in line for his first match back against North Queensland Fury at home on Friday.
Smeltz said he was thrilled to be back in Australia after a frustrating spell in Turkey. "I haven't played as much football as I would have liked in the last five or six months, so I'm just really looking forward to getting back into the swing of things," he said.
"My immediate focus is to try to help out Gold Coast United's situation. I've been following them all season and the team has done well so far but has suffered a bit of a dip recently, so hopefully I can contribute."
Smeltz, who scored New Zealand's goal in their stunning 1-1 draw with Italy at last year's 2010 FIFA World Cup South Africa™, said he suffered as a result of a management overhaul at Genclerbirligi soon after his arrival.
"They got a new coach, a new assistant coach and a new general manager who all brought with them their differing opinions and the result was that I was sidelined more than I wanted to be."

http://www.fifa.com/worldfootball/clubfootball/news/newsid=1362006.html
posted by フランスフット at 23:12 | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

ネルセンがブラックバーン・ローヴァーズとの契約を延長

FIFA.com 22/01/2011

"Nelsen signs new Rovers deal"
「ネルセンがブラックバーン・ローヴァーズとの契約を延長」

ブラックバーン・ローヴァーズのディフェンダー、ライアン・ネルセンはクラブとの契約を2013年まで延長した。

ワールドカップ2010南ア大会ではニュージーランドのキャプテンを務めたネルセンのブラックバーンとの契約は2012年までだったが、それをさらに一年延長したことになる。

33歳のネルセンはブラックバーン・ローヴァーズでは200試合以上に出場。ブラックバーンには2005年にメジャーリーグサッカーのDCユナイテッドから移籍してきた。

昨年のワールドカップでニュージーランドは無敗で終えたが、そのときの英雄的快挙が称えられ、ライアン・ネルセンはニュージーランド・メリット勲章を授与されている。

(AFP) Saturday 22 January 2011
Blackburn Rovers defender Ryan Nelsen has signed a new contract which will keep him at Ewood Park for two more years.
Nelsen, who captained New Zealand the 2010 FIFA World Cup™ in South Africa, has signed a one-year extension to his existing deal, which had been due to run out in 2012.
The 33-year-old has made more than 200 appearances for Rovers since joining from Major League Soccer outfit DC United in 2005.
His heroics in the World Cup last year, where the Kiwis finished the tournament unbeaten, earned him a prestigious New Zealand Order of Merit award in New Year's Honours.

http://www.fifa.com/worldfootball/clubfootball/news/newsid=1369232.html
posted by フランスフット at 03:19 | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

国際親善試合ニュージーランド対ホンデュラス戦評「ペナルティキックを派手にミスしたスメルツ、哲学的になる」

New Zealand Herald(ニュージーランド)10/10/2010

"Soccer: Smeltz philosophical after glaring penalty miss"
「ペナルティキックを派手にミスしたスメルツ、哲学的になる」

オールホワイツのストライカー、シェーン・スメルツは自分が犯した説明しがたいペナルティーキックミスを冷静に受け止めている。スメルツは火曜夜ウェリントンで行われるパラグアイ戦のときまでにはそのミスを克服しているつもりだと主張した。

昨夜オークランドで行われた国際親善試合のホンデュラス戦。ニュージーランド人主審のピーター・オリアリーは試合終盤、ホンデュラスのオブストラクションをとりニュージーランドに疑問の余地のありそうなペナルティを与えた。スメルツにはニュージーランドにはあまり縁のなかった勝利を確実にするチャンスを与えられていたのだった。

普段はゴール前でならどこでも命がけでプレーしているが、ことにペナルティースポットとなるとスメルツはクロスバーを叩いてしまった。しかし18153人の観衆を当惑させたのは、バーにはじかれて戻ってきたボールを再びシュートしたときである。スメルツはゴールバーのはるかかなた上空にシュートをふかしてしまったのである。

このゴールが決まっていれば、このエンターテインメント性あふれる試合の終了時には、49位のニュージーランドに勝利がもたらされていたはずだった。その代わりに52位のホンデュラスと1−1のドローでまるく収まってしまい、6月のワールドカップで3試合引き分けだったのに続き4試合連続の引き分けになってしまった。

「こんなことはよくあるさ」と哲学者然としたスメルツは話す。スメルツはワールドカップでイタリアを相手に1−1のドローに持ち込んだ試合で得点を決めた選手であり、Aリーグのゴールデンブーツ賞(得点王)を昨シーズンまで二年連続で手にしている。

「チームのためを考えたらさらにがっかりだよ。前半で簡単に試合を決めることができたからね。試合終了時にはチームが勝つためのチャンスを手にしていたわけだからね。ぼくは本当にがっかりしている。」

いろんな意味で普通ではないペナルティキックだった。

ペナルティの判定に対しホンデュラスが猛烈に抗議したため4分間遅れたのである。

その間オリアリー主審は二枚のイエローカードを出したが、ホンデュラスのキャプテンでありゴールキーパーのノエル・バヤダレスに小突かれていたように見えた。そしてペナルティスポットに置かれたボールをめぐって問題が起こったのである。

「あんなに待たされた後にペナルティを蹴った覚えなんてないね。ゴールキーパーや選手たちが出てきてイエローカードを受けたり、置かれたボールをめぐって問題がおきたりなんてね」と29歳のスメルツは言う。

「だけどそんなのちっぽけなことさ。ぼくは決めなければならなかったんだ。」

スメルツのこのミスは試合の話題をかっさらったが、当人は早くも水に流そうとしているようである。

「若いとそのことでもっと悩むけど、ぼくは今までもゴールをミスってきた。これはストライカーであることの一部なんだから、ぼくはすぐに立ち直るさ。これが親善試合でよかったよ。なんにも懸かっていなかったんだから。」

スメルツは言い訳などしなかった。そして彼がミスをする以前に、ニュージーランドは勝利を手にしているべきだったと認めた。

ニュージーランドには多くの得点チャンスがあった。しかしものにしたのは一回のみだった。18歳のストライカー、クリス・ウッドが代表13キャップにして初得点を決めた。前半ロスタイム、ジェレミー・ブロッキーが右ウイングでいい仕事をしたあとのゴール前でのヘディングシュートだった。

ウッドとともにブロッキー、そしてミッドフィルダーのシモン・エリオットも精力的にプレーしていた。ゴールキーパーのマーク・パストンは二つのトップクラスのセービングをみせたが、同点ゴールのシーンではなすすべがなかった。

オールホワイツが相手プレッシャーをほとんど受けず、またチャンスを無駄にしていた一方、後半19分ホンデュラスの小柄のストライカー、ウォルター・マルティネスは彼よりもずっと身長のあるウィンストン・リードにジャンプで競り勝ち、同点ゴールを決めた。

「自分たちはかなりいいプレーをしたと思うし、かなりのチャンスを作った。だから前半のうちにゲームを決めてしまうべきだった」とスメルツは言う。

ニュージーランド監督のリッキー・ハーバートもその意見に賛成している。

「われわれは局面を打開していた・・・いくつかビッグチャンスがあった。だからハーフタイムには3−0か4−0でもよかったかもしれない。」

ハーバートは試合最後の20分間に4つの交代枠を使った。ミッドフィルダーのアーロン・クラップハムは代表デビューを飾ったが、彼はハーバートの監督任期五年間のあいだに使われた50人目の選手だった。

パラグアイ戦のスタメンには、「ちょっとした変更が一、二ある」とハーバートは言う。

キャプテンのライアン・ネルセンはベン・シグムンドと試合終盤に交代し、足首をアイシングしていたが、念のためだったとのこと。ネルセンはウェリントンで行われるパラグアイ戦に出場することを心から望んでいる。



(2010年10月9日国際親善試合ニュージーランド1−1ホンデュラス)

All Whites soccer striker Shane Smeltz is copping his inexplicable missed penalty on the chin, insisting he will be over it by the time New Zealand run out to face Paraguay in Wellington on Tuesday night.
Smeltz was gifted a chance to seal a rare New Zealand win in last night's international against Honduras in Auckland when local referee Peter O'Leary awarded the hosts a controversial late penalty for obstruction.
Usually deadly from anywhere in front of goal but particularly the penalty spot, Smeltz hit the crossbar, though it was the subsequent rebound attempt that bewildered the crowd of 18,153, Smeltz blazing a shot well over the bar.
It would have given 49th-ranked New Zealand a deserved win in an entertaining match but instead they had to settle for a 1-1 draw against 52nd-ranked Honduras, their fourth successive stalemate after three at the World Cup in June.
"It's just one of those things," said a philosophical Smeltz, scorer of New Zealand's goal in the 1-1 draw with Italy at the World Cup and the A-League's golden boot for the past two seasons.
"I'm more disappointed for the group. We could have won it in the first half quite easily, but to get the chance to win it for the boys in the last minute, I'm obviously disappointed."
It was an unusual penalty in more ways than one.
There was a four-minute delay before it was taken as Honduras vigorously protested the decision.
During that time O'Leary produced two yellow cards and appeared to be manhandled by captain and goalkeeper Noel Valladares and there were issues with the ball being placed on the penalty spot.
"I don't know if I've taken a pen after such a delay like that, With the goalkeeper and players coming out and getting yellow-carded, and there was a little issue with the ball being placed, Smeltz, 29, said.
"But it's part and parcel of it, I still should have scored."
While his miss was the major talking point from the match, Smeltz would quickly put it behind him.
"When you're young you think about it more, but I've missed goals before, it's part of being a striker so I'll get over pretty quickly. I'm glad it was a friendly and there was nothing riding on it."
Without trying to excuse himself, Smeltz acknowledged New Zealand should have won the game before his miss.
They had a plethora of good scoring chances but could only convert one - 18-year-old striker Chris Wood scoring his first goal in his 13th international, a close-range header in first-half stoppage time after some neat work on the right wing by Jeremy Brockie.
Like Wood, Brockie had an industrious match, as did midfielder Simon Elliott, while goalkeeper Mark Paston produced two top saves when finally called upon, though he could do nothing about the equaliser.
Honduras made the wasteful All Whites pay when they enjoyed a rare period of pressure, diminutive striker Walter Martinez out jumping the much taller Winston Reid to equalise in the 64th minute.
"I think we played quite well, we created a helluva lot of opportunities and we probably should have put the game to bed in the first half," Smeltz said.
New Zealand coach Ricki Herbert agreed.
"We very much opened up... we had some great chances and maybe at halftime it could have been 3-0 or 4-0."
Herbert made four substitutions in the final 20 minutes, including giving midfielder Aaron Clapham a debut, the Cantabrian becoming the 50th player used by Herbert during his five-year tenure as coach.
Herbert said there were "one or two bumps and knocks", which would be assessed before selecting a team to start against Paraguay.
Captain Ryan Nelsen, replaced late by Ben Sigmund, had ice applied to an ankle but said it was only precautionary and he was desperate to play in Wellington.
- NZPA
By Fred Woodcock

http://www.nzherald.co.nz/soccer-football/news/article.cfm?c_id=86&objectid=10679536
posted by フランスフット at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

ニュージーランド代表のシェーン・スメルツがトルコのゲンチレルビルリイに移籍

FIFA.com 24/08/2010

"Le Néo-Zélandais Smeltz à Genclerbirligi"
「ニュージーランド代表のシェーン・スメルツがトルコのゲンチレルビルリイに移籍」

オーストラリアのゴールドコースト・ユナイテッドとトルコのゲンチレルビルリイは、ニュージーランド代表のシェーン・スメルツの移籍に関して基本合意に至った。

シェーン・スメルツは火曜、飛行機でオーストラリアからアンカラに向った。スメルツはメディカルチェックを受けた後、ゲンチレルビルリイとの二年契約にサインする予定である。

昨シーズンのAリーグ得点王である28歳のスメルツは2010年ワールドカップ南アフリカ大会グループリーグのニュージーランド・イタリア戦で同点ゴールを決め、注目を集めていた。


〔ゲンチレルビルリイ〕1923年3月14日アンカラにて設立。本拠地はオンドクズ・マユス・スタジアムで19209人収容。オンドクズ・マユスとはトルコ語で5月19日の意。1919年5月19日はアタテュルクがサムスン市に到着し、トルコ革命が始まった日である。

1996−1987シーズンと2000−2001シーズンの2度トルコカップ優勝。2003−2004シーズンにはUEFAカップ4回戦まで進出。その後王者となるバレンシア相手にトータルスコア1−2で敗れた。

アンカラギュチュとの試合はキャピタル(首都)ダービーと呼ばれる。




(2004年3月11日UEFAカップ4回戦ファーストレグ、ゲンチレルビルリイ1−0バレンシア)





(キャピタルダービーの様子。2009年9月19日トルコ・シュペルリガ第6節アンカラギュチュ1−2ゲンチレルビルリイ)


Les clubs australien Gold Coast United et turc Genclerbirligi SK ont signé un accord de principe pour le transfert de l'international néo-zélandais Shane Smeltz en Turquie.
Le joueur a pris l'avion mardi en Australie à destination d'Ankara, où il passera la visite médicale à l'issue de laquelle il devrait signer un contrat de deux ans avec le club de la capitale turque.
Smeltz, attaquant de 28 ans, meilleur buteur du Championnat d'Australie la saison dernière, s'est révélé en marquant le but égalisateur de la Nouvelle-Zélande contre l'Italie, au 1er tour du Mondial-2010 en Afrique du Sud.

http://fr.fifa.com/worldfootball/clubfootball/news/newsid=1289071.html#le+neo+zelandais+smeltz+genclerbirligi
posted by フランスフット at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

シェーン・スメルツはペキンダックが嫌い!

Walfoot(ベルギー)18/07/2010

"Shane Smeltz n'aime pas le canard laqué!"
「シェーン・スメルツはペキンダックが嫌い!」

イタリアを沈めるゴールを挙げた、ニュージーランド代表フォワード、シェーン・スメルツは、ワールドカップ終了後、中国での二年間の契約にサインしていた。だがこの二年間は、結局5日間で終わってしまうことになる。

シェーン・スメルツは、南アフリカで輝いていた。ワールドカップでイタリアをグループリーグ敗退に追い込んだあの有名なゴールを決めたからである。この殊勲を手にしたおかげで、スメルツは中国の山東魯能泰山足球倶楽部と本当のプロ契約を結ぶことができた。

しかし5日もたたないうちにスメルツとその家族は荷造りをしてしまったのである。ペキンダックが気にいらなかったからか?それとも春巻き?あるいはペキングラタンがだめだった?スメルツは家族が現地に適応するのが難しかったことを契約破棄の理由に挙げている。彼にとっては運がよかったことに、ニュージランドサッカー連盟は移籍文書を中国に送っていなかった。



(2010年5月29日、オーストリアのクラーゲンフルトで行われた、W杯直前の国際親善試合ニュージーランド−セルビア戦ハイライト。前半22分スメルツがゴールを決め、ニュージーランドが1−0で勝利)




(本文とは全く関係ありませんが、生まれたばかりのキウイについてのニュース映像。ニュージーランドの国鳥であるキウイは絶滅危機にさらされており、今でも年間約5パーセントの割合で減少傾向にあるとのことです)

Shane Smeltz, l'attaquant Néo-Zélandais qui avait inscrit le but fatal à la Squadra Azzura, avait signé après le mondial pour deux ans en Chine. Ces deux ans n'auront finalement duré que cinq jours.
Shane Smeltz a connu son heure de gloire en Afrique du Sud en inscrivant le fameux but qui éliminait la squadra Azzura dès le premier tour de la Coupe du Monde. Fort de son exploit, le joueur put signer un vrai contrat pro en faveur de Chandong Luneng en Chine Orientale.

Mais voilà qu'après cinq jours seulement, le joueur et sa famille ont déjà plié bagages. Une aversion au canard laqué? Aux Loempias ou aux gratins de Pékinois?Smeltz invoque simplement des difficultés d'adaptation de sa famille pour casser son contrat. Heureusement pour lui, la Fédération Néo-Zélandaise de Football n'avait pas encore envoyé les documents de transfert international en Chine.

http://wc.walfoot.be/news/lis/2010-07-18/shane-smeltz-naime-pas-le-canard-laque
posted by フランスフット at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

ニュージーランドのハーバート監督、2014年まで続投。お金よりも国を選ぶ

L'Equipe(フランス)13/07/2010

"Herbert continue jusu'en 2014"
「ハーバート監督、2014年まで続投」

ニュージーランドが(ワールドカップ2010で)素晴らしい活躍を見せたことで、リッキ・ハーバート監督にヨーロッパ、アジア、アフリカのクラブから好条件のオファーが来ていたが断ったことを火曜、ハーバート監督は明らかにした。2014年までニュージーランドの監督を続けるためとのこと。

「オファーのうち断るのが惜しいのが一つ二つありましたが、自分が下した決断には満足しています」とハーバート監督は述べている。

ハーバート監督には、ニュージーランドサッカー連盟からの年俸3万5000ドル(約2万8000ユーロ)と、オーストラリアAリーグに加盟しているウェリントン・フェニックスの監督としての給料がある。

「最終的には、お金は大事ではありません。忠誠心が大事なのです。となりの芝生は青く見えるなんてよく言いますが、それは今回の場合には当てはまらないですね」とハーバート監督は説明している。

Les bonnes prestations de la Nouvelle-Zélande ont fait des envieux. Ricki Herbert a déclaré mardi avoir rejeté des offres alléchantes de clubs européens, asiatiques et africains pour rester sélectionneur de la Nouvelle-Zélande jusqu'en 2014.

«Une ou deux ont été difficiles à rejeter, mais je suis satisfait de ma décision», a déclaré Herbert, qui touche 35.000 dollars (environ 28.000 euros) par an de sa fédération nationale, en plus de son salaire d'entraîneur de Phoenix, franchise de Wellington évoluant dans le championnat australien «Finalement, ce n'est pas l'argent qui compte. C'est la loyauté. On dit parfois que l'herbe est plus verte ailleurs, mais je ne pense pas que ce soit le cas», a-t-il expliqué. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100713_103527_herbert-continue-jusu-en-2014.html
posted by フランスフット at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

ニュージーランドのキウイたちはオールホワイツをどんなふうに応援していた?

New Zealand Herald(ニュージーランド)24/06/2010

"How Kiwis are showing support to the All Whites"
「キウイたちはオールホワイツをどんなふうに応援していたか」
kiwi fans.jpg
スロバキアと前回W杯優勝のイタリア相手にみせた、オールホワイツの英雄的な奮闘について、世界中のひとが話をし、ニュージーランドではサッカー熱が爆発しました。明日の朝の早朝(午前二時)に、キャプテンのライアン・ネルセンと世界ランク的にみて大会のアウトサイダーと思われているそのチームは、グループリーグ最終戦でパラグアイと顔を合わせます。次のラウンドに進む望みはまだ大いに生きています(この記事はパラグアイ戦の前日に書かれています)。
white out tower in auckland79130_4.jpg
ニューマーケット(ニュージーランドの都市、オークランドの一地区)の小売業者たちは国中の商売先たちに「ホワイトアウト運動」(オフィスや建物を装飾で真っ白にすること)に参加して、パラグアイと対戦するオールホワイツたちをサポートするように呼びかけました。
この動きに加わったニューマーケット小学校のウェンディ・コフォード校長は、オールホワイツの成功が、学校でサッカーに興味を示す生徒が増えるためのキー要素になると語りました。

ウェリントンでは、モアFMの司会者のダン・ボイドが人々に「まっ白運動」に参加するようにお願いしました。
「一日白い服を着ることは首都にとって素晴らしい方法になるよ。オールホワイツたちに、彼らがただ11人の一つのチームというわけではなくて、彼らの後ろには数千人のキウイたちがついているってことが示せるからね。」
kiwis at auckland.jpg
今日(パラグアイ戦の前日)、『ヘラルド』紙は一面がまっ白の特別版を発行しました。その一方で、nzherald.co.nzはツイッターとフェイスブックのキャンペーンに参加しています。
* * *
労働党は大挙して表に出て来ました。多くの労働党所属の国会議員がビデオメッセージに出演しオールホワイツをサポートしました。ブブゼラによるサウンドトラックもあって完璧です。
* * *
ロトルア(ニュージーランド北島にある人口6万5千人の都市)にあるファット・ドッグ・カフェアンドバーは、もしオールホワイツが勝てば、(その日の)朝7時から10時までコーヒーを無料で提供するということですが、お客さんたちが(朝の2時から試合を観て寝不足だろうけど、がんばって)起きているようにお手伝いだとのこと。
* * *
ミル・リカーセーブ(ニュージーランドで一番大きい、酒ディスカウントチェーン店らしいです)は10000もの旗で盛り上げ、オールホワイツをサポートしています。スポークスマンのケビン・ブシェルがnzherald.co.nzに話したところによると、彼はチームの勝算については楽観的とのこと。「今夜はここで(いい)結果をお祈りしているからね!」
kiwi flag.jpg
サラ=ケイト・トンプソンさんはもう(そのミル・リカーセーブの)旗を持っていて、誇らしげに掲げています(左の写真がその旗らしいです)。
* * *
600人以上がフェイスブックの「男たちよ、シャツを脱げ」キャンペーンに参加しています。もしオールホワイツがパラグアイに勝ったら、金曜日は一日シャツを脱いで過ごすようにそのキャンペーングループは約束させています。
* * *
ホワイトテイカーズ(チョコレート屋さん)は今週、オールホワイツに対して最もクリエイティブに感謝の心を示しているツイッターのユーザーにホワイトチョコレート・プライズを提供するとのこと。さっそくの優勝候補はjinesesさんというツイッターユーザーで、彼女はnzherald.co.nzに、なんと「ホワイトチョコレート『ダイエット』」を一週間前から実践中だと語ってくれました。
* * *
「わたしたちはオールホワイツたちに知ってほしいのよ。たとえ彼らにわたしたちの声がとどかなくても、わたしたちはみんな、オールホワイツに声援を送っているんだって。」と書いたのはかつてニュージーランドに住んでいた、11歳(!)のアマリ・ナジーアさんで、Haveeruというモルディブの新聞に寄稿しています(注:以下のリンク先に全文が掲載されています。ものすごく文章がうまく書けていて、びっくりものです)。http://www.haveeru.com.mv/english/details/31097/Soccer_Mania:_Kiwis_for_the_Gold
herbert t-shirt.jpg
* * *
Tシャツデザイナーのミスター・ビンテージさんは、いまのオールホワイツの監督で1982年W杯にも出場した、リッキー・ハーバートを(オバマ大統領候補の選挙キャンペーンに似せて)大統領選挙キャンペーン風に描写してみた、限定バージョンのTシャツをリリースしました。http://www.mrvintage.co.nz/shop/Category/TV/HOPE+MENS+T-SHIRT.html
―NZHERALDスタッフ

The All Whites have the whole world talking after their heroic efforts against Slovakia and the defending world champions Italy in the FIFA World Cup, leading to an outbreak of soccer fever in New Zealand.
In the early hours of tomorrow morning, captain Ryan Nelsen and his team - seen as the rank outsiders of the tournament - will face Paraguayin their final group stage match, with their hopes of advancing to the next round still very much alive.

Retailers inNewmarketchallenged businesses around the country to"White Out" in support of the All Whites as they prepare to face Paraguay.
Newmarket Primary School joined the movement, with principal Wendy Kofoed saying the All Whites' success was a key factor in the rise of pupils taking up soccer at the school.
In Wellington, More FM host Dan Boyd called for people in the capital city to join the White Out.
"To wear white for a day will be a great way for the capital to show that they are more than just a team of 11 but have thousands of Kiwis behind them."
Today the Herald newspaper released a special edition with an all-white masthead, while nzherald.co.nz has joined the campaign on Twitterand Facebook.
* * *
The Labour Party came out in force, with most of its MPs appearing in a video message of support for the All Whites - complete with vuvuzela soundtrack.
* * *
The Fat Dog Cafe and Bar in Rotorua said that if the All Whites win, they will offer free coffee between 7am and 10am to visitors to help them stay awake.
* * *
The Mill Liquor Save drummed up 10,000 flags in support of the All Whites. Spokesman Kevin Bushell told nzherald.co.nz he was optimistic about the team's chances. "Here's praying for a result tonight!"
Sarah-Kate Thompson already has her flag, and is flying it proudly.
* * *
Over 600 people have signed up to a Facebook campaign, called Shirts off for the boys! The group pledges to spend Friday without shirts if the All Whites win against Paraguay.
* * *
Whittaker's is offering a white chocolate prize to the Twitter user who produces the most creative shout-out to the All Whites this week.
An early contender could be Twitter user jineses, who told nzherald.co.nz she was on a "white chocolate 'diet'" for the week.
* * *
"We want to let them know that even though they cannot hear us, we are all cheering them on." wrote 11-year-old Amri Nazeer, formerly of New Zealand, wrote for Haveeru, a Maldavian newspaper.
* * *
T-shirt designers Mr Vintage released a limited edition t-shirt depicting All Whites coach and 1982 World Cup tournament veteran Ricki Herbert in a presidential light.
- NZHERALD STAFF

http://www.nzherald.co.nz/soccer-football/news/article.cfm?c_id=86&objectid=10653856
posted by フランスフット at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。