2012年09月03日

あまりフェアプレーではないハルクのプレー

SO FOOT(フランス)03/09/2012

"HULK PAS TRÈS FAIR-PLAY"
「あまりフェアプレーではないハルクのプレー」



あるチームがプレーを止めた場合、相手チームはすぐにそのボールを返さなければならないというのが一般的な話である。

しかしFCポルトのフォワードであるハルクは、その機会を相手チームを騙して得点を狙いに行くチャンスと考えている。

土曜に行われたSCオリャネンセとの試合でハルクは以上のことをやってのけた。ただ(というか運よく)このブラジル人は得点できなかった。とはいえ卑怯な男である。

Généralement, quand le jeu est arrêté par une équipe, on doit lui rendre le ballon par la suite. Hulk, attaquant du FC Porto, lui, y voit juste une occasion de berner l'adversaire pour tenter d'aller marquer.

C'est ce qu'il a fait lors du match de samedi face à Olhanense (victoire 2-3 des Dragoes). Seulement (ou plutôt heureusement), le Brésilien n'a pas marqué. Un peu salaud, quand même.

AP

http://www.sofoot.com/hulk-pas-tres-fair-play-150896-videos.html
posted by フランスフット at 20:32 | TrackBack(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

ウニオン・レイリアがリーグ戦放棄を撤回し、ユース選手を起用へ

L'Equipe(フランス)04/05/2012

"Leiria jouera avec les juniors"
「ウニオン・レイリアがリーグ戦放棄を撤回し、ユース選手を起用へ」

給与遅配に抗議していた13選手がチームを離れたことを受けリーグ戦の残り二試合を棄権すると発表していたウニオン・リレイアだが、前言撤回し、土曜、ベンフィカと試合をすると発表した。

ウニオン・レイリアはベンフィカ戦に向けて、ユース選手で構成されたチームを登録した。

L'Uniao Leiria, qui avait déclaré forfait pour les deux derniers matches de la saison après avoir reçu les démissions de 13 joueurs protestant contre des retards de salaire, est revenu sur sa décision annonçant qu'il jouerait samedi contre le Benfica Lisbonne. Le club a inscrit l'équipe des juniors pour cette rencontre.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Leiria-jouera-avec-les-juniors/281612
posted by フランスフット at 06:52 | TrackBack(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二試合を残してリーグ戦を放棄したポルトガル1部リーグのウニオン・レイリア

L'Equipe(フランス)04/05/2012

"L'Uniao Leiria jette l'éponge"
「匙を投げたウニオン・レイリア」

リーグ最下位で財政危機に陥っているウニオン・レイリアが、二試合を残してリーグ戦を放棄すると発表した。

「この状況ではレイリアが降格を避けることは不可能であり、クラブとしては1部リーグから脱退しなければならない」とウニオン・レイリアは文書で発表している。

先週、ウニオン・レイリアはフェイレンセとの試合(0−4)で、ピッチ上に八選手しか並べることができなかった。残りの選手たちは給与未払いを理由にプレーしないと決断していた。ポルトガルリーグは、レイリアの脱退を受諾するかまだ見解を発表していない。

レイリアが放棄したことにより、シーズン終盤が問題含みになる可能性がある。レイリアは土曜にベンフィカと対戦することになっているが、そのベンフィカはチャンピオンズリーグ・グループリーグ出場権をかけてブラガとリーグ2位の座を争っているのである。

金曜、レイリアは13選手との契約を解除し、フェイレンセとの試合をボイコットしたその選手たちに金銭賠償を求めている。

「フェイレンセとの試合に不当にも欠場したことは規約違反である。この状況から生じたあらゆる損害に対する賠償を求める権利がわれわれにはある。」

一方、ポルトガルサッカー連盟は、レイリアの脱退によって生じたポルトガルに対するまずいイメージを嘆いている。

「レイリアの状況が本当なら、ポルトガルサッカーにとっては非常に悪い時期ということになる。」

Le club de l'Uniao Leiria, lanterne rouge et en grande difficulté financière, a annoncé qu'il abandonnait le Championnat du Portugal à deux journées de la fin. ≪Cette situation rend la relégation de Leiria irréversible et oblige le club à se retirer de la première division≫, annonce le club dans un communiqué. La semaine dernière, l'équipe de Leiria n'avait pu aligner que huit joueurs sur le terrain de Feirense (0-4), le reste de l'effectif ayant en effet décidé de ne plus jouer à cause des salaires impayés. La Ligue portugaise n'a pas encore confirmé qu'elle acceptait le retrait de Leiria.

Ce forfait pourrait remettre en question la fin de saison.Le club portugais doit effectivement affronter samedi Benfica, toujours à la lutte avec Braga pour la deuxième place directement qualificative pour la Ligue des champions. Ce vendredi, Leiria a résilié le contrat de treize joueurs et demandé une compensation financière aux joueurs qui avaient boycotté le dernier match : ≪L'absence injustifiée lors du match à Feirense était une violation du règlement. Nous avons le droit de demander des compensations pour tous les dommages qui résultent de cette situation≫. De son côté, la Fédération portugaise de football déplore la mauvaise image du pays donnée par ce retrait : ≪Si la situation de Leiria est confirmée, c'est un très mauvais moment pour le football portugais≫.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/L-uniao-leiria-jette-l-eponge/281504
posted by フランスフット at 01:07 | TrackBack(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

8選手で試合をしたポルトガル1部リーグのチーム

SO FOOT(フランス)01/05/2012

"UNE ÉQUIPE À 8"
「8人のチーム」

Uniao Leiria started the game only with 8 players.jpg

(写真:sofoot.com

ウニオン・レイリアはポルトガル1部リーグ最下位である。

すでに二部降格が決定しているこのクラブは深刻な危機に見舞われており、その報いを現在進行形で受けている。金曜、16人の選手たちがクラブを退団した。長期間にわたる給与遅配が原因である。

その結果、レイリアは日曜のフェイレンセとの試合に向けてリザーブチームから選手を呼ばなければならなかった。しかしそれでも8人しか選手を集めることができなかった。試合をするために必要な選手の最低人数は7人であることから、試合はとり行われた。そしてこの勇気ある8人は前半はなんとか持ちこたえていた。しかし当然のことながら、試合は相手チームの勝利で終了した(0−4)。

しかしさらに酷いことが待ち受けている。来週、この最下位のチームはアウェーでベンフィカと対戦するのである・・・

L'Uniao Leiria est lanterne rouge du championnat portugais. Déjà assuré de descendre, le club affronte une sérieuse crise et des sanctions à gogo. Ainsi, 16 joueurs ont quitté le club vendredi, pour des salaires impayés de longue date.

Du coup, Leiria a du sortir ses réserves pour affronter Feirense ce dimanche. Et il ne restait même que 8 joueurs disponibles. Vu que le nombre minimal de joueurs pour disputer un match est de 7, la rencontre a donc eu lieu. Et les 8 courageux ont tenu tête toute la première période à l'équipe adverse. Qui a tout de même fini par s'imposer, le plus logiquement du monde (4-0).

Le pire est à venir, la lanterne rouge se déplace sur le terrain du Benfica la semaine prochaine...

AP

http://www.sofoot.com/photo-une-equipe-a-8-156356.html
posted by フランスフット at 20:45 | TrackBack(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

アンジ・マハチカラがハルク獲得に向けて4000万ユーロのオファーを提示へ

SO FOOT(フランス)24/03/2012

"Anzhi : 40 millions pour Hulk"
「アンジ・マハチカラがハルク獲得に向けて4000万ユーロのオファーを提示へ」

サミュエル・エトオが所属するアンジ・マハチカラは、無尽蔵の財布を持っていることで知られている。

FCポルトの選手であるハルクの移籍金は1億ユーロに設定されているが、このロシアのクラブはこの金額を変えることは可能だと期待している。

アンジはこのブラジル人ストライカー獲得のために4000万ユーロのオファーを提示することで、FCポルト幹部は変心する可能性がある。

未確認情報ではあるが、パリ・サンジェルマンはかつて日本でプレーしていたハルク獲得のために、およそ3000万ユーロのオファーを提示する準備があるとされている。

今シーズン、ハルクは昨シーズンに比べて得点力が落ちている。昨シーズン、ハルクはリーグ戦26試合に出場し、23得点を記録していた。

あとは次の移籍市場で、ハルクが自身のキャリアよりもお金を選ぶかどうかにかかっている。

On connaît le portefeuille extensible du club de Samuel Eto’o, l'Anzhi Makhachkala. Et si le joueur du FC Borto Hulk dispose d’une clause libératoire égale à 100 millions d’euros, le club russe espère bien s’en détourner.

Avec une offre de 40 millions pour le buteur brésilien par exemple, l'Anzhi pourrait faire flancher la direction du FC Porto. Si l’information n’est pas confirmée, on sait que le PSG serait prêt à faire une offre aux alentours de 30 millions pour le joueur passé jadis par le Japon. Cette saison, Hulk marque moins que l’an dernier, où il avait affolé les compteurs avec 23 buts en 26 matches de championnat.

Reste à voir si le géant va préférer l’argent à sa carrière sportive au prochain mercato.

DL

http://www.sofoot.com/anzhi-40-millions-pour-hulk-154986.html
posted by フランスフット at 16:34 | TrackBack(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

FCポルトの食事会

SO FOOT(フランス)09/02/2012

"LE REPAS DU FC PORTO"
「FCポルトの食事会」

Diner at FC Porto.jpg

(写真:sofoot.com

ポルトの人たちはホスピタリティのルールというものをよく知っている。

ドラゴンズに加入したばかりのルーチョ・ゴンザレスとマーク・ヤンコは出場した最初の試合でそれぞれゴールを決めた。その二人はヴィトール・ペレイラ監督率いる選手たち全員を食事に招待した。

このオーストリア人選手はエスタディオ・ド・ドラゴンに得点だけでなく、テクノロジーももたらしてくれた。彼は写真を撮り、それをフェイスブックにのせてくれたのである。

「これがモダーンというやつである。」

A Porto, on connaît les règles d'hospitalité.

A peine arrivés chez les Dragons, Lucho Gonzalez et Janko, qui ont tous deux marqué pour leur premier match, ont décidé de fêter leur arrivée en offrant un énorme repas à tout l'effectif de Vitor Pereira.

L'Autrichien n'a pas apporté que des buts au stade du Dragon, mais aussi la technologie puisque c'est lui qui a pris la photo et l'a publiée sur son compte Facebook.

"C'est ça que c'est mouderne"

http://www.sofoot.com/photo-le-repas-du-fc-porto-153198.html
タグ:ポルト
posted by フランスフット at 10:52 | TrackBack(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

ブルーノ・アルヴェスがポルトの観光ガイドに

SO FOOT(フランス)06/12/2011

"Bruno Alves s'improvise guide"
「ブルーノ・アルヴェスがポルトの観光ガイドに」

City of Porto.jpg

(ポルト:abola.pt

ブルーノ・アルヴェスはポルトで13年間を過ごした。よって当然のことながら彼は街のことをよく知っている。

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出をかけた重要な一戦であるFCポルト対ゼニト・サンクトペテルブルクの前日のこと。このポルトガル人センターバックは、ポルトガルまでやってきたロシア人サポーターたちのために・・・観光ガイドを申し出た。

最初に予定されていたのがグルメ探訪である。

「自分はバカラオ(タラの塩漬けの干物)、インゲンマメ、肉などが全部ごちゃ混ぜになった煮込み料理(トリパス・ア・モーダ・ド・ポルト)など、地元の伝統料理が大好きなんですよ」とアルヴェスはポルト観光ガイドツアーに紛れ込んでいたポルトガル人記者たちに語っている。

Tripas a Moda do Porto.jpg

(ポルト風モツ煮込み:droolfactor.wordpress.com

この元ポルト所属の選手は散策を再開。目的地は海岸だった。

「旅行中リラックスするにはいつだって理想的な場所なんです。ちょっと冷えますけども。」

そして街の中心地を通り、行き着いた先はエスタディオ・ド・ドラゴンだったのは当然のことである。

「車で来るにせよ、地下鉄で来るにせよアクセスがいいんです。確かに周りにはあまりバーはありませんが、ショッピングセンターはたくさんあります。埋め合わせとしては十分です。スタジアムの観客席についてですが、スタジアムは二つに分けることができます。試合開始から終了まで、いや終了後もチャントを歌うサポーターたちのコーナーがあります。そして家族のための席があるんです。自分らのチーム(ゼニト)のユニフォームを着ているポルトガル人サポーターを見かけたら、それは自分の家族ですからね。」

記者たちは翌日の取材先を少なくとも見つけたことになる。

Bruno Alves a passé 13 ans à Porto, donc forcément, il connaît plutôt bien le coin.

Hier, à la veille du match décisif de C1 qui opposera ce soir le FC Porto au Zénith, le défenseur central portugais a décidé de faire une visite guidée des lieux...aux supporters russes qui ont fait le déplacement. Au programme, visite culinaire. "J'adore la cuisine traditionnelle locale, le bacalhau, les haricots et la viande, tout mélangé", a t-il déclaré aux journalistes portugais qui ont tapé l'incruste.

L'ancien joueur des dragons poursuit sa ballade. Direction la plage : "Toujours idéal pour décompresser du voyage, même s'il fait froid", en passant par le centre-ville et bien sûr l'Estadio do Dragao : "Il est facile d'accès, en voiture ou en métro. Bon, ok, il n'y a pas beaucoup de bars aux alentours, mais il y a plein de centre commerciaux, ça compense. A l'intérieur, dans les tribunes, le stade est divisé en deux. Il y a les virages, avec des supporters qui chantent du début à la fin, et même en sortant du stade. Et puis il y a la partie réservée aux familles. Si vous voyez des supporters portugais avec notre maillot (ndlr : celui du Zenith), c'est ma famille."

Au moins, ils sont prévenus.

WP

http://www.sofoot.com/bruno-alves-s-improvise-guide-150576.html
posted by フランスフット at 21:26 | TrackBack(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

シャフタル・ドネツクとの試合後、ポルトが長旅を経験

SO FOOT(フランス)

"Le long périple de Porto"
「シャフタル・ドネツクとの試合後、ポルトが長旅を経験」

ポルトは満足している。アウェーでシャフタル・ドネツク相手に勝利を収めたからである(0−2)。しかしチャンピオンズリーグベスト16までの道のりは長い。そして自分の家に帰る道のりも長かった。

ヴィトール・ペレイラ監督率いる選手たちがポルトに到着したのは(木曜朝)7時30分のことだった(フランス時間8時30分)。ウクライナではテロの脅威がはびこっており、安全を期するとの理由から、ポルトの選手たちが乗った便が2時間遅れたのである。それに加えて気象状況も最悪だった。

選手たちを乗せた飛行機はやっとのことで離陸。しかしドラゴンズが着陸した都市はポルトではなくスペインの町ビーゴだった。ゼネラルストライキのためポルトの空港が閉まっていたのが理由である。

その結果。選手たちはポルトまでの150キロメートルをバスで移動。ヴィトール・ペレイラ監督は今日の練習を全てキャンセルした。日曜に予定されているブラガとのダービーに備えて選手たちを休ませるためである。

リーグ戦の天王山を前にして間の悪いことである。

Le FC Porto est content, il a gagné face au Shakhtar Donetsk (2-0) mais le chemin est encore long pour arriver en huitièmes de finale de la C1. Et aussi pour rentrer à la maison.

Les hommes de Vitor Pereira ne sont arrivés à Porto qu'aux alentours de 7h30 (8h30 heure française). En Ukraine, leur vol a été retardé de deux heures par mesure de sécurité en raison de la menace terroriste qui plane là-bas, mais aussi des conditions météorologiques pourries.

Une fois partis, les Dragoes ont dû atterrir à Vigo parce que l'aéroport de Porto était fermé pour grève générale. Résultat, les joueurs ont enduré 150 kilomètres de car jusqu'à la ville invicta, et Vitor Pereira a déprogrammé tout entraînement aujourd'hui, histoire d'économiser ses troupes en vue du derby de dimanche face à Braga.

Pas top pour aborder un tournant du championnat tout ça.

WP

http://www.sofoot.com/le-long-periple-de-porto-150183.html
posted by フランスフット at 04:12 | TrackBack(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

ユーロ2012予選プレーオフ・ボスニア・ヘルツェゴビナ代表対ポルトガル代表戦後、パウロ・ベント監督、クリスチアーノ・ロナウド、サフェト・スシッチ監督のコメント

L'Equipe(フランス)11/11/2011

"Bento :≪Nous devons être contents≫"
「ポルトガル代表監督パウロ・ベント『満足しなければならない』」

Cristiano Ronaldo in the playoff match for the qualitication of Euro 2012 Bosnia against Portugal.jpg

(写真:oslobodjenje.ba

パウロ・ベント(ポルトガル代表監督)

「結果は現実を反映していない。わたしのチームはゼニツァ(注:ボスニア・ヘツツェゴビナ代表対ポルトガル代表の試合が行われたボスニア・ヘルツェゴビナ第四の都市)で勝利を収めるべきだったとわたしは思う。

しかしわれわれは満足しなければならない。ユーロ2012出場権を獲得するための大きなチャンスをつかんでいるのはわれわれだとわたしは思う。ペペは素晴らしい仕事をした。彼はジェコをマークし、ミスがなかった。

試合を通じてつねにわれわれのほうがよかった。われわれは勇気に溢れ、相手チームよりも統率がとれていた。しかしわれわれはセカンドレグに向けて冷静さを失わないようにしなければならない。なぜならこの試合の結果、われわれがユーロ出場権を獲得したわけではないからだ。われわれはいいチーム相手にプレーした。しかしこの結果は現実を反映していない。ピッチ状態が悪かったのが原因だ。」


クリスチアーノ・ロナウド(ポルトガル代表キャプテン)

「ピッチ状態は惨憺たるものだった。このことがこの結果につながった。自分たちはこの結果に満足していない。

自分は勝てると思っていた。しかし残念なことに得点することができなかった。リスボンでは確実に勝てると自分は思う。自分たちはボスニアよりもうまい。それをセカンドレグで証明することになるだろう。」


サフェト・スシッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ代表監督)

「ポルトガルに得点チャンスがあったように、われわれにもいくつかチャンスがあった。 しかしボールはゴールに入っていきたがらなかった。ポルトガルはすさまじいチームだ。非常に質の高い選手一人が各ラインにそれぞれいる。

すべてはリスボンで決着したほうがいいかもしれない。70000人のサポーターを収容可能な美しいスタジアムで。

われわれのようにポルトガルもこの結果に満足している。なぜなら彼らはわれわれのクオリティを分かっているからだ。」

Paulo Bento (sélectionneur du Portugal) : ≪Le résultat ne reflète pas la réalité et je pense que mon équipe aurait dû gagner à Zenica. Toutefois, nous devons être contents. Je pense que nous avons de bonnes chances de nous qualifier pour l'Euro. Pepe a fait une partie excellente, il a surveillé Dzeko sans commettre de faute. Nous avons été meilleurs pendant tout le match, nous avons été courageux et mieux organisés. Mais nous devons garder notre sang froid au retour, car ce résultat ne nous met pas à l'abri. Nous avons joué contre une bonne équipe, mais ce résultat ne reflète pas la réalité à cause du mauvais état du terrain.≫

Cristiano Ronaldo (attaquant et capitaine du Portugal) : ≪L'état du terrain était catastrophique, ce qui a donné ce résultat dont nous ne sommes pas satisfaits. J'espérais une victoire, mais malheureusement nous n'avons pas réussi à marquer. Je m'attends à une victoire certaine à Lisbonne. Nous sommes meilleurs que la Bosnie et nous le prouverons lors du match retour.≫

Safet Susic (entraîneur de la Bosnie) : ≪Nous avons eu de bonnes occasions, tout comme les Portugais, mais le ballon ne voulait pas rentrer. Le Portugal est une équipe d'enfer, ils ont un joueur de très bonne qualité dans chaque ligne. Peut-être qu'il est mieux que tout soit réglé à Lisbonne, dans un très beau stade qui peut accueillir 70 000 supporters. Le Portugal est satisfait de ce résultat, comme nous le sommes, car ils connaissent nos qualités.≫

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111111_233701_bento-nous-devons-etre-contents.html
posted by フランスフット at 22:48 | TrackBack(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

リカルド・カルヴァーリョにポルトガル代表戦1年間の出場停止処分

L'Equipe(フランス)14/09/2011

"Carvalho suspendu un an"
「リカルド・カルヴァーリョにポルトガル代表戦1年間の出場停止処分」

Ricardo Carvalho criticizes Bento.jpg

(写真:francefootball.fr

ポルトガルサッカー連盟はリカルド・カルヴァーリョに対し1年間のポルトガル代表戦出場停止処分を下した。

最長2年間の出場停止処分を受けると見られていたこのディフェンダーは8月31日、自らの意思により、説明なしにポルトガル代表チームのキャンプ地を離れていた。

ポルトガル代表がユーロ2012の出場権を得ても、カルヴァーリョにボーナスは支給されない。

La Fédération portugaise a annoncé la suspension de sélection, pour un an, de Ricardo Carvalho. Le défenseur, qui encourait une sanction pouvant aller jusqu'à 24 mois de suspension, avait pris l'initiative de quitter le stage de la sélection sans le justifier le 31 août dernier. Il ne recevra pas non plus de prime si la Selecçao se qualifie pour l'Euro 2012.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110913_204348_cravalho-suspendu-un-an.html
posted by フランスフット at 00:32 | TrackBack(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。