2012年11月09日

ナイジェリア代表としてプレーすることを希望するシドニー・サム

L'Equipe(フランス)08/11/2012

"Sam veut jouer pour le Nigéria"
「ナイジェリア代表でのプレーを希望するシドニー・サム」

バイエル・レバークーゼンに所属するシドニー・サムは木曜、『キッカー』のサイト上で、父の母国であるナイジェリア代表で将来プレーできればと語っている。

ジュニアあるいはユース時代の招集はあったものの、ドイツA代表には一度も召集されたことがないサムは、ナイジェリア代表監督のスティーブン・ケシと話し合いの場を持っている。

「激しい議論をしたが、自分はナイジェリアのためにプレーすることに非常に興味を持っている。この国にはサッカーの偉大な伝統があり、チームにはいい選手たちがいる」とキール生まれのこの24歳の選手は語っている。

シドニー・サムはキールでユースを過ごし、ハンブルガーSV、カイザースラウテルン、レバークーゼンでプレーしている。

Sydney Sam, le joueur de Leverkusen, a déclaré jeudi sur le site de Kicker qu'il souhaitait jouer à l'avenir pour la sélection du Nigéria, pays natal de son père. Jamais appelé en équipe d'Allemagne malgré plusieurs sélections en juniors ou en espoirs, Sam en a discuté avec Stephen Keshi, le sélectionneur des Super Eagles. ≪Il y a eu d'intenses discussions et je suis très intéressé par le fait de jouer pour le Nigeria. Le pays a une grande tradition footballistique et l'équipe est dotée de bons joueurs≫, a notamment déclaré le joueur de 24 ans, natif de Kiel, où il a été formé avant de jouer pour Hambourg, Kaiserslautern puis Leverkusen. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Sam-veut-jouer-pour-le-nigeria/325435
posted by フランスフット at 10:52 | TrackBack(0) | ナイジェリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

親善試合ナイジェリア対アルゼンチンに八百長疑惑

L'Equipe(フランス)04/06/2011

"Nigeria-Argentine truqué ?"
「親善試合ナイジェリア対アルゼンチンに八百長疑惑」

FIFAは今週水曜ナイジェリアの首都アブジャで行われた親善試合ナイジェリア対アルゼンチン(4−1)の試合で賭け金が急激に増加したことを受けて調査を開始した。

「ナイジェリア対アルゼンチンはFIFAが調査中の試合の一つであることを発表する」とFIFAは土曜イギリスの新聞『デイリーテレグラフ』に語っている。

アルゼンチンはアウェーでナイジェリア相手に大量リードされていた。そして後半ロスタイムの目安は5分だったにもかかわらず、後半ロスタイム9分、マウロ・ボセーリがPKを決めアルゼンチンは1点を返した。

『デイリーテレグラフ』によると、スコアが4−0になった後、大きな賭け金が追加点の方に賭けられたという。

La Fifa a ouvert une enquête sur le nombre élevé de paris enregistrés lors du match amical Nigeria-Argentine (4-1) disputé mercredi dernier à Abuja. ≪La Fifa peut confirmer que ce match est l'un de ceux que nous sommes en train d'analyser≫, a indiqué l'instance samedi, dans le quotidien anglais The Daily Telegraph. L'Argentine s'était nettement inclinée au Nigeria. Les Argentins avaient réduit la marque sur penalty dans le temps additionnel par Mauro Boselli (90+9), alors que cinq minutes supplémentaires seulement avaient été annoncées. Selon le Daily Telegraph, de nombreux parieurs auraient pronostiqué sur un autre but après le 4-0.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110604_153748_nigeria-argentine-truque.html
posted by フランスフット at 00:13 | TrackBack(0) | ナイジェリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

元ナイジェリア代表のウチェ・オカフォーが41歳で死去

L'Equipe(フランス)08/01/2011

"Décès d'Uche Okafor à 41 ans"
「ウチェ・オカフォーが41歳で死去」

Uche Okafor.gif

(ウチェ・オカフォー:kcwizards.com.ar

木曜、ウチェ・オカフォーがダラス近郊の自宅で首を吊っているところを元妻が発見した。43歳だった。金曜、地元警察が発表した。

元ナイジェリア代表ディフェンダーのオカフォーはワールドカップ1994年大会1998年大会に参加。MLSのカンザスシティ・ウィザーズでプレーした後2001年に引退した。1994年にはナイジェリア代表としてアフリカネイションズカップで優勝した。

Uche Okafor est décédé jeudi près de Dallas où il résidait, à l'âge de 43 ans, a annoncé vendredi la police locale. L'ancien défenseur international nigérian, qui avait notamment participé aux Coupes du monde 1994 et 1998 avec les Super Eagles, a été retrouvé pendu par son ex-femme. Il avait arrêté sa carrière en 2001 après un passage aux Kansas City Wizards, un club de Major League Soccer. A son palmarès notamment : une Coupe d'Afrique des nations en 1994.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110108_081925_deces-d-uche-okafor-a-41-ans.html
posted by フランスフット at 20:19 | TrackBack(0) | ナイジェリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

ナイジェリアのシャークス・ポートハーコートが西アフリカサッカー連盟クラブ選手権で優勝

L'Equipe(フランス)27/12/2010

"Aux Sharks la Coupe de l'UFOA"
「ナイジェリアのシャークス・ポートハーコートが西アフリカサッカー連盟クラブ選手権で優勝」

Sharks-FC-de-Port-Harcourt.gif

(シャークス・ポートハーコートのクラブロゴ:football11.net

ナイジェリアのシャークス・ポートハーコートがセネガルのカーサ・スポーツ・ジガンショールを決勝で降し(1−0)、西アフリカサッカー連盟クラブ選手権第25回大会を制した。試合は日曜、トーゴの首都ロメでおこなわれた。

トーゴのセマシ・ソコデが前回大会優勝チームであるギニアのホロヤACを降し(1−1、PK戦で勝利)3位に入った。



〔西アフリカサッカー連盟クラブ選手権〕1977年に始まった大会。西アフリカサッカー連盟加盟国のリーグから、CAFチャンピオンズリーグおよびCAFコンフェデレーションカップに出場できなかった最高位のチームが出場。

2000年大会はお金が続かず途中で中止。2001年から2008年まで開催されていなかったが、2009年から復活した。

Le club nigérian des Sharks de Port Harcourt a remporté la 25e édition de la Coupe de l'Union des Fédérations Ouest-africaines de Football (UFOA), en battant (1-0) la formation sénégalaise Casa sports de Ziguinchor en finale, dimanche à Lomé. Les Togolais de Sèmassi Sokodé ont pris la troisième place en dominant les tenants du titre Guinéens de Horoya (1-1, 6 tab à 5).

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20101227_130646_aux-sharks-la-coupe-de-l-ufoa.html
posted by フランスフット at 22:49 | TrackBack(0) | ナイジェリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

ナイジェリアに八百長の疑惑

L'Equipe(フランス)11/07/2010

"Soupçons de corruption"
「買収の疑い」

アルゼンチン戦(0−1)とギリシャ戦(1−2)での二つの負けと、韓国戦(2−2)での引き分けという、ワールドカップ南アフリカ大会でのナイジェリアの試合結果について、買収の疑いがもたれている。

『BBC』、また日曜の『レキップ』が伝えるところによると、大会が始まる前からFIFAには、スーパーイーグルスが八百長にかかわる可能性があるという情報が入っていたとのことである。FIFAの捜査員がこの件に関して明らかにしている。

またドイツ人ジャーナリストは、大会が始まる前から、ナイジェリア選手たちが八百長をしようとしているとの情報を得ていたと暴露している。

現在のところ、FIFAは今大会、八百長試合があったという「状況証拠を全く」つかんでいないと発表している。

Le parcours du Nigeria au Mondial sud-africain, deux défaites face à l'Argentine (0-1) et la Grèce (1-2) puis nul contre la Corée du Sud (2-2), est entouré de soupçons de corruption. Selon la BBC, reprise par L'Equipe ce dimanche, la FIFA avait été mise au courant, avant le début de la compétition, d'éventuelles tentatives de tricherie autour des Super Eagles.

Un enquêteur de la Fédération internationale s'était manifesté à ce sujet et un journaliste allemand révélait même avoir été informé de tentatives de corruption de joueurs nigérians avant leur entrée en lice. De son côté, la FIFA a d'ores et déjà fait savoir qu'elle ne possédait, à l'heure actuelle, d'«aucun indice» de match arrangé durant le tournoi.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100711_091332_soupcons-de-corruption.html
posted by フランスフット at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイジェリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

ナイジェリア大統領、二年間の国際大会撤退を取り消す

L'Equipe(フランス)05/07/2010

"Le Nigeria revient sur sa décision"
「ナイジェリア、決定を取り消し」
jonathan-goodluck.jpg
FIFAは月曜日18時までという最後通牒をナイジェリアに叩きつけていたが、ナイジェリアは、今後二年間同国代表チームをサッカー界から撤退させるという決定を取り消した。大統領筋が伝えている。

ワールドカップ南アフリカ大会での精彩を欠いたパフォーマンスを受けて、6月30日、ナイジェリア大統領のジョナサン・グッドラックは、スーパーイーグルスの「秩序を元に戻したい」と宣言していた。このスポーツへの政治介入はFIFAを激怒させていた。

ナイジェリア当局が固持していたら、ナイジェリアサッカー連盟は(FIFAによる)経済的援助の凍結、国際大会でのナイジェリア人審判の参加禁止、あらゆる国際大会へのクラブチーム、ナショナルチームの出場停止処分を受けるところだった。

Alors que la FIFA avait lancé un ultimatum jusqu'à lundi 18h, le Nigeria est revenu sur sa décision de retirer sa sélection de football pour les deux années à venir, selon une source présidentielle. Le 30 juin dernier, le président nigérian Jonathan Goodluck annonçait vouloir «remettre de l'ordre» chez les Super Eagles, après la terne performance lors de la Coupe du monde sud-africaine. Cette intervention politique dans une affaire sportive avait fortement déplu à la Fédération internationale de football.

Si les autorités nigérianes avaient persisté, la Fédération nigériane encourait le gel des aides financières, l'absence d'arbitres nigérians pour les rencontres internationales ainsi que la suspension des clubs et sélections de toute compétition internationale. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100705_171014_le-nigeria-revient-sur-sa-decision.html
posted by フランスフット at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイジェリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

ナイジェリアサッカー連盟、同国大統領にW杯惨敗のお詫び

L'Equipe(フランス)04/07/2010

"La fédé s'excuse «sans réserve»"
「ナイジェリアサッカー連盟『全面的にお詫び申し上げます』」

ナイジェリアサッカー連盟は今週、正式に自己批判声明を出した。

今後二年間、あらゆる国際大会から代表チームは参加を取りやめるというナイジェリア大統領の決断が変わればという期待と、FIFAが警告している(国際大会)出場停止処分から免れようという期待を込めてである。

「(ジョナサン)大統領には決断を考え直してもらえるよう、わたしたちはお願いの訴えをしているのです」とナイジェリアサッカー連盟は声明を発表している。またナイジェリアサッカー連盟は、ワールドカップで一勝もできずに(一引き分け、二敗、三得点)グループリーグで敗退したスーパーイーグルスの失敗について「全面的にお詫び申し上げます」とした。連盟の会長と幹部二名は解雇された。

大統領は水曜、「秩序を元に戻す」時間が必要とのことで、代表チームを国際大会の舞台から撤退させる命令を下していた。金曜にはFIFAの介入があったが、政府筋の情報によると、FIFAの脅しは大統領宮の姿勢を変えることはないという。

FIFAはナイジェリア当局に、月曜の18時までに「撤回する」よう時間を与えている。撤回しなければ、ナイジェリアサッカー連盟の国際大会停止処分が実施されることになる。ナイジェリアサッカー連盟は経済的影響また競技上の影響を受けることになる。特にあらゆる国際大会参加を禁じられる国内クラブにとって、影響は大きい。

La fédération du Nigeria s'est livrée ce week-end à une autocritique en règle dans l'espoir d'infléchir la décision du président du pays de retirer la sélection de toute compétition pendant deux ans et d'échapper ainsi à la suspension dont la menace la FIFA. «Nous souhaitons lancer un appel au président (Jonathan) pour qu'il reconsidère sa décision», a communiqué la fédération qui a présenté ses «excuses sans réserve» pour la Coupe du monde ratée des Super Eagles, éliminés au premier tour sans avoir gagné un match (un nul, deux défaites, trois buts inscrits). Le président et deux autres dirigeants de la fédération ont en outre été «licenciés».

Mercredi, le président avait ordonné que la sélection se retire de la scène internationale le temps de «remettre de l'ordre». Vendredi, après l'intervention de la FIFA, une source gouvernementale avait affirmé que les menaces de l'organisation internationale ne changeraient rien à la position du palais présidentiel. La FIFA a donné jusqu'à lundi 18h00 aux autorités nigériannes pour «revenir en arrière», faute de quoi la suspension de la fédération entrerait en vigueur. Celle-ci aurait des conséquences à la fois financières et sportives, notamment pour les clubs qui seraient privés de toute compétition internationale.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100704_210638_la-fede-s-excuse-sans-reserve.html
posted by フランスフット at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイジェリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

ナイジェリアに対しFIFAが干渉

L'Equipe(フランス)02/07/2010

"La FIFA intervient"
「FIFAが介入」

ナイジェリアが今後二年間、国際大会に参加しない決定を下した件についてFIFAが動き出した。

水曜、ナイジェリア大統領のグッドラック・ジョナサンは、同国代表チームに関して報道された悪いイメージに激怒した。そしてスーパーイーグルスたちを引っ込めさせる決断を下したが、それは「秩序を元に戻す」時間が必要だからとのことだった。

「ナイジェリア政府が撤回しないなら、わたしたちはナイジェリはを出場停止処分にしなければいけなくなるだろう」とFIFA事務総長のジェローム・ヴァルケは南アフリカ私営放送局702で明らかにした。ナイジェリア政府は決断を撤回するための時間が月曜18時まで与えられている。

火曜にフランスを処分したFIFAは、サッカー協会に政治的介入があった場合のFIFAの姿勢について話している。

「われわれはフランスに対して厳しかった。なぜナイジェリアに対してはちがわなければならないのか」とヴァルケ氏は理由を説明している。

「208の加盟国がいて、もしそのうちの一カ国がわれわれの規定、システムに反対するようなら、サッカー界のピラミッド全体が危機に陥るのである。」

La FIFA a tenu à réagir quant à la décision du Nigéria de se retirer de toute compétition internationale pendant deux ans. Mercredi, le président nigérian Goodluck Jonathan avait décidé, furieux après la mauvaise image véhiculée par l'équipe nationale, de retirer les Super Eagles le temps de «remettre de l'ordre». «Si le gouvernement du Nigeria ne revient pas en arrière, nous devrons suspendre le Nigeria», a déclaré le secrétaire général de la Fédération internationale, Jérôme Valcke, à la radio privée sud-africaine 702. Les autorités nigérianes ont jusqu'à lundi 18h pour revenir sur leur décision.

Après avoir rappelé à l'ordre mardi la France, la FIFA affirme sa position en cas d'ingérence politique dans le fonctionnement d'une fédération. «Nous avons été sévères avec la France, pourquoi ne le serions-nous pas envers le Nigeria?, a justifié M. Valcke. Nous avons 208 membres et si l'un d'eux va à l'encontre de nos statuts, du système, alors toute la pyramide du football est en danger.» (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100702_095919_la-fifa-intervient.html
posted by フランスフット at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイジェリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

ナイジェリア代表チーム、二年間の国際大会出場停止

L'Equipe(フランス)30/06/2010

"Le président suspend l'équipe"
「大統領が代表チームを出場停止に」

ナイジェリア大統領のグッドラック・ジョナサンは、同国代表チームがワールドカップグループリーグで敗退したことを受けて、今後二年間あらゆる国際大会に代表チームを出場停止にする決定を下した。大統領顧問の話では、この決定の目的は「ナイジェリアサッカーを再編成するため」とのこと。

したがってナイジェリアは、アフリカネイションズカップ2012の予選に出場しないことになる。ナイジェリアはギニア、エチオピア、マダガスカルのグループに入っていた。

Le président du Nigeria, Goodluck Jonathan, a pris la décision de suspendre pendant deux ans l'équipe nationale de son pays de toute compétition internationale après leur élimination au premier tour de la Coupe du monde. Le but de cette décision est de «réorganiser le football nigérian» selon les mots d'un conseiller du président.

Le Nigeria ne devrait donc pas participer aux éliminatoires de la CAN 2012. Il se trouvait dans le groupe de la Guinée, Ethiopie et de Madagascar. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100630_162920_le-president-suspend-l-equipe.html
posted by フランスフット at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイジェリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

ナイジェリア代表カイタに千通もの脅迫メール

L'Equipe(フランス)20/06/2010

"Kaita menacé de mort"
「カイタ、死の脅迫にさらされる」

ギリシア戦で退場処分を受けたナイジェリア代表のミッドフィルダー、サニ・カイタ(ロシアリーグ一部FCアラニア・ウラジカフカス所属)のメールアカウントに1000通以上もの死の脅迫メールが送りつけられた。

「「死の脅迫メールが届いたというのは事実。しかし自分はこの件について怯えてない。自分はイスラム教徒で、生死を決めることができるのは神だけだから」と彼は話している。

ナイジェリアサッカー協会は今回の脅迫について以下のように考えている。

「深刻な問題だ。私たちから政府の方に脅迫の件については伝えてある。FIFAにもコンタクトをとってある」とナイジェリアサッカー協会の広報担当であるピーターサイド・イダーは説明している。

Expulsé face à la Grèce, le milieu de terrain du Nigéria, Sani Kaita, a reçu plus de 1 000 menaces de mort sur sa boîte mail. «Oui, j'en ai reçu. Mais, ça ne me perturbe pas, car je suis musulman et seul Dieu décide de vie ou de mort», a déclaré le joueur.

La Fédération nigériane de son côté, affirme avoir pris ces menaces «très au sérieux. Nous en avons parlé au gouvernement pour l'en informer. LA FIFA est également au courant» a expliqué Peterside Idah, l'attaché de presse de la fédération. (Avec AFP).

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20100620_161601_kaita-menace-de-mort.html
posted by フランスフット at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイジェリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。