2012年09月18日

ワールドカップ2014ブラジル大会のマスコットが登場

SO FOOT(フランス)

"LA MASCOTTE DU MONDIAL 2014"
「ワールドカップ2014ブラジル大会のマスコットが登場」

ブラジルのテレビ番組内で(本物の)ロナウドがワールドカップ2014の公式マスコットを発表した。南アフリカ大会のヒョウ、ザクミの後継者はミツオビアルマジロである。

ブラジル人たちは11月中旬までに以下の三つの選択肢の中からこのマスコットの名前を決めなければならない:『Amijubi』、『Fuleco」、『Zuzeco』である。FIFA事務局長のジェローム・ヴァルケによると、「優しさと喜びを表現する」名前だという。

マスコットの命名を前に、FIFAはすでにプロモーションビデオを制作している。



La mascotte officielle de la Coupe du monde 2014 a été présentée par Ronaldo (le vrai) sur une émission de télévision brésilienne. Le successeur du léopard sud-Africain Zakumi est un tolypeutes tricinctus, plus connu sous le nom de tatou à trois bandes.

Les Brésiliens ont jusqu'à mi-novembre pour décider du nom de la mascotte. Trois choix sont proposés : Amijubi, Fuleco ou Zuzeco. Des noms qui, selon Jérôme Valcke, secrétaire général de la Fifa, sont "les représentations de la gentillesse et de la joie".

En attendant de baptiser la mascotte, la Fifa a déjà produit une vidéo promotionnelle.

MC

http://www.sofoot.com/la-mascotte-du-mondial-2014-151013-videos.html
posted by フランスフット at 09:57 | TrackBack(0) | FIFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

8月の国際親善試合を取り止めへ

L'Equipe(フランス)28/02/2012

"Plus d'amicaux en août"
「8月の国際親善試合を取り止めへ」

欧州クラブ協会総会に出席するためワルシャワを訪問中のカール・ハインツ・ルンメニゲ・欧州クラブ協会会長は、通常8月に行われていた国際親善試合を取り止めることでUEFAと合意に至ったと発表した。

FIFAはまだこの情報を公式に発表していない。

Présent à Varsovie pour l'assemblée général de l'Association des 201 top clubs européens (ECA) qu'il préside, Karl-Heinz Rummenigge a annoncé qu'un accord avait été trouvé avec l'UEFA pour supprimer les matches amicaux internationaux qui ont normalement lieu au mois d'août. La FIFA n'a pas encore rendu cette information officielle.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Plus-d-amicaux-en-aout/266743
posted by フランスフット at 10:43 | TrackBack(0) | FIFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

英スポーツ大臣からの辞任要求に反論するFIFA会長ゼップ・ブラッター

L'Equipe(フランス)18/11/2011

"Blatter est ≪désolé≫"
「『申し訳なく感じる』ブラッター」

Sepp Blatter perplexed in the controverse about racism.jpg

(写真:20minutes.fr

サッカーに人種差別は存在せず、握手をすれば一部の言動は許されると発言したことで今週、論争に巻き込まれているジョセフ・ブラッターだが、金曜『BBC』で放送されたインタビューで、「場違いな発言」をして「申し訳ない」と述べている。しかしFIFA会長職を辞任する可能性については否定した。

「このような反応は予想していなかったから、わたしは傷ついている」とブラッターは話している。

「辞任はできない。それになぜ辞任するのか?辞めることは完全に不当であるし、わたしの闘争精神、性格、エネルギーとは相容れない」とブラッターは、英スポーツ大臣ヒュー・ロバートソンからの辞任要求に応える形で明言している。

Pris dans une controverse cette semaine après avoir déclaré que le racisme n'existait pas dans le football et qu'une poignée de main pouvait absoudre certains comportements, Joseph Blatter s'est dit ≪désolé≫ d'avoir tenu ces≪propos malencontreux≫, mais a exclu de démissionner dans une interview à la BBC diffusée vendredi. ≪Je suis blessé parce que je n'envisageais pas une telle réaction≫, a-t-il dit. ≪Je ne peux pas démissionner. Et pourquoi le ferais-je ? Partir serait totalement injuste et serait incompatible avec mon esprit combatif, mon caractère, mon énergie≫, a précisé Blatter, en réponse à l'appel du secrétaire d'Etat britannique chargé des Sports Hugh Robertson.
Avec AFP

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111118_122607_blatter-est-desole.html
posted by フランスフット at 00:31 | TrackBack(0) | FIFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

ゼップ・ブラッターと人種差別

SO FOOT(フランス)17/11/2011

"Blatter et le racisme"
「ゼップ・ブラッターと人種差別」

Sepp-Blatter.jpg

(写真:telegraph.co.uk

ゼップ・ブラッターは話す前に口の中で7回舌を回すべきことがたまにある。よくあることだって?そうですね、多くの場合そうです。

ここ数ヶ月間、毎週のように人種差別問題がフットボール界に衝撃を与えている。その一方、FIFA会長のブラッターは「人種差別などない。無礼な発言あるいはジェスチャーならあるかもしれないが」と『CNNワールドスポーツ』で話している。そして以下のように続けている。

「人種差別の被害を受けた人は、それはただの冗談だと思うべきである。そして(その発言をした)相手選手と握手するべきである。」

つまり試合中なら何を言ってもいいということだろうか?

すぐに自らの過ちに気が付いたゼップ・ブラッターは文書を発表。その中で彼は「自分の発言が誤った形で解釈された」と説明している。

もはや手遅れである。失言をしたことには変わりない。しかしブラッターは同じ文書の中で以下のように自己弁護している。

「以下のことを強調したい。選手たちは戦っているわけで、ものごとが正しくないやり方でなされることも往々にしてある。しかし普通なら試合後、もしそれが無礼なものだったなら相手選手に詫びを入れ、握手をすることで話を終わらせるわけだ。サッカーの試合をしたことのある人、あるいはどんなスポーツでも試合をしたことのある人なら、わたしの話していることが何であるか分かる。」

いいえゼップ、よく分かりません。

イングランドサッカー協会(FA)はルイス・スアレスがパトリス・エヴラに対して人種差別をしたとして、スアレスに処分を下すと発表したまさにその日に、ブラッターはこの文書を発表した。タイミングの悪いことである。

しかし名誉挽回しようと、ゼップ・ブラッターは以下のように喚起している。

「社会そしてスポーツにおける人種差別問題を過小評価したくない。わたしはこの災禍に対し戦い、サッカーから人種差別を追い払うことを約束する。」

とても本人のものとは思えない言葉である。

Parfois, Sepp Blatter devrait tourner sept fois sa langue dans sa bouche avant de parler. Souvent ? Bon d’accord souvent.

Alors que de nouvelles affaires de racisme secouent le football pratiquement chaque semaine depuis quelques mois, le président de la FIFA pense ≪ qu’il n’y a pas de racisme, mais peut être un mot ou un geste déplacé ≫ comme il l’a dit sur la chaîne américaine CNN World Sport avant de poursuivre : ≪ La victime devrait se dire que ce n’est qu’un jeu et serrer la main de son adversaire ≫. Pendant un match, on aurait donc le droit de tout dire ?

Comprenant rapidement son erreur, Sepp Blatter a publié un communiqué dans lequel il explique que ≪ ses propos ont été mal interprétés ≫. Trop tard, le mal est fait. Même s’il se défend, toujours dans le même communiqué : ≪ Je voulais souligner que les joueurs se livrent bataille et que parfois, les choses se font de manière incorrecte. Mais normalement, à la fin de la partie, vous présentez vos excuses à votre adversaire si cela a été rude et vous lui serrez la main pour clore l’histoire. Toute personne ayant disputé un match de football ou de n’importe quel sport sait de quoi je parle ≫. Non, Sepp on ne sait pas. Des déclarations qui interviennent le jour même où la Fédération anglaise vient d’accuser Luis Suarez de racisme à l’encontre de Patrice Evra. Le sens du timing.

Pour se rattraper, Sepp Blatter a toutefois rappellé: ≪ Je ne veux pas sous-estimer le problème du racisme dans la société et le sport. Je m’engage à combattre cette plaie et à la chasser du football ≫. Ce n’est pas l’impression que ça donne.

CG

http://www.sofoot.com/blatter-et-le-racisme-149924.html?utm_source=blockNews
posted by フランスフット at 06:00 | TrackBack(0) | FIFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

肉を食べてドーピング陽性

L'Equipe(フランス)18/10/2011

"109 joueurs positifs... à la viande"
「肉を食べてドーピング陽性」

アナボリック・ステロイドであるクレンブテロールが、6月から7月にかけてメキシコで開催されたFIFA・U−17ワールドカップに出場した109人の選手たちからわずかに検出されたと月曜、FIFAは発表した。

FIFAは、「ドーピング」には言及せず、「公衆衛生」の問題だとしている。

FIFA薬物検査機関の責任者の話によると、クレンブテロールの原因は、肉を食べたことによるという。また、家畜を太らせるためにクレンブテロールが非合法的に用いられていたことを指摘している。

De petites traces de clenbutérol, un anabolisant, ont été détectées dans les analyses effectuées sur 109 joueurs du Mondial des moins de 17 ans, en juin et juillet derniers au Mexique, a annoncé lundi la FIFA, qui évoque non pas du ≪dopage≫ mais un problème de ≪santé publique≫. L'origine de la substance est à rechercher dans la viande de consommation, selon le responsable des services médicaux de la Fédération internationale qui pointe les utilisations illégales de clenbutérol pour l'engraissement du bétail.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111018_084653_109-joueurs-positifs-a-la-viande.html
posted by フランスフット at 20:23 | TrackBack(0) | FIFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

ワールドカップ2022開催国決定に関してドイツが調査を要求

L'Equipe(フランス)01/06/2011

"L'Allemagne veut un réexamen"
「ワールドカップ2022開催国決定に関してドイツが調査を要求」

ドイツサッカー連盟会長のテオ・ツヴァンツィガーは水曜、ワールドカップ2022開催国がカタールに決定したその手続きについて、調査を要求した。贈収賄疑惑がその理由である。

「わたしは全く事情を知らない人間の立場から、最近(疑惑に関する記事を)もう十分というほど読んできた。わたしが聞いたり読んだりしたことから判断して、非常に大きな疑惑があり、そのまま見逃すわけにはいかないという考えに至った」とツヴァンツィガー氏は表明している。

「よってワールドカップ2022大会つまり開催国決定に関して、(贈収賄疑惑があるという)この観点から調査をするべきであるという主張に至った。」

Le président de la Fédération allemande, Theo Zwanziger, s'est prononcé ce mercredi pour un réexamen de la procédure d'attribution du Mondial 2022 au Qatar, en raison de soupçons de corruption. ≪D'après tout ce que j'ai entendu et lu - et j'ai sciemment beaucoup lu ces derniers jours, avec une perspective étrangère, et je me suis imprégné de tout ça -, je dois partir du principe qu'il y a un degré considérable de soupçons qu'on ne peut pas tout simplement balayer, a déclaré M. Zwanziger. C'est pourquoi je dois partir du principe qu'il faut réexaminer sous cet angle ce Mondial, l'attribution de ce Mondial≫. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110601_100934_l-allemagne-veut-un-reexamen.html
posted by フランスフット at 19:08 | TrackBack(0) | FIFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

ワールドカップ2014ブラジル大会の各大陸連盟出場枠が決定

L'Equipe(フランス)03/03/2011

"L'Europe garde ses 13 places"
「ヨーロッパは13の出場枠を確保」

ワールドカップ2014ブラジル大会の各大陸連盟出場枠は、ワールドカップ2010のときと大きく変わらないことになった。

FIFA理事会が二日間にわたって開かれ、南アメリカには4,5枠とブラジルに与えられる開催国枠の計5,5枠が与えられることになった。

アフリカは南アフリカに与えられていた開催国枠を失い、従来の5枠に戻った。

ヨーロッパは13枠を確保。オセアニアは0,5枠。北中米アメリカは3,5枠。アジアは4,5枠である。

それぞれの0,5枠は大陸間プレーオフが行われることを意味している。抽選により大陸間プレーオフの組み合わせが決まる。

La Coupe du monde 2014, prévue au Brésil, ne verra pas de changement notable par rapport au Mondial 2010 dans la répartition des places. Au terme de deux jours de réunion du comité exécutif de la Fifa, les membres ont décidé d'accorder à l'Amérique du Sud 4,5 places, plus celle donnée au Brésil en tant que pays organisateur. L'Afrique revient à ses cinq places traditionnelles, perdant la sixième place qui lui avait été accordée l'année dernière en raison de l'organisation du Mondial en Afrique du Sud. L'Europe conserve ses 13 places, l'Océanie une demie place, l'Amérique du Nord et centrale (Concacaf) 3,5 et l'Asie 4,5. Les demies places correspondent aux matches de barrage, pour lesquels seront organisés des tirages au sort qui permettront de déterminer les confrontations entre confédérations.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110303_182642_la-repartitions-des-places-ne-change-pas.html
posted by フランスフット at 06:43 | TrackBack(0) | FIFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

スペインではバロンドールに対し猛反発

L'Equipe(フランス)11/01/2011

"L'Espagne s'insurge"
「スペインではバロンドールに対し猛反発」

バロンドール2010が議論を巻き起こしている。しかも火曜の各国の新聞の一面を見るとかなり辛辣な論調である。バロンドール2009のとき、メディアは一致してアルゼンチン人レオ・メッシの受賞に称賛の言葉を送っていた。そしてバロンドール2010。メディアは一致してメッシの二度目の受賞に称賛の言葉を控えている。まず多くのメディアにとって、メッシの受賞は驚きだった。「メッシ?ノーーーーーーー!」とは『ガゼッタ・デロ・スポルト』のタイトルである。一方『トゥットスポルト』のタイトルは「メッシ、驚きの受賞」。ドイツの『フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング』も同様である。

当然のことだが、スペイン紙の論調が最もけたたましい。日刊紙の一部は日頃見ないくらいのこき下ろし方である。『アス』の一面は「スペインが酷い目にあった!」という痛烈な見出しになっている。『アス』はワールドカップで優勝したスペイン代表のシャビとイニエスタが受賞しなかったことを残念がっている。「結果としてワールドカップが考慮されなかったということだ」と大見出しで『アス』は書いている。

『マルカ』も独自色を出して以下のように書いている。「スーパースター二名にアンチスペイン人一名」。このアンチスペイン人一名とはゼップ・ブラッターFIFA会長のことで、先月、ワールドカップ2018開催国をスペインに委ねることを拒否した当の人物でもある。『マルカ』電子版ではさらに「不当なバロンドール」とまで言っている。

「メッシとモウ(年間最優秀監督に選ばれたジョゼ・モウリーニョ)がスペイン代表のヒーローたちからバロンドールを奪った。」

『マルカ』電子版はインターネット閲覧者にアンケートを実施。68、2パーセントの人たちがFIFA−フランスフットボールの投票に対し不支持という結果が出ている。

『エル・パイス』や『ラ・バングアルディア』のような一般紙はメッシを称賛してはいるものの、やはり昨年の優勝チームであるスペインサッカーに賞が与えられなかったのは悔やまれるとしている。

カタルーニャの新聞『エル・ムンド・デポルティーボ』だけが批判の言葉を上げずにバルサのアルゼンチン人ミッドフィルダーの受賞を称賛している。

「バロンドールがバルセロナチームに与えられた。メッシをとおして、(バルセロナの)ファンタスティックな仕事とフィロソフィーが認められたのだ。多くの人が、バロンドールをあと二つ複製して、シャビとイニエスタに贈るべきだと思ったことは間違いない。この二人はバロンドール受賞に値しているからだ。だけど世界一の選手といえばやはりメッシだ。」

Le Ballon d'Or 2010 a, décidément, fait couler beaucoup d'encre. Et une encre plutôt amère, à en juger les unes de la presse internationale ce mardi. Autant, en 2009, les médias célébraient d'une seule voix le sacre de l'Argentin Leo Messi, autant ils restent plutôt mesurés après son doublé. Pour beaucoup, c'est tout d'abord une surprise : ≪Messi ? Noooooonn !≫, titre la Gazzetta dello Sport. Pour Tuttosport, ≪Messi gagne par surprise≫, comme pour l'AllemandFrankfurter Allgemeine Zeitung.

Evidemment, la presse espagnole se montre la plus volubile. Certains quotidiens n'y vont d'ailleurs pas par quatre chemins : un cinglant ≪C'est l'Espagne qui trinque !≫ barre la première page d'AS, qui regrette que les champions du monde Xavi et Iniesta n'aient pas été primés. ≪Il résulte que la Coupe du monde n'a pas été prise en compte≫, ajoute la rédaction du quotidien en manchette.

Marca annonce sa couleur : ≪Deux géants et un anti-Espagnol≫, ce dernier n'étant autre que Sepp Blatter, coupable le mois précédent d'avoir refusé aux Ibériques l'organisation de la Coupe du monde 2018. Sur son site Internet, le quotidien va plus loin avec ≪Un Ballon d'Or injuste≫. ≪ Messi et Mou' (José Mourinho, entraîneur de l'année, NDLR) ont laissé sans Ballon d'or les héros de la Roja.≫ Le quotidien en ligne a réalisé un sondage auprès de ses internautes qui, à 68,2%, ne suivent pas le vote FIFA - France Football.
La presse généraliste, type El Pais ou La Vanguardia, félicite quant à elle Messi mais regrette tout de même qu'en cette année de sacre, le football espagnol ait été laissé sans récompense. Seul le catalan El Mundo Deportivosalue sans équivoque le triomphe du milieu de terrain argentin du Barça : ≪Le Ballon d'or est dans la maison barcelonaise et, à travers lui, c'est la reconnaissance d'un travail fantastique et d'une philosophie. Beaucoup penseront, sûrement, qu'on aurait dû offrir deux reproductions du Ballon d'Or à Xavi et Iniesta. Ils les méritent. Mais le meilleur du monde, c'est encore Messi.≫ A.-S.B

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110111_114550_un-ballon-d-or-conteste.html
posted by フランスフット at 05:19 | TrackBack(0) | FIFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

『レキップ』がFIFAバロンドールを批判「スナイデルが獲得していたはずだったバロンドール」

L'Equipe(フランス)10/01/2011

"Sneijder aurait gagné..."
「スナイデルが獲得していたはずだったバロンドール」

バロンドールが以前のようにジャーナリストのみによる投票だったなら、この権威ある賞は三冠(チャンピオンズリーグ、国内リーグ、国内カップ)を達成したワールドカップファイナリストのオランダ人プレーヤー、ヴェスレイ・スナイデルに授与されていただろう。バロンドールを受賞したリオネル・メッシのワールドカップは失敗に終わっていた。

バロンドールとFIFA最優秀選手賞がまとめられてできたこの新しい賞制度は、1956年に『フランスフットボール』が創設した賞のこれまでの評価基準を完全に覆している。これまで『フランスフットボール』によるバロンドール賞は、年間を通して与えられる賞の中でも素晴らしいものだった。

メディア関係者の評価では、スナイデルがトップで全体の7、70パーセント、世界チャンピオンのアンドレス・イニエスタ(7、53パーセント)とシャビ(5、96パーセント)がそれに続く。評価対象となるようなものとしてはFCバルセロナでスペインチャンピオンになったくらいしかないメッシは4位にとどまっている(4、38パーセント)。

しかし今回から投票権を与えられた、FIFAに加盟している208カ国の代表監督とキャプテンの評価は違った。評価は完全に覆され、メッシが圧倒的多数で票を得た(キャプテンの8、55パーセント、監督の9、72パーセント)。

最終的に、メッシが全体票の22、65パーセントを集めバロンドールに輝いた。続いてイニエスタ(17、36パーセント)、シャビ(16、48パーセント)だった。


Si l'ancienne formule du Ballon d'Or avait subsisté avec uniquement un vote des journalistes, cette prestigieuse récompense aurait été attribuée au Néerlandais Wesley Sneijder, finaliste du Mondial et auteur d'un triplé (Ligue des champions-championnat-coupe), au lieu de Lionel Messi, sacré malgré une Coupe du monde ratée. Le nouveau collège mis en place à la suite de la fusion entre le Ballon d'Or et le prix du meilleur joueur FIFA a donc totalement bouleversé les critères habituels du trophée créé par France Football en 1956, qui faisait jusqu'ici la part belle au palmarès engrangé durant une année.
Pour les représentants des médias, le meneur de jeu néerlandais devance, avec 7,70% des voix, les deux champions du monde Andres Iniesta (7,53%) et Xavi (5,96%). Messi, qui n'avait qu'un titre de champion d'Espagne à faire valoir avec le FC Barcelone, n'arrive lui qu'en 4e position (4,38%). Mais les sélectionneurs et capitaines des équipes nationales des 208 fédérations affiliées à la FIFA, qui prenaient part au vote pour la première fois, en ont décidé autrement et renversé la vapeur en plébiscitant Messi (8,55% des voix des capitaines, 9,72% chez les techniciens). Au final, Messi l'a emporté avec 22,65% des voix au total, devant Iniesta (17,36%) e Xavi (16,48%). (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110110_222935_sneijder-aurait-gagne.html
posted by フランスフット at 09:25 | TrackBack(0) | FIFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

アーセン・ベンゲル、ブラッターFIFA会長を批判

L'Equipe(フランス)07/01/2011

"Wenger critique Blatter"
「アーセン・ベンゲル、ブラッターFIFA会長を批判」

ゼップ・ブラッターが提案したワールドカップ2022の1月開催案に対し、アーセン・ベンゲルは全く納得がいっていない。このアーセナルの監督は皮肉たっぷりに自身の見解をBBCに語った。

「各国サッカー連盟とクラブのあいだに問題を引き起こす可能性があるだけでなく、サッカー連盟とFIFAのあいだにも問題が生じる可能性がある。

1月に開催するということは、世界のそれぞれの国でサッカーカレンダーを一から作り直さなければならないことを意味するが、それがどうすれば実行可能なのかわたしにはさっぱり分からない。ご存知のように、イングランドはクリスマス期間にスケジュールがつまっている。その直後にワールドカップが開催されれば、きっとイングランドは大喜びだろう。

このアイディアはなんとなくの思いつきだけで出て来たものだろう。カタール開催が決定したとき、この1月開催案なんてだれも耳にしていなかったからな。」

La suggestion de Sepp Blatter de disputer la Coupe du monde 2022 au mois de janvier n'a guère convaincu Arsène Wenger. Le coach d'Arsenal a livré son analyse un brin sarcastique à la BBC : ≪Cela créerait des problèmes entre les fédérations nationale et les clubs, mais aussi entre les fédérations et la FIFA. Cela signifierait refondre entièrement les calendriers internationaux dans le monde entier, et je ne vois pas comment cela est possible. Comme vous le savez, nous avons une période de Noël très chargée ici, et je suis sûr que l'Angleterre serait ravie de disputer une Coupe du monde juste après ça... Cela ressemble surtout à une idée sortie de nulle part, car personne n'a été mis au courant de cette hypothèse quand le vote a eu lieu.≫

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110107_193651_wenger-critique-blatter.html
posted by フランスフット at 09:10 | TrackBack(0) | FIFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。