2012年08月28日

カメルーン代表復帰を拒否したエトオ

L'Equipe(フランス)27/08/2012

"Eto'o ne veut pas revenir en sélection"
「カメルーン代表復帰を拒否したエトオ」

サミュエル・エトオは来月、カメルーン代表に戻ってこないことになった。

アフリカネイションズカップ2013予選のカーポヴェルデとの試合(9月8日)に向けて召集され、8試合の出場停止処分を消化したこの元カメルーン代表キャプテンは自身のサイト上で以下のように説明している。

「代表チームの試合には一切出場しないと決断したことを残念ですがお伝えします。ずっと自分が批判してきたおかしな点が解決していないというのが理由です。」

また、このアンジのフォワード(31歳)はこれら「おかしな点」についてふれている。

「アマチュアリズムそしてまずい管理が代表チームの状況を生み出しています。これらは高いレベルのスポーツにとって相応しくありません。」

Samuel Eto'o ne fera pas son retour en sélection camerounaise le mois prochain.Convoqué pour le match éliminatoire à la CAN 2013 contre le Cap-Vert (8 septembre), après avoir purgé huit matches de suspension, l'ex-capitaine des Lions a expliqué, via son site Internet : ≪J'ai le regret de vous informer que j'ai décidé à ne participer à aucun match avec l'équipe nationale, puisque les travers que je n'ai cessé de dénoncer n'ont pas été résolus≫. L'attaquant (31 ans) de l'Anzhi est d'ailleurs revenu rapidement sur ces ≪travers≫ : ≪L'environnement de l'équipe nationale est toujours fait d'amateurisme et de mauvaise gestion, qui ne sont pas adaptés au sport de haut niveau≫.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Eto-o-ne-veut-pas-revenir-en-selection/308888
posted by フランスフット at 08:46 | TrackBack(0) | カメルーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

エトオとお金

SO FOOT(フランス)06/10/2011

"Eto’o et l’argent"
「エトオとお金」

Samuel Eto'o at press conferece.jpeg

(写真:rtl.fr

複雑。これはサミュエル・エトオが知らない言葉である。

年俸2100万ユーロの給料のためにFCアンジ・マハチカラに移籍したこのカメルーン人選手は、お金に対する愛を隠しもしない。そして「チームの計画が素晴らしいから」といった言い訳も全くしない。

ロシアの新聞でエトオはコメントし、彼を中傷する人々を追い払おうとしている。

「自分たちはなぜ働くのか?お金をできるだけ稼ぐためではないのか?自分が非難されていることが自分には分からない。自分の立場にたったら、だれもが自分と同じ道を選択しただろう。自分はロシアでとても満足しているし、ここではすべてがうまくいっている。それに、自分の常軌を逸した財産がアフリカで苦しんでいる若者たちを刺激し、貧困から抜け出すためにフットボールをしようと思ってくれるだろう。」

サミュエル・エトオ。びた一文払わない慈善行為である。

6 octobre 2011
Complexe. Voila un mot que Samuel Eto’o ne connaît pas. Parti à l’Anzhi pour gagner 21 millions d’euros par an, le Camerounais ne cache pas son amour pour l’argent, et n’invente aucune excuse du style ≪ c’est un beau projet sportif ≫ pour justifier son départ de l’Inter Milan pour un club russe.
Dans la presse locale, Eto’o décide d’envoyer balader ses détracteurs : ≪ Pourquoi nous travaillons tous ? Pour gagner un maximum d’argent, non ? Je ne vois pas ce que l’on me reproche, puisque n’importe qui aurait pris le même chemin que moi à ma place. Je suis très heureux en Russie, et tout se passe bien pour moi ici. Et puis je pense que ma richesse démesurée va motiver les jeunes africains en difficulté à jouer au football pour sortir de la pauvreté. ≫
Samuel Eto’o, de l’ouvrage caritatif sans dépenser un sou.
WP

http://www.sofoot.com/eto-o-et-l-argent-148519-news.html
posted by フランスフット at 22:15 | TrackBack(0) | カメルーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

サミュエル・エトオが記者を脅す

L'Equipe(フランス)30/03/2011

"Quand Eto'o menace un journaliste..."
「サミュエル・エトオが記者を脅す」

カメルーンがアウェーのセネガルで敗れた後(1−0)、サミュエル・エトオは記者会見の場で公然と一人の記者を脅した。

このインテルのフォワードは、不屈のライオンたちのプレーレベルを批判されたことが我慢できなかった。そしてそれを口にした。

「あなたはカメルーン人ですか?あなたは今日の試合が、今までの試合と同じだったと考えているのですか?」とこのカメルーン代表キャプテンは記者に言葉を投げつけた。

「あなたの会社のオーナーに話をしておきます。あなたにはこの素晴らしいテレビ局(『エキノックス』)で働くだけの価値はありませんから」とエトオは激怒して言う。

「自分は30歳です。プロ生活において、ワールドカップのタイトル以外のすべてのものを手にしてきました。そして現在に至るまで、アフリカそして自分がプレーするカメルーンを代表してプレーするよう努力してきました。あなたのような人たちは、存在価値がありません!」



Après la défaite du Cameroun au Sénégal, samedi (0-1), Samuel Eto'o a ouvertement menacé un journaliste en conférence de presse. L'attaquant de l'Inter Milan n'a pas apprécié les critiques concernant le niveau de jeu des Lions indomptables et l'a fait savoir. ≪Je me demande si vous êtes Camerounais et si vous avez vu le même match que les autres, a lancé le capitaine à son interlocuteur. Je parlerai à votre patron, parce que vous ne méritez même pas de travailler pour cette merveilleuse chaîne (Equinoxe), s'est il emporté. J'ai 30 ans, j'ai tout gagné dans ma carrière, sauf la Coupe du monde, et jusqu'à présent, j'essaie de représenter valablement l'Afrique, le Cameroun là où je joue. Les gens comme vous, vous ne méritez pas d'exister!≫

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110330_192939_quand-eto-o-menace-un-journaliste.html
posted by フランスフット at 06:07 | TrackBack(0) | カメルーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

エトオ、ロジェ・ミラにポルシェを贈る

SO FOOT(フランス)24/12/2010

"Eto’o offre une Porsche"
「エトオ、ポルシェを贈る」

『マルカ』の伝えるところでは、サミュエル・エトオはクリスマスプレゼントとしてポルシェと3万ユーロを贈ったという。プレゼントを贈られた、今年一番運のいいこの人はだれでしょう?彼女?息子?ちがいます。エトオの愛すべき先輩、ロジェ・ミラでした。

このインテルのフォワードはこの元カメルーン代表のロジェ・ミラと和解するためにプレゼントを贈った。ワールドカップ南アフリカ大会以来、この二人の関係は最悪だった。

Une Porsche Cayenne et un chèque de 30 000 euros. Selon Marca, ces jolis cadeaux de Noël ont été offerts par l’international camerounais Samuel Eto’o. Mais qui est le chanceux de l’année ? Sa nana, son gosse ? Non, son ainé bien aimé Roger Milla.
L’attaquant de l’Inter a racheté sa réconciliation avec l’ancien buteur des Lions indomptables. Entre eux, les relations étaient exécrables depuis le Mondial sud-africain et son élection du joueur africain 2010.
ViR

http://www.sofoot.com/eto-o-offre-une-porsche-135842-news.html
posted by フランスフット at 21:53 | TrackBack(0) | カメルーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

アフリカ年間最優秀選手に選ばれても謙虚なエトオ

L'Equipe(フランス)21/12/2010

"Eto'o la joue modeste"
「エトオ謙虚に話す」

2010年に五冠を達成し(クラブワールドカップ、チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリア、イタリアスーパーカップ)アフリカ年間最優秀選手に選ばれたサミュエル・エトオは、自身のことをアフリカ史上最も優れた選手だとは考えていない。

「この賞を5回もらえたことは新記録だとしても、自分が最も優れていると口にする権利は自分にはない。自分以前に偉大な選手たちはいたし、彼らの置かれている状況はちがっていた。だから比較することはできない」と火曜、インテルのフォワードは述べた。

「いま、若い選手たちが自分の後ろからぐんぐんせまってきている。彼らはすぐ自分を追い越すよ。」

Alors qu'il vient d'être élu joueur africain de l'année pour la quatrième fois de sa carrière après un quintuplé en 2010 (Championnat du monde des clubs, Ligue des champions, Calcio, Coupe d'Italie, Supercoupe d'Italie), Samuel Eto'o ne se considère pas comme le meilleur joueur de l'histoire du continent. ≪Gagner cette récompense pour la quatrième fois, même si c'est un record, ne me donne pas le droit de dire que je suis le meilleur. Il y a eu de grands joueurs avant moi, qui ont eu des situations différentes. Ce n'est pas comparable, a déclaré mardi l'attaquant de l'Inter Milan. Aujourd'hui, de jeunes joueurs sont en pleine progression derrière moi et ils devraient vite me dépasser.≫

http://www.lequipe.fr/Football/breves2010/20101221_123011_eto-o-la-joue-modeste.html
posted by フランスフット at 23:00 | TrackBack(0) | カメルーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラブワールドカップ決勝でインテルの2点目を決めたエトオとビニール袋

SO FOOT(フランス)20/12/2010

"Vidéo : Eto’o et ses sacs en plastique"
「エトオとビニール袋」

すぐに片がつくことだろうことはわかっていたが、土曜、インテルは3−0でマゼンベを降し、クラブワールドカップを制した。なにもとくに驚くべきことはなかった。サミュエル・エトオが決めた2点目の喜び方以外には。

得点を決めた直後、エトオはピッチを横断し、タッチラインにいたマルコ・マテラッツィのところに駆け寄った。マトリックス(マテラッツィの愛称)はエトオに、それぞれ水が入ったペットボトルが入っていると思われるビニール袋を二枚渡した。

そしてチームメートに担がれながらちょっとしたダンスの時間。それは分かる。しかしなぜビニール袋なのか?

かなりお堅い雑誌である『タイム』による説明は以下の通り。エトオはカメルーンでの少年時代、「素足でサッカーをしていたが、そのときのボールとはビニール袋で作られたもので、まるめられてセロハンテープで貼っつけられていた」という。

クラブワールドカップ決勝に進出したアフリカナンバーワンチーム相手に決めたゴールにふさわしい祝福の仕方なのか。



(FIFAクラブワールドカップ決勝でインテル2点目を決めたエトオとビニール袋)

On le sait et ca paraissait d’emblée plié, l’Inter a remporté samedi le Mondial des Clubs face à Mazembe sur un score de 3-0. Rien de bien surprenant, sauf si on évoque la célébration deuxième but, signé Samuel Eto’o.
Juste après avoir marqué, le Camerounais traverse en largeur le terrain, et rejoint Marco Materazzi en touche. Matrix lui file deux sacs en plastique, qui semblent chacun contenir une bouteille d’eau. Le temps de faire une petite danse, et d’être porté par son coéquipier. Oui d’accord, mais pourquoi des sacs en plastique ?
Le très sérieux Time Magazine, lui, a une vraie explication : lorsque Eto’o était gosse, au Cameroun, il ≪ jouait pieds nus avec des ballons faits à l’aide de sacs en plastique, enveloppés ensemble et rassemblés avec du scotch ≫. Une manière de célébrer son but contre la première équipe africaine arrivée en finale de Coupe du Monde des clubs.

http://www.sofoot.com/video-eto-o-et-ses-sacs-en-plastique-135717-news.html
posted by フランスフット at 08:49 | TrackBack(0) | カメルーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エトオが2010年のアフリカ年間最優秀選手に

France Football(フランス)20/12/2010

"Eto'o joueur africain de l'année 2010"
「エトオ、2010アフリカ年間最優秀選手賞を受賞」

2010年インテルで4冠を達成した(FIFAクラブワールドカップ、チャンピオンズリーグ、セリエA、イタリアカップ)サミュエル・エトオは月曜、カイロでアフリカ年間最優秀選手に選ばれた。

エトオはコートジボワールのディディエ・ドログバとガーナのアサモア・ギャンを上回った。このカメルーン人フォワードはアフリカ53カ国の代表監督とキャプテンの投票によって選出された。

エトオの受賞は2003年、2004年、2005年に続いて4度目である。

Auteur d'un fabuleux quadruplé en 2010 (Championnat du monde des clubs, Ligue des champions, Calcio, Coupe d'Italie) avec l'Inter Milan, Samuel Eto'o a été élu joueur africain de l'année ce lundi au Caire. Il devance au classement l'Ivoirien Didier Drogba et le Ghanéen Asamoah Gyan. L'attaquant camerounais a été plébiscité par les sélectionneurs et capitaines des 53 nations africaines. C'est la quatrième fois qu'il remporte ce trophée après 2003, 2004 et 2005.

http://www.francefootball.fr/FF/breves2010/20101220_211601_eto-o-joueur-africain-de-l-annee-2010.html
posted by フランスフット at 05:48 | TrackBack(0) | カメルーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

カメルーン代表が帰国

L'Equipe(フランス)

"Les Camerounais sont rentrés"
「カメルーン代表が帰国」

勝ち点0でW杯のグループリーグで敗退した不屈のライオンたちは金曜の夜、ヤウンデ(カメルーン首都)に到着した。

サミュエル・エトオ以外のすべての選手は、数名の怒ったサポーターが彼らを待ち構えていた空港からそっと立ち去った。彼らが到着する少し前、12人のサポーターが空港に集結し、選手たちに自分たちの怒りをぶつけるつもりでいたが、警察によりそうすることを禁じられた。

降機後、選手たちは滑走路で待っていた代表チームバスに駆け込んだ。エトオは一瞬だけ会見場に顔を出した。そしてポール・ル・グエン監督が記者会見を開いたが、数人のジャーナリストはそこに入るのを禁じられた。

ポール・ル・グエンは7月で切れる契約にしたがってカメルーン代表監督を辞任する決断を改めて表明した。

「私の席を譲ること、代表を率いることを誰かに譲ること、推進力をまた与えることは理に適った決断だと思う。ライオンたちに幸運を!」と彼は話している。

「結果は失敗だった(・・・)代表の結果については言い訳なしに責任を取りたい」とそのフランス人監督は断言した。

Les Lions indomptables, éliminés au premier tour du Mondial avec un zéro pointé, sont arrivés vendredi soir à Yaoundé et tous les joueurs, à l'exception de Samuel Eto'o, se sont éclipsés de l'aéroport où les attendaient quelques supporters en colère. Peu avant leur arrivée, une douzaine de supporters s'étaient regroupés à l'aéroport et entendaient exprimer leur colère aux joueurs. Ils en ont en été empêchés par la police.

Après leur débarquement autour de 18h30 locales (19h30 en France), les joueurs se sont engouffrés dans un bus de l'équipe nationale qui les attendait sur le tarmac. Eto'o a fait une brève apparition dans la salle où Paul Le Guen donnait une conférence de presse marquée par l'interdiction faite à plusieurs journalistes d'y accéder. Paul Le Guen a réitéré sa décision de mettre un terme à sa collaboration avec l'équipe du Cameroun, conformément à son contrat qui expire en juillet. «Je trouve cohérent de laisser ma place, de laisser quelqu'un prendre la sélection, de redonner une dynamique. Bonne chance aux Lions !», a-t-il dit. «C'est un bilan d'échec. (...) J'assume les résultats de l'équipe sans chercher d'excuses», a assuré le Français. (Avec AFP)

posted by フランスフット at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメルーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

カメルーン・日本戦のとき、カメルーンでは

Quotidienmutations(カメルーン)17/06/2010

"Défaite : Les fans des Lions rient jaune à Douala"
「敗戦:ドゥアラではライオンたちのファンは苦笑い」

カメルーン・日本戦が終了したとき、「イエローファンパーク」はフラストレーションが色濃く漂っていた。先日の月曜、終了のホイッスルが鳴ったとき、失望は(ある種)期待の高みに達していた。「ポール・ル・グエンがカメルーンベンチでいまだにしていることがわからない。ル・グエンは荷物をまとめて辞めるべきだ」。ドゥアラのバリ地区にある「パルク・デ・プランス」(注:ル・グエンが監督をしていたパリサンジェルマンのホームスタジアムと同じ名前)から帰るためにバイクにまたがりながら、エトゥンディは怒りを抑えるのに苦労していた。もっともそれは彼に限ったことではない。「イエローファンパーク」にやってきたおよそ5000の集まった観衆は、大画面で試合を観戦することができるこの特別なスタジアムから去っていった。顔をうつむけ、敗戦にうちひしがれた姿で。

それでも試合開始前の雰囲気は熱かった。(・・・)南アフリカのカメルーン国歌演奏はドゥアラまで響いてきたのである。

観衆は全員そろって起立した。国歌を大声で歌った。カメルーンによるキックオフのホイッスルにあわせて、ドゥアラではブブゼラが鳴った。「今夜はジャパニーズスープを飲んでやるって感じよ」人々の中の一人のファンが声をあげた。金のワールドカップトロフィーらしきをもって一人のサポーターが到着したことで、観衆は盛り上がった。「おいみろ、おれらのトロフィーだぞ!」一人のファンが声をあげた。しかしピッチを支配する日本の闘志におされて、上機嫌のユーモアはかき消えていくことになる。39分に、日本のフォワード、本田がカメルーンディフェンスとキーパーをかいくぐってしまったときには、墓場のごとき沈黙が流れた。

後半カメルーン選手たちはとどめの一撃を刺す刀を振りかざした。ファンたちは大きな声をだした。だけど、ああ、ブルームフォンテーンのライオンたちには届かなかったのだ。終了のホイッスルが鳴り響き、それは失望の声に変わった。「お先真っ暗だ。おれらにとってはもうお終いだな」ユヌサ・ディアイヨは吐き捨てた。だけどそれはちがうと、また別のファンが言い返した。「まだ二試合あるんだ。それに勝たないと。勝ち点6あれば通過できる。結果がちがってくるようなら、電卓を取り出して、「もし・・・なら」といってまた計算すればいいんだよ」。

Au « Yell’o Fan Park », la frustration était à couper au couteau à la fin du match entre le Cameroun et le Japon. Au coup de sifflet final lundi dernier, la déception était à la hauteur des attentes. «Je ne sais pas ce que Paul Le Guen fait encore sur le banc des Lions. Il doit ramasser son sac et démissionner». Enfourchant sa moto pour quitter l’espace appelé « Parc des Princes » au quartier Bali à Douala, Etoundi digère mal sa colère. Il n’est d’ailleurs pas le seul. C’est la tête basse, la mine défaite, que les quelques 5000 spectateurs venus au «Yello fan park» quittent ce stade particulier où les spectateurs pouvaient vivre le match sur un écran géant.
Et pourtant, avant le début du match, l’ambiance était chaude. [...]L’exécution de l’hymne national du Cameroun depuis l’Afrique du Sud retentit jusqu’à Douala.

Comme un seul homme, les spectateurs sont tous debouts. Ils hurlent l’hymne national. Le coup d’envoi du match par les Camerounais se fait à coup de vuvuzela à Douala. «Je sens qu’on va manger du bouillon japonais ce soir», lance un fan, dans la foule. L’arrivée d’un supporter avec un exemplaire du trophée de la Coupe du monde en or soulève la foule : « voilà notre trophée !», hurle un fan. Mais la bonne humeur va disparaître avec la hargne des japonais qui gagnent du terrain. Lorsque Honda, l’attaquant nippon trompe la défense et le gardien camerounais à la 39e mn, un silence de cimetière s’installe.
En seconde mi-temps, les Lions portent l’estocade. Leurs fans donnent de la voix. Mais hélas, les Lions à Bloemfontein n’entendent pas. Au coup de sifflet final, c’est la déception. « Je suis pessimiste. C’est fini pour nous », éructe Younoussa Diallo. Mais non, rétorque un autre fan : « on a encore deux matches. Il faut les gagner. A six points, on passe. En cas d’un autre résultat, on sort la calculatrice et on commence avec les si ».

http://www.quotidienmutations.info/sports.php?subaction=showfull&id=1276763887&archive=&start_from=&ucat=7&
posted by フランスフット at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメルーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。