2012年08月31日

アヤックスに復帰したライアン・バベル

L'Equipe(フランス)31/08/2012

"Babel revient à l'Ajax"
「アヤックスに復帰したライアン・バベル」

数週間前からフィオレンティーナ移籍が噂されていたライアン・バベルだがイタリアには向かわないことになった。

この25歳のオランダ代表フォワードは水曜ホッフェンハイムとの契約を解除し、アヤックス・アムステルダムとの1年契約にサインした。

Annoncé depuis des semaines à la Fiorentina, Ryan Babel n'ira pas en Italie. L'attaquant international néerlandais de 25 ans a résilié son contrat avec Hoffenheim ce vendredi et a signé un contrat d'un an dans la foulée avec l'Ajax Amsterdam.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Babel-revient-a-l-ajax/309872
posted by フランスフット at 23:59 | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

ヨリス・マタイセンがマラガを退団し、フェイエノールトに移籍

L'Equipe(フランス)11/08/2012

"Mathijsen à Feyenoord"
「ヨリス・マタイセンがマラガを退団し、フェイエノールトに移籍」

マラガで選手流出が続いている。

サンティ・カルソラ(アーセナルに移籍)、サロモン・ロンドン(ルビン・カザン)に続いて、オランダ人ディフェンダー、ヨリス・マタイセンがこのスペインのクラブを去り、母国オランダのフェイエノールト・ロッテルダムに加入する。

マタイセンはフェイエノールトと3年契約を結んだ。

L'exil continue à Malaga. Après Santi Cazorla et Salomon Rondon, c'est le défenseur néerlandais Joris Mathijsen qui quitte le club espagnol pour revenir au pays, au Feyenoord Rotterdam, où il s'est engagé sur un contrat de trois ans.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Mathijsen-a-feyenoord/305374
posted by フランスフット at 16:26 | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

オランダ対デンマーク戦後のアリエン・ロッベンのコメント

L'Equipe(フランス)09/06/2012

アリエン・ロッベン(オランダ代表フォワード)

「デンマークがこの試合に勝ったことは奇跡だ!デンマーク選手たちは、布団の中でどうやってこの試合に勝つことができたか不思議がっているだろうと自分は思っているほどだ。本当に最悪のシナリオだ。自分にはいいチャンスがいくつかあった。特に前半の二つがそうだ。最初のチャンスでは、自分がシュートをうつ代わりにチームメート(イブラヒム・アフェライ)を探そうとした。自分でチャンスを決めようとすべきだった。しかし、オランダでは自分はエゴイストなフォワードだと言われているから、そのことが自分の頭の中で無意識に作用したのは確かだ。チームプレーをしようとし過ぎた。この点がミスだった。二つ目の得点機では、自分のシュートはポストに当たったが、自分には責めるべきことなど何もない。するべきことを自分はしたのであって、運がなかった。」

Arjen Robben (attaquant des Pays-Bas) : ≪Que le Danemark gagne ce match, cela tient du miracle! Je pense que même les Danois quand ils vont se mettre au lit, se demanderont encore comment ils ont pu remporter cette partie. C'est vraiment un mauvais film. J'ai eu quelques belles occasions, deux en particulier en première période. Sur la première (peu avant le but danois, ndlr), au lieu de tirer directement moi-même, je cherche à trouver un équipier (Afellay). J'aurais dû tenter ma chance seul. Mais on a tellement dit aux Pays-Bas que je suis un attaquant égoïste que cela à certainement joué inconsciemment dans ma tête. J'ai voulu être trop collectif. C'est une erreur sur cette phase-là. La deuxième occasion, mon tir frappe le poteau, je n'ai rien à me reprocher. Je fais ce qu'il faut mais je manque de chance.≫

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Van-marwijk-on-a-tout-essaye/290181
posted by フランスフット at 14:04 | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

クラース・ヤン・フンテラール「怒りと失望を感じている」

L'Equipe(フランス)05/06/2012

"Huntelaar ≪fâché et déçu≫"
「フンテラール『怒りと失望を感じている』」

オランダ代表監督のベルト・ファン・マルワイクは決断を下した。ユーロ2012でワントップに入るのはロビン・ファン・ペルシである。クラース・ヤン・フンテラールはこのニュースを受け入れなければならなかった。

「怒りと失望を感じていると自分はすでに話した。今は黙って一生懸命練習を続けたい。話しても意味はないだろう」と火曜、このシャルケ04のフォワードは、クラクフでのオランダ代表の最初の練習後に説明した。

昨シーズンのブンデスリーガの得点王(29ゴール)であるこの元レアル・マドリードの選手は、ユーロ2012予選では10試合で12得点と、(全てのグループを通じて)ユーロ2012予選では得点王だった。

オランダの通信社『ANP』が伝えるところによると、ファンたちの大半がフンテラールの先発出場を支持していた。

Le sélectionneur néerlandais Bert van Marwijk a fait son choix : ce sera Robin van Persie qui occupera la pointe de l'attaque de la sélection durant l'Euro, et Klaas-Jan Huntelaar a dû digérer la nouvelle. ≪J'ai déjà dit que je suis déçu et fâché. Maintenant, je préfère me taire et continuer à m'entraîner dur. Ca n'aurait pas de sens de parler≫, a expliqué l'attaquant de Schalke 04 mardi après le premier entraînement des Oranje à Cracovie. Meilleur buteur de la dernière Bundesliga (29 buts), l'ancien joueur du Real Madrid est aussi le meilleur buteur des qualifications à l'Euro (tous groupes confondus) avec 12 buts en 10 matches. Selon l'agence de presse néerlandaise ANP, l'opinion publique était plutôt largement favorable à une titularisation de Huntelaar.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Huntelaar-fache-et-decu/289163
posted by フランスフット at 12:07 | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

『レキップ』によるユーロ2012開幕前オランダ代表特集記事「贅沢な問題」

L'Equipe(フランス)04/06/2012

"Un problème de riches"
「贅沢な問題」

問題があるなら、贅沢な問題のほうがいい。

あらゆるところにピンチが訪れている中、おそらくベルト・ファン・マルワイクは先発メンバーに頭を悩ませながら、上のように思っただろう。正確に言えば、フォワードをどうするかで頭を悩ませながら。

二人の名前、二つのビッグネーム、そして一つの未知数。一方にはプレミアリーグの得点王、ロビン・ファン・ペルシが、他方にはブンデスリーガの鷲、クラース・ヤン・フンテラールがいる。そこに疑問符が点灯するのだ。二人を同時にプレーさせるのか否かと。

「当然彼らが一緒にプレーするのは可能だ」とオランダ代表メンバー発表の記者会見で、ファン・マルワイクは取り巻きを安心させるためかのように語っていた。

その数週間前にも彼は同じことをオランダの雑誌『フットボール・インターナショナル』で述べていた。ある一点を除けば。

「彼らが一緒にプレーすることは可能だ。しかしユーロで彼らが一緒にプレーするかどうかはわたしには分からない。」

ヨーロッパ最高のリーグで得点王に輝いた二人の選手が泳いでいるオランダのプールに、ぽちゃんと石が投げ込まれたのである。ユーロ2012予選では、この二選手が合わせて37得点を挙げたことで、オランダ代表はユーロ2012予選での最多得点チームになっている。しかしファン・マルワイクは、彼らを併用できるとはいえ、必ずしもうまく組み合わせることはできないと考えているのだ。

「ロビンは止めることができないフォワードだ。そして彼はペナルティエリア内では殺し屋にもなれるということを証明した。クラース・ヤンはゴールハンターだ。それに彼は代表での試合を重ねるごとによくなっている。」

フンテラールはよくなったあまり、ユーロ2012予選では先発出場した8試合で12得点を記録し、オランダ代表の得点王になっている。このシャルケ04のビッグフォワードにとっては素晴らしい状況の変化になった。彼はベンチからワールドカップ2010を眺めていたのだから。

だからといって、選手たちが選ぶプレミアリーグMVPに輝き、アーセナルでは桁外れのシーズンを過ごし(リーグ戦30得点)、先週末の北アイルランド代表戦(6−0)ではワントップで先発出場したロビン・ファン・ペルシの地位を揺るがすに足るだろうか?

一つ確かなことがある。ベルト・ファン・マルワイクは長い間4−2−3−1のシステムを信奉しており、1988年以来の優勝を目指しているオランダ代表にとって非常に大きな大会であるこのユーロ2012で、彼がフェティッシュ的に採用し続けているこのシステムを覆すとは考えにくい。

RVP(ロビン・ファン・ペルシ)のユーロ2012予選での先発出場数は3試合に留まっている。その最後の試合はスウェーデン戦だったが、その試合でオランダ代表はユーロ予選初の敗戦を喫している(2−3)。一つの指標となるか?

Quitte à avoir des problèmes, mieux vaut avoir des problèmes de riche. En ces temps de crise omniprésente, c'est sans doute ce que s'est dit Bert van Marwijk en se grattant le front devant sa compo d'équipe. Ou, plus précisément, devant sa ligne d'attaque. Deux noms, deux grands noms, et une inconnue. D'un côté, le roi de Premier League, Robin van Persie ; de l'autre, l'aigle de Bundesliga, Klaas-Jan Huntelaar. Et au-dessus, le point d'interrogation : ensemble ou pas ? ≪Bien sûr qu'ils peuvent jouer ensemble≫, a-t-il encore déclaré en conférence de presse à l'annonce de sa liste, comme pour rassurer son monde. Quelques semaines plus tôt, il disait la même chose dans la revue néerlandaise Voetball international, à ceci près : ≪Ils peuvent jouer ensemble, cependant je ne suis pas sûr qu'ils joueront ensemble à l'Euro≫.

Un pavé dans la mare oranje, où nagent tout de même les meilleurs buteurs de deux des plus grands championnats européens. Ces deux-là même qui ont permis aux Pays-Bas, avec 37 buts inscrits, de terminer meilleure attaque de la phase éliminatoire. Compatibles, donc, mais pas forcément associables dans la tête du sélectionneur néerlandais : ≪Robin est un attaquant insaisissable, mais il a prouvé qu'il pouvait être aussi un tueur dans la surface de réparation. Klaas-Jan est un chasseur de buts, et il s'améliore de match en match avec la sélection≫. Il s'améliore tellement qu'avec douze buts en huit titularisations durant les qualifications (à un but du record du Nord-Irlandais David Healy lors des éliminatoires de l'Euro 2008), le voilà propulsé meilleur buteur de la sélection. Un beau retournement de situation pour le grand attaquant de Schalke 04, qui avait regardé la dernière Coupe du monde du banc de touche.

Pour autant, cela peut-il suffire à faire douter Robin Van Persie, élu meilleur joueur de la saison par ses pairs de Premier League, au vu de son année exceptionnelle avec Arsenal (30 buts en championnat), et titulaire en pointe lors du carton contre l'Irlande du Nord (6-0) ce week-end ? Une chose est sûre : on voit mal Bert Van Marwijk, adepte de longue date du 4-2-3-1, bouleverser son schéma fétiche dans une compétition à si grand enjeu pour les Oranje, qui attendent un nouveau sacre depuis 1988. RVP n'a été aligné avec son compatriote qu'à trois reprises lors des matches éliminatoires, dont la dernière rencontre contre la Suède. La seule défaite de cette campagne qualificative (2-3). Un indice ? – Rédaction

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Un-probleme-de-riches/287497
posted by フランスフット at 15:06 | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

ラファエル・ファンデル・ファールトとシルヴィ・ファン・デル・ファールトが離婚へ?

SO FOOT(フランス)04/05/2012

"Les van der Vaart divorcés ?"
「ラファエル・ファンデル・ファールトとシルヴィ・ファン・デル・ファールトが離婚へ?」

今日の芸能トップニュースである。

オランダの雑誌『パーティー』が伝えるところによると、ラファエルとシルヴィ・ファン・デル・ファールトは近いうちに離婚するという。

2005年に結婚し、地球で最もホットなカップルの一つになった二人だが、離婚は「避けられないもの」になったという。

トッテナムのオランダ人サッカー選手とテレビ司会者(シルヴィ・ファン・デル・ファールト)の弁護士たちは現在、ユーロ2012終了後に(離婚で)合意に至れるよう交渉しているという。

残念ですね、ラファエルさん。

C’est l’information people du jour.

D’après le magazine néerlandais Party, Rafaël et Sylvie van der Vaart devraient bientôt divorcer. Pour le couple, rapidement devenu un des plus glam’ de la planète après son mariage en 2005, le divorce serait devenu ≪ inévitable ≫.

Les avocats du footballeur néérlandais de Tottenham et de la présentatrice télé négocieraient actuellement afin de trouver un accord pour la fin de l’Euro 2012.

Dommage, mec.

http://www.sofoot.com/les-van-der-vaart-divorces-156489.html
posted by フランスフット at 21:09 | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

PSV監督続投を拒むフィリップ・コクー

SO FOOT(フランス)10/04/2012

"Cocu va quitter le PSV"
「PSV監督続投を拒むフィリップ・コクー」

フレット・ルッテン監督が解任されて以来、PSVアイントホーフェンの監督代行を務めているフィリップ・コクーは、結果を残している。日曜、PSVアイントホーフェンはヘラクレスを降し、オランダカップを制したのである。

しかしベルギーの『7sur7.be』が伝えるところによると、元オランダ代表でもあったコクーは、PSVの幹部に、PSVユースを率いながら経験を積みたいと話したという。よってアイントホーフェンは、来シーズンに向けて監督を探さなければならない。

アントワーヌ・コンブアレのミッション誕生か?

Nommé entraîneur intérimaire du PSV Eindhoven suite au limogeage de Fred Rutten en mars dernier, Philippe Cocu réalise de belles performances avec le club batave. Dimanche, il a même remporté la Coupe des Pays-Bas face à Heracles.

Mais selon le site belge 7sur7.be, l’ancien international néérlandais a indiqué à la direction du PSV qu’il souhaitait continuer à acquérir de l’expérience en s’occupant d’équipes de jeunes. Eindhoven est donc à la recherche d’un nouvel entraîneur pour la saison prochaine.

Une mission pour Antoine Kombouaré ?

AA

http://www.sofoot.com/cocu-va-quitter-le-psv-155568.html
posted by フランスフット at 00:09 | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

フィリップ・コクーがPSV監督に就任

L'Equipe(フランス)12/03/2012

"Cocu remplace Rutten"
「フィリップ・コクーがPSV監督に就任」

PSVは監督を交代するという決断を下した。フレット・ルッテンさようなら。ボンジュール、フィリップ・コクー。

この41歳の元選手は月曜、今シーズン終了時まで監督に指名された。ルッテンは最近のクラブの不振の責任を取った形になる。PSVはトウェンテ相手にホームで2−6で敗れ、日曜にはブレダ相手に敗戦を喫し(3−1)、リーグ戦で二連敗していた。そしてヨーロッパリーグベスト32・ファーストレグのバレンシア戦では、アウェーで4−2で敗れていた。

現在PSVはリーグ4位で、首位のAZアルクマールとは勝ち点4差。バレンシアとのセカンドレグは今週木曜に予定されている。

Le PSV a décidé de changer d'entraîneur. Exit Fred Rutten, bonjour Phillip Cocu. L'ancien joueur, âgé de 41 ans, a été nommé ce lundi jusqu'à la fin de la saison. Rutten paye les derniers mauvais résultats du club hollandais. Le PSV reste effectivement sur deux défaites consécutives en championnat, face à Twente (2-6) et dimanche contre Breda (1-3), et sur un revers à Valence (2-4), en huitième de finale aller de la Ligue Europa. Le club est actuellement quatrième du championnat, à quatre points du leader AZ Alkmaar et jouera son match retour face à Valence jeudi prochain.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Cocu-remplace-rutten/269709
posted by フランスフット at 13:03 | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

オランダ代表監督のベルト・ファン・マルワイクが2016年まで契約を延長

L'Equipe(フランス)12/12/2011

"Van Marwijk jusqu'en 2016"
「オランダ代表監督のベルト・ファン・マルワイクが2016年まで契約を延長」

数週間前に予告されていたように、オランダ代表監督ベルト・ファン・マルワイクとオランダサッカー連盟との契約が延長されたと公式に発表された。

オランダサッカー連盟はユーロ2012前にこの件を処理しようと気を配っていた。

2008年8月、オランダ代表監督に就任したこの59歳の監督は、ワールドカップ2010でオランダ代表を決勝まで導いた。そして2016年6月までオランダ代表監督として今後留まることになった。

オランダ代表はユーロ2012では「死のグループ」に入っている。グループBではデンマーク、ドイツ、ポルトガルとともに準々決勝進出のための2席を争うことになる。

Annoncée depuis plusieurs semaines déjà, la prolongation de contrat du sélectionneur des Pays-Bas, Bert van Marwijk, a été officialisée par la Fédération néerlandaise, soucieuse de boucler le dossier avant l'Euro 2012. Arrivé à la tête des Oranje en août 2008, le technicien de 59 ans qui a emmené les Pays-Bas en finale de la Coupe du monde 2010, est désormais lié à la sélection jusqu'en juin 2016. Pour le Championnat d'Europe, les Bataves ont hérité du "groupe de la mort" et devront affronter le Danemark, l'Allemagne et le Portugal pour décrocher une place en quarts de finale.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111212_114032_van-marwijk-jusqu-en-2016.html
posted by フランスフット at 23:43 | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

アヤックスのフランク・デ・ブール監督「打ちのめされている」

L'Equipe(フランス)07/12/2011

"De Boer : ≪Je suis dévasté≫"
「アヤックス監督デ・ブール『打ちのめされている』」

フランク・デ・ブール(アヤックス監督)

「ものすごい平手打ちを食らってしまった。わたしはずたずたに打ちのめされている。前半に2失点し、壊滅的なスタートを切っていたのは確かだ。しかしその後2得点決めたが、理解不能な仕方で取り消されてしまった。

ハーフタイムに入ったとき、わたしにはまだ自信があった。しかしディナモ・ザグレブ対リヨンのスコアを目にし、それがわれわれに不利に働いていることを知った時、かなり厳しくなるぞとわたしは思った。自分の無力さを感じていた。」



(線審の不可解な判定により取り消されたアヤックスの2ゴール)

クリスティアン・エリクセン(アヤックスのミッドフィルダー)

「幻滅している。リヨンが1−7で勝つと、われわれの中で予想していた人などいなかった。それにこのスコアを知らされた時、冗談だろとまず思った。

悔やみきれないこともある。前半、完璧に正当なゴールを二つ審判に取り消された。今回の衝撃から立ち直るためには自分たちには日数が必要だ。」

Frank de Boer (entraîneur de l'Ajax) : ≪On prend une grosse baffe. Je suis dévasté, en lambeaux. Certes, nous prenons un départ catastrophique en concédant deux buts en première mi-temps. Mais nous inscrivons ensuite deux buts qui sont annulés de façon incompréhensible. A la mi-temps, j'étais toujours confiant. Puis quand j'ai vu le score de Zagreb-Lyon évoluer rapidement en notre défaveur, j'ai compris que cela allait être très difficile. Je me sentais impuissant≫.

Christian Eriksen (milieu de terrain de l'Ajax) : ≪C'est une grosse désillusion. Personne chez nous ne s'attendait à ce que Lyon gagne 1-7. D'ailleurs, quand on m'a annoncé ce score, j'ai d'abord cru à une blague. On peut avoir des regrets. En première mi-temps, l'arbitre nous prive de deux buts parfaitement valables. Il va nous falloir quelques jours pour nous remettre de ce coup dur.≫
AFP

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111207_235102_de-boer-je-suis-devaste.html
posted by フランスフット at 05:20 | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。