2012年12月10日

ヴェスレイ・スナイデルがパリ・サンジェルマンと合意か?

L'Equipe(フランス)09/12/2012

"Sneijder d'accord avec Paris ?"
「ヴェスレイ・スナイデルがパリ・サンジェルマンと合意か?」

イタリアの新聞が伝えるところでは、現在インテルと衝突しているヴェスレイ・スナイデル(28歳)が、今冬PSGに移籍することで合意に至ったという。

日曜『Sport Mediaset』が伝えるところでは、このオランダ代表選手はパリ・サンジェルマンと年俸600万ユーロで2016年までの契約を結ぶという。

しかし今のところ、1月にパリ・サンジェルマンに加入することが決まっているのは、ブラジル人のルーカス・モウラだけである。

これまでPSG幹部たちは、さらなる補強はないと断言していた。よって信頼してはならない。

Selon la presse italienne, Wesley Sneijder (28 ans), actuellement en conflit avec l'Inter Milan, serait tombé d'accord pour un transfert au PSG cet hiver. Sport Mediaset, qui révèle l'information dimanche, croit savoir que l'international néerlandais devrait s'engager avec le club de la capitale jusqu'en 2016, pour un salaire estimé à six millions d'euros par an. Mais pour l'heure, seul le Brésilien Lucas Moura est assuré de devenir Parisien en janvier. Jusque-là, les dirigeants ont même assuré qu'il n'y aurait pas de renfort supplémentaire. Alors méfiance...

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Sneijder-d-accord-avec-paris/332569
posted by フランスフット at 13:11 | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

パルク・デ・プランスにネーミングライツ導入か?

L'Equipe(フランス)14/11/2012

"Du naming au Parc ?"
「パルク・デ・プランスにネーミングライツ導入か?」

パルク・デ・プランスは名前を変えて、スポンサーの傘下に入ることになるのだろうか?

『France Bleu 107.1』が伝えるところによると、スタジアムの所有者であるパリ市は、スタジアム改修工事の資金を得るためにパルク・デ・プランスにブランド名を付けることに反対ではないという。

「できることであるし、そうなるべきだし、言ってみればそういうご時世ということだ。今スタジアムに費やす負担を減らすためには、当然のことだ」と金曜、パリ市副市長でスポーツ担当のジャン・ヴュイエルモーズは語っている。

「これは必ずしもわたしが好んでやりたくはないことだとしても、この方向に進むと思う。当然パルク・デ・プランスの名前は残し、何らかのブランド名を付け加えることになるだろう。」

PSG幹部だけでなくサポーターたちがどう考えるか次第である。

Le Parc des Princes pourrait-il changer de nom ou être affilié à un sponsor ? Selon nos confrères de France Bleu 107.1, la Mairie de Paris, propriétaire de l'enceinte, ne s'opposerait pas à accoler le nom d'une marque au Parc des Princes en échange de financements pour les rénovations prévues dans le stade. ≪Ça se fera, c'est forcé, c'est dans l'air du temps je dirais. Aujourd'hui, pour essayer de réduire les charges sur un stade, ça va de soi, a en effet déclaré ce vendredi Jean Vuillermoz, l'adjoint au maire de Paris chargé des sports. Même si ce n'est pas forcément ce que je préfère, je pense qu'on ira dans ce sens ; évidemment en conservant le nom du Parc des Princes et en ajoutant le nom d'une marque quelconque.≫ Reste à savoir ce qu'en pensent les dirigeants parisiens mais aussi les supporters.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Du-naming-au-parc/326789
posted by フランスフット at 17:42 | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

戻ってきたザヒア

SO FOOT(フランス)29/10/2012

"Zahia, le retour"
「戻ってきたザヒア」

Zahia.jpg

(写真:leparisien.fr

3年が経ったが、「ザヒア事件」のことは頭に残っているだろう。

ファッションのクリエーターになったこの悦楽の女性は、最近『タイムス』でインタビューに応じた。この20歳のフランス人女性はインタビューで、フランク・リベリーとの関係について詳細を語っている。

「彼は紳士的でもなく、感じよくもなく、優しくもなかった」とザヒアはこのバイエルン・ミュンヘンの選手の振る舞いについて記述している。

自身の肉体を仕事の道具にした理由の説明として、ザヒアは、5000ユーロのお金で「お洋服を買いたかった」のだと認めている。

「男たちはみんな、支払えるものならセックスにお金を出すとわたしは思う。」

フランキーは支払うことができた。そして彼は優しくなかった。

Trois ans après, vous reprendrez bien un peu d’≪ affaire Zahia ≫. La fille de joie devenue créatrice de mode a accordé ces jours-ci une interview auTimes . Pour le quotidien britannique, la Française de 20 ans a donné des détails sur ses relations avec Franck Ribéry. ≪ Il n’était ni galant, ni aimable, ni gentil ≫ a-t-elle décrit le comportement du joueur du Bayern Munich.

Pour expliquer ce qui l'a poussée à faire de son corps son outil de travail, Zahia admet que ses cachets de 5000 euros avaient pour but ≪ l’achat de vêtements ≫. ≪ Je crois que tous les hommes paieraient pour le sexe s’ils le pouvaient. ≫

Francky le pouvait, lui. Et n’a pas été gentil.

http://www.sofoot.com/zahia-le-retour-163270.html
posted by フランスフット at 10:03 | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

リールにとっては身長が低すぎたフランク・リベリー

SO FOOT(フランス)22/10/2012

"Ribéry était trop petit pour Lille"
「リールにとっては身長が低すぎたフランク・リベリー」

フランク・リベリーは幸せな選手である。

故障やサッカー外の不祥事から解放されたこのフランス代表選手の頭の中はサッカーでいっぱいである。バイエルンで輝きを放ち、フランス代表ではリーダー。カイザー・フランクの未来は明るい。

火曜に予定されているチャンピオンズリーグのLOSC戦を前に、リベリーはリールのユースで過ごした3年間について語っている。

「13歳のときに加入し、16歳までここにいた。友達がたくさんできた。その上、リールは生まれ故郷のブーローニュからたったの1時間だった(・・・)素行あるいはサッカーに関して言えば、問題は一つしかなかった。一人の肘の骨を骨折させたことだ。それで自分は辞めさせられた」とリベリーは記者会見で話している。

しかしこの暴力事件がなかったとしても、フランキー少年のリールユースでの運命は決まっていたようである。

「小さすぎるという理由で、その前から辞めさせらせそうだった。」

さまざまな理由から将来のスターを流出させたクラブはLOSC以外にもある。FCメス(ミシェル・プラティニ)、PSG(ダヴィド・トレゼゲ)、AJオセール(ミロスラフ・クローゼ)などである。

Franck Ribéry est un joueur heureux. Laissé peinard par les blessures et les emmerdes extra-sportives, l’international français n’a plus que son jeu en tête. Étincelant avec le Bayern. Leader avec les Bleus. L’avenir fleure bon la réussite pour Kaiser Franck.

Avant de venir affronter Lille en C1 mardi, il est revenu sur son expérience au LOSC, où il a passé trois ans de sa formation : ≪ Je suis arrivé à 13 ans et j’y suis resté jusqu’à 16 ans. Je me suis fait beaucoup d’amis. En plus, Lille n’était qu’à une heure de Boulogne, ma ville natale. (…) Après, en terme de comportement ou en terme de football, il n’y a eu qu’un seul problème à l’école où j’ai cassé le coude de quelqu’un. C’est là où on m’a viré ≫, a-t-il déclaré en conférence de presse.

Apparemment, même sans cet accès de violence, le sort de petit Francky au centre lillois était scellé : ≪ On voulait déjà me renvoyer avant car j’était trop petit. ≫

Ou comment le LOSC rejoint les clubs ayant laissé filer, pour diverses raisons, de futurs cracks. Le FC Metz (Michel Platini), le PSG (David Trezeguet) ou l’AJ Auxerre (Miroslav Klose), par exemple, en savent quelque chose.

http://www.sofoot.com/ribery-etait-trop-petit-pour-lille-163029.html
posted by フランスフット at 12:25 | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

福島に関するローラン・ルキエの揶揄に対する日本の反応を伝える『レキップ』

L'Equipe(フランス)16/10/2012

"Le Japon choqué par Ruquier"
「ルキエにショックを受けた日本」

金曜のフランス戦(0−1)で日本が美しいパフォーマンスを見せたことに対し、ローラン・ルキエは自身のテレビ番組のコーナーで合成写真を流したが、そのことが波紋を呼んでいる。この合成写真の中で、日本代表ゴールキーパー、川島永嗣の腕は4本あり、それは「福島の影響」であると説明している。

この「冗談」に対し、日本が笑うことは全くなかった・・・藤村修官房長官は憤っていた。

「これは本当に不適切である。われわれは『フランス2』(注:フランスの公共テレビ放送局)に対し公式の抗議文書を送付した。この合成は震災の被害を受けた人々にショックを与えた。」

「このことは明らかに感受性を欠いている。多くの人々がこれによって傷ついた。そのことがどう笑えるのか、わたしには分からない」と田中真紀子スポーツ大臣(注:原文通りに訳出)は抗議している。

今年の3月(注:正しくは去年の3月)、地震が津波を引き起こし、津波により原子力発電所は爆発していた。これらの出来事により、1万8000人が亡くなった。

Rebondissant sur la belle performance du Japon contre la France (1-0) de vendredi, Laurent Ruquier s'est distingué en diffusant un montage photo dans l'une de ses émissions, montrant le portier nippon Eiji Kawashima avec quatre bras tout en expliquant que c'était ≪l'effet Fukushima≫. Une "blague" qui n'a pas du tout fait sourire au Japon... Osamu Fujimura, vice-premier ministre au pays, s'est indigné : ≪C'est vraiment inapproprié. Nous avons envoyé une lettre de protestation officielle à France 2. Ce montage a heurté les personnes affectées par le désastre.≫ ≪Tout cela manque clairement de sensibilité. Beaucoup de gens ont été touchés par tout ça. Je ne sais même pas comment on peut en rire≫, s'est insurgé la ministre des Sports, Makiko Tanaka. Rappelons qu'en mars dernier, un tremblement de terre avait créé un tsunami qui avait fait exploser une centrale nucléaire. 18 000 personnes ont disparu suite à ces évènements...

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Le-japon-choque-par-ruquier/319999
posted by フランスフット at 17:50 | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

香川に感銘を受けたクレマン・シャントーム

L'Equipe(フランス)12/10/2012

"Chantôme impressionné par Kagawa"
「香川に感銘を受けたクレマン・シャントーム」

クレマン・シャントーム(MF)「一部の選手たちのことは少し知っている。小柄な選手たちで非常に鋭く、ボールの扱いがうまい。香川がドルトムントでプレーしていた時に幸運にも彼と対戦する機会があった。二年前にパリ・サンジェルマンと対戦したときのことだ。彼はパリ・サンジェルマンの全員に感銘を与えた。試合後のロッカールームでは、この選手についてみんなが話していた。なぜなら彼のプレーにはシンプルさがあり、素晴らしい技術をもっているからだ。彼はドルトムントのプレーを加速させていた。自分はヴォルフスブルクの長谷部そしてCSKAモスクワとの親善試合で本田と対戦したこともある。」

Clément Chantôme (milieu de terrain) : ≪ J'en connais un peu certains. Ce sont de petits joueurs assez vifs qui jouent bien au ballon J'ai eu la chance de jouer contre Kagawa quand il évoluait à Dortmund. C'était il y a deux saisons avec Paris. Il nous avait tous impressionné. Dans le vestiaire, à la fin du match, on avait tous retenu ce joueur parce qu'il avait une simplicité dans son jeu et une belle qualité technique. Il accélérait le jeu de Dortmund. J'ai aussi joué face à Hasebe contre Wolfsburg et Honda quand on a affronté le CSKA Moscou en amical.≫

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Kagawa-les-impressionne/319178
posted by フランスフット at 23:51 | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表の試合をDVDで研究したディディエ・デシャン

L'Equipe(フランス)12/10/2012

"Deschamps a regardé des DVD"
「DVDを見たデシャン」

ディディエ・デシャン「日本の最近の試合を見た。何だと思う?DVDだよ!(真剣に)日本はほぼ知られていないチームだが、質は高い。日本はいい結果を手にしている。ザッケローニはほぼスタメンを変えることはない。最近の三試合ではスタメンの変更が少しあった。外国のリーグ、特にドイツでプレーする選手たちの数は少なくない。そして日本でプレーする選手たちも数人いる。当然香川(マンチェスター・ユナイテッド)と長友(インテル)のことはよく知られているが、本田(CSKAモスクワ)やセンターバックのような他にもいい要素がある。経験あるチームだ。最も経験があるのは、ミッドフィルダーの遠藤だ。彼は121キャップだ。このことがわれわれを前にして経験があることの証拠だ。しかし、最もわたしに強い印象を与えたのはチーム得点王の岡崎(シュトゥットガルト)だ。彼は右サイドでプレーする。」

Didier Deschamps (sélectionneur) : ≪ J'ai regardé leurs derniers matches, qu'est-ce que vous croyez ? Ça marche les DVD ! (Plus sérieusement) C'est une équipe qu'on connait peu mais qui a de la qualité. Elle obtient de bons résultats. Zaccheroni fait assez peu tourner son effectif. Sur les trois derniers matches, il y a eu peu de changements. Il y a pas mal de joueurs qui évoluent dans les championnats étrangers, et notamment en Allemagne. Et il y a aussi quelques joueurs locaux. On connait évidemment bien Kagawa (MU) et Nagamoto (Inter Milan) mais il y a d'autres bons éléments comme Honda (CSKA Moscou) et les défenseurs centraux. C'est une équipe qui a de l'expérience. Le plus, c'est le milieu de terrain Endo puisqu'il a 121 sélections. C'est la preuve qu'il y aura de l'expérience en face de nous. Mais, celui qui m'a le plus marqué est Okasaki (Stuttgart), le meilleur buteur. Il joue sur le côté droit. (Il n'est pas dans la sélection pour affronter les Bleus, ndlr) ≫

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Kagawa-les-impressionne/319178
posted by フランスフット at 23:43 | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内田篤人をよく知るフランク・リベリー

L'Equipe(フランス)12/10/2012

"Ribéry connaît bien Uchida"
「内田篤人をよく知るフランク・リベリー」

フランク・リベリー「日本は美しい小さなチームで、香川のような非常にいい選手たちがいる。内田(シャルケ04)はいいディフェンダーで、彼とはよく対戦した。彼はたくさん走るし、非常に走るのが速い。ヴォルフスブルクでプレーしている選手(長谷部)がいるし、シュトゥットガルトにも二人いる(酒井と岡崎)。このチームには多くの動きがある。日本はプレーが進歩し、選手たちの質が本当に改善された。最高の選手たちがほとんどどこのポジションにもいる。2011年彼らはアジアカップで優勝した。われわれに対して、彼らは全力で自由にプレーしてくるだろう。」

Franck Ribéry (attaquant) : ≪ Le Japon est une belle petite équipe avec de très bons joueurs comme Kagawa. Uchida (Schalke 04), c'est un bon défenseur, j'ai souvent joué contre lui. Il court beaucoup et très vite. Il y en a un qui joue à Wolfsburg (Hasebe) et deux autres à Stuttgart (Sakai et Okazaki). Cette équipe a beaucoup de mouvements. Le Japon a bien évolué dans le jeu et la qualité des joueurs s'est vraiment améliorée. Les meilleurs jouent un peu partout. En 2011, ils ont gagné la Coupe d'Asie. Contre nous, ils vont jouer à fond et libérés. ≫ 

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Kagawa-les-impressionne/319178
posted by フランスフット at 23:30 | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

背中を負傷したパトリス・エヴラ

L'Equipe(フランス)11/10/2012

"Evra, petit souci au dos"
「背中を負傷したパトリス・エヴラ」

背中を負傷したパトリス・エヴラだが、スタッド・ドゥ・フランスで行われる日本代表との親善試合の前日練習に参加しなかった。

このマンチェスター・ユナイテッドの選手はフランス代表にいるオステオパシーの専門家と一緒にホテルに残ったが、このフランス代表スタッフはエヴラの状態を特に心配していない。

いずれにせよ、フランス代表監督のディディエ・デシャンは日本戦でエヴラを先発起用するつもりはなく、火曜マドリードで予定されているワールドカップ2014ヨーロッパ予選グループIの大一番に向けてエヴラを温存するつもりである。

Patrice Evra, touché au dos, n'a pas pris part à la séance d'entraînement de ce jeudi à la veille du match amical contre le Japon au Stade de France. Le joueur deManchester United est resté à l'hôtel en compagnie de l'ostéopathe de l'équipe de France et son état n'inspirait pas d'inquiétudes particulières du côté du staff des Bleus.

Le sélectionneur de l'équipe de France Didier Deschamps n'envisageait pas de toutes façons de faire débuter Evra face au Japon, le préservant pour le choc du groupe I des qualifications du Mondial 2014 contre l'Espagne, mardi à Madrid. (avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Evra-petit-souci-au-dos/319087
posted by フランスフット at 17:22 | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス代表対日本代表試合前日記者会見でのディディエ・デシャンのコメント「ザッケローニは優しいな」

L'Equipe(フランス)11/10/2012

"Deschamps :≪Zaccheroni est gentil...≫"
ディディエ・デシャン「ザッケローニは優しいな・・・」

質問「ディディエ・デシャン、日本代表との親善試合ということで、フランス代表はベラルーシに遠征するスペイン代表と比べて有利ですか?」

ディディエ・デシャン「有利かどうか、わたしには分かりません。スペイン代表は勝ち点をかけて戦うことになります。彼らには結果が求められることになりますが、われわれはそうでないとはわたしは言いません。スタッド・ドゥ・フランスに到着して、『火曜のことを考えよう』とは言いません。予選試合でプレーするほうが親善試合でプレーするよりも(怪我をする)リスクがあるかということですが、そうかもしれません。それにわたしには(親善試合ということで予選試合よりも多く)選手交代をする権利があります。」

質問「最後に日本代表がスタッド・ドゥ・フランスでプレーしたとき、彼らは5−0で敗れました(2001年3月24日)。日本代表に対してどのような考えをお持ちですか?」

ディディエ・デシャン「「日本代表とは非常に長い間試合をしていません。大きな進歩を遂げた国で、それは日本のFIFAランキング(23位)を見れば十分わかることでしょう。」

質問「どのような試合を予想されていますか?」

ディディエ・デシャン「よく組織されていてハードなチームと対戦することになります。日本代表にイタリア人監督(アルベルト・ザッケローニ)がいることが、そのことを意味しています。チームとして、日本代表選手たちは非常に激しく走ることを繰り返す能力を持ち合わせています。全員が走り、全員が守ります。スペースはあまりないでしょうし、日本代表選手たちは集団としてプレーしてくるでしょう。しかしこれは普段フランス代表が直面していることです。日本にプレッシャーをかけ、彼らを問題に直面させるようにわれわれは努力するでしょうが、警戒が必要でしょう。日本はただのディフェンシブなチームというわけではありません。日本代表の前の選手たちは、危険な存在にもなりえます。」

質問「フランス代表は世界のトップ5に入るとアルベルト・ザッケローニ監督は考えています。そのことについてどのように感じていますか?」

ディディエ・デシャン「彼は優しいな・・・(微笑)。世界そしてヨーロッパの人たちからすれば、フランスは才能あるサッカー選手たちを擁する国だと常に考えられていますが、われわれのFIFAランキングを見て下さい・・・近年の結果があって、われわれはトップ10から外れているわけです。世界のヒエラルキーを再び駆け上がることができるかどうかはわれわれ次第です。」

≪Didier Deschamps, avec ce match amical face au Japon, l'équipe de France est-elle mieux lotie que l'Espagne qui se rend dans le même temps en Biélorussie ?
Mieux lotie, je ne sais pas. Eux disputent un match de compétition où des points sont en jeu. Ils ont une obligation de résultat, mais je ne vais pas dire qu'on ne l'a pas non plus. On ne va pas arriver au Stade de France et se dire : "On pense à mardi". Après, est-ce qu'il y a plus de risques en jouant un match de compétition qu'un match amical ? Peut-être. Déjà, j'ai le droit à des changements en plus.

La dernière fois que le Japon était venu au Stade de France, il s'était incliné 5-0 (le 24 mars 2001). Quel regard portez-vous sur cette sélection ?
Ça fait très longtemps qu'on ne les a pas joués. C'est une nation qui a beaucoup progressé, il suffit de regarder son classement FIFA (23e).

A quel type de match vous attendez-vous ?
On va rencontrer une équipe bien organisée, rigoureuse. Le fait qu'elle ait un entraîneur italien (Alberto Zaccheroni) va aussi dans ce sens. Collectivement, ils ont cette faculté à répéter les courses avec beaucoup d'intensité : tout le monde court, tout le monde défend. Il y aura peu d'espaces, ils vont jouer regroupés, mais c'est quelque chose à laquelle on est régulièrement confronté. On va essayer de leur mettre de la pression, de leur poser des problèmes, mais il faudra se méfier : ce n'est pas qu'une équipe défensive. Avec les joueurs qu'ils ont devant, ils peuvent aussi être dangereux.


Alberto Zaccheroni estime que la France fait partie des cinq meilleures nations mondiales. Qu'est-ce que cela vous inspire ?
Il est gentil... (sourires). Peut-être qu'aux yeux du monde et de l'Europe, la France est toujours perçue comme une nation avec des footballeurs de talent, mais il n'y a qu'à regarder notre classement FIFA... Les résultats des dernières années nous ont fait sortir du top 10. A nous de faire en sorte de remonter dans la hiérarchie mondiale.≫

Propos recueillis par Emery TAISNE, au Stade de France

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Deschamps-zaccheroni-est-gentil/319101
posted by フランスフット at 16:31 | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。