【ノルウェー】 の記事一覧


2012年05月05日

フェアプレーの精神に対しレッドカード

L'Equipe(フランス)04/05/2012

"Carton rouge pour... fair-play"
「フェアプレーの精神に対しレッドカード」

ノルウェー5部リーグの選手が、自分に与えられたPKに抗議したために退場処分を受けた。

ノルウェー西部の小さな町サンドヴェのフォワードであるタラト・アブニマは主審に対し、彼は誰にも触れられることなくペナルティエリア内で倒れたのであって、相手ディフェンダーは何もしていないと説明した。

しかし主審はなんとその彼に警告を発した。そしてこの選手が主張を止めなかったことから、主審は彼を退場処分にしたのである。その後、この主審は以下のように説明している。「選手たちはルールたるものを何も分かっていない」と。

ノルウェーの新聞が伝えるこの話は、リヴァプールのイングランド代表フォワード、ロビー・ファウラーを想起させる。

1997年3月のアーセナルとの試合中、アーセナルのGKデヴィッド・シーマンによるファールがあったとして主審はファウラーにPKを与えた。主審は過ちを犯しているとしてファウラーは説得を試みたが、無駄に終わった。結局ファウラーはPKを蹴ったが、シーマンはそれを弾いた。しかしこぼれ球を拾ったジェイソン・マカティアがゴールを決めた。ファウラーはフェアプレーの精神からPKをわざと外したのだろうか?

Un joueur de D5 norvégienne a été expulsé pour avoir contesté un penalty... en sa faveur. Talat Abunima, attaquant de Sandved, petite ville de l'ouest de la Norvège, a expliqué à l'arbitre qu'il était tombé tout seul dans la surface de réparation et que la défense adverse n'y était pour rien. Mais le directeur de jeu n'a rien trouvé de mieux que de l'avertir puis, comme le joueur insistait, de l'expulser, expliquant par la suite que ≪les joueurs ne connaissaient rien aux lois du jeu≫.

Racontée par la presse norvégienne, l'histoire rappelle Robbie Fowler, l'attaquant international anglais de Liverpool (1992-2001). Lors d'un match à Arsenal en mars 1997, l'arbitre lui accorde un penalty après une faute supposée du gardien des Gunners David Seaman. Fowler tente, mais sans succès, de le convaincre de son erreur. Il finit par tirer le penalty, Seaman le repousse mais Jason McAteer reprend et marque. Fowler avait-il manqué sa frappe exprès, par fair-play ?

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Carton-rouge-pour-fair-play/281561
posted by フランスフット at 02:50 | TrackBack(0) | ノルウェー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。