2012年01月11日

2011年の得点王、アレクサンドルス・セクライエフス

SO FOOT(フランス)10/01/2012

"Cekulajevs, buteur de l'année 2011"
「2011年の得点王、アレクサンドルス・セクライエフス」

メッシ、そうでなければクリスチアーノ・ロナウド?全然見当外れである。

2011年に最もゴールを叩き込んだ選手、彼の名はアレクサンドルス・セクライエフス。エストニアリーグのクラブであるFCナルヴァ・トランスでプレーしている。

このエストニア人フォワードは46得点を記録。それに対しクリスチアーノ・ロナウドは40得点である。

よって国際サッカー歴史統計連盟は、アレクサンドルス・セクライエフスを各国1部リーグの得点王として認めた。しかし当然のことながら、メスタリリーガ(エストニアリーグ)のレベルの低さを考えると、彼の成績は相対的に捉えられるべきである。

また46得点したにもかかわらず、ウィキペディアには彼のページがない。人生とは不公平なものである。

Messi ou Cristiano Ronaldo? Pas du tout. Le mec qui a le plus planté en 2011 s'appelle Aleksandrs Cekulajevs et évolue à Trans Narva dans le championnat estonien.

L'attaquant letton a inscrit 46 buts contre 40 pour Cristiano Ronaldo. Il a donc été désigné meilleur buteur de première division par l'IFFHS. Sa performance est évidemment à relativiser, étant donné la faiblesse de la Meistriliiga (la première division estonienne).

En plus, malgré ses 46 pions, le mec n'a même pas le droit à un article perso sur Wikipedia. La vie est injuste.
AJ

http://www.sofoot.com/cekulajevs-buteur-de-l-annee-2011-151952.html
posted by フランスフット at 07:27 | TrackBack(0) | エストニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。