2011年12月08日

元ウディネーゼのベネズエラ人選手パウル・ラミレスが25歳で亡くなる

SO FOOT(フランス)07/12/2011

"Décès du jeune Vénézuélien Ramirez"
「元ウディネーゼのベネズエラ人選手パウル・ラミレスが25歳で亡くなる」

Venezuelan youth international Paul Ramirez passed away at the age of 25.jpg

(パウル・ラミレス:calciosudamericano.it

ベネズエラが悲しみにくれている。

ウディネーゼの元フォワードでベネズエラU−20代表選手だったパウル・ラミレスが25歳で亡くなった。

この選手は、自身が生まれた町であるベネズエラ東部のプエルト・オルダスで、脳梗塞により息をひきとった。彼は腎臓の感染症を以前から患っていた。

ラミレスは2005年2月、ヨーロッパに到着。そのとき19歳だった。コロンビアで開催されていた南米ユース選手権中、ウディネーゼはラミレスを見出していた。

その後ラミレスはアスコリ、そしてスイスのベッリンツォーナに移籍した。

それから数年後、彼はベネズエラの自宅に戻らなければならなくなる。腎臓の感染症が原因だった。2008年、ラミレスは自身のサッカーキャリアに終止符を打った。22歳のときだった。そのとき以来、彼は生きようと闘っていた。しかし彼の命は昨日途絶えてしまった。

彼のご家族に心からお悔やみ申し上げます。

Le Venezuela est en deuil.

A 25 ans, l’ancien attaquant de l’Udinese et de l’équipe nationale vénézuélienne des moins 20 ans, Paul Ramirez, est décédé. Le joueur s’est éteint dans sa ville natale, Puerto Ordaz, dans l’Est du pays, des suites d’un AVC, conséquence d’une infection rénale qui l’avait frappé il y a quelques temps.

Ramirez était arrivé en Europe en février 2005, à l’âge de 19 ans. L’Udinese l’avait repéré au cours du championnat sud-américain des moins de 20 ans, disputé en Colombie. Il est ensuite transféré à Ascoli, puis à Bellinzona, en Suisse.

Quelques années plus tard, il est obligé de rentrer chez lui, au Venezuela, à cause, justement, de cette infection rénale. En 2008, il met un terme à sa carrière, à l’âge de 22 ans. Depuis, il luttait pour la vie. Une vie qui s’est arrêtée hier.

Une pensée pour sa famille.
EM

http://www.sofoot.com/deces-du-jeune-venezuelien-ramirez-150616.html
posted by フランスフット at 05:53 | TrackBack(0) | ベネズエラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。