2011年11月24日

クラブ史上初のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出を決めたアポエル・ニコシア監督「大きなハートを持ったチーム」

L'Equipe(フランス)24/11/2011

"≪Une équipe au gros coeur≫"
「アポエル・ニコシア監督『大きなハートを持ったチーム』」

Apoel Nicosia celebrates the qualification for the Champions League knockout round.jpg

(写真:straitstimes.com

アポエル・ニコシアがアウェーのサンクトペテルブルクでクラブ史上初のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出を決めたことで、試合終了のホイッスルが吹かれた後、ニコシアの町はクラクションの音で揺れた。

キプロスの数百人のサポーターたちは通りに繰り出し、彼らの言うところの「歴史的」快挙を祝った。

「われわれにとっては素晴らしい結果だ」とアポエル・ニコシア監督のイヴァン・ヨヴァノヴィッチは大喜びしている。

「ヨーロッパのビッグクラブと比べると、われわれは小さなクラブかもしれない。しかしわれわれは大きなハートを持ったチームだ。」

Qualifié pour la première fois de son histoire en huitièmes de finale de la Ligue des champions, après son match nul à Saint-Pétersbourg (0-0), face au Zénith, l'APOEL Nicosie a fait chavirer toute sa ville dans un concert de klaxons après la coup de sifflet final. Des centaines de supporters chypriotes sont descendus dans la rue pour fêter cette performance ≪historique≫ selon eux. ≪C'est un résultat fantastique pour nous, a de son côté exulté l'entraîneur de l'APOEL, Ivan Jovanovic. Nous sommes peut-être une petite équipe comparé aux géants européens, mais nous sommes une équipe avec un gros coeur≫. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111123_212850_-une-equipe-au-gros-coeur.html
posted by フランスフット at 22:13 | TrackBack(0) | キプロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。