2011年11月17日

ボスニア・ヘルツェゴビナ代表スシッチ監督の風変わりな記者会見

SO FOOT(フランス)16/11/2011

"La conférence particulière de Susic"
「ボスニア・ヘルツェゴビナ代表スシッチ監督の風変わりな記者会見」

Safet Susic at press conference.jpg

(写真:uk.eurosport.yahoo.com

6ゴールを叩き込まれた。監督にとっては受け留め難いことである。例え相手がレアル・マド・・・ではなくポルトガル代表だったとしても。

ぼこぼこにされた後の記者会見で、サフェト・スシッチ監督の我慢の限界にきていた。その結果、以前パリ・サンジェルマンでプレーしていたスシッチ監督は、ボスニアの記者たちを対象に母国語のみで話したのである。ただし最初の言葉はスシッチ監督自身により英語に翻訳された。しかしそれから後の彼の言葉は、ボスニアの記者以外の人たちにとっては理解不能だった。

ただし驚くのはそこではない。なぜならボスニアの新聞たちのための一定の時間が、前もって設けられていたからである。

スシッチ監督が周囲を愕然とさせたのは、ポルトガルの新聞に質問の機会が与えられたその瞬間、このボスニア代表監督はもう何も言うことはないと述べ、自らを外界から遮断したことである。よってポルトガル人記者たちは何も情報を得られなかった。残念なことである。

よって友人サフェトの試合後の感想は分からずじまいである。

Se manger six buts, ce n'est jamais facile à assumer pour un entraîneur, même contre le Real Mad...enfin le Portugal.

Safet Susic ne l'a pas supporté en conférence de presse post-branlée. Résultat, l'ancien du PSG s'est exprimé dans sa langue natale uniquement en direction des journalistes bosniens, à part les premiers mots qu'il a lui même traduits en anglais. Mais la suite de son speech s'est avérée incompréhensible pour le reste de la salle.

Reste que là surprise se situe ailleurs, parce qu'un certain temps de parole était déjà prévu pour la presse bosnienne. Non, là ou Susic a frappé fort, c'est qu'au moment où la presse portugaise allait pouvoir poser ses questions, le sélectionneur bosnien s'est barré, estimant qu'il n'avait plus rien à dire. Et tant pis si le traducteur et les journaleux portos n'ont rien capté.

Du coup, on ne connaît pas les réactions de l'ami Safet.
WP

http://www.sofoot.com/la-conference-particuliere-de-susic-149902.html?utm_source=blockNews
posted by フランスフット at 05:57 | TrackBack(0) | ボスニア・ヘルツェゴビナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

ボスニア・ヘルツェゴビナ代表ミラレム・ピアニッチ「自分は下手な選手ではない」

L'Equipe(フランス)08/10/2011

"Pjanic : ≪Pas un mauvais joueur≫"
「ミラレム・ピアニッチ『自分は下手な選手ではない』」

Miralem Pjanic and Adrian Mutu.jpg

(写真:thestar.com

ミラレム・ピアニッチはすかさず反論している。

土曜午前、アディル・ラミはピアニッチのことを「泣き女」と形容し、「倒れることしかしない」と批判していた。

ミラレム・ピアニッチはこのフランス代表選手に対し、即座に返答している。

「アディル・ラミと悪い関係になったことは一度もない。しかし簡単にいってしまえば、自分は審判と多少駆け引きをしようとするところがある選手かもしれない」とこの元オリンピック・リヨンの選手は『RTL』で語っている。

「しかし自分は下手な選手ではない。」

ユーロ2012予選グループD最終節、フランス代表対ボスニア・ヘルツェゴビナ代表の試合を三日後に控え、場外戦がすでに始まっている。

Sa réponse n'aura pas tardé à fuser. Qualifié de ≪pleureuse≫ un peu plus tôt dans la journée de samedi par Adil Rami, lequel lui reproche de ≪ne faire que tomber≫, Miralem Pjanic a immédiatement répondu à l'international français.≪Je n'ai jamais eu de mauvais rapports avec Adil Rami, mais peut-être que je suis un joueur qui essaie de jouer un peu avec l'arbitre, tout simplement, a estimé l'ancien Lyonnais sur RTL. Mais je ne suis pas un mauvais joueur≫. A trois jours de la finale du groupe D en éliminatoires de l'Euro 2012, entre l'équipe de France et la Bosnie, le match est déjà lancé.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111008_224844_pjanic-pas-un-mauvais-joueur.html
posted by フランスフット at 03:36 | TrackBack(0) | ボスニア・ヘルツェゴビナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

イビチャ・オシムがボスニア・ヘルツェゴビナ正常化委員会で自信を見せる

L'Equipe(フランス)20/04/2011

"Ivica Osim se dit confiant"
「イビチャ・オシムが自信を見せる」

FIFAとUEFAから、ボスニアを袋小路から救出するために立ち上げられた委員会を指揮するよう任されたイビチャ・オシムは自信を見せている。

「この任務をわたしは信じるべきであるし、実際に信じている。われわれは彼ら(FIFAとUEFA)に意見を変えさせるように務めていく。われわれは皆、人生においてやり直すチャンスを持っていた。今、彼ら(FIFAとUEFA)はそのチャンスを用いて熟慮するべきだ」とオシムは説明している。

「(ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー連盟の)代表者たちに政治的圧力は働いていなかったとわたしは信じたい。わたしに強みがあるなら、それはわたしがこれらの社会に属していないことだ。だからわたしは普通に自分の考えを述べることができる。」

FIFAとUEFAは、ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー連盟は三人の会長によって運営されるのではなく、一人の会長により運営されるべきだと強く要求している。(以前ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー連盟では)民族出自に基づき、クロアチア人、ムスリム、セルビア人のメンバーたちからそれぞれ一人ずつ会長が選ばれていた。

Ivica Osim, chargé par la FIFA et l'UEFA de diriger un comité qui devrait sortir la Bosnie de l'impasse, s'est montré confiant. ≪Je dois croire et je crois à cette mission. Nous allons essayer de les (Fifa et UEFA) faire changer d'avis. Nous avons tous eu une autre chance dans la vie. Ils en obtiennent maintenant une pour réfléchir, a-t-il expliqué. Je veux croire qu'il n'y a pas eu d'influences politiques sur les délégués. Mon avantage est que je n'appartiens pas à ces milieux et je peux m'exprimer normalement.≫ FIFA et UEFA exigent que la Fédération bosnienne soit dirigée par un seul président et non plus par une présidence tripartite composée, sur des bases ethniques, de ses membres croate, musulman et serbe. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110420_173856_ivica-osim-se-dit-confiant.html
posted by フランスフット at 01:32 | TrackBack(0) | ボスニア・ヘルツェゴビナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

元日本代表監督のイビチャ・オシムがボスニア・ヘルツェゴビナサッカー連盟の会長に就任か?

L'Equipe(フランス)15/04/2011

"Osim à la tête de la Féderation ?"
「イビチャ・オシムがボスニア・ヘルツェゴビナサッカー連盟の会長に就任か?」

UEFAとFIFAの規約を採用しなかったとして全ての国際大会への出場を禁止されたボスニア・ヘルツェゴビナは会長を探している。

『レキップ』が伝えるところでは、イビチャ・オシムが会長に就任する可能性が高まってきているという。

元ユーゴスラビア代表で70歳のオシムは今週初め、FIFAが立ち上げた(ボスニア・ヘルツェゴビナ)正常化委員会のメンバーに加わっている。

正常化委員会の最初の会合は月曜、ウィーンで開かれる。

La Bosnie-Herzégovine est à la recherche d'un président, suite à la décision de l'UEFA et de la FIFA d'exclure le pays de toutes les compétitions internationales, pour n'avoir pas adopté des statuts conformes à leurs recommandations. Selon L'Equipe, d'Ivica Osim est de plus en plus avancé. L'ancien meneur Yougoslave, âgé de soixante-dix ans, fait partie du comité de normalisation nommé par la FIFA en début de semaine. Une première réunion doit avoir lieu à Vienne, lundi.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110415_120756_osim-a-la-tete-de-la-federation.html
posted by フランスフット at 22:03 | TrackBack(0) | ボスニア・ヘルツェゴビナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。