2012年11月21日

フェアプレーの精神を侮辱したルイス・アドリアーノ

SO FOOT(フランス)21/11/2012

"ADRIANO EMMERDE LE FAIR-PLAY"
「フェアプレーの精神を侮辱したルイス・アドリアーノ」



シャフタール・ドネツクはチャンピオンズリーグのFCノアシェラン戦で2−5の勝利を収めた。しかしこのウクライナのチームはフェアプレーの精神を著しく欠いており、このスコアは汚されてしまった。

前半23分にホームのノアシェランは先制点を決めた。その2分後、センターライン付近でノアシェランの選手が相手選手からひじ打ちを受けたため、審判はプレーを止めた。このような場合の慣例に従って、シャフタルは相手ゴールキーパーの方にボールを返した。しかしルイス・アドリアーノにはそのつもりはなく、びっくりした様子のゴールキーパーを前にゴールを決めてしまった。

フランス人主審のアントニー・ゴーチエは得点を認めるしかなかった。

この得点の直後、ノアシェランの選手たちは、シャフタルの選手たちは得点を許すことでこの「不正義」の埋め合わせをしてくれるだろうと思っていた。しかしそんなことはなかった。

しかしその後の攻撃でノアシェランは勝ち越し点を奪うことに成功した。その後4失点した。

Alors que le Chakhtior Donetsk s'est imposé 5-2 sur la pelouse des Danois de Nordsjälland en Ligue des Champions. Un score entaché d'un très vilain manque de fair-play de la part des Ukrainiens.

Deux minutes après l'ouverture du score de Nordstrand à la 23ème pour les locaux, l'arbitre arrêtait le jeu suite à un coup reçu par ce même Nordstrand au centre du terrain. Comme il est de coutume dans ce genre de cas, le Chakhtior remet le ballon en jeu en le balançant en direction du gardien adverse pour lui rendre le ballon. Mais Luiz Adriano ne l'a pas entendu de cette oreille et s'est emparé du cuir pour égaliser face à un portier incrédule.

L'arbitre français, Anthony Gautier, ne peut que valider le but.

A la suite du but inscrit de manière assez scandaleuse par Luiz Adriano qui s'emparait du ballon destiné à être rendu aux Danois, les joueurs scandinaves pensaient que leurs adversaires les laisseraient égaliser pour réparer "l'injustice". Que nenni.

Mais sur l'attaque suivante, Nordsjälland et Lorentzen parvenaient finalement à reprendre à l'avantage. Avant d'encaisser quatre buts.
Me

http://www.sofoot.com/adriano-emmerde-le-fair-play-151837-videos.html
posted by フランスフット at 10:52 | TrackBack(0) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。