2012年11月12日

ヨランテ・スナイデルがインテルを批判

SO FOOT(フランス)10/11/2012

"Miss Sneijder attaque l'Inter"
「ヨランテ・スナイデルがインテルを批判」

9月26日に行われたキエーヴォ戦で負傷退場したヴェスレイ・スナイデルが復帰した。しかしプレーしていない。

このオランダ人攻撃的ミッドフィルダーにとって、状況は理解しがたいものになっている。スナイデルはストラマッチョーニ監督はカッサーノ・ミリート・パラシオの攻撃陣トリオに信頼を置いているため、スナイデルは構想に入っていないようである。

しかしスナイデルはいつものように、甘美なヨランテから支持を得ている。スナイデル夫人はツイッターで、インテルの選択に対して苦言を呈している。ただし夫がプレー時間を与えられていないことに関してではなく、表現の自由に関してである。

「彼はツイッターに書くことも、もはやできないんです。これはクラブ側の決定です。(・・・)私生活について書くなというなら理解できます。しかしチームを勇気づけるために書くことすらもだめだと言うんです!ツイッターに書くことができないのは彼だけです。彼はクラブのために常に全力を尽くしているんですから、さびしい限りです。変な話ですが、これが事実です。」

話として重大だということは確かである。

Sorti sur blessure le 26 septembre dernier lors d'un match face au Chievo, Wesley Sneijder a récupéré depuis, mais n'a pas rejoué. Une situation peu évidente pour le milieu offensif néerlandais, qui ne semble pas rentrer dans les plans de coach Strama, qui fait désormais confiance à son trident Cassano-Milito-Palacio pour l'animation offensive de son Inter.

Toujours est-il que Sneijder a trouvé du soutien auprès de sa douce et tendre, Yolanthe. La miss s'est ainsi plainte sur Twitter des choix de la société nerazzurra. Mais pas au sujet du faible temps de jeu de son mari, plutôt de sa liberté d'expression : ≪ Il ne peut plus écrire sur Twitter, c'est la décision du club. Étrange. (...) Qu'il ne puisse pas écrire sur sa vie privée, je le comprends. Mais ils ont dit qu'ils ne pouvaient même plus encourager son équipe ! Il n'y a que lui qui ne peut pas écrire sur Twitter. Je suis triste parce qu'il donne toujours le maximum pour son club. C'est étrange, mais c'est la vérité. ≫

Vrai que c'est très grave, comme histoire.

________________________________________
AP

http://www.sofoot.com/miss-sneijder-attaque-l-inter-163681.html
posted by フランスフット at 13:11 | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。