2012年10月24日

引退を考えていたアリエン・ロッベン

L'Equipe(フランス)23/10/2012

"Robben a failli tout arrêter"
「引退を考えていたアリエン・ロッベン」

火曜、アリエン・ロッベンはオランダのテレビ局『NOS』に対し、サッカーを「止めよう」としばしば考えていたことを認めた。キャリアの足かせになった度重なる故障がその理由である。

若くして引退するかどうかについて「(その考えが)頭の中を離れず、それは今に限った話ではない」ともこのオランダ人選手は話している。

この司令塔の選手は、背中の故障が引き起こした太ももの痛みを理由に、9月末からピッチを離れている。

「いつ復帰できるか分からない」とロッベンは語り、以下のようにも話している。

「回復までにはだいぶ時間がかかると思う。」

Arjen Robben a reconnu mardi à la chaîne néerlandaise NOS avoir souvent songé à≪arrêter≫ le football en raison des nombreuses blessures qui ont contrarié sa carrière. La question d'une retraite précoce ≪hante mon esprit et pas seulement en ce moment≫, a ajouté le Néerlandais. Le meneur de jeu est éloigné des terrains depuis fin septembre en raison d'une douleur à une cuisse causée par un problème dorsal. ≪Je ne connais pas la date de mon retour≫, a-t-il dit, avant d'ajouter : ≪Je pense que ça va mettre longtemps≫ à guérir.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Robben-a-failli-tout-arreter/321753
posted by フランスフット at 10:38 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/298793068

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。