2012年10月24日

アーセナル戦に向けてユリアン・ドラクスラーが帯同、キリアコス・パパドプーロスは帯同せず

L'Equipe(フランス)23/10/2012

"Avec Draxler, sans Papadopoulos"
「アーセナル戦に向けてユリアン・ドラクスラーが帯同、キリアコス・パパドプーロスは帯同せず」

ユリアン・ドラクスラーは水曜のアーセナル戦に向けてシャルケ04の遠征に帯同する。この19歳の選手は今月上旬、前腕を骨折していた。

ドラクスラーは特別な副木を装着することで急速に回復し、予定よりも早くピッチに復帰することが可能になった。

一方、フーブ・ステフェンス監督は、感染症に罹っているキリアコス・パパドプーロスについては起用できない。

Julian Draxler est du voyage pour le déplacement de Schalke 04 à Arsenal mercredi. Le joueur de 19 ans s'était fracturé l'avant-bras au début du mois. Il doit sa récupération rapide à une attelle spéciale qui lui a permis de retrouver le terrain plus tôt que prévu. En revanche, Huub Stevens devra se passer de Kyriakos Papadopoulos, victime d'une infection virale, qui est toujours indisponible.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Avec-draxler-sans-papadopoulos/321659
posted by フランスフット at 10:22 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/298791032

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。