2012年10月22日

ルールダービー勝利後のルイス・ホルトビー「これで浮かれないように」

Schalke04.de(ドイツ)20/10/2012

"Lewis Holtby: Werden jetzt nicht abheben"
「ルイス・ホルトビー『これで浮かれないように』」

Schalke players celebrate 2nd goal against BVB in 141st Revierderby.jpeg

(写真:bild.de

シュヴァルツ・ゲルベン相手にここ4試合勝ちに恵まれていなかったが土曜(10月20日)、シャルケはダービーでの勝利を再び味わった。力強いパフォーマンスを見せたケーニヒスブラウエンのスタメン選手たちの大部分は、レヴィアダービーでの勝利の感覚がどのようなものか初めて経験した。ルイス・ホルトビーはBVBとの試合についてschalke04.deに語ってくれた。

質問「ルイス・ホルトビー、ダービーでのチームのパフォーマンスをどのように評価されますか?」

ホルトビー「チーム全体がボールに向かって非常によく動きました。そして相手にとって危険となるカウンターを繰り返し仕掛けました。ここで勝ったことでうれしいですし、誇りに感じています。しかしこれで浮かれてはいけません。強い相手にアウェーで勝利した、それだけのことなんです。」

質問「観客席の雰囲気から何かチームは感じていましたか?」

ホルトビー「当然です。80000人もの観衆の前でプレーしたのですから。スタジアムには本当に多くのブラウ・ヴァイス(注:シャルケのチームカラーを身に着けた人たちのこと)がいて、自分たちを後押ししてくれました。ぼくらのファンたちが来ていた服も本当にクールでした。これから半年にわたって、また高笑いすることができるネタ(注:ダービーでの勝利のこと)をぼくらのファンたちは手にしました。」

Atsuto Uchida against Grosskreutz in 141st Revierderby.jpeg

(写真:bild.de

質問「あなたは試合終了直前に途中交代しました。最後の数分間をベンチで見ていていかがでしたか?」

ホルトビー「ほんの数秒間のうちに3か所痙攣がつったため、痛みがありました。これは今までにはなかったことでした。これまでつったことなど一度もありませんでしたから。今日自分たちが激しい戦いをしたことのしるしだと思います。」

質問「この勝利を噛みしめることでしょうが・・・」

ホルトビー「その通りです。ロンドンでの次の重要な一戦が間近に迫っています。非常に厳しい仕事です。アーセナルは間違いなくトップチームです。勝ち点を持って帰るには、ドルトムントとの試合のときのように、少なくともいいプレーをする必要があります。アウェーのドルトムントで勝ち点3を手にしたのですから、ロンドンでもきっとやれます。」

21.10.2012
Nach vier sieglosen Spielen gegen die Schwarz-Gelben gab es am Samstag (20.10.) wieder einen Schalker Derbysieg. Die meisten Spieler aus dem Kader der Königsblauen durften nach der starken Vorstellung zum ersten Mal erfahren, wie sich ein Erfolg im Revierderby anfühlt. Auf schalke04.de spricht Lewis Holtby über die Partie beim BVB.

Lewis Holtby, wie beurteilen Sie die Leistung der Mannschaft im Derby?
Die ganze Mannschaft hat sehr gut gegen den Ball gearbeitet. Wir haben immer wieder gefährliche Konter gesetzt. Ich bin froh und stolz darauf, dass wir hier gewonnen haben. Wir werden jetzt aber nicht abheben. Es war ein Auswärtssieg gegen einen starken Gegner. Dabei sollte man es belassen.

Hat die Mannschaft von der Stimmung auf den Rängen überhaupt was mitbekommen?
Absolut. Wir haben vor 80.000 Zuschauern gespielt. Es waren sehr viele Blau-Weiße im Stadion, die uns fantastisch unterstützt haben. Auch die Klamotten, die unsere Fans trugen, waren richtig cool. Jetzt haben unsere Anhänger im nächsten halben Jahr mal wieder etwas mehr zu lachen.

Sie mussten kurz vor Schluss ausgewechselt werden. Wie haben Sie die letzten Minuten auf der Bank erlebt?
Mit Schmerzen, weil ich drei Krämpfe innerhalb von wenigen Sekunden bekommen habe. Das war neu für mich, weil ich sonst eigentlich nie Krämpfe kriege. Ich denke, das war ein Zeichen dafür, dass wir heute hart gearbeitet haben.

Wirklich genießen können Sie diesen Sieg allerdings nicht …
Das ist richtig. Das nächste wichtige Spiel in London steht schon vor der Tür. Es wird eine sehr schwierige Aufgabe. Arsenal ist eine absolute Spitzenmannschaft. Dort müssen wir mindestens so gut auftreten wie gegen Dortmund, um was mitzunehmen. Aber wenn man beim BVB drei Punkte holt, dann ist in London bestimmt auch was drin.
posted by フランスフット at 15:33 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。