2012年10月17日

ミロスラフ・クローゼがフェアプレー賞を受賞

L'Equipe(フランス)16/10/2012

"Klose reçoit le prix du fair-play"
「ミロスラフ・クローゼがフェアプレー賞を受賞」



ドイツ代表のミロスラフ・クローゼは、9月末に行われたナポリとのリーグ戦の試合中、手を使って得点したことを告白していた。そのクローゼが火曜、ベルリンで、ドイツサッカー連盟からフェアプレー賞を受賞した。

「ボールに手で触れたか審判から尋ねられた。自分は告白したが、それは自分ができる最低限のことだった」とこのラツィオのフォワードは説明している。

「多くの若者たちがテレビを見ている。彼らにとって自分たちは模範だ。」

34歳のミロスラフ・クローゼはこの賞を2005年にも受賞している。当時ヴェルダー・ブレーメンでプレーしていたクローゼは、正当な理由もなくPKを与えられたが、その審判の判定を変更させていた。

L'international allemand Miroslav Klose, qui avait confessé avoir marqué un but de la main en championnat d'Italie fin septembre contre Naples, a reçu le prix du Fair-Play de la Fédération allemande, mardi à Berlin. ≪L'arbitre m'a demandé si j'avais touché le ballon de la main. J'ai avoué, c'était pour moi la moindre des choses, a expliqué l'attaquant de la Lazio. Il y a tant de jeunes qui regardent la télé et pour lesquels nous sommes des modèles≫. Agé de 34 ans, Miroslav Klose avait déjà reçu cet honneur en 2005 lorsque, évoluant au Werder Brême, il avait rectifié la décision de l'arbitre qui avait sifflé un penalty non justifié en sa faveur.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Klose-recoit-le-prix-du-fair-play/320045
posted by フランスフット at 17:47 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/297827545

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。