2012年11月30日

ルシオがヴォルフスブルクに移籍へ

L'Equipe(フランス)27/11/2012

"Lucio vers Wolfsburg"
「ルシオがヴォルフスブルクに移籍へ」

今年の夏にインテルからユヴェントスに移籍金なしで移籍したルシオだが、それはルシオにとって絶好のチャンスだった。

しかし、ユヴェントスと2014年までの契約を結んだこの34歳のブラジル人ディフェンダーは、あまりプレーしていない。リーグ戦以外の試合も含めた16試合のうち、ルシオが先発出場したのはわずかに3試合である!

よってこの以前バイエル・レバークーゼン、バイエルン・ミュンヘンでプレーしていたルシオは、ヴォルフスブルクとコンタクトをとっている。そしてヴォルフスブルク加入は来年1月の可能性がある。

「ユヴェントスを退団できればと思う。プレーしていないから満足していない。ヴォルフスブルクに加入できれば最高だ」とルシオは『シュポルト・ビルト』に語っている。

Recruté gratuitement à l'Inter par la Juventus l'été dernier, Lucio avait tout de la très bonne affaire. Sous contrat jusqu'en 2014, le défenseur brésilien de 34 ans joue pourtant très peu : il a été titulaire à seulement trois reprises sur les seize matches joués toutes compétitions confondues par la Vieille Dame ! Du coup, l'ancien joueur du Bayer Leverkusen et du Bayern Munich est en contacts avec Wolfsburg qu'il pourrait rejoindre en janvier prochain. ≪J'espère quitter la Juve. Je suis mécontent car je ne joue pas. Ce serait top de rejoindre Wolfsburg≫, a-t-il expliqué à Sport Bild.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Lucio-vers-wolfsburg/330228
posted by フランスフット at 16:44 | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

沈黙による抗議活動を行うドイツのサポーターたち

L'Equipe(フランス)28/11/2012

"Des supporters manifestent... en silence"
「沈黙による抗議活動を行うドイツのサポーターたち」

ドイツサッカーリーグ(DFL:Deutsche Fußball Liga)が新たに提案する治安強化案に対し、ドイツのサポーターたちはブンデスリーガ第14節に際し、スタジアム内で沈黙による抗議活動を行った。

DFLは、アウェークラブのサポーターに割り当てられるチケットの数を10%から5%に引き下げることなどを発表している。

火曜夜、「セーフ・スタジアム・エクスペリエンス(Sicheres Stadionerlebnis)」計画に反対し、抗議活動の第一波が始まった。ドルトムント、ハノーファー、ハンブルク、フランクフルトの試合で、試合開始最初の12分12秒はほぼ沈黙のうちに展開されたのである。

この「12:12」というシンボルは、「12月12日」を指すものであり、この日にDFLは新治安強化案をブンデスリーガとツヴァイテリーガの36クラブに提示することになっている。

この抗議活動を指揮している人たちは、この抗議活動はこれから2節にわたって続くと表明している。

La 14e journée de la Bundesliga a été marquée par une manifestation silencieuse des supporters allemands dans les stades en réaction aux nouvelles propositions de la Ligue allemande (DFL) destinées à renforcer la sécurité. La DFL prévoit notamment de réduire de 10 à 5% le contingent de billets réservés aux supporters du club visiteur.

Une première vague de protestation a été lancée mardi soir en réaction au projet "Safe Stadium Experience". Les 12 premières minutes et 12 secondes des matches de Dortmund, Hanovre, Hambourg et Francfort se sont déroulés en grande partie dans le silence. Le symbole "12:12" renvoie au 12 décembre, date à laquelle les 36 clubs de 1ère et 2e division allemandes que compte la DFL doivent se prononcer sur le projet. Les organisateurs du mouvement vont s'assurer que cette manifestion se poursuive lors des deux prochains week-ends. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Des-supporters-manifestent-en-silence/330198
posted by フランスフット at 10:50 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

アデル・ターラブト獲得に向けてマンチェスター・ユナイテッドが1500万ユーロを用意か?

L'Equipe(フランス)27/11/2012

"MU : 15M pour Taarabt ?"
「アデル・ターラブト獲得に向けてマンチェスター・ユナイテッドが1500万ユーロを用意か?」

以前からマンチェスター・ユナイテッドに照準を絞られていたアデル・ターラブトだが、『デイリー・テレグラフ』が伝えるところによると、マンチェスター・ユナイテッドは1500万ユーロのオファーを提示する可能性がある。

クイーンズ・パーク・レンジャーズが100万ユーロで購入したこの23歳のモロッコ代表フォワードだが、アレックス・ファーガソンはQPR対ハルシティーの試合を自ら出向いて観戦していた。

一時期、パリ・サンジェルマンもアデル・ターラブト獲得を狙っていた。

Dans le viseur de Manchester United depuis de longs mois, Adel Taarabt pourrait voir MU faire une offre de 15 millions d'euros pour s'attacher ses services selon le très sérieux Daily Telegraph. Acheté un million d'euros par les QPR, l'attaquant international marocain de 23 ans a été récemment supervisé en personne par Alex Ferguson lors de sa rencontre face à Hull City. Rappelons que l'ancien Lensois a un temps été courtisé par le PSG.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Mu-15m-pour-taarabt/329782
posted by フランスフット at 11:52 | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャンピオンズリーグ1試合の出場停止処分を受けたルイス・アドリアーノ

L'Equipe(フランス)27/11/2012

"Luiz Adriano suspendu"
「チャンピオンズリーグ1試合の出場停止処分を受けたルイス・アドリアーノ」

ルイス・アドリアーノは来週に予定されているチャンピオンズリーグ・グループリーグ最終節のユヴェントス戦を欠場する。

火曜UEFAの規律委員会は、11月20日に行われたノアシェランとの試合中にフェアプレーの精神を欠いていたこのシャフタル・ドネツクのフォワードに対し、1試合の出場停止処分を下した。

このブラジル人は、自分のチームがフェアプレー精神に則って相手チームに返したボールを得点していた。相手チームの選手は傷んでいた。

このフォワードの選手は、ノアシェランのゴールキーパーに返されようとしていたボールをインターセプトし、1−1の同点ゴールを決めた。

またルイス・アドリアーノは、サッカー共同体のために一日奉仕活動をすることを命じられた。

Luiz Adriano ne jouera pas le dernier match de poule contre la Juventus la semaine prochaine en Ligue des champions. L'attaquant du Chakhtior Donetsk a été suspendu mardi un match par l'instance de discipline de l'UEFA pour son manque de fair-play contre Nordsjælland le 20 novembre en C1. Le Brésilien avait inscrit un but à l'issue d'une remise en jeu effectuée par son équipe et qui, selon les us du fair-play, était destinée à l'équipe adverse dont un joueur avait été blessé. L'attaquant avait intercepté le ballon à destination du gardien danois et ainsi égalisé à 1-1. Il a également été demandé à Luiz Adriano de consacrer une journée au service de la communauté footballistique.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Luiz-adriano-suspendu/329931
posted by フランスフット at 11:42 | TrackBack(0) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

フェアプレーの精神を侮辱したルイス・アドリアーノ

SO FOOT(フランス)21/11/2012

"ADRIANO EMMERDE LE FAIR-PLAY"
「フェアプレーの精神を侮辱したルイス・アドリアーノ」



シャフタール・ドネツクはチャンピオンズリーグのFCノアシェラン戦で2−5の勝利を収めた。しかしこのウクライナのチームはフェアプレーの精神を著しく欠いており、このスコアは汚されてしまった。

前半23分にホームのノアシェランは先制点を決めた。その2分後、センターライン付近でノアシェランの選手が相手選手からひじ打ちを受けたため、審判はプレーを止めた。このような場合の慣例に従って、シャフタルは相手ゴールキーパーの方にボールを返した。しかしルイス・アドリアーノにはそのつもりはなく、びっくりした様子のゴールキーパーを前にゴールを決めてしまった。

フランス人主審のアントニー・ゴーチエは得点を認めるしかなかった。

この得点の直後、ノアシェランの選手たちは、シャフタルの選手たちは得点を許すことでこの「不正義」の埋め合わせをしてくれるだろうと思っていた。しかしそんなことはなかった。

しかしその後の攻撃でノアシェランは勝ち越し点を奪うことに成功した。その後4失点した。

Alors que le Chakhtior Donetsk s'est imposé 5-2 sur la pelouse des Danois de Nordsjälland en Ligue des Champions. Un score entaché d'un très vilain manque de fair-play de la part des Ukrainiens.

Deux minutes après l'ouverture du score de Nordstrand à la 23ème pour les locaux, l'arbitre arrêtait le jeu suite à un coup reçu par ce même Nordstrand au centre du terrain. Comme il est de coutume dans ce genre de cas, le Chakhtior remet le ballon en jeu en le balançant en direction du gardien adverse pour lui rendre le ballon. Mais Luiz Adriano ne l'a pas entendu de cette oreille et s'est emparé du cuir pour égaliser face à un portier incrédule.

L'arbitre français, Anthony Gautier, ne peut que valider le but.

A la suite du but inscrit de manière assez scandaleuse par Luiz Adriano qui s'emparait du ballon destiné à être rendu aux Danois, les joueurs scandinaves pensaient que leurs adversaires les laisseraient égaliser pour réparer "l'injustice". Que nenni.

Mais sur l'attaque suivante, Nordsjälland et Lorentzen parvenaient finalement à reprendre à l'avantage. Avant d'encaisser quatre buts.
Me

http://www.sofoot.com/adriano-emmerde-le-fair-play-151837-videos.html
posted by フランスフット at 10:52 | TrackBack(0) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

スヴェン・ゴラン・エリクソンがTSV1860ミュンヘン監督に就任か?

L'Equipe(フランス)18/11/2012

"S-G. Eriksson à Munich 1860 ?"
「スヴェン・ゴラン・エリクソンがTSV1860ミュンヘン監督に就任か?」

元イングランド代表監督のスウェーデン人スヴェン・ゴラン・エリクソンが1860ミュンヘン(ツヴァイテリーガ)の監督候補に挙がっていると日曜、『ビルト』が伝えている。1860ミュンヘンは土曜のケルン戦に敗れた後、監督を解任した。

「エリクソンが1860の監督になることは否定しない」と1860ミュンヘンの株式の60%を所有するシェイク・ハサン・アブドゥラ・イスマイクの代理人であるハマダ・イラキは『ビルト』に語っている。1860ミュンヘンはツヴァイテリーガ8位に停滞している。

ミュンヘン滞在中のエリクソンは、イラキの招待にされ、1860がバイエルンと共同所有するアリアンツ・アレーナの観客席に姿を現した。64歳のエリクソンはマンチェスター・シティ、ASローマ、ラツィオ、ベンフィカ、イングランド代表、メキシコ代表そしてコートジボワール代表などを率いた。

Le Suédois Sven-Goran Eriksson, ancien manager de l'Angleterre, fait figure de sérieux candidat au poste d'entraîneur de Munich 1860 (D2), qui a limogé son coach après une nouvelle défaite samedi contre Cologne (0-2), rapporte dimanche le quotidien Bild. ≪Je n'exclus pas qu'Eriksson devienne entraîneur du 1860≫, déclare au quotidien Hamada Iraki, représentant du Cheikh Hasan Adbullah Ismaik, détenteur de 60% des parts du club qui végète au 8e rang en D2.

De passage à Munich, Eriksson était samedi dans les tribunes de l'Allianz Arena, que le 1860 partage avec le Bayern, invité par Iraki. Le Suédois a assisté à la défaite à domicile du club qui s'est séparé de l'entraîneur Rainer Maurer. A 64 ans, Eriksson a une carte de visite très riche, ayant entraîné notamment Manchester City, les deux clubs de Rome, le Benfica Lisbonne et les sélections nationales d'Angleterre et du Mexique et brièvement de Côte d'Ivoire. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/S-g-eriksson-a-munich-1860/327753
posted by フランスフット at 14:13 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

ブレーメンのスポーツディレクター、クラウス・アロフスがヴォルフスブルクのスポーツディレクターに就任

L'Equipe(フランス)14/11/2012

"Allofs de Brême à Wolfsburg"
「ブレーメンのスポーツディレクター、クラウス・アロフスがヴォルフスブルクのスポーツディレクターに就任」

クラウス・アロフスは13年間にわたって務めてきたヴェルダー・ブレーメンのスポーツディレクターの職を辞した。

この元ドイツ代表選手はヴォルフスブルクでスポーツディレクターの職に就き、フェリックス・マガトの代わりとしてスポーツ部門を引き受けることになった。マガトは監督でありマネージャーでもあった。

ローレンツ・ギュンター・コストナーはトップチームの監督に留まる。ヴォルフスブルクは現在ブンデスリーガ16位。

Klaus Allofs n'est plus le directeur sportif du Werder Brême, où il a officié pendant 13 ans. L'ancien international allemand a en effet décidé de rejoindre Wolsburg pour y occuper les mêmes fonctions et reprendre en main le secteur sportif en remplacement de Felix Magath, qui était à la fois entraîneur et manager. Lorenz-Günther Kostner reste (pour le moment) en charge de l'équipe première, actuellement 16e de Bundesliga.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Allofs-de-breme-a-wolfsburg/326749
posted by フランスフット at 17:56 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パルク・デ・プランスにネーミングライツ導入か?

L'Equipe(フランス)14/11/2012

"Du naming au Parc ?"
「パルク・デ・プランスにネーミングライツ導入か?」

パルク・デ・プランスは名前を変えて、スポンサーの傘下に入ることになるのだろうか?

『France Bleu 107.1』が伝えるところによると、スタジアムの所有者であるパリ市は、スタジアム改修工事の資金を得るためにパルク・デ・プランスにブランド名を付けることに反対ではないという。

「できることであるし、そうなるべきだし、言ってみればそういうご時世ということだ。今スタジアムに費やす負担を減らすためには、当然のことだ」と金曜、パリ市副市長でスポーツ担当のジャン・ヴュイエルモーズは語っている。

「これは必ずしもわたしが好んでやりたくはないことだとしても、この方向に進むと思う。当然パルク・デ・プランスの名前は残し、何らかのブランド名を付け加えることになるだろう。」

PSG幹部だけでなくサポーターたちがどう考えるか次第である。

Le Parc des Princes pourrait-il changer de nom ou être affilié à un sponsor ? Selon nos confrères de France Bleu 107.1, la Mairie de Paris, propriétaire de l'enceinte, ne s'opposerait pas à accoler le nom d'une marque au Parc des Princes en échange de financements pour les rénovations prévues dans le stade. ≪Ça se fera, c'est forcé, c'est dans l'air du temps je dirais. Aujourd'hui, pour essayer de réduire les charges sur un stade, ça va de soi, a en effet déclaré ce vendredi Jean Vuillermoz, l'adjoint au maire de Paris chargé des sports. Même si ce n'est pas forcément ce que je préfère, je pense qu'on ira dans ce sens ; évidemment en conservant le nom du Parc des Princes et en ajoutant le nom d'une marque quelconque.≫ Reste à savoir ce qu'en pensent les dirigeants parisiens mais aussi les supporters.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Du-naming-au-parc/326789
posted by フランスフット at 17:42 | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

フランス代表よりもバイエルン・ミュンヘンが大事と考えるフランク・リベリー

L'Equipe(フランス)11/11/2012

"Le Bayern ≪plus important≫ pour Ribéry"
「フランス代表よりもバイエルン・ミュンヘンが大事と考えるフランク・リベリー」

フランス代表とバイエルン・ミュンヘンの間でフランク・リベリーが迷うことなどない。リベリーはドイツの方に傾いているのだから。

「6年前からバイエルンにいる。ここは相変わらずいいところで、幸せだし、楽しんでいる。自分にとってはフランス代表よりも大事だ」とこのフランス人ミッドフィルダーは土曜のアイントラハト・フランクフルトとの試合後(2−0)、『スカイ』のインタビューで話している。そしてこの発言を『ビルト』が伝えている。

Entre l'équipe nationale et le Bayern Munich, il n'y a pas photo dans le coeur de Franck Ribéry, qui penche plutôt vers l'Allemagne : ≪Je suis depuis six ans au Bayern. Ici, c'est toujours bien, je suis heureux et je m'amuse. Pour moi, c'est plus important que l'équipe nationale≫, a déclaré le milieu de terrain français au micro deSky samedi après la victoire (2-0) face à l'Eintracht Francfort, propos rapportés parBild.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Le-bayern-plus-important-pour-ribery/326130
posted by フランスフット at 15:25 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨランテ・スナイデルがインテルを批判

SO FOOT(フランス)10/11/2012

"Miss Sneijder attaque l'Inter"
「ヨランテ・スナイデルがインテルを批判」

9月26日に行われたキエーヴォ戦で負傷退場したヴェスレイ・スナイデルが復帰した。しかしプレーしていない。

このオランダ人攻撃的ミッドフィルダーにとって、状況は理解しがたいものになっている。スナイデルはストラマッチョーニ監督はカッサーノ・ミリート・パラシオの攻撃陣トリオに信頼を置いているため、スナイデルは構想に入っていないようである。

しかしスナイデルはいつものように、甘美なヨランテから支持を得ている。スナイデル夫人はツイッターで、インテルの選択に対して苦言を呈している。ただし夫がプレー時間を与えられていないことに関してではなく、表現の自由に関してである。

「彼はツイッターに書くことも、もはやできないんです。これはクラブ側の決定です。(・・・)私生活について書くなというなら理解できます。しかしチームを勇気づけるために書くことすらもだめだと言うんです!ツイッターに書くことができないのは彼だけです。彼はクラブのために常に全力を尽くしているんですから、さびしい限りです。変な話ですが、これが事実です。」

話として重大だということは確かである。

Sorti sur blessure le 26 septembre dernier lors d'un match face au Chievo, Wesley Sneijder a récupéré depuis, mais n'a pas rejoué. Une situation peu évidente pour le milieu offensif néerlandais, qui ne semble pas rentrer dans les plans de coach Strama, qui fait désormais confiance à son trident Cassano-Milito-Palacio pour l'animation offensive de son Inter.

Toujours est-il que Sneijder a trouvé du soutien auprès de sa douce et tendre, Yolanthe. La miss s'est ainsi plainte sur Twitter des choix de la société nerazzurra. Mais pas au sujet du faible temps de jeu de son mari, plutôt de sa liberté d'expression : ≪ Il ne peut plus écrire sur Twitter, c'est la décision du club. Étrange. (...) Qu'il ne puisse pas écrire sur sa vie privée, je le comprends. Mais ils ont dit qu'ils ne pouvaient même plus encourager son équipe ! Il n'y a que lui qui ne peut pas écrire sur Twitter. Je suis triste parce qu'il donne toujours le maximum pour son club. C'est étrange, mais c'est la vérité. ≫

Vrai que c'est très grave, comme histoire.

________________________________________
AP

http://www.sofoot.com/miss-sneijder-attaque-l-inter-163681.html
posted by フランスフット at 13:11 | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。