2012年10月31日

サポーターに対する侮辱に関してサウサンプトンがアルトゥール・ボルツを調査

L'Equipe(フランス)30/10/2012

"Une enquête sur Boruc"
「サポーターに対する侮辱に関してサウサンプトンがアルトゥール・ボルツを調査」

サウサンプトンは、日曜の試合中(1−2)のトッテナムサポーターたちに対するアルトゥール・ボルツの振る舞いに関して調査を開始したと火曜朝、文書で発表した。

この32歳のゴールキーパーはサウサンプトンでのデビューを飾ったが、試合前半トッテナムに2点目を決められた後、彼の背後のスタンドに陣取っていたスパーズのサポーターたちを侮辱したという。またボルツはトッテナムのサポーターたちの一部に向かって水筒を投げつけたという。

「日曜のトッテナムとの試合前半終了間際に起こった、アルトゥール・ボルツを巻き込んだ出来事について申し立てられていることに関して、われわれは調査している。クラブはこれらの申し立てを真摯に受け止め、最善の仕方でこの事件の解決にあたる」とサウサンプトンは文書で発表している。

サウサンプトンはスタジアムの監視カメラに記録されている映像を調査することになる。

Le club anglais de Southampton a révélé mardi matin dans un communiqué l'ouverture d'une enquête sur le comportement de son gardien polonais Artur Boruc vis-à-vis des supporters de Tottenham dimanche (2-1 pour les Spurs). Le portier de 32 ans faisait ses débuts pour le promu et aurait, après le deuxième but de Tottenham en première période, insulté les supporteurs des Spurs présents dans la tribune derrière lui. Il aurait également jeté une bouteille d'eau sur certains d'entre eux.

≪Nous confirmons que nous enquêtons sur les allégations d'un incident impliquant Artur Boruc et qui s'est passé vers la fin de la première mi-temps du match face a Tottenham dimanche. Le club prend ces allégations très au sérieux et réglera cette affaire de la meilleure des manières≫, a indiqué le communiqué publié par les Saints, qui vont notamment étudier les enregistrements de vidéo-surveillance du stade. (avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Une-enquete-sur-boruc/323256
posted by フランスフット at 15:24 | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

戻ってきたザヒア

SO FOOT(フランス)29/10/2012

"Zahia, le retour"
「戻ってきたザヒア」

Zahia.jpg

(写真:leparisien.fr

3年が経ったが、「ザヒア事件」のことは頭に残っているだろう。

ファッションのクリエーターになったこの悦楽の女性は、最近『タイムス』でインタビューに応じた。この20歳のフランス人女性はインタビューで、フランク・リベリーとの関係について詳細を語っている。

「彼は紳士的でもなく、感じよくもなく、優しくもなかった」とザヒアはこのバイエルン・ミュンヘンの選手の振る舞いについて記述している。

自身の肉体を仕事の道具にした理由の説明として、ザヒアは、5000ユーロのお金で「お洋服を買いたかった」のだと認めている。

「男たちはみんな、支払えるものならセックスにお金を出すとわたしは思う。」

フランキーは支払うことができた。そして彼は優しくなかった。

Trois ans après, vous reprendrez bien un peu d’≪ affaire Zahia ≫. La fille de joie devenue créatrice de mode a accordé ces jours-ci une interview auTimes . Pour le quotidien britannique, la Française de 20 ans a donné des détails sur ses relations avec Franck Ribéry. ≪ Il n’était ni galant, ni aimable, ni gentil ≫ a-t-elle décrit le comportement du joueur du Bayern Munich.

Pour expliquer ce qui l'a poussée à faire de son corps son outil de travail, Zahia admet que ses cachets de 5000 euros avaient pour but ≪ l’achat de vêtements ≫. ≪ Je crois que tous les hommes paieraient pour le sexe s’ils le pouvaient. ≫

Francky le pouvait, lui. Et n’a pas été gentil.

http://www.sofoot.com/zahia-le-retour-163270.html
posted by フランスフット at 10:03 | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

Schalke04.deよりニュルンベルク戦後クラース・ヤン・フンテラールのコメント「安定してきた」

Schalke04.de(ドイツ)27/10/2012

"Klaas-Jan Huntelaar: Haben an Stabilität gewonnen"
「クラース・ヤン・フンテラール『安定してきた』」

1.FCニュルンベルク相手にホームで収めた1−0の勝利は「泥臭い勝利」と呼ばれるべきである。試合後クラース・ヤン・フンテラールもそのことに同意している。

「相手のプレーを崩壊させようとしたが、崩壊するまで長い時間がかかった」とこのフォワードの選手は話している。

後半32分、ファンたちは歓喜の声を上げたが、ホームの選手たちは長い時間走り続けた。それはなによりもまず、相手選手たちが非常に巧みに守ったからである。

「ニュルンベルクの選手たちはよかった。いつも多くの選手たちが後ろにいた。だから当然スペースがあまりなかった」とフンテラールは考えている。

フンテラールにとって、勝ち点3という結末は、興奮の一週間の最も重要で完璧な幕の閉じ方だった。

「大事なことはそれだけ。(今週)最後の試合に勝つことができて自分たちはものすごく喜んでいる」とハンターは言う。フンテラールはチームが軌道に乗っていると考えている。

「昨シーズンだったら、このような試合で同点弾を食らっていた。この点において自分たちは安定してきたと思う。」

このチームはここ4試合で4勝でも浮かれることはない。フンテラールは言う。

「順位表での勝ち点差など自分たちの目には入らない。自分たち自身のことのみに集中しなければならない。ザントハウセゼンそしてホッフェンハイムとの難しい試合が次に待っている。連勝をまだまだ延ばしていきたい。」

Der 1:0-Heimerfolg gegen den 1. FC Nürnberg dürfte als „dreckiger Sieg“ verbucht werden. Dem stimmte nach dem Spiel auch Klaas-Jan Huntelaar zu. „Wir haben versucht, den Gegner kaputt zu spielen. Das hat lange Zeit nicht geklappt“, sagte der Angreifer.

Dass die Fans nach langem Anrennen der Hausherren erst in der 77. Spielminute jubeln durften, lag vor allem am Gegner, der in der VELTINS-Arena sehr geschickt verteidigte. „Die Nürnberger haben gut gestanden. Sie hatten immer sehr viele Spieler hinten. Da bekommt man natürlich nicht so viel Platz“, meinte Huntelaar.

Am Ende seien die drei Punkte aber das Wichtigste und der perfekte Abschluss einer aufregenden Woche für die Schalker. „Nur das zählt. Wir freuen uns sehr über die Siege in den vergangenen Spielen“, so der Hunter, der die Mannschaft auf einem guten Weg sieht. „In der vergangenen Saison haben wir in solchen Spielen auch mal den Ausgleich bekommen. Ich denke, dass wir in dieser Hinsicht an Stabilität gewonnen haben.“

Abheben werde die Mannschaft nach vier Siegen aus den vergangenen vier Spielen nicht. Huntelaar dazu: „Wir schauen nicht auf irgendwelche Punkteabstände in der Tabelle. Wir müssen uns nur auf uns konzentrieren. Als nächstes stehen schwierige Aufgaben gegen Sandhausen und Hoffenheim an. Da wollen wir die Erfolgsserie weiter ausbauen.“
posted by フランスフット at 15:01 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

ヴォルフスブルクのフェリックス・マガトが解任

L'Equipe(フランス)25/10/2012

"Magath limogé"
「フェリックス・マガトが解任」

先週土曜フライブルクに敗れ(0−2)4連敗を喫したことが、フェリックス・マガトにとっては致命的だった。

VfLヴォルフスブルクはフェリックス・マガトとの協力関係に終止符を打つことで合意に至ったと文書で発表した。

マガトは今シーズン、ブンデスリーガで解任された最初の監督である。

さらにマガトはヴォルフスブルクでのスポーツディレクターの職、そしてゼネラルディレクターの職も失う。

昨夏フェリックス・マガトはヴォルフスブルクとの契約を延長し、2015年6月までの契約にサインしていた。

La défaite concédée contre Fribourg (0-2) samedi dernier, la quatrième consécutive, aura été celle de trop pour Felix Magath. Dans un communiqué, le VfL annonce avoir trouvé un accord avec le technicien pour mettre fin à leur coopération. Magath est le premier entraîneur limogé en Bundesliga cette saison. Il perd également ses fonctions de directeur sportif et de directeur général du club. Son contrat, prolongé l'été dernier, courait jusqu'en juin 2015.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Magath-limoge/322133
posted by フランスフット at 10:55 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

Schalke04.deよりアーセナル戦後のベネディクト・ヘーヴェデスのインタビュー

Schalke04.de24/10/2012

"Benedikt Höwedes: Wir sind derzeit einfach gut drauf"
「ベネディクト・ヘーヴェデス『今流れにうまく乗っている』」

SChalke04.de「ベネディクト・ヘーヴェデス、まず先週末にはダービーで勝利しました。そして今回チャンピオンズリーグではアーセナルに対してアウェーで勝利を収めました。FCシャルケ04にとってはまさにパーフェクトな週ではないですか?」

ヘーヴェデス「今自分たちのことろに流れが来ていますが、自分らはそれにうまく乗っています。ドルトムント、そして今ロンドンでそれをお見せしました。二つの重要で厳しい試合に勝ったのです。それは当然素晴らしいことですが、堂々とコントロールして勝ったのでなおさらそうです。しかしパーフェクトな週にするためには、ニュルンベルク相手にホームで勝ち点3を取らなければなりません。」

Schalke04.de「アーセナル相手にチームとしてうまくいったことは何ですか?」

ヘーヴェデス「最初は両チームともまだ様子をうかがっていました。お互いに相手に対する敬意がそこにはあったのです。前半は多少受け身な形で始まりました。それから自分たちは存在感を出し始めたのです。重要なことは、自分たちがコンパクトだったこと、そしてディフェンスをよく頑張ったことです。自分たちはアーセナルの攻撃力を封じたのです。また自分たちは鋭い攻撃もしかけることができました。しかしチャンスを全くものにできなかったのは残念です。自分には二つの決定機がありましたが、逃してしまいました。ちょっと自分に腹が立ちますね。」

Schalke04.de「あなたの仲間であるアーセナルのペア・メルテザッカーもおそらく苛立っていたことでしょう。しかしあなたは試合後、彼に声をかけていました。」

ヘーヴェデス「もちろんです。ペアは自分のチームが負けたことに少し怒っていました。しかしぼくらは十分に勝利に値していたとも彼は言ってくれました。」

Schalke04.de「チャンピオンズリーグでS04はこれから何を成し遂げようとしているのでしょうか?」

ヘーヴェデス「この大会では当然次のラウンドに進みたいと自分たちは考えています。しかしこのグループでは全てのチームが勝ち点を手にしています。混戦ということで、なにが起こるかわかりません。重要なことは、これで浮かれないことです。確かに勝つことは大きな自信になります。しかし集中して仕事を続けることが大切なんです。一試合一試合がゼロからのスタートです。そして勝利のためにはハードワークが必要です。」

Schalke04.de「でもこれから少しはお祝いするんですよね?」

ヘーヴェデス「もちろんそれは難しいですよ。3日後には試合がありますから、すべていつものように事を進めなければなりません。しかしぼくらはラドラー(注:ビールのレモネード割り)は飲むかもしれませんね。しかしそれから寝ますよ。次の仕事が目の前にあるんですから。」

Benedikt Höwedes, erst der Derbysieg am vergangenen Wochenende, jetzt dieser tolle Erfolg beim FC Arsenal in der Champions League. Ist das gerade die perfekte Woche für den FC Schalke 04?

Es läuft gerade bei uns, wir sind einfach gut drauf. Das hat man in Dortmund gesehen und nun auch in London. Wir haben zwei ganz wichtige und schwierige Spiele gewonnen - das tut natürlich gut, vor allem, weil wir das sehr souverän und kontrolliert gemacht haben. Aber für eine perfekte Woche müssen wir jetzt noch die Punkte zu Hause gegen Nürnberg holen.

Was hat die Mannschaft gegen Arsenal richtig gemacht?

Am Anfang haben sich beide Teams noch etwas abgetastet. Der Respekt voreinander war da. Wir haben etwas passiv begonnen in der ersten Halbzeit, sind dann aber immer präsenter geworden. Wichtig war, dass wir kompakt standen und sehr gut aus der Defensive gearbeitet haben. Die Offensivkräfte der Londoner haben wir gut aus dem Spiel genommen. Selbst konnten wir immer wieder Nadelstiche nach vorne setzen. Damit bin ich sehr zufrieden. Leider haben wir nicht alle Chancen genutzt. Ich hab‘ ja auch zwei Möglichkeiten nicht verwandelt - das ärgert mich ein bisschen.

Geärgert hat sich wohl auch Ihr guter Kumpel Per Mertesacker, der für die Gunners spielt. Immerhin konnten Sie aber nach dem Spiel sein Trikot abgreifen.

Klar, Per war ein bisschen sauer wegen der Niederlage seines Teams. Aber er hat auch gesagt, dass unser Sieg hier sehr verdient war.

Was ist jetzt drin für den S04 in der Champions League?

Wir wollen in diesem Wettbewerb natürlich in die nächste Runde kommen. Aber jeder Club in dieser Gruppe hat schon Punkte auf dem Konto. Es ist eng, da ist alles möglich. Wichtig ist, dass wir jetzt nicht abheben. Der Sieg gibt viel Selbstvertrauen. Aber es gilt, konzentriert weiterzuarbeiten. Jedes Spiel beginnt bei Null und jeder Sieg muss hart erarbeitet werden.

Wird denn trotzdem ein bisschen gefeiert?

Das ist natürlich schwierig. Wir spielen in drei Tagen wieder, da muss alles im Rahmen bleiben. Ein Radler werden wir aber wohl trinken. Aber dann wird geschlafen. Die nächsten Aufgaben liegen schließlich vor uns.

http://www.schalke04.de/aktuell/news/einzelansicht/artikel/benedikt-hoewedes-wir-sind-derzeit-einfach-gut-drauf.html
posted by フランスフット at 21:53 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

フローラン・マルーダがサントスに移籍か?

L'Equipe(フランス)23/10/2012

"Malouda vers Santos ?"
「フローラン・マルーダがサントスに移籍か?」

ヴァスコ・ダ・ガマのジュニーニョがフローラン・マルーダの加入を望んでいる一方、マルーダはネイマールが所属するサントスに加入する可能性がある。

この左利きのミッドフィルダーは今年7月にサントス会長のルイス・アルヴァロ・リベイロと会っているが、給与額を巡って交渉は成立しなかった。

その後サントスはガンソを売却したため、このチェルシーの選手の給料を支払える可能性がある。マルーダは今冬にもサントスに加入するとみられる。

それまでマルーダはチェルシーのユースチームで練習する。

Alors que Juninho l'espère du côté de Vasco de Gama, Florent Malouda pourrait finalement atterrir à Santos, le club de Neymar. Le milieu gauche avait déjà rencontré le président du club Luis Alvaro Ribeiro en juillet dernier mais les négociations n'avaient pas abouti en raison des prétentions salariales du joueur deChelsea. Depuis, le club brésilien a vendu Ganso et pourrait se payer le milieu gauche, pour une éventuelle arrivée cet hiver. En attendant, Malouda s'entraîne toujours avec les jeunes pousses des Blues.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Malouda-vers-santos/321567
posted by フランスフット at 11:05 | TrackBack(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引退を考えていたアリエン・ロッベン

L'Equipe(フランス)23/10/2012

"Robben a failli tout arrêter"
「引退を考えていたアリエン・ロッベン」

火曜、アリエン・ロッベンはオランダのテレビ局『NOS』に対し、サッカーを「止めよう」としばしば考えていたことを認めた。キャリアの足かせになった度重なる故障がその理由である。

若くして引退するかどうかについて「(その考えが)頭の中を離れず、それは今に限った話ではない」ともこのオランダ人選手は話している。

この司令塔の選手は、背中の故障が引き起こした太ももの痛みを理由に、9月末からピッチを離れている。

「いつ復帰できるか分からない」とロッベンは語り、以下のようにも話している。

「回復までにはだいぶ時間がかかると思う。」

Arjen Robben a reconnu mardi à la chaîne néerlandaise NOS avoir souvent songé à≪arrêter≫ le football en raison des nombreuses blessures qui ont contrarié sa carrière. La question d'une retraite précoce ≪hante mon esprit et pas seulement en ce moment≫, a ajouté le Néerlandais. Le meneur de jeu est éloigné des terrains depuis fin septembre en raison d'une douleur à une cuisse causée par un problème dorsal. ≪Je ne connais pas la date de mon retour≫, a-t-il dit, avant d'ajouter : ≪Je pense que ça va mettre longtemps≫ à guérir.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Robben-a-failli-tout-arreter/321753
posted by フランスフット at 10:38 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル戦に向けてユリアン・ドラクスラーが帯同、キリアコス・パパドプーロスは帯同せず

L'Equipe(フランス)23/10/2012

"Avec Draxler, sans Papadopoulos"
「アーセナル戦に向けてユリアン・ドラクスラーが帯同、キリアコス・パパドプーロスは帯同せず」

ユリアン・ドラクスラーは水曜のアーセナル戦に向けてシャルケ04の遠征に帯同する。この19歳の選手は今月上旬、前腕を骨折していた。

ドラクスラーは特別な副木を装着することで急速に回復し、予定よりも早くピッチに復帰することが可能になった。

一方、フーブ・ステフェンス監督は、感染症に罹っているキリアコス・パパドプーロスについては起用できない。

Julian Draxler est du voyage pour le déplacement de Schalke 04 à Arsenal mercredi. Le joueur de 19 ans s'était fracturé l'avant-bras au début du mois. Il doit sa récupération rapide à une attelle spéciale qui lui a permis de retrouver le terrain plus tôt que prévu. En revanche, Huub Stevens devra se passer de Kyriakos Papadopoulos, victime d'une infection virale, qui est toujours indisponible.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Avec-draxler-sans-papadopoulos/321659
posted by フランスフット at 10:22 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

リールにとっては身長が低すぎたフランク・リベリー

SO FOOT(フランス)22/10/2012

"Ribéry était trop petit pour Lille"
「リールにとっては身長が低すぎたフランク・リベリー」

フランク・リベリーは幸せな選手である。

故障やサッカー外の不祥事から解放されたこのフランス代表選手の頭の中はサッカーでいっぱいである。バイエルンで輝きを放ち、フランス代表ではリーダー。カイザー・フランクの未来は明るい。

火曜に予定されているチャンピオンズリーグのLOSC戦を前に、リベリーはリールのユースで過ごした3年間について語っている。

「13歳のときに加入し、16歳までここにいた。友達がたくさんできた。その上、リールは生まれ故郷のブーローニュからたったの1時間だった(・・・)素行あるいはサッカーに関して言えば、問題は一つしかなかった。一人の肘の骨を骨折させたことだ。それで自分は辞めさせられた」とリベリーは記者会見で話している。

しかしこの暴力事件がなかったとしても、フランキー少年のリールユースでの運命は決まっていたようである。

「小さすぎるという理由で、その前から辞めさせらせそうだった。」

さまざまな理由から将来のスターを流出させたクラブはLOSC以外にもある。FCメス(ミシェル・プラティニ)、PSG(ダヴィド・トレゼゲ)、AJオセール(ミロスラフ・クローゼ)などである。

Franck Ribéry est un joueur heureux. Laissé peinard par les blessures et les emmerdes extra-sportives, l’international français n’a plus que son jeu en tête. Étincelant avec le Bayern. Leader avec les Bleus. L’avenir fleure bon la réussite pour Kaiser Franck.

Avant de venir affronter Lille en C1 mardi, il est revenu sur son expérience au LOSC, où il a passé trois ans de sa formation : ≪ Je suis arrivé à 13 ans et j’y suis resté jusqu’à 16 ans. Je me suis fait beaucoup d’amis. En plus, Lille n’était qu’à une heure de Boulogne, ma ville natale. (…) Après, en terme de comportement ou en terme de football, il n’y a eu qu’un seul problème à l’école où j’ai cassé le coude de quelqu’un. C’est là où on m’a viré ≫, a-t-il déclaré en conférence de presse.

Apparemment, même sans cet accès de violence, le sort de petit Francky au centre lillois était scellé : ≪ On voulait déjà me renvoyer avant car j’était trop petit. ≫

Ou comment le LOSC rejoint les clubs ayant laissé filer, pour diverses raisons, de futurs cracks. Le FC Metz (Michel Platini), le PSG (David Trezeguet) ou l’AJ Auxerre (Miroslav Klose), par exemple, en savent quelque chose.

http://www.sofoot.com/ribery-etait-trop-petit-pour-lille-163029.html
posted by フランスフット at 12:25 | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボルシア・ドルトムントのウカシュ・ピシュチェクが2017年まで契約を延長

L'Equipe(フランス)22/10/2012

"Piszczek jusqu'en 2017"
「ボルシア・ドルトムントのウカシュ・ピシュチェクが2017年まで契約を延長」

ウカシュ・ピシュチェク(27歳)はボルシア・ドルトムントとの契約を2017年まで延長したと月曜、このドイツのクラブは発表した。

「この特別なクラブそしてこの比類なきチームでこれから数年間プレーするということは、つまり自分が認められているということだ」とこのポーランド代表選手は語っている。

ピシュチェクは今シーズン7試合に先発出場している。

Lukascz Piszczek (27 ans) a prolongé son contrat avec le Borussia Dortmundjusqu'en 2017, a annoncé lundi le club allemand. ≪C'est une grande reconnaissance pour moi de jouer les prochaines années pour ce club spécial et cette équipe exceptionnelle≫, a aussitôt indiqué l'international polonais, titulaire à sept reprises depuis le début de saison. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Piszczek-jusqu-en-2017/321444
posted by フランスフット at 12:04 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。