2012年09月28日

ゼニト・サンクトペテルブルクに北朝鮮人監督が就任することを望むロシア共産党

SO FOOT(フランス)27/09/2012

"Le PC veut un entraîneur nord-coréen au Zénith"
「ゼニト・サンクトペテルブルクに北朝鮮人監督が就任することを望むロシア共産党」

ここ最近サンクトペテルブルクは、ゼニトの選手たちの一部(デニソフとケルジャコフが首謀)が、ハルクとヴィツェルが高額の給料をもらっていることを理由に反乱を起こしたことで大きく揺れている。クラブで金銭的影響が大きくなっていることに関して議論が起こっていることはいうまでもない。

その一方で、共産党サンクトペテルブルク支部はロシア大統領のウラジーミル・プーチンに書簡を送り、憤りを表明している。

「ゼニトそして街全体の状況は爆発寸前です。チームが制御不可能であることは明白で、最も高額の給料を手にしようと争っている選手たちの間で内紛が起こっています」と手紙には書かれている。

またサンクトペテルブルクの共産党は、ルチアーノ・スパレッティ監督の更迭を要求している。

「厳格で暴君的な取り締まり人を北朝鮮から連れてくる必要がゼニトにはあります。北朝鮮ではスポーツとは永遠の戦場であるとされていますから」と共産党は書いている。

ヴァヒド・ハリホジッチのことを彼らは知っているのだろうか。

À Saint-Pétersbourg, les derniers jours ont été agités par la révolte de certains joueurs du Zénith (Denisov et Kerzhakov en tête, Ndlr) contre les salaires trop élevés de leurs coéquipiers Hulk et Witsel. Ce qui n'a pas manqué de déclencher un débat autour de l'influence grandissante de l'argent au club.

La branche du Parti communiste à Saint-Pétersbourg est allé jusqu'à écrire au président russe Vladimir Poutine pour lui exposer son courroux. ≪ La situation au Zénith et dans toute la ville est explosive. Il est évident que l'équipe est hors de contrôle et il y a des querelles internes entre des joueurs qui se disputent pour avoir le plus gros salaire ≫, dit la lettre.

Le PC de Saint-Pétersbourg demande aussi le départ de Luciano Spalletti. ≪ Le Zénith a besoin d'un contrôleur sévère et tyrannique venu de République populaire démocratique de la Corée du Nord, où le sport fait partie d'une bataille de tous les instants ≫, poursuivent-ils.

Et Vahid, ils connaissent?

http://www.sofoot.com/le-pc-veut-un-entraineur-nord-coreen-au-zenith-162140.html
posted by フランスフット at 12:57 | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

債務危機に瀕するCSKAソフィア

L'Equipe(フランス)27/09/2012

"Le CSKA Sofia menacé"
「危機に瀕するCSKAソフィア」

CSKAソフィアは9月30日までに債務を解消しなければ、UEFA主催のヨーロッパの大会から3年間除外される。

この決定はブルガリア国内リーグでも適用されると木曜、ブルガリアサッカー連盟が明らかにしている。

「UEFAの基準に適うことができなければ、CSKAソフィアは1部リーグでプレーする資格を失うことになる」とブルガリアサッカー連盟副会長のアタナス・フルナドツィエフは語っている。

「問題は絡み合っている。これまでのように問題を回避することはもはやできないだろう。」

Le CSKA Sofia a jusqu'au 30 septembre pour régler ses dettes sous peine d'être radié trois ans des compétitions européennes par l'UEFA. Une décision qui pourrait également être prise au niveau national, comme l'a fait savoir ce jeudi la Fédération bulgare de football. ≪ Ils n'obtiendront plus de licence pour jouer en première division s'ils échouent à répondre aux critères de l'UEFA, a fait savoir Atanas Furnadzhiev, le vice-président de la Fédération. Les choses sont liées et ils n'auront plus les moyens d'éviter les soucis comme ils l'ont fait jusqu'à maintenant.≫

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Le-cska-sofia-menace/315830
posted by フランスフット at 10:26 | TrackBack(0) | ブルガリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表との親善試合に向けてカカがブラジル代表に2年ぶりに復帰

L'Equipe(フランス)27/09/2012

"Kaka retrouve la sélection"
「日本代表との親善試合に向けてカカがブラジル代表に2年ぶりに復帰」

ワールドカップ2010準々決勝のオランダ戦にブラジル代表として出場してから2年後、マノ・メネゼスはカカをブラジル代表に再招集した。

このレアル・マドリードのフォワードはブラジル代表の親善試合2試合に向けて招集された。ブラジル代表は10月11日にスウェーデンでイラク代表と、その5日後にはポーランドで日本代表と対戦する。

30歳のカカはワールドカップ3大会に出場し、82キャップを数える。

GK : Jefferson (Botafogo), Diego Alves (Valence/ESP) Victor (Atletico Mineiro).

DF : Adriano (FC Barcelone/ESP), Daniel Alves (FC Barcelone/ESP), Alexsandro (Porto/POR), Marcelo (Real Madrid/ESP), David Luiz (Chelsea/ANG), Dede (Vasco da Gama), Leandro Castan (AS Roma/ITA), Thiago Silva (Paris Saint-Germain/FRA).

MF : Fernando (Gremio), Paulinho (Corinthians), Giuliano (Dnipro), Ramires (Chelsea), Sandro (Tottenham/ANG), Kaka (Real Madrid/ESP), Lucas (São Paulo), Oscar (Chelsea/ANG), Thiago Neves (Fluminense).

FW : Hulk (Zénith Saint Pétersbourg), Leandro Damiao (Internacional), Neymar (Santos).

Plus de deux ans après son dernier match avec la sélection brésilienne, en quarts de finale de la Coupe du monde contre les Pays-Bas (1-2), Kaka a été rappelé jeudi par Mano Menezes. L'attaquant du Real Madrid sera dans le groupe brésilien pour les deux prochains matches amicaux du Brésil contre l'Irak, le 11 octobre en Suède, et le Japon, cinq jours plus tard en Pologne. A 30 ans, Kaka a participé aux trois derniers Mondiaux et a été sélectionné à 82 reprises.
Les 23 Brésiliens
Gardiens : Jefferson (Botafogo), Diego Alves (Valence/ESP) Victor (Atletico Mineiro).

Défenseurs : Adriano (FC Barcelone/ESP), Daniel Alves (FC Barcelone/ESP), Alexsandro (Porto/POR), Marcelo (Real Madrid/ESP), David Luiz (Chelsea/ANG), Dede (Vasco da Gama), Leandro Castan (AS Roma/ITA), Thiago Silva (Paris Saint-Germain/FRA).

Milieux : Fernando (Gremio), Paulinho (Corinthians), Giuliano (Dnipro), Ramires (Chelsea), Sandro (Tottenham/ANG), Kaka (Real Madrid/ESP), Lucas (São Paulo), Oscar (Chelsea/ANG), Thiago Neves (Fluminense).

Attaquants : Hulk (Zénith Saint Pétersbourg), Leandro Damiao (Internacional), Neymar (Santos).

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Kaka-retrouve-la-selection/315949
タグ:カカ
posted by フランスフット at 09:58 | TrackBack(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャルケ04のキリアコス・パパドプーロスが契約を2016年まで延長

L'Equipe(フランス)27/09/2012

"Papadopoulos a prolongé"
「シャルケ04のキリアコス・パパドプーロスが契約を2016年まで延長」

2010年にシャルケ04に加入したキリアコス・パパドプーロスが木曜、契約を4年延長し、2016年までの契約を結んだ。

この20歳のギリシャ人センターバックに対しては今夏、ゼニト・サンクトペテルブルクが獲得を狙っていた。

Arrivé à Schalke 04 en 2010, Kyriakos Papadopoulos a prolongé jeudi son contrat de quatre ans, jusqu'en 2016. Le défenseur central grec, âgé de 20 ans, avait été approché par le Zénith Saint-Pétersbourg cet été.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Papadopoulos-a-prolonge/315945
posted by フランスフット at 09:49 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

カカが1月にガラタサライに移籍か?

SO FOOT(フランス)26/09/2012

"Kaká à Galatasaray en janvier ?"
「カカが1月にガラタサライに移籍か?」

カカがモウリーニョの構想外になって大分経つ。ベンチ外になることが多いこの30歳のブラジル人選手だが今シーズン、公式戦で1試合にも出場していない。このことが一部の人たちを興味を惹いている。

ガラタサライ会長のユナル・アイサルはカカを獲得したがっているが、ある条件付きである。

「われわれがチャンピオンズリーグ決勝トーナメントに進出したら、ケーキの上にストロベリーをのせることができるよう努力したい。カカはわれわれのところに加入してくれるかもしれないが、わたしとしては当然何も保証できない。彼はチームにうまく溶け込んでくれると思う。カカがガラタサライのユニフォームを着ているところを見たいものだ」とこのイスタンブールのクラブの会長は語っている。

Ça fait longtemps que Kaká ne fait plus partie des plans de Mourinho. Souvent écarté, le Brésilien de 30 ans n'a pas encore disputé le moindre match officiel cette saison. Ce qui attise certaines convoitises.

Ünal Aysal, le président de Galatasaray, aimerait beaucoup le récupérer, à certaines conditions. ≪Si nous nous qualifions pour le prochain tour deLigue des champions, nous allons essayer d'avoir la cerise sur le gâteau. Kaká pourrait nous rejoindre, mais je ne peux évidemment rien garantir. Je pense qu'il pourrait bien s'intégrer dans l'équipe. Ça me plairait de le voir avec le maillot de Galatasaray ≫, a déclaré le président stambouliote.

http://www.sofoot.com/kaka-a-galatasaray-en-janvier-162119.html
posted by フランスフット at 09:53 | TrackBack(0) | トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

ウソ発見器で選手と監督・コーチ陣を調べ上げるブルガリアのクラブ、ロコモティフ・プロヴディフ

SO FOOT(フランス)25/09/2012

"Un détecteur de mensonges pour le Lokomotiv Plovdiv"
「ウソ発見器で選手と監督・コーチ陣を調べ上げるブルガリアのクラブ、ロコモティフ・プロヴディフ」

ロコモティフ・プロヴジフの会長はボテフ・ヴラツァ相手に自分のチームが負けたことを憎々しく思っている。

ブルガリアリーグ第6節。ここまで全敗でその間1得点16失点だったチーム相手にプロヴディフは敗れた。よってヴェセリン・マレシュキは選手、監督・コーチ陣をウソ発見器にかけることを決めた。

「負けたことに対して何かがあるわけでは全くないが、敗戦は明らかにおかしい。フェアプレーの精神と廉直さは最も大事な価値観だとわたしは思う。だから、今回の失敗に関して不明瞭な理由などないことをわたしは確認しておきたい」と彼は説明している。

ルチアーノ・モッジが現場に復帰したのだろう。

Le président du Lokomotiv Plovdiv a peu apprécié la défaite de son équipe contre le Botev Vratsa.

Lors de la 6e journée du championnat bulgare, Plovdiv s'est incliné contre une équipe qui avait jusque-là perdu tous ses matchs, marquant un but et en encaissant 16. Veselin Mareshki a donc décidé de passer les joueurs, l'entraîneur et le staff technique au détecteur de mensonges. ≪ Il n'y a aucune garantie contre la défaite, mais celle-là est pour sûr bizarre. Pour moi, le fair-play et l'honnêteté sont des valeurs fondamentales, je dois m'assurer qu'il n'y a pas de raisons obscures à cette déconvenue ≫, a-t-il expliqué.

On dirait que Luciano Moggi a repris du service.

http://www.sofoot.com/un-detecteur-de-mensonges-pour-le-lokomotiv-plovdiv-162072.html
posted by フランスフット at 10:51 | TrackBack(0) | ブルガリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャルケ04公式HPよりベネディクト・ヘーヴェデスのインタビュー「確実性を取り戻した」

Schalke04.de(ドイツ)25/09/2012

"Benedikt Höwedes: Haben wieder an Sicherheit gewonnen"
「ベネディクト・ヘーヴェデス『確実性を取り戻した』」

バイエルン相手にホームで敗戦を喫したFCシャルケ04だったが火曜、FSVマインツ05相手にホームで3−0の快勝を収めた。埋め合わせをしたということである。

この快勝という結果の直後、「マインツの選手たちのプレーは悪くなかった」とベネディクト・ヘーヴェデスは言う。

チームにとって確実性を取り戻すことが重要だった。

「この勝利によってそれは達成できた」とこのドイツ代表選手は言う。ケーニヒスブラウエンを勝利に導いたのは、ペナルティエリア内でジュニオール・ディアスのファールを受けたヘーヴェデス自身だった。

このキャプテンはPKの判定について以下のように語っている。

「彼に脛骨を蹴られたから、ぼくは倒れた。だからあれはPKだ。」

まだ全てがうまくいったわけではないが、ディ・クナッペンは勝ち点3を手にし、順位を順位表の上位3分の1に定着させている。

「結局それが唯一大事なことだ」とこの24歳の選手は考えている。そしてすぐに金曜に予定されているデュッセルドルフとの試合に目を向けている。

「自分たちにとって厳しいものになるだろう。デュッセルドルフは無敗だし、まだ失点を許していない。自分たちはさらにいいプレーを追求しなければならない。」

25.09.2012
Nach der Heimniederlage gegen die Bayern hat der FC Schalke 04 mit einem deutlichen 3:0-Heimsieg gegen den 1. FSV Mainz 05 am Dienstag (25.9.) Wiedergutmachung betrieben. Dabei sah es sehr lange nicht nach diesem klaren Endresultat aus, denn „die Mainzer haben nicht schlecht gespielt“, sagt Benedikt Höwedes.
Für die Mannschaft sei es wichtig gewesen, wieder Sicherheit zu gewinnen. „Das haben wir mit diesem Sieg geschafft“, so der deutsche Nationalspieler. Höwedes selbst war es, der den Sieg der Königsblauen nach einem Foulspiel von Junior Diaz an ihm im Strafraum einleitete. Der Kapitän zur Elfmeter-Entscheidung: „Er trifft mich am Schienbein und bringt mich dadurch zu Fall. Also war es ein Strafstoß.“
Auch wenn noch nicht wieder alles geklappt hat, am Ende haben die Knappen drei Punkte mehr auf dem Konto und setzen sich erst einmal im oberen Tabellendrittel fest. „Letztendlich ist das das einzige, was zählt“, meint der 24-Jährige und blickt schon einmal auf das kommende Spiel in Düsseldorf am Freitag (28.9.) voraus: „Dort wird es sehr schwer für uns. Die Düsseldorfer sind noch ungeschlagen und haben immer noch kein Gegentor kassiert. Wir müssen jetzt versuchen, dort nachzulegen.“

http://www.schalke04.de/aktuell/news/einzelansicht/artikel/benedikt-hoewedes-haben-wieder-an-sicherheit-gewonnen.html
posted by フランスフット at 10:26 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

ラウルの2得点

SO FOOT(フランス)24/09/2012

"LE DOUBLÉ DE RAUL"
「ラウルの2得点」



引退前の時間を過ごすため、カタールのアル・サッドに移籍したラウルだが、それだからといってゴールを忘れたわけではない。

カタールSCとのシーズン開幕戦(注:正しくは開幕2戦目)で、このスペイン人選手はすでに2得点し、彼のチームは勝ち点3を手にした(5−2)。

この試合、元リーグ・アンの選手でラウルのパートナーであるママドゥ・ニアンも2得点決めている。一方カタールSCのバカリ・コネも1得点である。

Parti au Qatar à l'Al-Saad en pré-retraite, Raúl n'a pas oublié le but pour autant. Premier match de la saison contre le Qatar SC, et l'Espagnol plante déjà un doublé, pour permettre à son club de rafler les trois points (5-2). A noter les bonnes performances d'anciens de Ligue 1 sur ce match : Mamadou Niang, partenaire de Raúl, a également inscrit un doublé, tandis que Bakary Koné, qui porte les couleurs du Qatar SC, y est allé de son petit but.

http://www.sofoot.com/le-double-de-raul-151079-videos.html
タグ:ラウル
posted by フランスフット at 13:00 | TrackBack(0) | カタール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元ミス・スポーツ・クロアチアがクラブチームの監督に就任

SO FOOT(フランス)24/09/2012

"UNE EX-MISS CROATE DEVIENT COACH"
「元ミス・クロアチアがクラブチームの監督に就任」

Tihana Nemcic.jpg

(写真:avaz.ba

クロアチア5部リーグのNKヴィクトリヤ・ヴォヤコヴァッチは、非常に小さなクラブである。

その選手たちは先週末、彼らの新監督、というか新女性監督と対面した。

ティハナ・ネムチッチは弱冠24歳にしてトップチームの監督に就任したのである。

気懸りな点としては、大半の選手たちが彼女よりも年配であり、20人もの男の集団を管理する能力が彼女にあるかどうかということである。

さらにこの金髪美人は、これまでU−17の女子チームでしか監督を務めたことがない。体育の免状を持ち、本職はディフェンダーであるティハナは元クロアチア女子代表選手である。もう一つ重要なことは、この若い女性はミス・スポーツ・クロアチア2008に選ばれたことである。

クロアチアのサイト『24Sara.Hr』でのインタビューで、ティハナは、チャンピオンズリーグの試合で来月パリ・サンジェルマンがザグレブに来た時にズラタン・イブラヒモヴィッチと会ってみたいわと告白し、選手たちは彼女の話をよく聞き入れていると断言している。冗談だろう。

Les joueurs du très modeste club croate du NK Viktorija Vojakovac, en cinquième division, ont découvert ce week-end leur nouvel entraîneur. Ou plutôt leur nouvelle entraineuse. Tihana Nemcic vient d'être nommée à la tête de l'équipe première à seulement 24 ans. De quoi émettre des doutes sur sa capacité à gérer un groupe d'une vingtaine de mâles plus âgés qu'elle pour la plupart.

D'autant que jusqu'à présent la belle blonde n'avait entraîné que des équipes féminines de moins de 17 ans. Titulaire d'un diplôme d'éducation physique et défenseur de métier, Tihana est une ancienne internationale croate. Autre détail qui peut avoir son importance, la jeune femme a été élue Miss SportsCroatie en 2008.

Dans une interview accordée au site croate 24Sara.Hr, Tihana avoue qu'elle aimerait rencontrer Zlatan Ibrahimovic lors du déplacement du PSG à Zagreb en Ligue des Champions le mois prochain et assure que ses joueurs sont très réceptifs à son discours. Sans blague.

http://www.sofoot.com/photo-une-ex-miss-croate-devient-coach-162040.html
posted by フランスフット at 12:45 | TrackBack(0) | クロアチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディナモ・キエフがユーリー・ショミン監督を解任

L'Equipe(フランス)24/09/2012

"Le coach du Dynamo Kiev remercié"
「ディナモ・キエフがユーリー・ショミン監督を解任」

ユーリー・ショミンはもはやディナモ・キエフの監督ではない。

このロシア人監督は月曜、解任された。ウクライナカップのベスト32でライバルのシャフタル・ドネツク相手に敗れた(4−1)翌日のことだった。

三つの大きな敗戦を喫し、惨憺たる出来だった9月のツケを彼は支払わされたことになる。最初の敗戦はリーグ戦でのシャフタルとの試合(3−1)、パリ・サンジェルマン相手に大敗(4−1)、そして今回またしてもシャフタルに負けてしまった。

ショミンは2010年12月からディナモ・キエフを率いていた。後任監督は近日発表される。

Youri Semine n'est plus l'entraîneur du Dynamo Kiev. Le technicien russe a été limogé ce lundi, au lendemain de la défaite de son équipe en 16e de finale de la Coupe d'Ukraine face au rival, le Shakhtar Donetsk (1-4). Il paye un mois de septembre calamiteux, ponctué de trois lourdes défaites : une première déconvenue déjà face au Shakhtar en Championnat (1-3), le revers en Ligue des champions sur le terrain du PSG (1-4), et donc cette nouvelle défaite face au Shakhtar. Semine était en poste depuis décembre 2010. Son successeur sera prochainement nommé.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Le-coach-du-dynamo-kiev-remercie/315286
posted by フランスフット at 10:53 | TrackBack(0) | ウクライナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。